常温のドリンクを急速冷却するだけでなく、正確に何分で冷却できるか教えてくれるボトルクーラー「Chillzie」

この夏もとても暑く冷たいドリンクをよく飲まれたのではないかと思いますが、常温のドリンクを冷蔵庫で冷やすとなかなか冷えません。
だからと言って冷凍庫で冷やしても、冷蔵庫よりは早く冷えるのですが、350mL缶でもしっかりと冷やそうとすると1時間2時間は余裕でかかります。

だからと言って急な来客で冷たいドリンクを出したいのに冷えていなくてどうしよう、と言う事がない様に冷蔵庫にたくさんのドリンクを冷やしておくと、他の食材を入れておく事ができませんし、そのあたりがジレンマになります。

そこで今回はフルボトルのワインでも10分程度で冷却する事のできるボトルクーラー「Chillzie」をご紹介いたします。

“常温のドリンクを急速冷却するだけでなく、正確に何分で冷却できるか教えてくれるボトルクーラー「Chillzie」” の続きを読む

全く新しい手法でキッチンスポンジに繁殖する雑菌をゼロにして保管するスポンジホルダー「SpongeBath」

みなさんは台所で食器や調理器具を洗う時に使用するスポンジって一体どれくらいの間隔で新しいものと交換していますか?

実はこれって知っている様で知らないのですが、スポンジメーカーの推薦交換期間は1ヶ月なのだそうです。

1ヶ月って汚れていないしボロボロにもなっていませんが、やはり1ヶ月も経過するとスポンジの内部で雑菌が繁殖しているので、1ヶ月程度を目安に交換した方が良いのだそうです。

ですがスポンジの保管方法でも、水を切らずに濡れたままだったり、しっかりと濯がずに食べ物カス等が残っていたりすると雑菌はすぐに繁殖します。
そこで雑菌が繁殖しない様に熱湯消毒であったり、漂白剤消毒であったり、天日干しであったりと様々な方法があるのですが、たったスポンジ1個の為にエネルギーと時間を使うのも効率的とは言えません。

そこで今回は、水洗いした後にそのまま入れておくだけで99.99%雑菌を殺して繁殖させないスポンジホルダー「SpongeBath」をご紹介いたします。
“全く新しい手法でキッチンスポンジに繁殖する雑菌をゼロにして保管するスポンジホルダー「SpongeBath」” の続きを読む

ダイレクトに口をつけて飲んでも安心!!紫外線で自動殺菌して雑菌の繁殖を防止する24時間保温ボトル「LIZ」

よくペットボトルでもそうなのですが、直に口をつけて飲んだボトルをそのまま室内に放置している方がおられますが、それって夏場は非常に危険な事だってご存じでしたか?

と言いますのもみなさんが綺麗だと思っている口の中って、非常に雑菌が多いのです。ウィルスや細菌と言ったものは普通に空気中を漂っており、それを口から呼吸する度に吸い込んでおり、高温多湿と言う格好の繁殖場所となる口の中で雑菌は繁殖します。
ただ唾液によって胃の中へ送られて胃酸で消滅させられますので、常に歯磨きやうがいをして雑菌を口の外へと排出しなければならないと言う事はないのですが、その繁殖したウィルスや細菌が、ボトルに口をつけ、ボトルを傾けてドリンクを口の中へ入れ、ボトルを戻した時に口の中に入ったドリンクが若干、ボトルの中へと逆流して一緒に戻り、ボトルの中で繁殖するからなのです!!

そしてその繁殖したウィルスや細菌をドリンクと一緒に胃の中へ入れると、最悪は食中毒と言う事に……

ですから、口をつけずに飲むのが一番安全なのですが、熱いお茶やコーヒーの様なものを口から離したボトルから直接口の中に入れた時にはどれくらい熱いのかも分かりませんし、喉の奥まで火傷をする様な事になりかねません。

そこで今回は、ダイレクトに口をつけて飲んでも雑菌が繁殖しない、またドリンクの温度を確認する事ができる24時間保温ボトル「LIZ」をご紹介いたします。
“ダイレクトに口をつけて飲んでも安心!!紫外線で自動殺菌して雑菌の繁殖を防止する24時間保温ボトル「LIZ」” の続きを読む

350mL缶を常温から飲み頃温度までたった9分、6本なら12分で急速冷却する缶クーラー「InnoChiller」

冷えていない缶やペットボトルを早く冷やす方法として塩水に氷を入れて回しながら冷やすと早く冷えると言う事は聞かれた事はありますか?
これは塩水を入れる事で氷の融点が0℃から-1℃, -2℃と言った本来氷が溶け始める温度よりも低くなる事で、より低い温度で冷やす事ができますので早く事ができるからです。
しかも回す事により缶やペットボトル内のドリンクが混ざる事で容器内のドリンクの温度が均一化されてより早く冷えますし、それを製品化したものも多数あります。

ただこの冷却方法の一番の欠点は氷が必要と言う点で、大量に冷却する様な場合は氷が足りなくなる事もありますし、なくなるとなかなか製氷機ではそんなに急速に氷を作る事はできません。

そこで今回は氷不要で最大350mL缶6本をたった12分で冷却する事のできる缶クーラー「InnoChiller」をご紹介いたします。
“350mL缶を常温から飲み頃温度までたった9分、6本なら12分で急速冷却する缶クーラー「InnoChiller」” の続きを読む

-85kPaでフードセーバーとしても使えるだけでなく、空気入れとしても使えるバッテリー内蔵圧縮ポンプ「Atmos」

みなさんは圧縮パックを利用していますか?
圧縮パックと言うのは真空パックされた食品の様に、空気を抜く事で布団や衣類を極限まで圧縮して嵩張らない様にするとっても便利な20世紀の偉大な発明品で、特にたくさんの衣類が必要な冬場の旅行等で荷物を小さくするのにとても有効なパッキング・ガジェットです。

そこで今回は手のひらサイズの超コンパクトながら脱気力(真空圧力・真空パラメーター)-85kPaのハンディー圧縮ポンプ「Atmos」をご紹介致します。
“-85kPaでフードセーバーとしても使えるだけでなく、空気入れとしても使えるバッテリー内蔵圧縮ポンプ「Atmos」” の続きを読む

一人暮らしの方や、自宅外でも手軽にドリップコーヒーが飲みたいと言う方の為の「Pakt Coffee Kit」

やっぱりインスタントよりも、ドリップコーヒーの方が良いと言う方にとってコーヒーメーカーはとっても簡単にいつも同じテイストのコーヒーを淹れてくれる最高の相棒です。
ただやはり自動でお湯を沸かしてドリップするので、1,2杯分しか1度にドリップしない様なコーヒーメーカーでも結構な大きさがあり、一人暮らしのワンルームマンションのキッチンに置くには結構邪魔です。

一方最近はカプセル式のコーヒーメーカーなどもあり、より本格的なコーヒーが手軽に飲める様にもなっていますが、こちらは1度に1杯しかドリップしませんので非常にコンパクトに作られたものもありますが、問題は自分の好きなテイストのコーヒーのカプセルがラインナップされているかですがそれをオフィスでもとなると、自分の会社なら大丈夫ですがサラリーマンでは無理な話で。

そこで今回は自宅でもオフィスでも、手軽にドリップコーヒーが楽しめるドリップ・キット「Pakt Coffee Kit」をご紹介致します。
“一人暮らしの方や、自宅外でも手軽にドリップコーヒーが飲みたいと言う方の為の「Pakt Coffee Kit」” の続きを読む

温冷自在だから、夏は冷たく冬はホカホカに保つ事ができるランチボックス「Numee Pack」

お弁当を職場や学校に毎日持って行っている方にとって、この暑さは天敵です。
何故ならお弁当箱の中の温度が上がるとそれに伴い雑菌も増殖する様になり、最悪は朝作ったばかりのお弁当で食中毒を起こすと言う事も有り得ます。

ですから夏はしっかりと保冷剤で冷やしておかなければいけないのですが、弁当箱の上に乗せた保冷剤って以外と早く溶けてしまうんですよね。
そして会社の様な空調の良く効いている場所であれば良いのですが、学校となると効いていたり効いていなかったりと微妙で、ちょっと心配にもなります。

そこで今回は専用の保冷剤がついたランチボックス「Numee Pack」をご紹介致します。
“温冷自在だから、夏は冷たく冬はホカホカに保つ事ができるランチボックス「Numee Pack」” の続きを読む

水を注ぐだけで簡単にアルカリイオン還元水をいつでも作る事ができるウォーターボトル「Clay Bottle」

最近は殆ど見聞きする事のなくなったアルカリイオン水ですが、アルカリイオン水をご存じない方にどう言うものかと言いますと、”アルカリ”と名前が付いている時点でおよそこの水はアルカリ性なんだなと言う事は分かると思います。
さて、このアルカリイオン水は健康に良いと言う事で随分前に注目されたのですが、それは酸性に傾きやすい人間の身体の中にアルカリイオン水を取り入れる事で中和されて中性に近くなり体調が回復すると言うのがアルカリイオン水が持つ効果・効能です。

ただそのアルカルイオン水を作ろうとすると水を電気分解をしたり、ある物質に触れたりする事でただの水道水がアルカリ性を示す水への変身するのですが、今回はそのアルカリイオン水を簡単に作る事のできるウォーターボトル(水筒)「Clay Bottle」をご紹介致します。
“水を注ぐだけで簡単にアルカリイオン還元水をいつでも作る事ができるウォーターボトル「Clay Bottle」” の続きを読む

使い終われば全てを灰にして処理できる、ゴミが殆ど出ない簡易BBQグリル「Barbacoa GRILL 2.0」

BBQグルリに中には簡易式の使い捨てBBQグルリ等もあり、どこでも手軽にBBQを楽しむ事ができるですが、問題はBBQ後です。
簡易BBQグリルは網もケースもアルミで作られ、チャコールが燃料として予めセットされたものが多く、使い終わった後は灰とアルミ製のケースと網が残りますので、当然どちらも持ち帰って処理しなければいけません。

でも心情としては食材もお腹の中に入り、できるだけ不要な荷物は処理できるなら処理して、捨てられるなら捨てて帰りたいものですが、生ゴミや燃えるゴミならまだしも、設備のきちんと整ったキャンプ場やBBQ場でも、アルミ製のBBQグリルだけは持ち帰らなければならない場所が殆どです。

そこで今回は、BBQグリルそのものを灰にする事で、その場で破棄できたり、コンパクトにして持ち帰る事のできる「Barbacoa GRILL 2.0」をご紹介致します。
“使い終われば全てを灰にして処理できる、ゴミが殆ど出ない簡易BBQグリル「Barbacoa GRILL 2.0」” の続きを読む

折り畳め、引き出しに入るから収納場所に困らない、1ルームマンションピッタリな電気ケトル「Voyager Kettle」

ワンルームマンションに住んでいると家具にしても何にしても部屋が狭いので何かと制約を受けますが、特に制約を受けるのがキッチンで、自炊するのに狭いキッチンはいくら工夫しても結構大変です。
例えばチャーハンに味噌汁をつけようと思うと、基本的にワンルームのレンジ台は1口コンロになっていますので、先にチャーハンを炒めてから鍋でお湯を沸かし、インスタント味噌汁を入れるとしてもお湯が沸く間にチャーハンは冷めてしまいますし、逆にしても今度は味噌汁が冷めます。
更に味噌汁を作ったとしたら熱々の鍋を置いておく場所にも困りますし、何かと不便です。

そんな時に電気ケトルがあるとお茶を入れたり、コーヒーを淹れたり、インスタント味噌汁を入れたりするのにもとても便利ですし、チャーハンも味噌汁も熱々のものが頂けます。
また冬場に暖かいインスタントのコーンスープをもう一杯作りたいなんて時も、お湯をもう一度沸かしたりと言う手間もいりませんが、ただ問題は置いておく場所です。

そこで今回は超コンパクトに折り畳む事のできる電気ケトル「Voyager Kettle」をご紹介致します。
“折り畳め、引き出しに入るから収納場所に困らない、1ルームマンションピッタリな電気ケトル「Voyager Kettle」” の続きを読む