Macユーザー必見!!青軸低背キーを使ったMacレイアウトのNキーロールオーバー・キーボード「Taptek」

日本ではスマートフォンを使っている方の半分以上がiPhoneで、PCにおいても大きな家電量販店や大学生協でMacを扱っているせいかユーザーは割と多くいるのですが、世界的に見るとAppleユーザーと言うのはごく少数で、ことPCに関して言えば1割弱しかいません。
ですから自ずとMac用の周辺機器は限られ、ことキーボード等はMac専用と謳っているものは極々少数でWindowsレイアウトのキーボードでMacにも対応していますよ的なキーボードが殆どなのですが、今回紹介する「Taptek」と言うキーボードはMacレイアウトの貴重なキーボードで、アプリ等をつ買ってキーレイアウトを変更しなくても使える貴重なキーボードになります。


“Macユーザー必見!!青軸低背キーを使ったMacレイアウトのNキーロールオーバー・キーボード「Taptek」” の続きを読む

音声アシストキーを備えたUSB-CでもBluetoothでも使える薄型スリムなキーボード「Keytron」

みなさんは音声アシスタント機能って使っていますか?
iPhoneやMacならSiri、AndroidならGoogle Assistant、WindowsならCortanaがそれぞれ音声アシスタントとなりますが、声に出して恥ずかしくて使っていないと言う方は多いのではないでしょうか?

ですが使ってみると結構便利で、MacならFinderを開かなくても目的の写真を探したり、同じネットワークにiPhoneがあればMacのSiriを使って”○○に電話をして”と言って通話をしたり、Facetimeしたりする事ができ意外と使ってみると便利な事に気付きます。

そこで今回はそんな音声アシスト機能であるSiri及びCortanaキーを備えたMac用キーボードとWindows用キーボード「Keytron」をご紹介致します。


“音声アシストキーを備えたUSB-CでもBluetoothでも使える薄型スリムなキーボード「Keytron」” の続きを読む

ガシャンガシャンとは鳴らないけど、キーを叩く度に鳴りそうなタイプライター風Bluetoothキーボード「Rymek」

みなさんはタイプライターってご存じですか?
おそらく若くても今現在60歳代の方がかろうじて就職した頃に会社に置いてあり、入社して数年間は使った事があると言う程度のものだと思いますが、タイプライターとはワープロやパソコン+プリンターが登場する以前にあった文字をプリントと言うよりは打刻と言って、文字が彫られたハンマーの様なものがキーを押す事でガシャンと言いながらインクを染みこませたテープと共に紙に押しつけられて紙に文字がプリントされる、言うなればスタンプと似た様なものです。

そんなタイプライターのフォルムそっくりなBluetoothキーボード「Rymek」をご紹介致します。


“ガシャンガシャンとは鳴らないけど、キーを叩く度に鳴りそうなタイプライター風Bluetoothキーボード「Rymek」” の続きを読む

勝つために!!足を使う事で第3の手を手に入れる事ができるPCゲーム用フットコントローラー「Bcon」

みなさんは”eSPORT”って何かご存じでしょうか?
2024年開催のパリ五輪から”eSPORT”が正式種目として加えられるかと言う話題て今、注目されているスポーツなのですが、この”eSPORT”は簡単に説明するとインターネットを使って対戦するゲームの事です。
1対1ではなく何人かのチームを組み、ゲームの中の仮想空間の中で協力し合って相手チームを撃破したりポイントを重ねて行って競うゲームなのですが、それが今や賞金まで出るワールドワイドな大会が開催されプロチームが世界中で続々と誕生しています。

そしてそのオンラインゲーム、”eSPORT”と言うだけあり、他のスポーツと同じでコンマ何秒と言う時間が勝敗を分けますので、いかに処理スピードの早いマシンやコントローラーを使い、通信スピードの早いインターネット回線を使うかが勝敗を分けるのですが、そう言う情報はインターネットを通じてすぐに流れ共有されますので、結果的の勝敗は人間の反射スピードに依存されます。

ただそれも限界があり、どこまでも無限に人間のスピードが早くなる事はありません。

そして今は2本の手でキーボードをマウスを駆使して操作しているのですが、それに第3の手として足を使えばもっと素早く操作できるのではないか?と言う事で生まれたのが今回紹介しますフットコントローラー「Bcon」です。


“勝つために!!足を使う事で第3の手を手に入れる事ができるPCゲーム用フットコントローラー「Bcon」” の続きを読む

クリエイターの方必見!!フルカスタマイズ可能なデザイナーズ・キーボード「Delux Designer」

最近は3Dプリンターの普及もあり、今までCAD系のソフト(アプリケーション)やドロー系のソフトを使った事がなかった方でも使う機会が増えましたが、これらデザイン系のソフトを使う上で一番困るのがデスクの上のスペースです。
デザイン系のソフトでキーボードは殆ど使いません。使うとすればショートカットを使ってコピー&ペーストしたりカット&ペースト、間違った作業内容を戻したり、エフェクトをかけたりする様な時だけで、作業の殆どはマウスかトラックボール、ペンダブレットを使われる方であればペンタブレットで行います。

ですからこれらデスクスペースが狭いとキーボードがデスクの上を占有してマウスを動かせるスペースが狭くなるばかりか、ペンダブレットを併用して使用するとキーボードとマウスとペンタブレットをどう配置するのかで非常に悩みますし、置くスペースがなくて変化位置に並べてしまうと変な格好をして作業しなければならず身体にも負担をかけて環境的にも良いとは言えません。

そこで作業時によく使うキーボードの左半分だけを切り出したデザイナーズ・キーボード「Delux Designer」をご紹介致します。


“クリエイターの方必見!!フルカスタマイズ可能なデザイナーズ・キーボード「Delux Designer」” の続きを読む

あの頃のキーボードが一番手にしっくり来ていたと懐かしむ貴方に!!フルカスタマイズ可能な99キーフルキーボード「Kira Mechanical Keyboard」

1980年代の頃のキーボードと比べると今のキーボードは薄くて軽く、しかもオールプラスチックで使い辛なぁ~と思いつつも選択肢は別にないからと昔を懐かしみつつも現状を受け入れておられると言う方はこの世の中には少なからずおられます。

特に日本ではNECが発売したPC-9801シリーズやPC-8801シリーズがオフィス用PCやホビー用PCとしてシェアを持っていたのでこれらPCに使われていたキーボードが使い易かったと思う方も多いかと思います。

昔のキーボードはキーストローク(キーが沈み込む距離)が長く、キーも重かったので指先に力を入れてキーを押し込まないとキー入力する事ができませんでしたが、キーをキートップの上に置いておいてもキーが指の重さで沈み込む事はなかったのでキーの上に指を置いておいても平気でした。

ところが最近のキーはキーが軽く、少ない力でキー入力する事はできるのですが、キーボードのキーの上に指を置けば簡単にキーが入ってしまう為に中途半端に腕をキーボードの上で空中で静止させておかないといけませんので、長時間キーを打ち続けると昔は感じた事のない腕の怠さと言うものを感じます。

と言う様に両者一長一短はあるにせよ、昔のキーボードがよかった!!と思われている方に、フルカスタマイズできる昔ながらの99キーキーボード「Kira Mechanical Keyboard」をご紹介致します。


“あの頃のキーボードが一番手にしっくり来ていたと懐かしむ貴方に!!フルカスタマイズ可能な99キーフルキーボード「Kira Mechanical Keyboard」” の続きを読む

折り畳んだ時の厚み6mm、重さたった95g、丸洗い可能なBluetoothキーボード「Wekey Pocket 2」

スマートフォンを使って長文を打ち込んだりする時に、PCを触った事がない世代の方の殆どはフリック入力を選びますが、長文を入力していると腕が疲れたりはしませんか?
と言いますのも最近の学部生のみなさんがレポートを提出したりするのにスマートフォンやタブレットを使って器用に文章を仕上げますが、効率面から言えば圧倒的にキーボードを使って文章を入力した方が短時間で仕上げる事ができのは実証実験からも明らかになっていますし、キーボードを使った事がある人は必ず次からもキーボードを使おうとする事からも分かる通り、一度使ったら手放せない事がわかると思います。

ただ一概にBluetoothワイヤレスキーボードと検索をしてもその数は山ほどあり、どれを選んで良いのやら…………..

そんなBluetoothキーボードは欲しいのだけれど、どれを選んで良いのか分からない方にオススメしたいBluetoothキーボードがこの「Wekey Pocket 2」です。


“折り畳んだ時の厚み6mm、重さたった95g、丸洗い可能なBluetoothキーボード「Wekey Pocket 2」” の続きを読む

PC使用中でもキーマップを自由自在に変える事ができるプログラマブルキーボード「WhiteFox Keyboard」

 みなさんキーボードを使っていて使い辛いと感じる事ってありませんか?
 普通に文章を入力するのがメインの仕事であればあまり使い辛いと言った事は感じられないかもしれませんが、例えば会計ソフトを使って伝票を入力するのが主な仕事がったり、表計算ソフトでひらすら数字を入力しなければならなかったり、またゲームでもゲーム中での移動キーが”W,A,S,D”と言うキーが割り当てられているのだけれど、左利きなので左右のキーの割り当てをごっそり入替られたらもっとキー入力を早くする事ができるのに….なんて事を思った事はありませんでしょうか?

 中にはキーの割り当てをごっそりと全て変える事ができるキーボードもあるのですが、それはパソコンにインストールしたアプリケーションで交換しているだけであって、そのキーボードを別のPCに接続すれば普通のキーボードに戻りますので、もし違うPCで同じ様にキーの割り当てを変えたければドライバーのインストールからしないとキーマップを変更する事ができません。

 ですがこの「WhiteFox Keyboard」はキーボードの中のキーマップそのものを書き換えてしまうので、キーボードを別のPCに接続しても書き換えたキーマップのまま使う事ができるキーボードなのです。


“PC使用中でもキーマップを自由自在に変える事ができるプログラマブルキーボード「WhiteFox Keyboard」” の続きを読む

”CHERRY軸”採用のiOS,Android,Windowsで使用できるBluetooth4.2メカニカル・キーボード「Penna」

 このBluetoothキーボード「Penna」はBluetooth4.2を採用している事もあり単4電池2本で何と6ヶ月も電池交換不要で使用できるキーボードで、iOS用とAndorid&Windows用とが用意されています(ハードの中身は共通で特殊キーの配置が違うだけですので、キートップを入れ替える事でiPhoneやiPadとAndroid端末及びWindows端末とで共有して使用する事ができますし、キートップは市販のキートップリムーバーで簡単に外して入れ替える事ができます)。

 そしてこのBluetoothキーボード「Penna」が他のBluetoothキーボードと違うのは、タブレットやスマートフォンと一緒に持ち歩くBluetoothキーボードと言うとバッテリーの持ちも重要ですが、重さや大きさも重要です。ただ重さ的には800gしかありませんので同等機能のBluetoothキーボードとそう変わりませんが、”CHERRY軸”を採用したメカニカルキーボードなので厚みはパンタグラフキーボードを採用したBluetoothキーボードに比べると2倍〜3倍の厚みがあります。


“”CHERRY軸”採用のiOS,Android,Windowsで使用できるBluetooth4.2メカニカル・キーボード「Penna」” の続きを読む

昔のタイプライターの様にカタカタとキー入力音がしっかりと鳴るBluetoothキーボード「lofree」

 あなたはキーボードのカチャカチャと鳴る音って気になる方ですか?それとも気にならない方ですか?

 最近のキーボードは何故か静音方向へ行っている様な気がしますが、そんなにあのカチャカチャ音が気になるものなのでしょうか?昔のキーボードは、と言っても既に博物館等でしか見られませんが、昔のIBMの大型コンピューターのキーボードなんて今のキーボードの比ではないくらいキーを押す度にガチャガチャと大きな音がし、しかもしっかりと押し込まないとキー入力ができなかった為にそれなりの力も必要で、長時間コーディング作業をしたりすると手に筋肉痛を覚えたりもしたものですが、今のキーボードはは軽く、軽く触れるだけでキー入力することができますから腱鞘炎や筋肉痛になる事も皆無ですし、何と言ってもカチャカチャと音が鳴らず静かです。

 ただ昔からキーボードを叩いていた人にとってはやはりあの懐かしいタイプライターの様にガチャガチャと鳴る方が心地よく、しかも鳴る方がかえって集中力が出て作業に没頭できると言うものです。そんな昔懐かしいガチャガチャと心地よい音が鳴るキーボードがこの「lofree」です。


“昔のタイプライターの様にカタカタとキー入力音がしっかりと鳴るBluetoothキーボード「lofree」” の続きを読む