折り畳んでポケットにスッポリと入るからとても便利な地下足袋の様な防水シューズ「DRYMILE」

地下足袋と言えば、工事現場で働く職人さん達が履く靴とイメージがありますが、最近ではハイキングやトレッキングに履いて行けるオシャレな地下足袋も増えています。
ところでこの地下足袋の一体何が良いのかと言いますと、靴底が薄い事です。靴底が薄いと地面から受ける感触を直接足の裏で感じる事ができるだけでなく、ちょっとした足下の異変を俊敏に感じ取れますので、結果的に危険を回避する事ができます。
例えば崖っぷちを歩いて渡っている様な場合を想像してみて下さい。靴底が厚くて感覚が鈍いと足を移動させる度に視線を足下に移動させて足下が大丈夫か確認しなければなりませんし、視線を足下に移す事で手が疎かになったり、重心位置が変わって足場が崩れて落ちてしまうと言った様な事があるかもしません。
一方地下足袋の様なものですとこの足下の確認は不要で、素足に近い状態で足下の状態を足裏からの情報で得る事ができますので、目線は手元や周囲の状況を見る事に集中する事ができますので安全と言うわけです。

そんな地下足袋をポケットに入れて軽く携帯できる様にした「DRYMILE」を今回はご紹介します。
“折り畳んでポケットにスッポリと入るからとても便利な地下足袋の様な防水シューズ「DRYMILE」” の続きを読む

マリンシューズには絶対に見えない、スニーカーとしてもオールシーズン履く事ができる「Tropicfeel Canyon」

普通のスニーカーで水の中に入るとスニーカーの中がグチョグチョに濡れたままなかなか乾かなくて嫌な思いをしますが、マリンシューズ、ウォーターシューズは元々水の中に入る事を前提に作られていますので、濡れても非常に早く乾燥し、夏に海や川へ遊びに行く時には非常に重宝するのですが、1つ難点があります。
それは靴底がビーチサンダルの様に薄く、そのままアスファルトやコンクリートの道路の上を歩くと足裏が痛くなるだけでなく、昨年の夏の様に気温が40℃を超えてしまうとマリンシューズの靴底を通しても足裏が火傷しそうになる様な事がある事です。

それにどのメーカーのマリンシューズも、マリンシューズを使っている方が見るとマリンシューズを履いているのが丸わかりなので、そのままマリンシューズを履いたまま自宅に帰ると言うのも恥ずかしいものがあります。
そこで今回は、100%紐靴、スニーカーにしか見えない「Tropicfeel Canyon」をご紹介致します。
“マリンシューズには絶対に見えない、スニーカーとしてもオールシーズン履く事ができる「Tropicfeel Canyon」” の続きを読む

ニットシューズなのに通気性を保ちつつ余裕で2時間もの耐水性能を持つ「VIA」

ニットシューズと言えば服で使われているニット素材が使われており、柔らかく伸縮性があると言う事で最近流行しています。
何故なら普通の靴はナイロン系の素材を使っていますので、生地は硬く、そして足にピッタリにはフィットしませんが、ニットシューズは紐をしっかりと締める事で足にピッタリとフィットし、歩く動作に合わせて生地が伸縮するので靴擦れもせず、脱ぎ履きの時の引っ張れば伸び、足を入れる事ができるので紐をその都度解いたり、括ったりする必要がないので、紐を結ぶのが面倒と言う方にもオススメです。
そしてまた、布なので衣服の様に保温性と通気性を持っており、冬はほんのりと暖かく、そして夏場は汗を吸い取って放湿してくれますので、とても快適に過ごす事ができます。

ただそんなニットシューズにもデメリットがあります。それは布なので雨の日は水分を吸収してビチャビチャに濡れてしまい、靴を脱ぐと靴下までビチャビチャに水分を吸って濡れてしまっている事です。
そしてそれを回避する為に防水スプレーを塗ると今度は通気性が失われて、夏場などは汗で蒸れて臭いも相当なものになってしまいます。

そこでご紹介したいのが、この「VIA」です。
“ニットシューズなのに通気性を保ちつつ余裕で2時間もの耐水性能を持つ「VIA」” の続きを読む

防水だから雨の日でも安心!!しかも通気性が良いので素足で履いても臭わないソックス一体型スニーカー「V-TEX」

大手スポーツメーカーであるナイキやアディダスと言った一流メーカーも製品化しているソックスとスニーカーが合体した様なとても奇抜なスニーカーがありますが、このスニーカーのメリットは何と言ってもフィット感です。

普通のスニーカーは紐やマジックテープで固定しますので、きつく紐やマジックテープを締めなければ靴の中で足が動いて靴擦れを起こす原因にもなりますし、きつく締めすぎると足の甲等に痛みを感じたりして歩き辛くなります。

一方、靴下が一体化されたスニーカーは足首の所で靴下が足首をホールドするので、普通のスニーカーとは比べものにならないくらいフィット感が増すだけでなく、紐をきつく締めなくても靴が脱げたりする事もありませんので、素足で履いても靴が動かないので靴擦れを起こす様な事もまずありません。

ただ既に市販されているソックスとスニーカーを合体された新ジャンルのスニーカーは普通のスニーカーの足首の所にソックスの足首の部分を合体させただけなので、紐は相変わらず結ばなければなりません。

ところが今回紹介するソックス一体型スニーカー「V-TEX」はソックスとスニーカーの合成の仕方を見直した事で全くソックスを履く様に履く事ができる脱ぎ履きのとても楽なシューズです。

“防水だから雨の日でも安心!!しかも通気性が良いので素足で履いても臭わないソックス一体型スニーカー「V-TEX」” の続きを読む

汗をたっぷりとかく夏場でも、6日間は洗濯せずとも臭わないソックス「MP Premium Socks」

みなさんは1日履き続けた靴下が何故臭うのか、そのメカニズムはご存じですか?
それは生乾きの雑巾や洗濯物が臭うのと実は同じです。
生乾きの雑巾も洗濯物も濡れている事で雑巾や洗濯物の湿度は周囲の空気よりも高く保たれています。そしてそこに空気中を浮遊する雑菌が付着し、室温15℃、湿度50%以上をキープすると雑菌が繁殖・増殖してあの嫌な生乾きの臭いを放出します。

一方靴下で繁殖する雑菌は温度35℃〜42℃とちょうど体温に近い温度で繁殖するので、汗を良くかき高湿となる夏場は、更に繁殖力が強くなり強烈なチーズや納豆が腐った様な強烈な臭いを発しますので、その条件のうち温度か湿度のどちらかが繁殖条件の範囲内に入ってなければ繁殖はしませんので、冬場は割とマシなのです。

でも今回紹介する靴下「MP Premium Socks」は夏場でも冬場でも最大6日間は履き続けても臭わない靴下なのです。
“汗をたっぷりとかく夏場でも、6日間は洗濯せずとも臭わないソックス「MP Premium Socks」” の続きを読む

重さたった177gと超軽量かつクルクルと巻いても持ち歩ける素足感覚のベアフットシューズ「Feelgrounds」

ベアフットシューズと言うと人気ドラマ”陸王”で登場した足袋を元に作られたあのランニングシューズです。
ベアフットシューズの良い所は素足感覚で履けると言う事で足にかかる負担が最小限となっています。

と言うのも人間は元々素足で生活をして進化して来ましたので本来は靴を履く様な身体の構造にはなってはいませんし、明治時代までは日本人は外を歩くときは草履や下駄でしたから、本来はビジネスシューズや女性のハイヒール、ランイングシュースを始めとするスポーツシューズも藁草履に比べると身体へかかる負担は大きいのです。

現に靴底が薄く靴に傾斜がついていない(極端な例は女性のハイヒールの様なものです)靴を履いている方が、ビジネスシューズやハイヒールと言ったヒール(踵)の部分がつま先より高く、つま先に向かって傾斜のついている靴を履くと、足裏や足の指先だけでなくスネの部分であったり膝であったり膨ら脛であったり股関節であったり身体のあちこちが痛くなる事があります。

それが42.195kmも走るフルマラソンともなると靴1つで身体への負担のかかり方が相当変わって来る事になります。

ですから素足感覚で履けるベアフットシューズが登山をされる方(足下の状態を素足の方が機敏に感じ取る事ができ、結果的に危険を回避する事ができます)や走られる方に今、注目されているのです。
そんなベアフットシューズの1つである「Feelgrounds」を今回は紹介致します。
“重さたった177gと超軽量かつクルクルと巻いても持ち歩ける素足感覚のベアフットシューズ「Feelgrounds」” の続きを読む

出張の多いビジネスマンの方へ。重要書類も着替えも1つにまとめられる超便利なトラベルバッグ「The Bento Bag」

出張に出かける時は着替えを詰めたバッグと、書類やPCと言った仕事に必要なものを詰めたバッグ2つを両手にぶら下げて飛行機や新幹線に乗ったりするのが普通ですが、これが1つのバッグに詰められたらどれだけ楽かと思う様な事ってありませんか?

と言いますのもバッグを2つ持つと両手を塞がれてしまいますし、片手で2つのバッグを持ったとしても持ち辛いですので、それが1つにまとまれば良いのにとは誰しも思うのですが、さすがにクライアントの前にバッグを開けた時に完全ではないにしてもチラッとでも着替えがバッグの隙間から見えたりすると、ちょっと恥ずかしかったりするものです。

おそらくそう言う事があるので、ビジネスとプライベートの荷物を2つのバッグに分けてパッキングして出張へ出かける事が多いとは思うのですが、今回はそう言う恥ずかしい思いをしないトラベルバッグ「The Bento Bag」をご紹介致します。


“出張の多いビジネスマンの方へ。重要書類も着替えも1つにまとめられる超便利なトラベルバッグ「The Bento Bag」” の続きを読む

抗菌・消臭・通気性・耐久性・履き心地・更に天然素材に拘った素足で履けるスニーカー「eco-friendly shoe」

たまに素足で靴を履くと言う方がおられますが、これは靴にとっても足にとっても良くありません。
まず靴目線で見ると、足から分泌された汗や皮脂が靴の生地に染み込み、それを餌としてバクテリアや細菌が繁殖して得も言われない悪臭を放ちますし、方は足目線で言うと動いて汗をかいた足裏は蒸れて皮が柔らかくなり、動く事で靴の中で足が動き、その摩擦で足の皮がめくれたり、摩擦熱によって皮膚が炎症を起こして水ぶくれが出来たりします。

と言う様に素足で靴を履くと言うのはデメリットはたくさんあってもメリットはほぼ皆無です。

そこで今回は素足で履いても大丈夫なスニーカー「eco-friendly shoe」をご紹介致します。


“抗菌・消臭・通気性・耐久性・履き心地・更に天然素材に拘った素足で履けるスニーカー「eco-friendly shoe」” の続きを読む

どうしても取れなかった汚れやシミを超音波でかき出す超音波ブラシ「wireless sonic washing tool」

スニーカーの泥汚れっていくら洗っても新品の様には綺麗にはなりません。
これは既に泥等の汚れが繊維の奥深くまで浸透してしまっているからで、繊維と繊維の隙間より大きなブラシの毛でいくらシューズの表面を擦ってもブラシの毛が繊維の間に入らなければ、その汚れは永久には取り除く事はできません。

そこで最近、シミ抜き等で注目されているのが超音波で、大手電機メーカーからも衣類のシミ抜き機として様々なタイプのものがリリースされていますが、それも小さなシミを地道に取るのが背一杯で、衣類に広範囲に染みこんだ汚れや、特に泥汚れの酷いスニーカーを綺麗にする様な超音波クリーナーと言ったものはありません。

ですが今回紹介するブラシは「wireless sonic washing tool」、超音波振動を発生しつつ毛先を使いダブルでかき出す、言うなれば最強のブラシです。


“どうしても取れなかった汚れやシミを超音波でかき出す超音波ブラシ「wireless sonic washing tool」” の続きを読む

ナイトランに最適な、1回のフル充電で14時間光り続けるスニーカー「Glow Everyday LED Sneakers」

子供靴で足を地面につける度にピカピカと光る様な靴がありますが、あれは別にファッション性を狙ったものではなく子どもの安全を考えてのものです。
子どもは小さく目立たないので、真っ暗な夜道は特に危険ですから、周囲の歩行者や自転車や自動車を運転している方に注意喚起するのには光で知らせるのが一番ですし、着地する度に光る事で移動方向も良く分かり危険を避ける事ができます。

また大人の靴でもそう言う靴がありますが、子どもの様に成長によって足が大きくなり靴を買い換えると言う事がほぼない大人用の靴で、靴に埋め込まれたフラッシュのバッテリーがなくなれば電池を交換する事はできませんので、それ以降は光らない状態で履き続ける事になります。

そこで今回は充電できるだけでなく靴全体が光り、360°どの方向からでもその光を認識する事のできる「Glow Everyday LED Sneakers」をご紹介致します。


“ナイトランに最適な、1回のフル充電で14時間光り続けるスニーカー「Glow Everyday LED Sneakers」” の続きを読む