4人まで寝泊ok!! 1人でも1分で設営可能なワンタッチポップアップテント「Cinch!」

この夏、初めてキャンプデビューを果たしたと言う方もおられるかと思いますが、キャンプで一番大変なのはテントの設営です。タープはまだワンタッチタープと言って、フレームを広げて足を伸ばすだけの簡単なタープがありますが、テントとなると昔よりは組立は簡単になっていますが、それでもまずインナーテントを広げ組み立てたポールを順番に差し込んでエンドピンで固定して持ち上げてと、1人で4人用サイズのテントを立てるのは初心者にはかなり大変で、それこそ1時間程度かかる人もいます。

そんなテント張りが楽なテントがこの「Cinch!」です。

“4人まで寝泊ok!! 1人でも1分で設営可能なワンタッチポップアップテント「Cinch!」” の続きを読む

木の上にも設置可能なハンモック型1人用テント「Crua Hybrid」

今年の春先から夏にかけて本州でよく森に熊が出て襲われて死亡された方もおられると言うニュースを見聞きし驚いた以上に、北海道だけではなく九州地方以外にはどこにでも熊がいると言う事実にも驚きました。
ですから熊はどこにでもいると言う事を肝に銘じてキャンプに行くにも熊の出没情報を気にかけつつャンプ場選びもしなければなりませんが、いつどう言う形で今まで熊の出没情報がなくても突然熊が出没するかもしれません。

でもそうなるとキャンプに行ってテントを張る事はできませんし夜中に交代で見張りをするのも大変です。そう言う時に木の上で寝る様にすればみんなが安全に一晩グッスリと眠る事ができますし、急なゲリラ豪雨でテントに水が浸水して来たり、流されたりと言う危険性も回避する事ができます。

そう言う木の上にテントを張る事ができる唯一の製品がこの「Crua Hybrid」です。


“木の上にも設置可能なハンモック型1人用テント「Crua Hybrid」” の続きを読む

保冷性能6日間に移動用の大口径車輪にハンドルまでついたソーラーパネル搭載クーラー「nipi」

ビーチやプールサイドでスマートフォンを使用する人がとっても増えていますが、ポケモンGOではありませんが、ビーチサイドやプールでも充電する設備はありませんのでモバイルバッテリーは必須です。
ですがそのモバイルバッテリー、太陽が良く当たって高温になる場所に置いていたりしませんか?実はリチウムイオン電池の最高許容周囲温度(バッテリーが置かれている場所の気温)は約45℃以下で夏場に高温の車内にバッテリーを置いておいたりビーチやプールサイドで直射日光を浴びると加速度的に充電性能は落ちて行き、使わなくても充電容量は減って行くのです。

ではどうすれば良いのは?それはちゃんと温度管理をして極端な事を言えばバッテリーは保冷バッグに入れて温度管理を適切にしてあげるくらいでなくてはいけません。そこでプールやビーチサイド、アウトドアでよく使うクラーボックスにバッテリーを搭載して充電性能を持たせたら一石二鳥ですよね。そんな両方の性能を持ったクーラーボックスがこの「nipi」です。


“保冷性能6日間に移動用の大口径車輪にハンドルまでついたソーラーパネル搭載クーラー「nipi」” の続きを読む

ペレットを燃料にしたカーボンニュートラルなキャンプストーブ「Enki Stove Wild」

木質ペレットって燃料の事はご存知でしょうか?自宅に薪ストーブを設置されていてば環境に優しいペレットを使っておられる方も多いかと思います。

この木質ペレットと言うのは木質バイオマスと言われる端材やおが屑、樹皮と言った製材した後に残って破棄される材料を使って作られる燃料の事で、環境に優しいカーボンニュートラル(二酸化炭素中立性)な燃料として近年、脚光を浴びています。

ではカーボンニュートラルとは何なのでしょうか?二酸化炭素が地球温暖化を助長しており世界的にCO2の排出量を減らす為に各国がその数値目標を上げて頑張っていますが、木のみならず植物は二酸化炭素を取り入れて酸素を放出しているのは周知の事実ですが、一生涯に吸収した二酸化炭素の量と燃やした時に排出される二酸化炭素の量がイコールになって二酸化炭素の増減に影響を与えない事をカーボンニュートラルと言います。

 そして木質ペレットは廃棄する素材を破砕して高圧で圧縮していますので薪よりも密度が高くなり燃やした時の熱量が薪に比べて段違いに増加しますので、場所も取らず高熱量、そして着火がし易く品質が一定と言う利点があります。

そのペレットを使ったキャンプ用ストーブがこの「Enki Stove Wild」です。


“ペレットを燃料にしたカーボンニュートラルなキャンプストーブ「Enki Stove Wild」” の続きを読む