出張の多いビジネスマンの方へ。重要書類も着替えも1つにまとめられる超便利なトラベルバッグ「The Bento Bag」

出張に出かける時は着替えを詰めたバッグと、書類やPCと言った仕事に必要なものを詰めたバッグ2つを両手にぶら下げて飛行機や新幹線に乗ったりするのが普通ですが、これが1つのバッグに詰められたらどれだけ楽かと思う様な事ってありませんか?

と言いますのもバッグを2つ持つと両手を塞がれてしまいますし、片手で2つのバッグを持ったとしても持ち辛いですので、それが1つにまとまれば良いのにとは誰しも思うのですが、さすがにクライアントの前にバッグを開けた時に完全ではないにしてもチラッとでも着替えがバッグの隙間から見えたりすると、ちょっと恥ずかしかったりするものです。

おそらくそう言う事があるので、ビジネスとプライベートの荷物を2つのバッグに分けてパッキングして出張へ出かける事が多いとは思うのですが、今回はそう言う恥ずかしい思いをしないトラベルバッグ「The Bento Bag」をご紹介致します。


“出張の多いビジネスマンの方へ。重要書類も着替えも1つにまとめられる超便利なトラベルバッグ「The Bento Bag」” の続きを読む

抗菌・消臭・通気性・耐久性・履き心地・更に天然素材に拘った素足で履けるスニーカー「eco-friendly shoe」

たまに素足で靴を履くと言う方がおられますが、これは靴にとっても足にとっても良くありません。
まず靴目線で見ると、足から分泌された汗や皮脂が靴の生地に染み込み、それを餌としてバクテリアや細菌が繁殖して得も言われない悪臭を放ちますし、方は足目線で言うと動いて汗をかいた足裏は蒸れて皮が柔らかくなり、動く事で靴の中で足が動き、その摩擦で足の皮がめくれたり、摩擦熱によって皮膚が炎症を起こして水ぶくれが出来たりします。

と言う様に素足で靴を履くと言うのはデメリットはたくさんあってもメリットはほぼ皆無です。

そこで今回は素足で履いても大丈夫なスニーカー「eco-friendly shoe」をご紹介致します。


“抗菌・消臭・通気性・耐久性・履き心地・更に天然素材に拘った素足で履けるスニーカー「eco-friendly shoe」” の続きを読む

どうしても取れなかった汚れやシミを超音波でかき出す超音波ブラシ「wireless sonic washing tool」

スニーカーの泥汚れっていくら洗っても新品の様には綺麗にはなりません。
これは既に泥等の汚れが繊維の奥深くまで浸透してしまっているからで、繊維と繊維の隙間より大きなブラシの毛でいくらシューズの表面を擦ってもブラシの毛が繊維の間に入らなければ、その汚れは永久には取り除く事はできません。

そこで最近、シミ抜き等で注目されているのが超音波で、大手電機メーカーからも衣類のシミ抜き機として様々なタイプのものがリリースされていますが、それも小さなシミを地道に取るのが背一杯で、衣類に広範囲に染みこんだ汚れや、特に泥汚れの酷いスニーカーを綺麗にする様な超音波クリーナーと言ったものはありません。

ですが今回紹介するブラシは「wireless sonic washing tool」、超音波振動を発生しつつ毛先を使いダブルでかき出す、言うなれば最強のブラシです。


“どうしても取れなかった汚れやシミを超音波でかき出す超音波ブラシ「wireless sonic washing tool」” の続きを読む

ナイトランに最適な、1回のフル充電で14時間光り続けるスニーカー「Glow Everyday LED Sneakers」

子供靴で足を地面につける度にピカピカと光る様な靴がありますが、あれは別にファッション性を狙ったものではなく子どもの安全を考えてのものです。
子どもは小さく目立たないので、真っ暗な夜道は特に危険ですから、周囲の歩行者や自転車や自動車を運転している方に注意喚起するのには光で知らせるのが一番ですし、着地する度に光る事で移動方向も良く分かり危険を避ける事ができます。

また大人の靴でもそう言う靴がありますが、子どもの様に成長によって足が大きくなり靴を買い換えると言う事がほぼない大人用の靴で、靴に埋め込まれたフラッシュのバッテリーがなくなれば電池を交換する事はできませんので、それ以降は光らない状態で履き続ける事になります。

そこで今回は充電できるだけでなく靴全体が光り、360°どの方向からでもその光を認識する事のできる「Glow Everyday LED Sneakers」をご紹介致します。


“ナイトランに最適な、1回のフル充電で14時間光り続けるスニーカー「Glow Everyday LED Sneakers」” の続きを読む

濡れて湿った靴をたった15分で乾かすだけでなく、殺菌消臭まで行うシューズデオライザー「Freshoe」

みなさんのご家庭ではご主人や思春期の息子さんの足や靴の臭いで倒れそうになると言う事ってありませんか?
最近は寒くなって来ましたので夏場ほどは臭わないにしても、夏場などは玄関を開けた瞬間に臭いで誰が帰って来たのかが臭いで分かると言うご家庭もある様です。

この臭いの原因は細菌で、この細菌は足や靴から発生するのではなく、空気中を漂っている細菌が靴の中と言う高温多湿な場所に入り込みそこで繁殖しますし、靴を除菌・消臭しなければ靴の中に残っている為にいくら新しい靴下を履いたとしても、寒い冬でもやはり臭いの元となる細菌は靴に付着していますので、体温と足から発汗される汗とで繁殖して帰宅時には相当臭います。

ですから、その元となる細菌を靴から除去しなければ臭い続ける事となりますので、今回はその靴の中に潜む細菌を元から殺菌し除去するシューズデオライザー「Freshoe」をご紹介致します。


“濡れて湿った靴をたった15分で乾かすだけでなく、殺菌消臭まで行うシューズデオライザー「Freshoe」” の続きを読む

出張の多いサラリーマンにオススメのビジネスバッグが分離するバックパック「4SPACE」

最近機能的がバッグが増えて来ており、バックパックがビジネスバッグに変形する様なバックパックも多数出て来ており、クライアントのオフィスへ出向くのにバックパックでは体裁が悪いと言う方にこう言うバッグがとても受けているのですが、どうしても2in1にした事でデザイン的に今ひとつな所があるものの方が多いのが難点です。

と言いますのもバックパックにはショルダーベルトがあり、ビジネスバッグには持ち手があるからで、変身させた時にいかに目立たない様にこれらベルトを隠すのですが、取り外すにしてもその取付部分に金具があったり、取り外さずにポケットの様な所に入れるにしてもそのポケットがベルトを入れた事で膨らんだり、またステッチ部分が目立ったりします。

なので便利そうなのだけれどもデザイン的にもう1つなので手を出していないと言う方に、ベルトが一切目立たないビジネスバッグにもなるバックパック「4SPACE」をご紹介致します。


“出張の多いサラリーマンにオススメのビジネスバッグが分離するバックパック「4SPACE」” の続きを読む

100%防水なのに靴の中の湿気を外部に放出できるから、素足で履いても臭わないスニーカー「Vessi」

みなさんは靴が臭くなる原因ってご存じですか?
カビや細菌が繁殖する条件を思い出してもらえば大方予想はつくかと思いますが、温暖多湿である事が絶対条件です。
つまり汗をかいて湿度が上がり、体温で一定温度に保たれている靴の中と言うのはカビや細菌が繁殖するにはパーフェクトに条件が整っており、汗をかいて多湿状態が続けば繁殖するカビや細菌は空気中を常に漂っていますので、新品の靴でも、洗って綺麗に乾かした靴でも同じ様に臭います。
ましてやこれからみなさんがよく履かれるロングブーツなどは通気性が悪く汗が外部へ発散されない上に、冬の冷たい空気をシャットアウトしてブーツの中を温かく保つ為に外気が入らない様に密閉していますので、、ブーツはとても臭いがきついのです。

しかも消臭スプレーを振ったとしてもそれは一時的で、カビや細菌は空気中を漂っていますから、それらが再び靴の中に入ればたちまちカビや細菌は繁殖してまた元の様に臭います。

そこで今回は消臭せずとも臭わないスニーカー「Vessi」をご紹介致します。


“100%防水なのに靴の中の湿気を外部に放出できるから、素足で履いても臭わないスニーカー「Vessi」” の続きを読む

長時間歩いても疲労せず、激しい運動から足を保護し、足を臭わなくする3Dインソール「Z-liner」

地面から受ける衝撃を軽減し、足にかかる負担を軽減しようとするとクッション性の良いソールを入れるのが一番最良な方法です。
ですがそのソール、クッション性が良いと言う事はスポンジの様な素材となり衝撃を吸収するだけでなく、皮膚表面から剥がれ落ちた皮膚や皮脂、そして汗を吸い取り、夏場の様な気温の高い時期や、靴を履いてエクササイズしている時は靴の中の温度も湿度も上昇して臭いの元となる雑菌の繁殖に最適な条件を整えます。

ですから、足を衝撃から守る様なソールを使うと、もれなく足の臭いとの対決を強いられる訳ですが、今回は全く臭わないインソール「Z-liner」をご紹介致します。


“長時間歩いても疲労せず、激しい運動から足を保護し、足を臭わなくする3Dインソール「Z-liner」” の続きを読む

お昼にお弁当を買いに行ったりするにはピッタリな巻き取って、巻き付けて携帯できるエコバッグ「smallest bag」

環境省が2020年以降はレジ袋を全てのショップで有料化しようといているのを受けてまだ少数ではありますが、自治体が独自にレジ袋を有料化する条例を施行したりしている事もあり、このレジ袋の有料化の波は止まりそうにありません。

ただ既に大型スーパーはもちろんの事、中堅スーパーの多くもレジ袋を有料化しており、スーパーへ買物に行く時はエコバッグやマイカゴを持って行く習慣がついていても、レジ袋を無料で提供してくれるコンビニやお弁当屋さんやパン屋さんに、わざわざエコバッグを持ってランチを買いに行かれる方も少ないと思います。

その理由としてよく言われるのは食べた後のゴミの処理にレジ袋をゴミ袋としてそのまま活用できる事と、エコバッグは可愛いデザインのものが多く男性にとってそう言う可愛いデザインのエコバッグを持つのは恥ずかしいと言う事もあります。

ただ、どちらにしてもレジ袋有料化の波は止められそうにないので、今回は目立たずに持ち歩けるエコバッグ「smallest bag」をご紹介致します。


“お昼にお弁当を買いに行ったりするにはピッタリな巻き取って、巻き付けて携帯できるエコバッグ「smallest bag」” の続きを読む

メリノウールを使った事で夏でも冬でも快適に走る事ができる様になったラニングシューズ「WOOL CROSS X」

夏にランニングシューズを履いて走っていて嫌な事って何?冬に走っていて嫌な事って何?と聞かれた時に、あなたは何を真っ先に想像しますか?
おそらく夏に一番困るのは汗でしょう。汗をかくと皮膚がふやけて靴との摩擦で水ぶくれができたり、汗で靴がグッショリと濡れるので、毎日洗って乾かさなければならなかったり、後は臭いの問題もありますよね。
一方冬はと言うと、やはり走っていると汗はかきますがグッショリと濡れると言う所までは行きませんが、それでも汗をかいているので外気で足が冷えて感覚がなくなって来たりすると怪我もし易くなります。

ところが走る事を追求したランニングシューズはたくさんあっても、そう言う周囲の環境の影響を考えて、快適に走る事ができるランニングシューズは驚く程少ないのです。

そこで今回はメリノウールを使う事で、夏でも冬でも雨降りでも快適に走る事ができる様にしたランニングシューズ「WOOL CROSS X」をご紹介致します。


“メリノウールを使った事で夏でも冬でも快適に走る事ができる様になったラニングシューズ「WOOL CROSS X」” の続きを読む