遂にここまで小型化された!!コンタクトレンズの様にカメラのレンズに貼り付けるだけのマクロレンズ「iMicro C」

スマートフォンを使って顕微鏡で撮影したのと同じ様な拡大写真を撮影する場合にはマクロレンズと言う非常に倍率の高いレンズが必要となります。
そして実際に今までにもいくつものメーカーからかなりの数の製品がリリースされており、私も持っているけれど今のスマートフォンには合わないので使えなくなったと言う方も少なくないでしょう。

と言いますのは、マクロレンズに限らず望遠や広角レンズにしても、スマートフォンにはカメラの様なレンズを固定する為のマウントがありませんので、スマートフォンケースを加工してマウントにするか、クリップのついたレンズでスマートフォンのカメラのレンズを覆う様にスマートフォンを挟むかになり、前者のケース一体型のものはスマートフォンを新しく買い換えると再利用不可な場合が多く、後者のクリップもレンズの位置によっては挟めない場合もあります。

そしてそれよりもマクロレンズの1番の懸念は被写体を照らし出す照明です。
マクロレンズは被写体は何百倍に拡大して撮影しますので被写体との距離は数ミリになりますので、被写体をスマートフォンが完全に覆ってしまい部屋の照明だけでなくスマートフォンのフラッシュも当たらないので真っ暗かノイズが入った状態でマトモに撮影できないと言う状況になります。
そこでマクロレンズはスマートフォンのフラッシュライトの光を誘導して被写体を明るく照らし出したり、自らLEDライトを内蔵したりして被写体を照らし出したりするものがあり、前者の場合は機種が異なるとレンズとフラッシュの位置関係が変わり使えなくなる事があり、1つ買えばずっと使い続けられると言う製品は本当に数種類です。

そこで今回は、コンタクトレンズの様にスマートフォンのレンズに貼り付ける事で機種変しても使い続ける事のできるマクロレンズ「iMicro C」をご紹介致します。

“遂にここまで小型化された!!コンタクトレンズの様にカメラのレンズに貼り付けるだけのマクロレンズ「iMicro C」” の続きを読む

スマホ1つで身の回りのモノに簡単に絵や模様、文字等が彫刻できるポータブルレーザー彫刻機「LaserPecker Pro」

レーザー彫刻機と言うのは、レーザーを照射する事でレーザーが照射された部分を加熱して焦がす事であらゆるモノに対して彫刻(模様を彫る)する事ができるマシンです。
対象となる素材はレーザーの出力にもよりますが、紙、木、コルクなど比較的溶けやすい、燃えやすいものは出力の小さなレーザーで彫刻できますし、大出力のレーザーを使えば金属やガラスと言った素材にも彫刻を施す事ができます。

使用用途としては、例えば小さいお子さんのいるご家庭ですとお子さんが小さいと何でも持ち物に名前を書いたりしないといけませんが、そう言ったものに名前を書いたりする時にボタン1つで名前を彫ると言うよりは焦がして彫刻する事ができますし、もちろんマジックインクではないので衣類やハンカチ等と言った衣類も名前が消える事はありません。

しかもレーザーなので自動焦点機能を備えたものであれば、靴の様な凸凹しているの素材でも綺麗に彫刻する事ができます。

また絵等も専用アプリ等を使ってグラデーション化された白黒の絵に変換する事で、そのまま彫刻したりする事もできますので、お友達のお子さんの出産祝いにオリジナルのメモリアルプレートを作って贈ったりと言った凝った事もできます。

ただ問題はレーザー彫刻機もベースは3Dプリンターと同じなので、彫刻エリアの大きなものはフレームがそれに比例して大きくなりますのでそれなりの置き場所を確保しなければなりませんし、専用アプリがPC用しかなかったり、安いものですと変換したGコードをSDカードにコピーしてレーザー彫刻機にセットしてプリントする様になっているなど、ちょっと素人では手を出し辛いのが難点です。

そこで今回は、誰でも簡単にスマートフォンがあればレーザー彫刻が可能な上にデスクの引き出しに収納しておけるだけでなく、どこへでも持って行けるレーザー彫刻機
「LaserPecker Pro」をご紹介致します。

“スマホ1つで身の回りのモノに簡単に絵や模様、文字等が彫刻できるポータブルレーザー彫刻機「LaserPecker Pro」” の続きを読む

USB-C PDで2台のPCを同時に充電可能な脅威の合計出力137Wの27,000mAhモバイルバッテリー「ZIRUX Power X」

2016年末、つまり3年前に外部インタフェースがUSB-CしかないMacBook Proが出た頃はUSB-Cケーブル1本買うにしても、従来のUSB機器を接続するにも高価な接続装置を使わざるをえない上に種類も少なく探すのに苦労したものですが、今ではUSB-Cケーブル(Power Deliverには対応していないケーブル)でさえ100円均一ショップで購入できるくらい普及しています。

そして新しくリリースされるAndroidスマートフォンはUSB-Cを採用したものが圧倒的ですし、iPhoneもUSB-C電源やUSB-C出力のモバイルバッテリーから充電した方が18Wで急速充電できると言うメリットがありますので、これからモバイルバッテリーを買い換えるのであればUSB-C出力を内蔵したものがベストチョイスなのは言うまでもありません。

そこで今回は、USB-C PD(Power Deliver)に対応したデバイスを2台同時に充電可能なモバイルバッテリー「ZIRUX Power X」をご紹介致します。

“USB-C PDで2台のPCを同時に充電可能な脅威の合計出力137Wの27,000mAhモバイルバッテリー「ZIRUX Power X」” の続きを読む

何度も再利用して使えるだけでなく、温冷材と温冷材バッグを入れておく為のポケットがついた保存バッグ「ZipBag®」

ジッパーのついた保存袋って、漏れなくしっかりと密閉できるだけでなく余分な空気を抜いて圧縮する事ができますので、保存容器の様に中身がほんの少ししか入っていないのにも関わらず場所だけはしっかりと取ると言う事もないので、小さな冷蔵庫しか持っておられない様な方にとっては、有り難いまさにベストな保存容器と言えます。

ただジッパー付きの袋を使っていて気になるのは、袋の肉厚があるものは中に入れるものにもよりますが何度も繰り返して使えるのですが、次第に袋が伸びたり引っ掻いたりして薄くなったりして使えなくなる事と、生肉や生魚の様なものを入れて保存すると、臭いが移ったりと言う事もあり、ちょっと再利用する気にはなれないので使い捨てになる事です。
そして使い捨てになる事で費用的に勿体ないと言う事もありますが、マイクロプラスチックの問題が世界的に取り沙汰されている事もあるからです。

そこで今回はシリコンを使った保存バッグ「ZipBag®」をご紹介致します。

“何度も再利用して使えるだけでなく、温冷材と温冷材バッグを入れておく為のポケットがついた保存バッグ「ZipBag®」” の続きを読む

置くから貼り付けるに変える事で充電しながらスマートフォンの操作が可能になったQiワイヤレスチャージャー「QiPatch」

Qiワイヤレスチャージは我々にケーブルを差し込んで充電すると言う煩わしさから解放してくれました。
ポンと置けば充電してくれるQiワイヤレスチャージは、何か作業している最中でも”ながら充電”ができますので、ついバッテリー残量が少なくなっている事に気付かなくて、メッセージが来ないなぁ〜と思っていたら、いつの間にかバッテリーが切れて電源が落ちていた、なんて事にはならなくなりました。

ですがついつい使いすぎてバッテリーがない、でもまだ終わらない、でもこのまま続けると何時電源が落ちてしまってもおかしくない、と言う様なシチュエーションの時はQiワイヤレス充電は置かなければ充電できませんので、結果的に古典的なケーブルでの充電に頼らなくてはいけません。

そこで今回は置くのではなくひっつける画期的なQiワイヤレスチャージャー「QiPatch」をご紹介致します。

“置くから貼り付けるに変える事で充電しながらスマートフォンの操作が可能になったQiワイヤレスチャージャー「QiPatch」” の続きを読む

ついつい靴底がすり減ったスニーカーを延々とはき続けてしまう貴方へ。靴底が交換できるスニーカー「ohzi.」

おそらく誰にでもお気に入りのモノがあり、他人から見るとボロボロだから捨てて新しいものを買えばいいのにと思われてもなかなか捨てられないものってありますよね。
それが非日常的に使うものであれば何ら日常生活に支障がないのですが、こと靴となると話は別です。
靴底がすり減るだけならまだ良いのですが、すり減りすぎて穴が空いてしまったとしたらどうでしょうか?そこから雨の日は雨水が染み込んで来ますし、冬はアスファルトの冷たさがダイレクトに伝わって来るなど、いくら気に入っているからと言っても履き心地が悪くては意味がありません。

ですがこれが革靴であれば靴底を打ち替えたりして履き続ける事ができるのですが、スニーカーは元々そう言う風には作られてはいないので、どうしようもありません。
ところが今回紹介するスニーカー「ohzi.」ならそれができるのです。

“ついつい靴底がすり減ったスニーカーを延々とはき続けてしまう貴方へ。靴底が交換できるスニーカー「ohzi.」” の続きを読む

クレカサイズで合計出力100W、USB-C PD×2+18W出力USB-A×2を実現したGaNFast利用電源アダプタ「HyperJuice」

最近、スマートフォンやPCの電源アダプタや充電器で注目されているのが、窒化ガリウムを言う半導体を利用した充電器です。
では何故、今とても注目を浴びているのかと言いますとこの半導体は発熱が少ない為に装置を小型化できるからです。
みなさんも何故、MacBookの充電アダプタ(電源アダプタ)がこんなにも重くて大きいのかと思われた事があると思いますが、従来のパワー半導体と言って電源回路を制御する為の半導体はどうしても電源を変換するにあたり変換効率が良いとは言えず、その変換されなかった電力は熱に変換されて消費されます。
ただ熱に変換されて大気に放熱されるだけなら良いのですが、その熱によって充電アダプタ(電源アダプタ)が加熱され、使用されている部品の動作温度範囲であれば良いのですが、それ以上に温度が上がると機器の誤作動に繋がるほか、部品の劣化も進んで行き故障へと繋がります。

そこで目を付けたのが窒化ガリウムを使ったパワー半導体で、このGaN半導体を利用する事で発熱が抑えられ、従来製品と同等の充電能力を持った電源アダプタを30%以上小型化できるのです。

ですから今回紹介しますUSB-C電源アダプタ「HyperJuice」も合計出力が100Wもありながらクレジットカードとほぼ同等サイズで、これなら胸ポケットに入れて持ち歩く事も可能ですのでとても便利です。

“クレカサイズで合計出力100W、USB-C PD×2+18W出力USB-A×2を実現したGaNFast利用電源アダプタ「HyperJuice」” の続きを読む

ショッピングモールでカートを返却しに行くのが面倒な時にとっても便利なレジバスケット「SHOPPA CART」

ショッピングセンターやスーパーでレジバスケットを乗せて移動する際にカートを利用し、買物が多かった時はそのまま駐車場に駐めた車までカートを押して運ぶなんて事よくあるかと思いますが、その運ぶのに使ったカートをカート置き場まで戻しに行くのって面倒だと思った事はありませんか?

それを見越してできるだけ店舗の入り口近くに駐める方や、駐車場内に設けられたカート置き場の近くに車を駐車すると言う方もおられると思いますが、そう運良く希望する場所に空いている駐車場があるとは限りません。

となると、車近くのカート置き場から買った商品を入れたバッグを運ぶか、それとも車まで荷物を運び、面倒だけれどカート置き場までカートを戻しに行くのかの選択を迫られますが、何と今回紹介するレジバスケット「SHOPPA CART」であれば、カートを返しに行く必要がないのです。

“ショッピングモールでカートを返却しに行くのが面倒な時にとっても便利なレジバスケット「SHOPPA CART」” の続きを読む

近年の未曾有の天災から命を守るには自ら天候の観測するしかない!!雨量を計測できるパーソナル気象観測機「TEMPEST」

今年の台風被害は本当に酷いものでしたが、まさかあそこまでの雨が降って河川が溢れ決壊して自分の自宅が水に浸かるなんて思ってもみなかったでしょう。
ですがこんな酷い被害をもたらす台風は毎年の様にやって来ていますから、河川の近くや山の近くに住んでおられる方は、もし雨が降ったら危険だと思った方が自然でしょう。

ですが外で雨が降り続いていて警報が出ていても寝ていればどれだけ降っているのかなんて分かりませんし、ましては避難情報等が携帯電話やスマートフォンを鳴らさなければ気づきもしませんので、もしかすると避難情報がやって来た時には既に手遅れで、道路が洪水になっていて非難できなくなっているかもしれません。

そこで今回は雨量が計測できるパーソナル気象観測機「TEMPEST」をご紹介致します。

“近年の未曾有の天災から命を守るには自ら天候の観測するしかない!!雨量を計測できるパーソナル気象観測機「TEMPEST」” の続きを読む

現金やカードからパスポート、スマホまで入るだけでなく引っ掛けると言うコンセプトが斬新なポーチ「One80Pouch」

今年の年末年始は日の並びも良く、長い方だと9連休にもなるので年末年始を海外で過ごされると言う方も多いと思いますが、みなさんは海外へ行く時に貴重品ってどう身に着けていますか?

よくイタリアはスリが多いと言いますが、それはイタリアに限った事ではなく他の国にも日本でもスリはたくさんいますし、何よりスリが取りやすいバッグの中や、ポケットに財布を差しておくなんて事は持って行って下さい、と言っているのと変わりません。

そこで今回は、海外へよく旅行へ行かれる方に、とても便利なポーチ「One80Pouch」をご紹介致します。

“現金やカードからパスポート、スマホまで入るだけでなく引っ掛けると言うコンセプトが斬新なポーチ「One80Pouch」” の続きを読む