ちょっと一息つきたい、そんな時の為の全自動コーヒー&ティーサーバー「SmartCup」

オフィスや自宅でちょっと一息つきたいと言った時に喫茶店の様に座ればパッとカップの注がれたコーヒーや紅茶、緑茶と言った好きなドリンクが出て来たらどれだけ幸せな事でしょう。
でも実際は本格的なものを楽しもうとするとコーヒーは全自動のコーヒーメーカーがあるとしても、紅茶や緑茶はお湯から沸かして淹れなければいけませんし、淹れ終わった後のポットや急須の後片付け、そして1杯だけで良いのに勿体ないと2杯3杯と飲んだ後の幸福感と言うよりは喪失感が何ともしがたいものがあり、結局飲まずに終わる事も出て来ます。

そう言う時にたった1杯だけコーヒーでも紅茶でも緑茶でも全自動で淹れるサーバーがあれば、使ってみたいと思いませんか?
今日はそんなちょっと使ってみたい感じにさせてくれるコーヒー&ティーサーバー「SmartCup」をご紹介致します。


“ちょっと一息つきたい、そんな時の為の全自動コーヒー&ティーサーバー「SmartCup」” の続きを読む

幼児用折り畳み椅子サイズにまでコンパクトに折り畳む事が可能なBBQグリル「FOLDING FIRE」

キャンプやBBQにBBQグリルは欠かせませんが、使った後の掃除のさることながら、それを運ぶのもまた一苦労です。
と言いますのも、BBQグリルは鉄やステンレスと言った金属で作られており、直接火に触れますので薄い金属板で作っていたのでは、特に鉄製のBBQが定番グルリは火力で熱せられて酸化が進み、火で炙られて所の酸化が進んでボロボロになって行きすぐに穴が空いて使えモノにならなくなります。
一方しっかりとした作りのものは厚みもありますからそれに比例して重くなり、運ぶのが大変です。

しかも例えば家族4人が同時に食べられるサイズのBBQグリルとなると40〜50cm四方のサイズのBBQグリルは最低でも必要で、折り畳み式のものでも15インチノートPCを2台並べたくらいのサイズがあり結構嵩張ります。

そこで今回は、全く違った材料を使う事で折り畳むとキッズ用の折り畳み椅子程度にまでコンパクトに折り畳む事が可能なBBQグリル「FOLDING FIRE」をご紹介致します。


“幼児用折り畳み椅子サイズにまでコンパクトに折り畳む事が可能なBBQグリル「FOLDING FIRE」” の続きを読む

温かいドリンクと冷たいドリンクの2種類のドリンクがそれぞれ350mL入る保温ボトル「H2Joe」

昨年の夏の40℃超えの異常気象から続いた異常気象はこの冬でも、朝晩に太陽が地平線の下に隠れるとグッと冷え込むのに、日中に太陽が輝いていると1月、2月の一番寒い時期でもポカポカと日差しを温かく感じ、そして車に乗っていると暖房すら必要なく、車内が熱すぎるのか窓を開けている方を見かける事があったりしました。
ですから朝晩はホットコーヒーやホットココアが温かく身体を中からポカポカと温めてくれて良い感じだったのが日中はホットでは汗が出て来て、コールドコーヒーや水が良いと言う方もおられたのではないでしょうか?

そこで今回は、そう言う温かいドリンクも冷たいドリンクも1つのボトルに詰めて持ち歩ける保温ボトル「H2Joe」をご紹介致します。


“温かいドリンクと冷たいドリンクの2種類のドリンクがそれぞれ350mL入る保温ボトル「H2Joe」” の続きを読む

スペースコロニーを連想させる上から下に生えた植物が特徴的なLED水耕栽培システム「OGarden Smart」

みなさんは家庭で野菜を育ててみた事はありますか?
例えば簡単な所では根のついたネギや、かいわれ大根等は、ネギは根から5cmくらい残して切って、根の部分だけが水に浸かる様にコップに水を入れて差しておけば、太陽さえ当たっていればスクスクとまた伸びて来ますし、かいわれ大根等は上の方を切り、スポンジをそのままかいわれ大根の入った容器に戻して水を入れておけば勝手に伸びて来ますので、これもお手軽です。

ただ本格的に野菜を育てようとすると、やはり専用の育成期があった方が失敗がありませんし、LED照明を使った栽培システムだと天候に左右されず最短で収穫する事が可能です。

そこで今回はどうせなら設置面積あたりの収穫量が他のLED水耕栽培セットの比ではない「OGarden Smart」をご紹介致します。

“スペースコロニーを連想させる上から下に生えた植物が特徴的なLED水耕栽培システム「OGarden Smart」” の続きを読む

温かいものはいつまでも温かく、料理をいつまでも温かくキープする事のできる保温プレート「smart plate」

温かい料理は温かい間に出し、そして温かい間に食べた方が美味しいのは当たり前の事ですが、一般家庭で温かい料理を温かいまま出し、そして温かいまま食べてもらうと言うのは、ちょっと難しい所があります。

例えば今夜の夕食は典型的な日本食で、ごはん、味噌汁、焼き魚、煮物と言った献立だったとします。
そう言う時、これらメニューを同時に食卓に配膳した時は、どれも温かい状態ですが、焼き魚の身を取るのに集中していると、煮物や味噌汁、ご飯は次第に冷めて行き、魚の身をほぐし終わった頃にはスッカリと冷めている事も…..

ただこれらメニューはどれも温かい状態で食べるのがやはり一番美味しく、それを実現するのが今回紹介します保温プレート「smart plate」です。


“温かいものはいつまでも温かく、料理をいつまでも温かくキープする事のできる保温プレート「smart plate」” の続きを読む

道具を作り、そして火を起こすマニュアル付きカード型サバイバルキット「Tiny SURVIVAL GUIDE」

昨年はとても天災の多い年で、日本全国で甚大な災害が多数発生しました。
そしてその復旧は遅々として進まず、とても辛い思いをしたのですが、人間が生活していく上で最低限必要なのが水と食料なのは言うまでもありません。
ただ、本当に何もかも失ってしまった場合、山の中で何も食料を持たず遭難してしまった場合、必要最低限覚えておけば生き延びる事ができるのが、水の濾過方法と、火の起こし方です。
水の濾過は竹等の筒状になったものを手に入れる事ができれば、石や砂を敷き詰めて簡易濾過機が作れますし、もし火を起こす事ができたなら炭を作って更に活性炭濾過で綺麗な水を作る事ができます。
一方火の起こし方を知っていれば、生では食べられないものも食べられる様に変える事ができますし、また食べやすくなります。

そこで今回はそう言うサバイバル術の指南書と、それを実践する為に必要な最低限度のサバイバルグッズがキットになった「Tiny SURVIVAL GUIDE」をご紹介致します。


“道具を作り、そして火を起こすマニュアル付きカード型サバイバルキット「Tiny SURVIVAL GUIDE」” の続きを読む

液漏れによる故障がなく、ランイングコストも非常に安い固形石鹸を使う電動ソープディスペンサー「Eco Soapr」

ソープディスペンサーを使っていて困る事ってありませんか?
例えば、手動でプッシュするタイプのソープディスペンサーは、手が非常に汚れているとその汚れがソープディスペンサーに付着して、手を綺麗に洗い終えた後に、今度はソープディスペンサーを洗わなければならず、更にそのまま洗面台やシンクの脇に置いたのではソープディスペンサーから滴り落ちる水滴で汚れますので、綺麗にソープディスペンサーについた水分拭き上げてから元に戻さなくてはいけません。
一方、電動タイプのソープディスペンサーは手をかざすだけでバブル状の石鹸が出て来ますので、ソープディスペンサーそのもに触る事はないので汚れる心配はないのですが、どこからか漏れた液体洗剤によってソープディスペンサー内部のモーターや配線やセンサーと言ったものや、内部のプラスチック部品が洗剤と化学反応を起こして劣化して行き壊れたりと言う事がよく起こります。

と言う様に一見便利なソープディスペンサーですが、使っていると何かしら余分な仕事が増えるもので、小さい子どもさん等がおれれると扱いも結構乱暴なので、液漏れして台の上が洗剤でベタベタなんて事もしばしば起こり、掃除の手間が増えたりもします。

そこで今回は、電動のソープディスペンサーでありながら従来の様に壊れる事のない上にランイングコストが液体洗剤に比べて非常に安い「Eco Soapr」をご紹介致します。


“液漏れによる故障がなく、ランイングコストも非常に安い固形石鹸を使う電動ソープディスペンサー「Eco Soapr」” の続きを読む

あらゆる面において効率的に設計されたコーヒー好きな方に贈るドリップメーカー「Cafflano®」

日本でコーヒーメーカーと言うと一昔前はペーパードリップ式のものばりでしたが、最近ではコーヒーメーカーが自ら作ったカプセル式のコーヒーメーカーも人気です。
ただそう言う本格的なコーヒーメーカーを欲しいと思っていても自宅に置き場所がなかったり、ドリップした後の掃除が面倒だったりするので、カップに直接ドリップするタイプのドリップパックコーヒーやインスタントコーヒーで飲んでいると言う方も少なくないでしょう。

そこで今回は、自宅でもオフィスでも簡単に好きな銘柄の豆でペーパードリップする事ができるドリップメーカー「Cafflano®」をご紹介致します。


“あらゆる面において効率的に設計されたコーヒー好きな方に贈るドリップメーカー「Cafflano®」” の続きを読む

塩分摂取を控える様に言われている方、減塩しようと思っている方の為のサルトシェイカー「PINCH BAE SALT SHAKER」

高血圧や糖尿病、腎臓疾患などで塩分摂取を控える様に言われているけれども、なかなか減塩が進まないと言う方も少なくないはず。
何故なら我々日本人が常日頃使っているミソ、醤油と言った調味料には塩がたくさん含まれいるだけでなく、その他の調味料でも塩は必ずと言って良い程使われており、更にお惣菜や漬物、麺類、カップラーメンなど、塩を含まない食物はないと言う程に塩分はあらゆる場所で使われています。

更に減塩が必要な高齢になると共に舌の味蕾と言う味を感じる器官の能力も衰え段々と濃い味付けへとなって行き、とても1日の摂取塩分量6g未満なんて言う塩分摂取は実現できそうになりません。

そこで今回は、塩分の使用量を”見える化”できる調味料入れ「PINCH BAE SALT SHAKER」をご紹介致します。


“塩分摂取を控える様に言われている方、減塩しようと思っている方の為のサルトシェイカー「PINCH BAE SALT SHAKER」” の続きを読む

ベルトに取り付けるホルスターがとっても格好いいK5ブレードEDCナイフ「G10 Praetor Pocketblade」

みなさんが使っているカッターナイフは、厚みのあるダンボール箱やちょっと硬いモノを切ると刃が折れたり、切っている最中に途中で刃が咬んでしまって止まってしまう事がよくあります。
その刃が途中で止まるの原因は、カッターナイフの刃を折れる様にする為に刃の厚みを薄くしている為です。
その為に切断面が広がらないので、切断した素材が刃の両面から押さえ込む形になり刃が進まなくなるのです。ですから出刃包丁の様な刃の厚みのあるものの方が、素材を切断して切り離すのには向いています。

そこで最近はカターナイフの用に折って刃を新しくはできませんが、刃を交換する事で切れ味を取り戻す事のできるK5ブレードと言う、台形の独特の形をした刃を利用するEDCナイフが流行っています。
このK5ブレードは一般的な文具用として売られているカッターナイフの刃の倍の厚みがあり、硬い強化ダンボールや、木材を削ったりと言った事が平気でできる刃で、中にはこのK5ブレードを使った”ヒゲ剃り”等もあり、様々な用途に使われています。

そして今回はそのK5ブレードを使ったEDCナイフ「G10 Praetor Pocketblade」をご紹介致します。


“ベルトに取り付けるホルスターがとっても格好いいK5ブレードEDCナイフ「G10 Praetor Pocketblade」” の続きを読む