ペレットを燃料にしたカーボンニュートラルなキャンプストーブ「Enki Stove Wild」

木質ペレットって燃料の事はご存知でしょうか?自宅に薪ストーブを設置されていてば環境に優しいペレットを使っておられる方も多いかと思います。

この木質ペレットと言うのは木質バイオマスと言われる端材やおが屑、樹皮と言った製材した後に残って破棄される材料を使って作られる燃料の事で、環境に優しいカーボンニュートラル(二酸化炭素中立性)な燃料として近年、脚光を浴びています。

ではカーボンニュートラルとは何なのでしょうか?二酸化炭素が地球温暖化を助長しており世界的にCO2の排出量を減らす為に各国がその数値目標を上げて頑張っていますが、木のみならず植物は二酸化炭素を取り入れて酸素を放出しているのは周知の事実ですが、一生涯に吸収した二酸化炭素の量と燃やした時に排出される二酸化炭素の量がイコールになって二酸化炭素の増減に影響を与えない事をカーボンニュートラルと言います。

 そして木質ペレットは廃棄する素材を破砕して高圧で圧縮していますので薪よりも密度が高くなり燃やした時の熱量が薪に比べて段違いに増加しますので、場所も取らず高熱量、そして着火がし易く品質が一定と言う利点があります。

そのペレットを使ったキャンプ用ストーブがこの「Enki Stove Wild」です。


“ペレットを燃料にしたカーボンニュートラルなキャンプストーブ「Enki Stove Wild」” の続きを読む