あのセグウェイを世に送り出した会社が作り出した世界も最も乗りやすいローラースケート「The Drift W1」

今年の夏頃にセグウェイを作った会社がローラースケートを作ったと言う事でかなり話題になっていたのですが、そのローラースケート「The Drift W1」が遂にindiegogoで出資者の募集を始めましたので、ご紹介させて頂きます。

ところでセグウェイって乗り物はみなさんご存じでしょうか?
セグウェイはタイヤが2つしかないのにも関わらず静止する事ができ、重心移動させて傾けるだけで前進だけでなくバックも旋回もできると言う事で当時は非常に注目を浴びた乗り物だったのですが、出た当初は100万円近く(その後機能を絞ったりして50万円以下にはなりましたが)した上に道路交通法の関係で日本では一部の許可を受けた地域以外では公道を走行する事ができず、いつの間にか話題にも上らなくなり、一昨年あたりに登場したバランスボード(バッテリーの発火で問題にもなりましたが)に話題をさられてスッカリと消えてしまった感がありました。

ですが今回はそのセグウェイで得た技術を元に誰でも買える価格のローラースケートとして帰って来ましたので、かなりワクワクドキドキです。


“あのセグウェイを世に送り出した会社が作り出した世界も最も乗りやすいローラースケート「The Drift W1」” の続きを読む

乗りやすさと航続距離を伸ばす為のハイブリットシステムを導入した電動スケートボード「Dualomo」

初心者にとっては従来のスケートボードよりも電動スケートボードの方が遙かに乗りやすくなっていると言う事実をみなさんはご存じでしょうか?
よくスケートボードを始めた頃はボードの動きに身体がついて行かずに尻もちをついたり派手に転けたりするのはよくあります。
ですが電動スケートボードはタイヤとモーターが繋がっており、モーターに電気を流さなければモーターがブレーキの役目を果たして容易には動かない様になっていますので、初心者にとっては乗りやすいスケートボードになるのですが、このモーターの抵抗が、航続距離を伸ばす足かせとなるのです。

と言いますのも普通のスケートボードは足でプッシュ(足で漕いで進む動作)して加速し、速度が乗って来れば平地ではポンピングと言って身体を8の字を描く様に動かして速度を乗せて行く方法を使い、できるだけプッシュせずに進める様に航続距離を伸ばします。

ところが電動スケートボードはモーターそのものが電気を流さなければブレーキとなっており、平地で惰性で進んで行く事ができる様な場合でも電気を流さなければすぐに電気を流さないモーターがブレーキの役目を果たしスピードを落として停止してしますので、常に電気を流していなければ前に進まない様になっています。

ですから電動スケートボードの航続距離を伸ばそうとするとバッテリー容量を上げるしかありません。

ですが今回紹介する電動スケートボード「Dualomo」は、モーターに電気を流さない状態ならフリーで回るブラシレスモーターを独自に開発する事で航続距離を伸ばす事ができる上に、バッテリーが切れても普通のスケートボードと同じ様に走る事ができる画期的なスケートボードなのです。


“乗りやすさと航続距離を伸ばす為のハイブリットシステムを導入した電動スケートボード「Dualomo」” の続きを読む

実際に組立てたものに乗って遊べるなんて夢があるじゃない!!そんなドラえもんの世界を実現するブロック「MODU」

よくドラえもんの中で、自分で作ったものに実際に乗って操縦したりできる玩具の様な実用的なキットが登場しますが、あぁ言うのって子どもの頃に憧れたりしませんでしたか?
例えばアミューズメント施設で実際乗って運転できる様なゴーカートの様な乗り物は男の子はもちろんの事、女の子でも目を輝かせて乗っていますので、あぁ言う実際に運転できる様な乗り物は男女関係なく小さい子どもは好きな様で、それが自分で組み立てたモノだとしたらと思うと、ワクワクドキドキしませんか?

そんなワクワクドキドキを実際に実現できる原寸大ブロック「MODU」をご紹介致します。


“実際に組立てたものに乗って遊べるなんて夢があるじゃない!!そんなドラえもんの世界を実現するブロック「MODU」” の続きを読む