ユーザーの声で進化を続けるEpomaker キーボードに新たに加わるフルキーボード「Epomaker GK96S & SK96S」

Epomakerと言う世界中のカスタマーに最適なメカニカルキーボードを提供することを目指し、開発と販売をしているアジアのメーカーなのですが、このメーカーは新しくキーボードをリリースすると世界中のメカニカルキーボード愛好家・コミュニティと連絡を取り合い、新しくリリースするキーボードにその声を反映させてより良いものを出すと言う事で有名なメーカーです。

今回紹介する”GK96S”と”SK96S”はテンキー付きのフルキーボードで、何と左利き用もラインナップされています。


左手用キーボードがラインナップ


さて今回紹介するBluetoothでも有線でもどちらでも使用可能なキーボード”GK96S”と”SK96S”ですが、これには何と左手用キーボードがラインナップされているのです。
とは言ってもキー配置が左右入れ替わっていると言う事はなくQWERTY配列は同じで、テンキーと呼ばれる数字を入力する為のキー(元々は表計算ソフトで数字を入れる為に付加されたキーだったのですが、現在ではPC用ゲームにおいてキャラクターの移動等の制御に使われる事が多くなっています)が左手用は左に、右手用は右に配置されているのです。
確かに利き手でテンキーは打った方が早いですし、左利きのゲームプレイヤーであれば左にテンキーがあった方が操作しやすいのは当然なのですが、左手用に作られたフルキーボードなんてショップで見かける事はほぼない上にゲーミング用キーボードとなるとネットで探しても数種類しかありませんので、左手用キーボードが増えるのは良い事です。

ちなみに全世界の人口の約10%は左手だと言う統計データがあるので、意外とこう言うキーボードを待ち望んでいた方が多く、そう言った声に押されてこのキーボードが出来たのかもしれません。


GK96S


次にこのキーボードは一般的なゲーミングキーボードで採用されているキーで有名なGateron、Kailh Box、Cherryが共通して使用している3ピンor5ピンのキーが使用できる様になっていますが、このGK96SではGateronのメカニカルキーを採用しています。

選択できるのは青軸、赤軸、茶軸、黒軸、の4種類で+$5足せば、黄軸、シルバー、グリーン、ホワイトも選択可能になっています。


SK96S


次にSK96SにはGateronのオプティカルキーが採用されています。
オプティカルキーは、キーを押した時にシャッターがLEDの光を遮る事でキーが押されたと反応する為、メカニカルキーの様にキーを押した時にチャタリングと言って何度もキーが押された様な状態になることがないため、反応がメカニカルキーより早いのでオプティカルの方がオススメなのですが、やはりメカニカルキーには独特のキーを押した時の指先から感じる感触があるので、どちらにするかは好みです。

なおキーはメカニカルキーと同じで青軸、赤軸、茶軸、黒軸がスタンダードで、+5$払払う事で黄軸、シルバー軸、緑軸から選択する事ができます。


MacとWinで使えるキーキャップ


またこのキーボードはMacユーザー、Windowsユーザー両方が平等に違和感なく使える様にファンクションキーなどはそれぞれの標準キーの割り当て配置になっている他、MacにはあってWindowsにはないCommandキーやWindowsキーと言ったものはしっかりと入れ替え用のキーが付属しています。

またキーキャップを変更しなくてもキーレイアウトは指が覚えていると言う方には切替キーを押す事でMacOS、とWindowsキーボードレイアウトに瞬時に切り替える事ができる他、キーボードレイアウトとしてこの2つの他に標準モード、ドライバーモード、カスタムモードと言った3つのモードも用意されており、カスタムモードは専用アプリでキーレイアウトを変更する事もできます。

またゲームをされる方には予め個々のゲーム用に最適にレイアウトしたキーマップが用意されている他、マクロの登録などもできます。

更にキーにはRGBキーを採用しておりフルカラーで光らせる事ができるのですが、これも専用アプリを使い細かくセットする事ができますので、詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/epomaker/epomaker-gk96s-96-wireless-mechanical-keyboard

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です