ハーマン・カードン製スピーカーに自動画像調整機能のついたポータブルLEDプロジェクター「MoGo Pro」

最近のプロジェクターは光源にLEDを利用する事で非常にコンパクトになり、モノによっては手のひらサイズのLEDプロジェクターもあり非常に使い易くなった事で今密かなブームにもなっています。

ただコンパクトなものになると今度は設置作業がほぼマニュアルとなる為、画面の画角の調整からピントの調整まで全てマニュアルでやらなければならず、電源ONですぐに見る事ができると言う訳ではありません。

更に小さな筐体ではスピーカーが入ってなかったり、入っていても小さな1Wやそこらのスピーカーしか入っておらず映画等の迫力あるサウンドを再生するには不十分過ぎます。

そこで今回はハーマン・カードン製スピーカーを内蔵し音質にも拘った最大輝度250ANSIルーメン、3D映像の再生も可能なLEDプロジェクター「MoGo Pro」をご紹介致します。
“ハーマン・カードン製スピーカーに自動画像調整機能のついたポータブルLEDプロジェクター「MoGo Pro」” の続きを読む

スマートフォンで何もかも終わらせてしまうと言う貴方へ!!作業がめっちゃ楽になる「NexDock 2」

近年、大学を出て入社してきた学生がキーボードが打てない、パソコンが使えないとぼやく上司同士の会話を小耳に挟んだりする事がありますが、今のスマートフォンはPCよりも高性能なCPUを搭載していたりしますので、WordやExcel、PoewrPointと言うお決まりのアプリもスマートフォンでサクサクと動いてしまいますので、はっきり言ってパソコンの必要性が低いのです。

ただ、スマートフォンの小さな画面で表示できる範囲は狭く、PowerPoint等の編集は貼り付けたオブジェクトを移動する為にまず先に表示領域の倍率を下げるか画面をスクロールさせなければならず、スマートフォンではそう言う余分な作業が増えてあまり効率的ではありません。

そこでスマートフォンをテレビにHDMIケーブルで接続して大きなテレビ画面で編集すると言う方法もあるのですが、残念ながら今の学生はテレビも持ちませんので、選択肢としてはポータブルモニターあたりでしょうか?

それよりも今回は完全にノートPCにトランスフォームできる「NexDock 2」をご紹介致します。
“スマートフォンで何もかも終わらせてしまうと言う貴方へ!!作業がめっちゃ楽になる「NexDock 2」” の続きを読む

暗い場所でよくPC作業をする貴方へ知っておいてもらいたい!!眼を健康に保つためのバイアスライティング「AURA」

よく見やすいからと部屋の照明を落としてテレビを見たり、ゲームをしたり、PCで作業をしたりされる方がおられますが、これって眼にとっては良くない事、逆に言うと眼に良くない事をしているって事はご存じでしたでしょうか?

周囲が暗くなりモノが見え辛くなると瞳孔を開いてより多くの光を入れようとしますが、その状態でディスプレイを見つめると、もう誰もが知っているブルーライトが大きく開いた瞳孔を通って水晶体の中に差し込まれ、そして網膜に悪影響を及ぼします。
これが周囲がとても明るければ瞳孔はほんの少し開いているだけなので、ほとんどのブルーライトは瞳孔によってカットされますが、暗くて瞳孔が開いているとより多くのブルーライトが差し込みますので、眼にとっては良くないのです。

ただ、回りで誰かが休んでいたりして明るくできない様な場合もあるでしょう、そう言う時にこの「AURA」をPCに貼り付けておけば眼への負担を最小限度に抑える事ができます。


“暗い場所でよくPC作業をする貴方へ知っておいてもらいたい!!眼を健康に保つためのバイアスライティング「AURA」” の続きを読む

USB-C接続可能な縦横どちらでも使える10.1インチ、4K画質の15.6インチのモバイルディスプレイ「Packed Pixels」

ノートPCのディスプレイい表示されるウィンドウを左右に分割して作業する事は可能ですが、そうすると作業領域は半分になり非常に使い辛くなります。
特にPowerPointやWordで資料を作成したりする時に資料となる画像等を貼り付けたりする場合、画像を探す為にエクスプローラーを開いて画像を探してコピーし、そしてPowerPointやWordに戻って貼り付ける、作業的には何て事はありませんが、何十枚も画像を貼り付けたり、貼り付けた画像が合ってなくて入れ替えたりする時に横にもう1つディスプレイがあり、そこに画像の一覧が表示されたらウィンドウの切替がない分、随分と作業は楽になります。

そしてそう言う環境を出先でもノートPCと合わせて作り出す事ができるモバイルディスプレイはたくさん売られていますが、ノートPCのディスプレイと一体化させる事のできるディスプレイとなると皆無です。
そこで今回はノートPCのディスプレイを延長するかの様にワイドに広げる事のできるモバイルディスプレイ「Packed Pixels」をご紹介致します。


“USB-C接続可能な縦横どちらでも使える10.1インチ、4K画質の15.6インチのモバイルディスプレイ「Packed Pixels」” の続きを読む

全ての五感に訴える!!VR4Dを実現するVRヘッドマウントディスプレイアダプタ「Feelreal」

みなさんは映画館やテーマパークで4Dを体感された事はありますか?
3Dは映像が飛び出て来て立体に見えるものですが、4Dはそれに加えて映像に合わせてシートが動いたり(東京ディズニーランドにあるスターウォーズの様な)、風が吹いて来たり、匂いがしたり、熱さ寒さを感じたり、水しぶきが飛んで来たりと、ちょうどUSJにある”シュレック 4−D アドベンチャー”の様なものを想像してもられば理解し易いのではないでしょうか?

そこで今回はVRヘッドマウントディスプレイに取り付けるだけで、視覚だけでなく嗅覚・触覚共にバーチャルリアリティーを感じ取る事ができるアダプタ「Feelreal」をご紹介致します。
“全ての五感に訴える!!VR4Dを実現するVRヘッドマウントディスプレイアダプタ「Feelreal」” の続きを読む

出張の多いビジネスマンの方へ。重要書類も着替えも1つにまとめられる超便利なトラベルバッグ「The Bento Bag」

出張に出かける時は着替えを詰めたバッグと、書類やPCと言った仕事に必要なものを詰めたバッグ2つを両手にぶら下げて飛行機や新幹線に乗ったりするのが普通ですが、これが1つのバッグに詰められたらどれだけ楽かと思う様な事ってありませんか?

と言いますのもバッグを2つ持つと両手を塞がれてしまいますし、片手で2つのバッグを持ったとしても持ち辛いですので、それが1つにまとまれば良いのにとは誰しも思うのですが、さすがにクライアントの前にバッグを開けた時に完全ではないにしてもチラッとでも着替えがバッグの隙間から見えたりすると、ちょっと恥ずかしかったりするものです。

おそらくそう言う事があるので、ビジネスとプライベートの荷物を2つのバッグに分けてパッキングして出張へ出かける事が多いとは思うのですが、今回はそう言う恥ずかしい思いをしないトラベルバッグ「The Bento Bag」をご紹介致します。


“出張の多いビジネスマンの方へ。重要書類も着替えも1つにまとめられる超便利なトラベルバッグ「The Bento Bag」” の続きを読む

ゲームをよりリアルに!!弾丸を発射した時の反動を再現する、触感フィードバッグアダプター「ForceTubeVR」

最近ではVRゴーグルを使うとスマートフォンでもVRゲームを簡単に楽しむ事ができる様になり、ふと気が付けばそこがバーチャルな世界なのかリアルな世界なのか分からない様な気にさせなります。

ただもっともっとバーチャルをリアルに近づけるとなると視覚や聴覚だけでなく触覚や嗅覚にまで訴える事ができれば、リアルさはもっともっと際立ちます。
そこで今回は触覚の部分、特にシーティングゲーム等の中でライフルやマシンガンを撃った時の肩に感じる衝撃を忠実に再現する触感フィードバッグアダプター「ForceTubeVR」をご紹介致します。


“ゲームをよりリアルに!!弾丸を発射した時の反動を再現する、触感フィードバッグアダプター「ForceTubeVR」” の続きを読む

天板の下に大容量のモバイルバッテリーまでも収納可能なノートパソコンスタンド「Lagio」

ノートPCは、ちょっとノートPCを広げて作業できる場所があれば、カフェであれ、空港の待合室であれ、移動中の列車の中であれどこででも仕事ができますが、膝の上にノートPCを置いての作業は、快適かと言うと決してそうは言えません。

特に映像や画像の加工、PowerPointでのプレゼン資料の作成、Wordでの文章作成と言ったマウスカーソルを動かして操作しなければならない様な作業の時は、ノートPCのトラックパッドよりも、マウスやトラックボールで作業した方が遙かに効率的ですし、細かなマウスカーソルの移動の制御もできます。

ところが膝の上にノートPCを置いた状態でマウスを動かすとなるとマウスを動かす事のできる平面な場所があれば良いのですが、膝の上でのマウス操作となると結構大変ですし、既に膝の上にノートPCを置いていたらそもそもマウスを膝の上で動かす事もできません。

そこで今回は、どこででも快適に作業のできるノートパソコンスタンド「Lagio」をご紹介致します。


“天板の下に大容量のモバイルバッテリーまでも収納可能なノートパソコンスタンド「Lagio」” の続きを読む

大切なデータを持ち歩く時に使って欲しい世界最強のシールドを持つUSB3.1メモリー「TiSTICK」

みなさんはUSBメモリーにデータを持ち歩いていて、突然読めなくなり困った経験はありませんか?
USBメモリーも基板剥き出し様なものはなくケースには入っていますが、ケースそのものの材質が樹脂であったり、金属でもアルミ合金だったりすると誤って踏んだり落としたりする事でケースもろとも基板が破損する事があります。
そして破損したUSBメモリーは、メモリーチップさえ破損しなければ同一のUSBメモリーを購入し、メモリーチップを移植してやれば再び記録されたデータにアクセスする事は可能になりますが、普通の方はメモリーチップの様な細かな部品を移植できる様なハンダ付けの腕は持っていませんので、結果的には諦めるしかありません。

そこで今回は、大切なデータをよく持ち歩くと言う方に安心して持ち歩く事ができるUSBメモリー「TiSTICK」をご紹介致します。


“大切なデータを持ち歩く時に使って欲しい世界最強のシールドを持つUSB3.1メモリー「TiSTICK」” の続きを読む

バックパック、メッセンジャーバッグ、ブリーフケースへと役者のごとく早替えが得意な「Meridian」

バックパックは両手がフリーに使えるだけでなく、荷物が多い時に片方の肩にその重さが100%かかり肩が痛くなる様な事もないと言うメリットがあります。
その一方、満員電車の中では身動きすると周囲の人にバックパックが当たり嫌がられますし、ビジネスマンならクライアント先に出向くのにバックパックでは印象が良くありません。

そこで今回は瞬間的にバックパックからメッセンジャーバッグへ、そしてブリーフケースへと姿を変える事ができる「Meridian」をご紹介致します。


“バックパック、メッセンジャーバッグ、ブリーフケースへと役者のごとく早替えが得意な「Meridian」” の続きを読む