フル規格通信が可能なので5K画質&10Gbps通信&100W充電可能なUBS-Cマグネットケーブル「MagX」

LightinigやmicroUSBケーブルと比べてMacBook ProでUSB-Cマグネットケーブルを使っていて暫くすると充電できなくなると言う事をよく耳にします。
この原因の主原因は発熱です。15インチMacBook Proになりますと純正のUSB電源を使うと最大87Wと言う電力がケーブルを流れますので、ケーブルの抵抗が1Ωでも上がれば抵抗値に比例して発熱も多くなり、マグネットケーブルの接点を脱着する事で接点部分にカーボンが付着してON抵抗を増やしてケーブルのコネクタ内部に内臓されている電源コントローラーが熱で破損し充電できなくなるからです。

ですからUSB-C規格のマグネットコネクタを選ぶ場合はまず接点の面積の広いものを選ぶか、コントローラーの入っていない24ピン全てを結線するコネクタを選ぶのが重要で、今回紹介します「MagX」は後者のフル結線のマグネットケーブルとなります。


“フル規格通信が可能なので5K画質&10Gbps通信&100W充電可能なUBS-Cマグネットケーブル「MagX」” の続きを読む

一挙に4機種をリリースするUSB-C PDやワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリー「Omni Mobile」

先月アメリカで開催されたCESではIT機器以外にも家電製品でもUSB-Cを採用しようと言う動きが見られたくらい世の中の電気で動くデバイスは急速にUSB-C PD(Power Deliver)へと移行しようとしています。
では何故USB-C PDなのかと言いますと、USB-C PDは5/9/12/15/20Vと言う電圧で出力できる他、電流は最大5Aまで流す事ができますので最大100Wまで給電する事ができるからです。
更に世の中には USB-CをパソコンのDCコネクタに変換する様なアダプタまで売られていますので、今まで使い続けてきたノートPCをUSB-C PD対応のモバイルバッテリーで充電すると言った事も簡単にできる様になっています。

だからこそ、これから購入するモバイルバッテリーはUSB-C PDに対応したモバイルバッテリーを購入しておいた方が近い将来ノートPCやスマートフォンを買い換えた時にやっぱりUSB-C PDに対応したものを買っておいて良かったと思えるはずです。

そこで今回はそのUSB-C PDに対応したモバイルバッテリーを4種類紹介致します。

“一挙に4機種をリリースするUSB-C PDやワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリー「Omni Mobile」” の続きを読む

リアルタイム共有機能がすごい!!ホワイトボード・キャプチャ&OCRアプリ「Rocketboard」

スマートフォンのカメラをスキャナと同じ様にOCR(光学文字認識)として使うアプリはたくさんありますし、最新のMac用のOSであるMacOS MojavaにアップデートしたMacには”連携カメラ”機能が加わり、iOS12にアップデートしたiPhoneを使いiPhoneのカメラで書類等をスキャンしてMacに簡単に取り込める様になっています。

と言う様にわざわざアプリをお金を出さなくても簡単に書類を取り込む事ができますが、できればスマートフォンで撮影した状態の画像ではなく、光の反射や影を消し、歪みを補正して真っ直ぐな状態で、しかも文字や絵や記号と言ったものを認識して取り込んでくれるOCRアプリの方が、見やすいのは言うまでもありません。

そこで今回はそう言う補正はもちろんの事、ネットを使ったディスカッションを行う様な時にとっても便利なリアルタイム共有機能を持っているOCRアプリ「Rocketboard」をご紹介致します。


“リアルタイム共有機能がすごい!!ホワイトボード・キャプチャ&OCRアプリ「Rocketboard」” の続きを読む

超巨大な横断幕も任せて!!手で動かして印刷するフルカラー・ハンディープリンター「PrintBrush™ XDR」

みなさんは学生時分に、ノートに印刷できる様なプリンターがあれば、めっちゃ楽なのになと思った事はありませんか?
最近ではスマートフォンが普及し、大学ではスマートフォンのカメラでホワイトボードや黒板を撮影してLINEで出席できなかった友達達に回すなんて事が最近はよく行われますが、それでもその送られて来た画像をノートに書き起こすのは自分であり、手書きです。

そう言う時に手っ取り早くノートにダイレクトにプリントしてくれるプリンターがあれば、手書きする必要がないのでめっちゃ楽ですよね。

そこで今回は、そう言う手軽にどこにでも(と言っても素材によっては印刷できない素材もありますが)印刷可能なハンディープリンター「PrintBrush™ XDR」をご紹介致します。


“超巨大な横断幕も任せて!!手で動かして印刷するフルカラー・ハンディープリンター「PrintBrush™ XDR」” の続きを読む

私はマウス派!!と言う方の為の膝上でも快適にマウス操作が可能なノートPC向けワークスタンド「NOMABOARD 」

ノートPCにはトラックパットと言う非常に優れた入力デバイスが備わっています。
その昔は指1本の動きしか検出できなかったものが今では技術的には5本でも10本でも可能になっており、2本指や3本指で操作すると画面のスクロール等、マウスのホイールを使った様な操作もできる様になっており、実際にはマウス無しで操作する事ができるのですが、やはり人間慣れと言うものがあるのか、トラックパットよりもマウスの方が操作しやすいと言う方は一定数おられます。

そこで今回は、そう言うマウス派の方の為のワークスタンド「NOMABOARD」をご紹介致します。


“私はマウス派!!と言う方の為の膝上でも快適にマウス操作が可能なノートPC向けワークスタンド「NOMABOARD 」” の続きを読む

最強の環境性能と充電性能を持った災害時にも役立つ27,000mAhモバイルバッテリー「PWR27」

今、モバイルバッテリーを買おうと思っているのなら、もれなくUSB-C端子を備えたモバイルバッテリーを選ぶべきです。
と言いますのも、新しい11インチ、12インチのiPad Proが長年使われていたLightningコネクタからUSB-Cコネクタへと移行し、Androidスマートフォンやタブレット、そしてWindows、MacもUSB-C備えたものが増えて来ているからです。

ただUSB-Cと言っても規格が色々とあり、コネクタ形状だけがUSB-Cのものは最大で5V/2Aしか出力できず最大10Wでしか充電できませんしが、USB-C PD(Power Deliver)に対応していれば最大で100W(20V/5A)で充電する事が可能で、スマートフォンやタブレットだけでなくPCも充電する事ができるからです。

ですから、これからモバイルバッテリーを買おうと思うならUSB-Cに対応している事が重要で、今回紹介するモバイルバッテリー「PWR27」もUSB-C出力を備えています。


“最強の環境性能と充電性能を持った災害時にも役立つ27,000mAhモバイルバッテリー「PWR27」” の続きを読む

3Wステレオスピーカーで迫力あるサウンドも楽しむ事ができるLEDプロジェクター「Docoy」

プロジェクターを比較する際に一番比較されるのは輝度(明るさ)と解像度です。
この輝度(明るさ)の表記はメーカーでまちまちで、レンズによって大きく拡大して投影するプロジェクターでは”ルーメン”と言う単位で現している場合、中央の一番明るい部分で現しているメーカーや、端の一番くらい部分で明るさを現しているメーカーもあり、前者よりも後者の方が親切ではあるのもも比較する際にどちらかなんて事はカタログには書いていませんので、平均した明るさの単位として用いられている”ANSIルーメン”を明記しているプロジェクターの方が親切です。

そして次に比較するとなるとビジネス用途では重さやバッテリーの持続時間あたりですが、ホビーユースとなると自宅で使う事が多いのでバッテリーの持ちや重さよりも音質ではないでしょうか?
ホビーユースとなると映画やアニメと言った映像を楽しんだり、ゲームを楽しんだりする事に使うのが多くなりますが、なかなか音質重視と言うプロジェクターに出会う事は少なく、別途Bluetoothスピーカーや有線のスピーカーを設置するよりはプロジェクターに高音質のスピーカーが内蔵されていた方が便利なのは言うまでもありません。

そこで今回は、長時間再生、高音質と家庭で映画等を鑑賞するのにピッタリなプロジェクター「Docoy」をご紹介致します。


“3Wステレオスピーカーで迫力あるサウンドも楽しむ事ができるLEDプロジェクター「Docoy」” の続きを読む

まるでトラックパッドを触っているのと同じ様に操作できる指輪型マウス「Coolest mouse ever」

みなさんはPCで入力作業している時にカーソルを動かしたり、画面をスクロールしたり、タブを変更する時にそのキーボジションのまま、トラックパットに手を移動させなくても出来たら良いのにな、と思う事ってありませんか?
特にエクセル等で大量のデータを入力しなければならない様な時は、そのマウスを持って動かして、トラックパッドを指先でなぞってと言う操作にかかる時間がとても無駄な時間に感じる事も多々あります。

だからか最近はキーボードそのものをタッチスクリーンに置き換えてキー入力以外に画面の操作にも使える様なノートPCも現れたりもしていますが、それよりも今使っているPCでキーボジションを移動させる事なく画面操作できるデバイスがあったとしたらすごく便利だと思いませんか?

今回はそんなキーボジションを維持したままカーソルの移動や画面のスクロールを実現できる指輪型マウス「Coolest mouse ever」をご紹介致します。


“まるでトラックパッドを触っているのと同じ様に操作できる指輪型マウス「Coolest mouse ever」” の続きを読む

もしかすると造形コストは世界一安いかもしれないLSA LCD方式3Dプリンター「Paladin 3D Air」

3年ほど前はこうかで手を出せなかった3Dプリンターも、改良と量産化が進み今では誰もが手が買える値段にまで下がって来ましたが、その材料の樹脂の価格は3Dプリンター本体ほどは下がってはいません。
ですから、自分で3D CADソフトを使い新しく設計したデータを使って造形する時等は、何回もチェックにチェックを重ね造形データに不備がないか何重にもチェックしてから造形するのですが、それでもやはり3Dプリンターの特性や性能によりうまく造形できない事もよくあります。
ですから特に普及の進んでいるフィラメントと呼ばれる樹脂の棒を溶かしながら造形するFDM方式の3Dプリンターの場合はドラフト造形する為の安価なリサイクルフィラメントの様なものもあり、試作から本番までのランイングコストは昔と比べるとかなりコストダウンされています。

ところがSLA方式と言ってレジンと言う液体樹脂を紫外線で固めて造形する3Dプリンターにはその様な試作用のレジンはなく、更にSLA方式の3Dプリンターは水槽の中にタップリとレジンを流し入れて造形する為に無駄にするレジンが大量に出てしまうのです。
と言いますのもレジンは紫外線が当たると硬化する為に、どうしても3Dプリンターの光源から漏れた紫外線や、蛍光灯から発せられる紫外線、窓から差し込む外光に含まれる紫外線などが水槽に注ぎ込んだレジンを完全にではないにしても硬化させてしまい、それを再利用する事はできないからです。

その為に失敗すれば更に倍の量のレジンが必要となり造形コストを押し上げます。

そこで今回はその造形コストと言う問題を素晴らしい方法で解決したSLA LCD方式3Dプリンター「Paladin 3D Air」をご紹介致します。


“もしかすると造形コストは世界一安いかもしれないLSA LCD方式3Dプリンター「Paladin 3D Air」” の続きを読む

24時間365日快適なドライブをサポートするブルーライトカット機能搭載オーバーサングラス「AUTO OUTDOOR」

視力が悪いと様々な場面で不便を強いられる事が多いのですが、特に不便なのが車の運転です。
普段使いのメガネで車の運転をすると、少し曇り空の日中なら良いのですが、早朝や夕方と言った太陽が地平線近くまで降りて来る時間帯や、対向車の多い夜間走行などは太陽の光やヘッドライトが眼に飛び込んで来てサングラスでもかけてないと瞬間的に視界が無くなりヒヤッとすると言う事もあります。
だからと言って普段使いのメガネに色を入れて可視光をカットすると言うのも、街灯や明かりの少ない場所では夜間は見え辛くなり歩き辛いですし、かと言って色の入った度付きの眼鏡を作ると、夜間でも可視光を遮り更に更に暗くなり見え辛くなって運転し辛くなると言った弊害が出て来ます。

そこで便利なのがオーバーサングラスと言うメガネの上からかけられるサングラスで、今回は「AUTO OUTDOOR」と言うサングラスをご紹介致します。


“24時間365日快適なドライブをサポートするブルーライトカット機能搭載オーバーサングラス「AUTO OUTDOOR」” の続きを読む