遂にここまで小型化された!!コンタクトレンズの様にカメラのレンズに貼り付けるだけのマクロレンズ「iMicro C」

スマートフォンを使って顕微鏡で撮影したのと同じ様な拡大写真を撮影する場合にはマクロレンズと言う非常に倍率の高いレンズが必要となります。
そして実際に今までにもいくつものメーカーからかなりの数の製品がリリースされており、私も持っているけれど今のスマートフォンには合わないので使えなくなったと言う方も少なくないでしょう。

と言いますのは、マクロレンズに限らず望遠や広角レンズにしても、スマートフォンにはカメラの様なレンズを固定する為のマウントがありませんので、スマートフォンケースを加工してマウントにするか、クリップのついたレンズでスマートフォンのカメラのレンズを覆う様にスマートフォンを挟むかになり、前者のケース一体型のものはスマートフォンを新しく買い換えると再利用不可な場合が多く、後者のクリップもレンズの位置によっては挟めない場合もあります。

そしてそれよりもマクロレンズの1番の懸念は被写体を照らし出す照明です。
マクロレンズは被写体は何百倍に拡大して撮影しますので被写体との距離は数ミリになりますので、被写体をスマートフォンが完全に覆ってしまい部屋の照明だけでなくスマートフォンのフラッシュも当たらないので真っ暗かノイズが入った状態でマトモに撮影できないと言う状況になります。
そこでマクロレンズはスマートフォンのフラッシュライトの光を誘導して被写体を明るく照らし出したり、自らLEDライトを内蔵したりして被写体を照らし出したりするものがあり、前者の場合は機種が異なるとレンズとフラッシュの位置関係が変わり使えなくなる事があり、1つ買えばずっと使い続けられると言う製品は本当に数種類です。

そこで今回は、コンタクトレンズの様にスマートフォンのレンズに貼り付ける事で機種変しても使い続ける事のできるマクロレンズ「iMicro C」をご紹介致します。

“遂にここまで小型化された!!コンタクトレンズの様にカメラのレンズに貼り付けるだけのマクロレンズ「iMicro C」” の続きを読む

合計出力120W、USB-C PDポート×2な上に脱着する予備バッテリーが付属した最強のモバイルバッテリー「Morph」

最近のモバイルバッテリーはUSB-C PD(Power Deliver)に対応しているのはもちろんの事、USB-C PDポートを複数持っていたり、従来のUSB機器を充電する為にUSB-Aを備え、ちょっと多機能なものはそれにプラスしてQiワイヤレスチャージに対応したりもしています。

ただたくさんのデバイスを一気に充電できるのは嬉しい事なのですが、問題はモバイルバッテリーそのもののバッテリー容量です。たくさんのものを一気に充電できると言う事はそれに比例してバッテリーをたくさん搭載していなければ、中途半端にしか充電できません。

かと言ってたくさんバッテリーを搭載すると重さも比例して重くなりますが、モバイルバッテリーそのものも強大化して行き、モバイルとは呼べない様な大きさになって行ったりしますので、かなりじっくりと考えて選ばないと、毎日大きくて重いモバイルバッテリーを持ち歩く事になりかねません。

そこで今回はバッテリー容量とバッテリーサイズの問題をスワッピング(入替え)させる事で解決したモバイルバッテリー「Morph」をご紹介致します。

“合計出力120W、USB-C PDポート×2な上に脱着する予備バッテリーが付属した最強のモバイルバッテリー「Morph」” の続きを読む

スマホ1つで身の回りのモノに簡単に絵や模様、文字等が彫刻できるポータブルレーザー彫刻機「LaserPecker Pro」

レーザー彫刻機と言うのは、レーザーを照射する事でレーザーが照射された部分を加熱して焦がす事であらゆるモノに対して彫刻(模様を彫る)する事ができるマシンです。
対象となる素材はレーザーの出力にもよりますが、紙、木、コルクなど比較的溶けやすい、燃えやすいものは出力の小さなレーザーで彫刻できますし、大出力のレーザーを使えば金属やガラスと言った素材にも彫刻を施す事ができます。

使用用途としては、例えば小さいお子さんのいるご家庭ですとお子さんが小さいと何でも持ち物に名前を書いたりしないといけませんが、そう言ったものに名前を書いたりする時にボタン1つで名前を彫ると言うよりは焦がして彫刻する事ができますし、もちろんマジックインクではないので衣類やハンカチ等と言った衣類も名前が消える事はありません。

しかもレーザーなので自動焦点機能を備えたものであれば、靴の様な凸凹しているの素材でも綺麗に彫刻する事ができます。

また絵等も専用アプリ等を使ってグラデーション化された白黒の絵に変換する事で、そのまま彫刻したりする事もできますので、お友達のお子さんの出産祝いにオリジナルのメモリアルプレートを作って贈ったりと言った凝った事もできます。

ただ問題はレーザー彫刻機もベースは3Dプリンターと同じなので、彫刻エリアの大きなものはフレームがそれに比例して大きくなりますのでそれなりの置き場所を確保しなければなりませんし、専用アプリがPC用しかなかったり、安いものですと変換したGコードをSDカードにコピーしてレーザー彫刻機にセットしてプリントする様になっているなど、ちょっと素人では手を出し辛いのが難点です。

そこで今回は、誰でも簡単にスマートフォンがあればレーザー彫刻が可能な上にデスクの引き出しに収納しておけるだけでなく、どこへでも持って行けるレーザー彫刻機
「LaserPecker Pro」をご紹介致します。

“スマホ1つで身の回りのモノに簡単に絵や模様、文字等が彫刻できるポータブルレーザー彫刻機「LaserPecker Pro」” の続きを読む

USB-C PDで2台のPCを同時に充電可能な脅威の合計出力137Wの27,000mAhモバイルバッテリー「ZIRUX Power X」

2016年末、つまり3年前に外部インタフェースがUSB-CしかないMacBook Proが出た頃はUSB-Cケーブル1本買うにしても、従来のUSB機器を接続するにも高価な接続装置を使わざるをえない上に種類も少なく探すのに苦労したものですが、今ではUSB-Cケーブル(Power Deliverには対応していないケーブル)でさえ100円均一ショップで購入できるくらい普及しています。

そして新しくリリースされるAndroidスマートフォンはUSB-Cを採用したものが圧倒的ですし、iPhoneもUSB-C電源やUSB-C出力のモバイルバッテリーから充電した方が18Wで急速充電できると言うメリットがありますので、これからモバイルバッテリーを買い換えるのであればUSB-C出力を内蔵したものがベストチョイスなのは言うまでもありません。

そこで今回は、USB-C PD(Power Deliver)に対応したデバイスを2台同時に充電可能なモバイルバッテリー「ZIRUX Power X」をご紹介致します。

“USB-C PDで2台のPCを同時に充電可能な脅威の合計出力137Wの27,000mAhモバイルバッテリー「ZIRUX Power X」” の続きを読む

Qi15Wダブルワイヤレス充電にプラスしてUSB-C PD60Wパススルー充電機能を持ったワイヤレス充電器「Unravel 2」

いつの頃からか、私達の身の回りのデジタルガジェットの多くはQiワイヤレス充電に対応したものが多くなっている事に気付かされます。
ことスマートフォンやスマートフォンと一緒に使う事の多いBluetoothワイヤレスイヤホン等はワイヤレスイヤホンそのものにワイヤレス充電機能はなくてもケースがワイヤレスで充電できる様になっていたりするものが多いですし、モバイルバッテリーに関してもそれの流れに合わせるかの様にワイヤレス充電機能を持ったものを見かける機会が増えています。

ですから手元にあるQiワイヤレス充電に対応したデバイスを一度に充電しようとすれば、デバイスの分の充電台が必要と言う事になり、ケーブルでの充電と比較すると机の上のかなりの部分を占拠し、デスクスペースが狭いと結構な厄介者です。
かと言って充電の時だけ取りだしてセットするのも置くだけで充電できるメリットがありませんし、ケーブルを差して充電した方が充電スピードも充電を開始するまでの時間も早いので、どう考えてもワイヤレス充電するメリットがない様な気がします。

そこでそんなちょっとメリットを感じ辛いワイヤレス充電に対して、”これってめっちゃ便利やん”と思わせるQiワイヤレス充電器「Unravel 2」をご紹介致します。

“Qi15Wダブルワイヤレス充電にプラスしてUSB-C PD60Wパススルー充電機能を持ったワイヤレス充電器「Unravel 2」” の続きを読む

不眠に悩んでいる方へ。装着後30分後には自然と眠くなり自然と入眠へと導くヘッドバンド「Modius SLEEP」

みなさんは夜はすぐに寝る事ができますか?
中には布団の中に入っても1時間も2時間も寝られずに横にはなっているけれども起きていると言う方もおられるでしょう。
そして様々な方法をネットで探したり、人に聞いたりして実践しているけれど全然効果が現れずに困っておられる方もおられるはず。

そう言う方はまずサーカディアン・リズム(概日リズム)を知る事が重要です。
これは俗に言う体内時計の事なのですが、時計上は1日は24時間なのですが、この体内時計に限っては24時間キッチリの方もおられれば若干短い方、そして25時間あったりする方と千差万別です。
そしてこのサーカディアン・リズムは朝日に含まれるブルーライトを浴びる事でリセットされますので、夜中遅くまでスマートフォンを見つめていると眠る事ができないと言うのは、人間が持つ原始的な反射・反応が原因なのです。
しかもこのサーカディアン・リズムは1日に最大でも2時間しか戻す事ができないので、休みの日にお昼過ぎまで寝てしまったりしたら、5〜6時間はいつも起床する時間よりも長く寝た事になり、体内時計を戻すには最低でも3日、下手をすると5〜6日かかりますので、日曜日の寝だめが体内時計を自ら狂わせていると言う事もあるのです。

そして睡眠誘導物質であるメラトニンと言う脳の中で分泌されるホルモンは起床後14時間前後から分泌が始まる、約16時間後にピークに達すると言われ、朝6時に起きて出勤し、夜10時に帰宅して0時に就寝する様な方は完璧に寝る機会を失っている事になるのです。しかも寝る直前までどうやったら眠れるのかスマートフォンを見て検索していたら更に眠れません。

そこで今回は、睡眠導入剤の様な薬に頼らなくても、装着するだけで30分後には眠気に襲われて自然と入眠する事のできるヘッドバンド「Modius SLEEP」をご紹介致します。

“不眠に悩んでいる方へ。装着後30分後には自然と眠くなり自然と入眠へと導くヘッドバンド「Modius SLEEP」” の続きを読む

置くから貼り付けるに変える事で充電しながらスマートフォンの操作が可能になったQiワイヤレスチャージャー「QiPatch」

Qiワイヤレスチャージは我々にケーブルを差し込んで充電すると言う煩わしさから解放してくれました。
ポンと置けば充電してくれるQiワイヤレスチャージは、何か作業している最中でも”ながら充電”ができますので、ついバッテリー残量が少なくなっている事に気付かなくて、メッセージが来ないなぁ〜と思っていたら、いつの間にかバッテリーが切れて電源が落ちていた、なんて事にはならなくなりました。

ですがついつい使いすぎてバッテリーがない、でもまだ終わらない、でもこのまま続けると何時電源が落ちてしまってもおかしくない、と言う様なシチュエーションの時はQiワイヤレス充電は置かなければ充電できませんので、結果的に古典的なケーブルでの充電に頼らなくてはいけません。

そこで今回は置くのではなくひっつける画期的なQiワイヤレスチャージャー「QiPatch」をご紹介致します。

“置くから貼り付けるに変える事で充電しながらスマートフォンの操作が可能になったQiワイヤレスチャージャー「QiPatch」” の続きを読む

クレカサイズで合計出力100W、USB-C PD×2+18W出力USB-A×2を実現したGaNFast利用電源アダプタ「HyperJuice」

最近、スマートフォンやPCの電源アダプタや充電器で注目されているのが、窒化ガリウムを言う半導体を利用した充電器です。
では何故、今とても注目を浴びているのかと言いますとこの半導体は発熱が少ない為に装置を小型化できるからです。
みなさんも何故、MacBookの充電アダプタ(電源アダプタ)がこんなにも重くて大きいのかと思われた事があると思いますが、従来のパワー半導体と言って電源回路を制御する為の半導体はどうしても電源を変換するにあたり変換効率が良いとは言えず、その変換されなかった電力は熱に変換されて消費されます。
ただ熱に変換されて大気に放熱されるだけなら良いのですが、その熱によって充電アダプタ(電源アダプタ)が加熱され、使用されている部品の動作温度範囲であれば良いのですが、それ以上に温度が上がると機器の誤作動に繋がるほか、部品の劣化も進んで行き故障へと繋がります。

そこで目を付けたのが窒化ガリウムを使ったパワー半導体で、このGaN半導体を利用する事で発熱が抑えられ、従来製品と同等の充電能力を持った電源アダプタを30%以上小型化できるのです。

ですから今回紹介しますUSB-C電源アダプタ「HyperJuice」も合計出力が100Wもありながらクレジットカードとほぼ同等サイズで、これなら胸ポケットに入れて持ち歩く事も可能ですのでとても便利です。

“クレカサイズで合計出力100W、USB-C PD×2+18W出力USB-A×2を実現したGaNFast利用電源アダプタ「HyperJuice」” の続きを読む

自分の脳からどんな脳波が出ているのか知りたくはありませんか?脳波コントロールの練習も可能な脳波計「NeoRhythm」

脳波にはα波(アルファ波)やβ波(ベータ波)がある事はご存じかと思いますが、この他にも脳波には脳の状態を判定する脳波としてδ波(デルタ波)やθ波(シータ波)、γ波(ガンマ波)と言った脳波もあり、それぞれ脳がどう言う状態にあるのかをこれら5つの周波数の脳波を計測する事で知る事ができます。

一般的にはα波はリラックスしている時に強く放出され、β波は緊張している時に強くなるのは広く知られていますが、残りの3つδ波やθ波は入眠前や睡眠中に出る非常にゆっくりとした4Hz以下の周波数を示す脳波で、γ波はβ波よりも高い30Hz以上の周波数を示す脳波でイライラしていると言うよりは危険が迫っている様な危機的な状況に時に出る脳波になります。

そしてよく集中できる様にとα波を出すCDを聴いたりしますが、実際には集中している時はα波の中でもHigh α波やβ波が1番良く出ていますが、その状態が実際に維持できているのかどうか知るには脳波を計測するしかありません。

そこで今回は、脳波を簡単に計測できる脳波計「NeoRhythm」をご紹介致します。

“自分の脳からどんな脳波が出ているのか知りたくはありませんか?脳波コントロールの練習も可能な脳波計「NeoRhythm」” の続きを読む

AI判定で、1度充電すれば最大4ヶ月充電フリーで連続使用可能な電源工事不要のセキュリティーカメラ「IMILAB EC2」

最近は物騒な事件も多く、防犯カメラを我が家にも設置したいと思っておられる方は多いと思います。
ただ費用面を考えるとセキュリティー会社に丸投げすると毎月一定金額の費用を払い続けなくてはいけません。かと言ってホームセンターやネット通販で購入してDIYで取り付けると言うのも大変です。
最近はWiFiで通信するセキュリティーカメラもありますので、家の外から家の中へと配線を引き込んで作業しなければならないと言う事はありませんが、電源だけはどこからか引かなければなりませんし、そうすると設置場所の制約が出て来て、ここにカメラが欲しいのにと言う場所へ設置できないと言う事になります。

一方バッテリーを搭載したカメラもありますが、これもしっかりとカメラの仕様を見てから買わないと週に1回、3日に1回とバッテリーを充電しなければならないとしたら、それはそれで大変です。

そこで今回は1回充電すれば最大4ヶ月はバッテリーの充電は不要で自宅を守ってくれるセキュリティーカメラ「IMILAB EC2」をご紹介致します。

“AI判定で、1度充電すれば最大4ヶ月充電フリーで連続使用可能な電源工事不要のセキュリティーカメラ「IMILAB EC2」” の続きを読む