コーヒーの飲み頃温度をいつまでも保つだけでなく香りを存分に楽しむ事ができるコーヒーグラス「KRUVE EQ」

食べ物の味って100%舌で感じているのではないって事をみなさんはご存じでしたか?
実は味のうち舌で感じているのは20%で残り80%は実は嗅覚、つまり鼻が大きな役割を果たしています。
更に言うと食べ物を口に運ぶ前に嗅ぐ”たち香(オルソネーザル)”、そして口の中に食べ物を入れ鼻腔から嗅覚に伝わる”あと香(レトロネーザル)”を総合的に感じて味と言うものは決まっています。

ですから鼻を摘まんで食べると食べ物の味を感じる事ができませんので、子どもが鼻を摘まんで嫌いなピーマンを食べると言うのは、あれは言うなれば嫌いな食べ物を何とかして食べようとする最良の手なのです。

また食品の中でもそう言う嗅覚によって味を錯覚させている食品は多く、例えば”粉わさび”は粉末の黄色のマスタードを緑に着色しているだけだったりしますし、味のする水も実は香料を水に少し混ぜてあるだけで、味がする様に誤魔化していたりするのです。

ですから香りを楽しむコーヒーなども実は注ぐグラスやカップによって味がこんなにも違うのかと言うくらい味が変わる飲み物で、今回はそんなコーヒーの香りをベストに楽しむ事ができるコーヒーグラス「KRUVE EQ」をご紹介致します。


“コーヒーの飲み頃温度をいつまでも保つだけでなく香りを存分に楽しむ事ができるコーヒーグラス「KRUVE EQ」” の続きを読む

アウトドアですぐに綺麗な水が欲しいと言う時に便利な浄水ウォーターボトル「GEOPRESS™ Purifier」

2011年に発生した東日本大震災以降、毎年の様に起こる全国各地どこかで起こる天災は、私達の災害に対する意識も変え、今まで無関心だった方も関心を持ち、防災用品を自宅に備えておられると思います。

特にその中でも水は重要で、成人の方が摂取する水分量は食事から摂取する分も合わせて1日2L〜3Lと言われており、それに見合った水のペットボトルを家族全員分、数日凌げるだけ保管しておくのは場所も取り、マンション等で収納が少ないと置き場所にも困ります。

そう言う時に便利なのが水を濾過する装置で、今回は日頃からアウトドアでも使える浄水ウォーターボトル「GEOPRESS™ Purifier」をご紹介致します。

“アウトドアですぐに綺麗な水が欲しいと言う時に便利な浄水ウォーターボトル「GEOPRESS™ Purifier」” の続きを読む

たくさんの食材をカットする時にカットした食材、カットする食材を脇に置いておけるカッティングボード「LIFT」

チャーハンを作ると言った時にみなさんのご家庭ではどれくらいの食材を使いますか?
タマネギ、ニンジン、万能ネギ、焼き豚、豚肉、ソーセージ、卵など冷蔵庫の余り食材で作る事のできるのがチャーハンの良い所でもあるのですが、チャーハンは火の通りを考えて順番に食材を投入して調理して行きますので予め全ての食材をカットして用意しておかなければいけません。
そう言う時にキッチンが狭いとそれら食材を入れた容器を置いておくスペースも限られるのでちょっと大変ですし、かと言って先に全ての食材をフライパンに入れてしまったりすると材料によっては加熱し過ぎて硬くなったり焦げたりと言う事になります。

そこで今回はカットする前の食材、カットした後の食材をまな板の回りに並べておけるカッティングボード「LIFT」をご紹介致します。


“たくさんの食材をカットする時にカットした食材、カットする食材を脇に置いておけるカッティングボード「LIFT」” の続きを読む

寒い時期はやっぱり温かいお弁当が食べたいよね、に堪えるポータブルスチーマー・ランチボックス「steasy」

こう寒くなって来るとお弁当も冷たく硬くなり、温めてから食べたいですよね。
ただ職場でも学校でも電子レンジが使えれば良いのですが、なかなかそう言ったものを整備してくれる職場や学校も少なく、保温ジャーなどを使っておられる方もおられると思いますが、それはそれで保温性の高いものは大きく重く嵩張る上に、ご飯やおかずを入れる為の容器が小さかったりと、ガッツリ食べたい派の方にとっては物足りません。
また内容量の大きいものは保温性が悪く、朝詰めたものがお昼には完全に冷たくなっていると言う事はありませんが、それでも中途半端に冷たくなっていたりて温め直して食べたくなります。

そこで今回はそんな温めが自分のデスクでできるポータブルスチーマー「steasy」をご紹介致します。


“寒い時期はやっぱり温かいお弁当が食べたいよね、に堪えるポータブルスチーマー・ランチボックス「steasy」” の続きを読む

ソーダ好き集まれ!!外出先でも簡単にオリジナルソーダ水が作れるソーダーメーカーボトル「Fizzing Bottle」

今年夏、多くの飲料メーカーから様々なフレーバーで味付けされたソーダ水がリリースされましたが、みなさん気に入ったものはありましたか?
ただ、炭酸飲料は夏場に売れますので、寒くなって来るとショップの売り場から段々と姿を消して行き、せっかく気に入っていたのにと悔しく切ない思いをする事もあります。
また中にはどのソーダも私には合わないと言う方もおられますし、このドリンクの味は好きなんだけど、炭酸が入っていないのだけが残念、と言うソーダ好きな方もおられるでしょう。

そこで今回は、好き勝手に様々なものを炭酸飲料してしてしまうソーダーメーカーボトル「Fizzing Bottle」をご紹介致します。


“ソーダ好き集まれ!!外出先でも簡単にオリジナルソーダ水が作れるソーダーメーカーボトル「Fizzing Bottle」” の続きを読む

たった20分で1リットルもの水道水をアルカリイオン水に買える保温ボトル「DYLN Insulated Water Bottle」

その昔、アルカリイオン水や水素水が大流行しましたが、まだみなさんは継続して服用されていますか?
アルカリイオン水も水素水も基本的には水素イオンがたくさん水に含まれており、pH9〜10のアルカリ性を示す水の事を差し、どちらも胃腸症状の改善に効果があり、それは臨床実験でも実証されており、決して怪しい眉唾物のものではありません。
ただ水素水は水に水素を添加して水素濃度を上げただけなのに対して、アルカリイオン水は水を電気分解して生成されますので、水素以外にも水道水に含まれていたカルシウム、マグネシウム、ナトリウムと言ったミネラルがアルカリイオン水となる陰極(マイナス極)に集まり元の水道水と比べても15〜20%これらミネラル濃度が上がりますので、水としては水素水よりもアルカリイオン水の方がミネラルをたくさん摂取する事ができます。

ただアルカリイオン水は電気分解して生成しますので、その為の装置が必要となり、会社や学校や出先では簡単に作ると言う事はできません。
またペットボトルや水筒に入れておくだけでアルカリイオン水に変える整水器もあるのですが、500mL程度の水を整水するのに約1時間程度かかるものが多く、アルカリイオン水がなくなったのですぐに作って飲みたいと言うニーズにはなかなかすぐに応えられるポータブルな整水器はありません。

ところが今回紹介するアルカリイオン水を作る保温ボトル「DYLN Insulated Water Bottle」は何と950mLの水を最大でも20分でアルカリイオン水に変える事ができますので、ほんの少し待たなければなりませんが、ほぼ世界最速のポータブルアルカリイオン整水器と言っても過言ではありません。

“たった20分で1リットルもの水道水をアルカリイオン水に買える保温ボトル「DYLN Insulated Water Bottle」” の続きを読む

フィルター不要!!ただ水道水をかき混ぜるだけで塩素や有害物質を除去し、水を美味しくする「MAYU」

みなさんは、浄水器を使わなくても水をかき混ぜるだけで塩素をはじめとする化学物質を除去し、そして美味しくできるってご存じでしたか?
塩素は水を容器にくみ置きしておけば自然と蒸発するのはみなさんご存じだと思いますが、1Lの水をくみ置きしておくとある実験では20分で塩素を100%除去できるのですが、たった1分かき混ぜるだけで90%以上の塩素を除去でき、5分も経過すると100%除去する事ができます。
これはかき混ぜる事で水と空気が触れ合い蒸発が促進されるからです。

その他にもかき混ぜる事で、フィルターを通して濾過せずとも水に含まれる様々な有害物質は除去でき更に水道水は美味しくなります。
そんな水を作る事のできる「MAYU」をご紹介致します。


“フィルター不要!!ただ水道水をかき混ぜるだけで塩素や有害物質を除去し、水を美味しくする「MAYU」” の続きを読む

何時でも誰でも同じコーヒーの味を出す事が可能なコーヒードリッパー「Draw by drip server」

コーヒーをコーヒードリッパーを使って淹れる時の重要な要素は、挽いたコーヒー豆の量、挽き目(挽いたコーヒー豆の細かさ)、お湯の量、コーヒーを淹れる時間の4つで、これら要素のうちどれか1つでも違うと抽出されたコーヒーの味は変わって来ます。
それを知っている方は計量器で1g単位で豆の量や水の量を計り、時計やスマートフォンのタイマー機能を使って2分30秒かけてお湯をゆっくりと注いでドリップさせます。

と言いますのは豆の量やお湯の量も味を決める要素である事には間違いないのですが、それ以上にドリップする時間がとても大事なのです。

ペーパードリップの場合は標準的には2分30秒かけて一定量のお湯を注ぐのが、豆の種類によらず一番美味しく頂ける時間となっており、これが30秒早い2分になると水っぽくなるだけでなく、香り、酸味、苦味と言ったコーヒーを美味しく感じる要素のどれもが不足します。
一方30秒長く3分かけてドリップすると香りは更により濃く立ちますが、渋味や苦味も増すと言った様にたった30秒足らずでまるで違う豆を使って淹れた様な味へとコーヒーは変化します。
ですからコーヒーを淹れるにあたり時間は非常に重要で、今回は指示通り淹れれば誰でも一定の味の美味しいコーヒーを淹れる事が可能なコーヒードリッパー「Draw by drip server」をご紹介致します。


“何時でも誰でも同じコーヒーの味を出す事が可能なコーヒードリッパー「Draw by drip server」” の続きを読む

女性でも片手で軽々と持ち上げる事ができる超軽量クーラーボックス「Venture 45-Quart Cooler」

ようやく涼しくなったこの季節、BBQやキャンプへと出かける機会も多くなりましたが、片付けて帰る時の荷物って何だか出かける前よりズッシリと重く感じませんか?
おそらく動きすぎて疲労がたまって重く感じるのでしょうが、BBQを行った場所やキャンプを張った場所に車を持って来られれず駐車場までの道のりが遠いと、何度も荷物を持って往復する度に、ついついため息が出てしまいます。

かと言って次から機材を減らすとそれはそれで不便ですし、便利の良い場所はロケーションや施設的に今ひとつだしと言う様な場合、今使っているクーラーボックスだけでも軽いモノに替えてみませんか?このクーラーボックス「Venture 45-Quart Cooler」に替える事で往復する回数が1回は確実に減ります!!


“女性でも片手で軽々と持ち上げる事ができる超軽量クーラーボックス「Venture 45-Quart Cooler」” の続きを読む

ペッパー以外にも岩塩やナツメグなども挽けるワンハンドルペッパーミル「Ortwo」

スパイスに拘りを持っておられる方は決してミルされて細かく粉状にされたスパイスは使わずに、その都度挽いて使います。
それは香りの高いスパイスと言えどすり潰してしまうと酸化を起こして味が変わるだけでなく、スパイスが持つ風味、香りも飛んでしまうからです。
ですが一般家庭ではすり鉢を使ってその都度すり潰すなんてのは余程時間に余裕がある方でないと無理です。
そこで一般的に使われるのがミル機能のついたスパイスボトルです。プラスチックや金属や木製の容器の先端にスパイスをすり潰したり砕いた入りするギミックが内臓されており、蓋を取って先端部分とボディー部分を両手で持って捻るとボトルの中に入れられたスパイスが挽かれて出て来ます。

ただスパイスボトルは先端の口をしっかりと固定していないとボトルを捻った時の力で周囲にスパイスが飛び散りますし、塩コショウで味付けしようとソルトミルとペッパーミルを捻って直接食材に振りかけムラができるとそれが味のムラとなって出て来ますし、大量にスパイスをミルしなければならない時などは、腕も疲れます。

そこで今回はミル機能のついたスパイスボトルが持つ欠点を見事にクリアしたとても使い易いワンハンドルペッパーミル「Ortwo」をご紹介致します。


“ペッパー以外にも岩塩やナツメグなども挽けるワンハンドルペッパーミル「Ortwo」” の続きを読む