磁気ホイール素子を使う事で反応速度が劇的に向上した次世代型ゲーミング・アナログキーボード「Keystone」

FPSゲーム等でやはり勝利を手にするにはそれなりのスペックを持ったハード(ゲーミングPC)も必要ですし、ゲーミングキーボードやゲーミングマウスと言ったコントーラーも非常に重要になって来ます。

その中でもゲーミングキーボードにはマクロと言って一連のキー操作を記録し、あるキーを押す事で記録したキー操作を再現すると言う機能があるのですが、例えばRPGゲームや格闘技ゲームで必殺技を出すのにキーを順番に押さなければならない様な時にワンキーで確実に必殺技を出す事ができますのでとても便利です。
またFPSゲームの様に移動を伴う様なゲームにはアナログキーボードがとても便利です。

アナログキーボードと言うのは普通のキーボードは押すか押さないかの判定しかないのに対して、どれくらいキーを押しているのかと言う押し込み量を数値化できるキーボードで、移動スピードをキーの押し込み量で加減できますのでFPSゲームの様に素早くダッシュして移動して止まる。ゆっくりと匍匐前進して敵に見つからない様に移動すると言う様な時にとても重要な役割を果たします。

そんなアナログキーボードにあって初めて磁気ホイール素子を使ってキーの押し込み量を検出するキーをSilo Beam switchesを使ったキーボード「Keystone」をご紹介いたします。
“磁気ホイール素子を使う事で反応速度が劇的に向上した次世代型ゲーミング・アナログキーボード「Keystone」” の続きを読む

マクロを使わなくてもたった1つのキーで特殊機能を発動できるNキーロールオーバー・アナログキーボード「Wooting two」

PCゲームをプレイされる方にとってキーボードやマウスと言った操作デバイスはパソコン本体同様に勝敗を分ける重要なカギを握るガジェットとなります。
つまりゲームをする上でゲーム専用のキーボードやマウスを使うと言う事は、同じ腕前だとするとゲーミング用として作られたキーボードやマウスを使った方が確実に勝つ事ができます。

と言いますのもゲーミングキーボードにはマクロ機能と言って、特殊効果や技を出す際に複数のキーを同時に押したり、順番に押したりして発動させますが、この動作をキーボードに覚えさせてボタン1つで出せると言う機能があり、その特殊効果を出す事(キーを押すこと)にとらわれず自分のキャラを安全に移動させたり守ったりする事ができますし、キー操作の回数が減りますので手の疲労の蓄積も減りますし、何と言っても100%の確率で誰よりも早く特殊効果を出す事ができます。

それがゲーミングキーボードの最大の特徴であり、この他にもNキーロールオーバーと言って、USB接続のキーボードは同時に複数のキーを押した時に最初のいくつかのキーしか認識せずに後から押したキーや先に押したキーを押しているにも関わらずパソコン本体にその信号を送らないと言う制約があったりするのですが、このNキーロールオーバーを謳っているキーボードではその制約がありません。

そして今回紹介します「Wooting two」はNキーロールオーバーに対応しているのはもちろんのことテンキーのついたフルキーボードになり、マクロ機能よりもずっと操作性の高いアナログキーを使ったキーボードになります。


“マクロを使わなくてもたった1つのキーで特殊機能を発動できるNキーロールオーバー・アナログキーボード「Wooting two」” の続きを読む

ダイヤル式のGキーがコンマ何秒の世界を制覇する、ワイヤレス・ゲーミングキーボード「BladeMaster」

パソコンでゲームをプレイされる方はゲームをプレイする事に特化したキーボードがあるのはご存じだと思いますが、そのキーボードがもうPS/2やUSBと言ったケーブル接続するタイプのものではなくワイヤレスキーボードも徐々に増えて来ている事はご存じでしょうか?
と言いますのもゲームはコンマ何秒のキー操作で勝敗が決まる世界ですので、CPUやGPU(グラフィックカード)の性能もさることながら、オンラインゲームであればネットワークのスピードによっても勝敗に差が出て来ますし、ゲーム中のキャラクターや車両を操作するキーボードやマウスの応答スピードも重要になって来ます。

ですから少し前までは普通のビジネス目的ではゲームの様なシビアがレスポンスは要求されませんでしたので、ワイヤレスキーボードの場合は無線通信のスピードがそんなに早くなくても十分に実用に耐えられていましたので長らくスピードが重視される事はありませんでした。
その為に応答性の良いキーボードやマウスを作ろうとすると有線、つまりケーブルのついたキーボードやマウスと言う選択肢しかなかったのですが、ここ最近、高速通信可能な通信チップが出て来た事でワイヤレスでも1kHz(1msec)でキーをスキャン(検出)して送信できる様になりましたので近年、続々とゲーミングキーボードメーカーがワイヤレス製のゲーミングキーボードをリリースし始めています。

そして今回紹介するゲーミングキーボード「BladeMaster」も最大1kHzでキースキャン可能な現行としては最速のワイヤレスキーボードになります。


“ダイヤル式のGキーがコンマ何秒の世界を制覇する、ワイヤレス・ゲーミングキーボード「BladeMaster」” の続きを読む

エルゴノミックデザイン2分割、USB接続で全キー同時押し対応キーボード「Dygma Raise」

これからパソコンでオンラインゲームを始めようと思っておられる方、CPUやグラボのスペックの性能は非常に重要なのですが、それと同じくらいキーボードやマウスも重要だと言う事はご存じでしょうか?
オンラインゲームの殆どはキーボードとマウスで操作を行いますから、コントローラーであるキーボードやマウスの性能によってもゲーム展開に影響を及ぼします。
特にキーボードでキャラクターを移動させたり視点を変えたりコマンドを実行したりしますので、キーボードのキーの反応によって連射のスピードに差が出たりするのですが、それ以前にキーボードのインタフェースの仕様によっては押したキーに反応しなかったりします。

それがUSBキーボードの”xキールオールオーバー”です。これは同時に押して認識できるキーの数の事で、USBキーボードの場合は標準では最大6つのキーしか認識しませんので、7つ目のキーは無視されます。
つまり移動や視点切り替えでキーを押しながら何か実行させようとしてキーを押した時に既に6つキーを押していたらそのキーボードではそれ以上の同時操作はできないと言う事になり、対戦中であったのならそれこそ命取りになります。

ですからゲーマーの人はPS/2と言う30年以上前に作られた規格で作られたキーボードをわざと使うわけなのですが、最近の小型マザーボード等はPS/2端子がなかったりしますから困るのです。

ですが今回紹介する「Dygma Raise」はUSBインタフェースながら全キー同時押しに対応した数少ないキーボードになります。


“エルゴノミックデザイン2分割、USB接続で全キー同時押し対応キーボード「Dygma Raise」” の続きを読む