手のひらサイズながら音質に拘った、IPX7防水ワイヤレス・ステレオスピーカー「NstaJam」

お風呂の中で音楽を楽しむ習慣があると言う方、いくら防水性能を持ったスマートフォンだとしても気を付けた方が良いですよ、もしかすると湯船の中に落とすとお湯がスマトーフォンの中に入って来るかもしれませんよ!!

と言いますのも、そもそも防水試験と言うのは常温の真水でテストされているからです。ですからテストされていない海水であるとかお湯の中にドボンと浸けてしまうと液体がスマートフォン内部に侵入しないとも言い切れないからです。

通常、数十メートル防水を謳う様な防水腕時計の場合、裏蓋と時計本体との隙間にはゴムパッキンと言ってホースをリング状にした様なものが入っており、蓋を閉めると蓋と本体との隙間の中でこのパッキンが変形して隙間を完全に埋める様な状態になりますので水は入りません。
一方スマートフォンの防水には水が浸入する隙間部分にガスケットシールと言う薄っぺらなゴムを粘着剤で貼り付ける事で防いでいるのですが、熱や液体に含まれる成分によってこの粘着剤が弱くなりその弱くなった部分から液体が浸透する可能性がある事と、落下させてケースが変形して隙間が生まれてしまうと、元々ガスケットは隙間に差し込んでいる様なものなので、ガスケットが膨らんでできた隙間を埋める様な効果はないので、その隙間から液体が侵入するかもしれないからです。

ですからお風呂場にはスマートフォン本体ではなく防水性のワイヤレススピーカーを持ち込むのがオススメで、今回は音質に拘ったIPX7防水のBluetoothスピーカー「NstaJam」をご紹介致します。


“手のひらサイズながら音質に拘った、IPX7防水ワイヤレス・ステレオスピーカー「NstaJam」” の続きを読む

スマートフォンに足りない部分を補い、完璧な撮影用カメラに変身させる「SmartCine」

最近のスマートフォンはデジカメを凌駕する存在となり、先月発売されたiPhone Xs/Xs MAXでは撮影した後から背景をボカしたりと言う事が普通にできる様になっていますし、裏面照射型CMOSセンサーを採用する事で夜間撮影でも非常にノイズの少ないエッジのハッキリとした映像を撮影する事ができる様になっいたりと、光学ズームの性能を除けばコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)の必要性を感じさせない存在となりつつあります。
ただ画質に関しては非常に性能アップしているのですが、動画の音声や、夜間の動画撮影となるとスマートフォンだと意識させられます。

その要因として音声は、スマートフォンの性質上、ケースに開けられた小さな穴の中に小型のコンデンザマイクが内蔵されているだけなので集音性が非常に悪いのです。更に防水構造となり防水型マイクとなった事で更に音に関しては期待できません。
そして夜間の動画撮影にしても、静止画であれば画像補正し長時間露光すればブレのない明るい写真に仕上げる事ができますが、動画の場合はそうはいかずジンバルを使わず手持ちで移動しながら撮影するとなるとブレたり、1mも離れたらスマートフォンの小さなLEDなど被写体に届きもしませんので被写体が非常に暗く写ります。

そこでその音声と明るさを補い完璧な撮影の補助をする「SmartCine」を今回はご紹介致します。

“スマートフォンに足りない部分を補い、完璧な撮影用カメラに変身させる「SmartCine」” の続きを読む

Bluetooth5に対応し環境が整って来たからこそ、今買うべき防水ワイヤレスBluetoothイヤホン「Dolphin」

スポーツクラブで泳ぐ時に、音楽を聴きながら泳ごうとせっかく買った防水型のワイヤレスイヤホンが泳いでいる時に全く聞こえず、ジャグジーに入ってくつろいでいる時やシャワーをしている時しか使えなくてガッカリしたと言う様な経験はありませんか?

これには2つの問題があります。1つはワイヤレスつまり無線で音楽データを送る際にBluetoothと言う通信規格を使うのですが、このBluetoothの規格が古い4.2以前の規格なのか新しいBluetooth5なのかと言う事です。
前者のBluetooth4.2は送受信機の間に何も障害物がない状態でクリアなノイズの入らないサウンドをワイヤレス・イヤホンに届けようとすると2〜3mが限界距離です。一方、Bluetooth5になると製品にもよりますが20〜30mでもクリアに聴く事ができるものもあり、Bluetooth5規格を採用したワイヤレス・イヤホンの方が泳ぎながら聴くと言うのにはベストマッチっしています。
一方音楽を流す側のオーディオプレイヤーやスマートフォンももちろんBluetooth5に対応している必要があり、もし対応していなければBluetooth5を採用したイヤホンと繋がらないかBluetooth4.2と言う古い規格で接続されますので通信距離は短くなります。

ですが昨年リリースされたiPhone 8/ 8 Plus/ XからiPhoneのBluetooth規格は5になり、iPhone Xs/ Xs MAX/ XRももちろんBluetooth5を採用しており、これらiPhoneを持っておられるのなら今回紹介しますBluetoothイヤホン「Dolphin」であれば両方がBluetooth5に対応していますので、遊泳中でも音が切れる事なく聞き続ける事ができます。


“Bluetooth5に対応し環境が整って来たからこそ、今買うべき防水ワイヤレスBluetoothイヤホン「Dolphin」” の続きを読む