何時でも誰でも同じコーヒーの味を出す事が可能なコーヒードリッパー「Draw by drip server」

コーヒーをコーヒードリッパーを使って淹れる時の重要な要素は、挽いたコーヒー豆の量、挽き目(挽いたコーヒー豆の細かさ)、お湯の量、コーヒーを淹れる時間の4つで、これら要素のうちどれか1つでも違うと抽出されたコーヒーの味は変わって来ます。
それを知っている方は計量器で1g単位で豆の量や水の量を計り、時計やスマートフォンのタイマー機能を使って2分30秒かけてお湯をゆっくりと注いでドリップさせます。

と言いますのは豆の量やお湯の量も味を決める要素である事には間違いないのですが、それ以上にドリップする時間がとても大事なのです。

ペーパードリップの場合は標準的には2分30秒かけて一定量のお湯を注ぐのが、豆の種類によらず一番美味しく頂ける時間となっており、これが30秒早い2分になると水っぽくなるだけでなく、香り、酸味、苦味と言ったコーヒーを美味しく感じる要素のどれもが不足します。
一方30秒長く3分かけてドリップすると香りは更により濃く立ちますが、渋味や苦味も増すと言った様にたった30秒足らずでまるで違う豆を使って淹れた様な味へとコーヒーは変化します。
ですからコーヒーを淹れるにあたり時間は非常に重要で、今回は指示通り淹れれば誰でも一定の味の美味しいコーヒーを淹れる事が可能なコーヒードリッパー「Draw by drip server」をご紹介致します。


“何時でも誰でも同じコーヒーの味を出す事が可能なコーヒードリッパー「Draw by drip server」” の続きを読む

ネルドリップと同じ美味しさを味わう事ができるエアロプレス用金属メッシュフィルター「ameuus micro filters」

私達日本人にとって一番馴染みの深いコーヒーの淹れ方はペーパーフィルターです。
紙製のフィルターをセットしてそこにお湯を注ぎコーヒーを淹れるのですが、紙製のフィルターによってコーヒー豆から抽出される油分や親油性の雑味、そして親油性の香りを全て紙性のフィルターが吸い取ってくれますので、シンプルでスッキリとした味わいのコーヒーを抽出する事ができるのでですが、スッキリとし過ぎます。
一方ネルドリップと言って布で濾して淹れたはコーヒーは、親油性の香りをコーヒーの油分と共にドリップして抽出しますので、より香りが高くそして油分によって口当たりがまろやかなになりますので、ネルドリップで淹れてくれる喫茶店等のコーヒーが同じ豆を使っていても美味しく感じるののは当然です。

一方エスプレッソの様な金属製のメッシュフィルターを使うものはコーヒーの油分はもちろんの事、挽いたコーヒーから出る小さな粉まで一緒にドリップされますので、飲んだ時に舌の上にその粉が残りザラっとした感触が残ります。

と言う様に、ドリップの仕方によってコーヒーと言うのは同じ豆を使っていても様々な味が楽しめるのですが、ブラックで飲むなら日本人の好みはやはりネルドリップした苦味の少ない香り高いコーヒーです。

ただネルドリップの場合、布でコーヒーをドリップさせていますので後の掃除や手入れが大変です。

そこで今回は「ameuus micro filters」と言うネルドリップの様な味が味わえる金属製のメッシュフィルターをご紹介致します。
メッシュフィルターなので水で付着物を洗い流すだけで、すぐに次のコーヒーを淹れる事ができます。


“ネルドリップと同じ美味しさを味わう事ができるエアロプレス用金属メッシュフィルター「ameuus micro filters」” の続きを読む

コーヒー好きが最後に拘るのは水!! コーヒーを抽出するのに最適な水を作り出す精水ポット「Peak Water」

よく私達は同じ大豆と”にがり”から作った豆腐でも水が違えば全く違う味になるし、お茶も水が違えば甘みが強くなったり、渋味が強くなったりすると言う事を昔からよく言います。
それは水に含まれる様々な有機化合物、つまりミネラルによる水の性質から来ています。

日本の水は一般的には”軟水”(カルシウムやマグネシウムの量で決められる指標です)が多く、性質的には中性から酸性に位置します。一方ヨーロッパの水は”硬水”であると言う事はよく聞きますし、カルシウムやマグネシウムを大量に含むためアルカリ性を示し、生水を飲むとお腹がゆるくなったりします。

こう言った硬度(硬水なのか軟水なのか)の違う水がコーヒーの味にどう言った変化をもたらすのかと言いますと、コーヒー豆そのものは酸性です。ですからアルカリ性の硬水でコーヒーを淹れると酸味が抑えられてまろやかな味にはなるのですが、逆に苦味が際立ちます。

一方、日本の水はと言いますと酸味は強いものの苦味が抑えられるので、苦いのが苦手と言う方には適した水と言う事になるのですが、中にはコーヒーの苦味が好きと言う方もれいば、酸味が強い方が好きと言うかたもおられますし、コーヒー豆によっても酸味が強くそれがウリの豆があれば、苦味がウリの豆もあります。

ですからこう言うコーヒー豆のうま味を如実に抽出するなら自家焙煎も良いのですが、最終的には水が味を決定しますのでその水を何とかしなければならず、今回紹介します「Peak Water」はどの国の水でもコーヒーを淹れるのに適した水を作り、世界中どの国に行ってもコーヒー豆さえ同じなら同じ味のコーヒーの味を出す事のできる精水ポットです。


“コーヒー好きが最後に拘るのは水!! コーヒーを抽出するのに最適な水を作り出す精水ポット「Peak Water」” の続きを読む

とことんコーヒーに拘るのなら最後は自家焙煎するしかない!!pa-sonaru ・コーヒーロースター「Kelvin Coffee Roaster」

コーヒー好きな方が最後に行き着くのは自家焙煎と言われるくらい、コーヒーを淹れると言うのはとっても奥が深いものです。

例えばペーパードリップで淹れるとしてもお湯の温度、蒸らす時間、お湯を注ぐスピードが違えば、ドリップしたコーヒーの味も違って来ますし、焙煎した豆をミル(砕く)した時の粉の粒の大きさによっても味が変わる上に、焙煎してから経過した時間によっても味が大きく変化(真空パックして保存しないと酸化が進み、すっぱく(コーヒーが持つ酸味とは違います)なり、最終的には腐ります)します。

と言う事で同じ風味のコーヒーを出したいと言う方は最終的には自家焙煎と言う事に行き着くわけなのです。ただ自家焙煎と言っても少量の豆を焙煎するのであれば、生豆を買って来てフライパンで煎ってやれば焙煎は可能です。ただそれだと火加減や混ぜ方でどうしても味は変わってしまいますし、素人では焙煎中の臭いや色でその違いを判断するのは難しく、そこで活躍するのが今回紹介する様な家庭でも使えるパーソナル・コーヒーロースターです。


“とことんコーヒーに拘るのなら最後は自家焙煎するしかない!!pa-sonaru ・コーヒーロースター「Kelvin Coffee Roaster」” の続きを読む

清掃もゴミ捨ても超楽な大容量オールインワン・フレンチプレスマシン「Rite Press」

日本では一般的にコーヒーと言えばペーパードリップと言って紙製のフィルターで漉したコーヒーか、お湯に圧力をかけて抽出するエスプレッソ、そしてそのエスプレッソを使った様々なアレンジコーヒーの事を指し、コーヒーメーカーを買いに行ってもショップの売り場に置いてあるマシンと言えばこの二択です。
ただ世界的に見るとペーパードリップよりもフレンチプレスの方がよく飲まれており、その理由はコーヒーの淹れ方にあります。
と言いますのもペーパードリップは同じ器具を使ったとしても注ぐお湯の温度、コーヒーの粉を蒸らす時間、お湯を注ぐスピードによってコーヒーの味が変わって来ますし、お湯の温度や蒸らし時間は温度計やタイマーを使って定量化できてもお湯を注ぐスピードは、淹れる方の感性や感覚で変わって来て、味も変わります。
一方フレンチプレスの場合はお湯の温度は90〜95°がベスト(これはお湯が沸騰してから1分程度待てば適温になります)で、後は味を決定するのは抽出する時間だけで、これはタイマーで代用できる事から抽出時間を4分と決めれば誰が淹れても同じ味のコーヒーを淹れる事ができます。

ですから世界的には味に差の出ないフレンチプレスの方がポピュラーで、今回紹介するフレンチプレスマシン「Rite Press」はこのキットだけで同じコーヒーの粉を使えば100人いれば100人同じ味を出す事ができ、しかもスマートフォンやタイマーは不要で、最大1Lものコーヒーを淹れる事ができますので、いつもたくさんのコーヒーを淹れなければならない方にはピッタリなフレンチプレス・マシンです。


“清掃もゴミ捨ても超楽な大容量オールインワン・フレンチプレスマシン「Rite Press」” の続きを読む

保温ボトルにする事でいつまでも温かなコーヒーを味わう事ができるフレンチプレス・ボトル「ESPRO」

コーヒーにも様々な淹れ方があり、その1つとして”フレンチプレス”と言う淹れ方があります。
このフレンチプレスは専用のマシンにコーヒーの粉を入れてお湯を注ぎ混ぜ、4,5分放置した後にステンレス製の板に穴を開けたフィルターを押し下げて抽出すると言う、みなさんがよくご存じの蒸らす時間やお湯の温度、お湯を注ぐスピードで味や香りが変わるペーパードリップに比べて、腕の差が殆ど出ない、とても簡単に同じ味が出せるのがフレンチプレスと淹れ方で、エスプレッソ程ではないにしても圧力を加えて抽出する事で味に深みを与えるコーヒーオイルを一緒に抽出できるのもフレンチプレスの良い所です。

ところがこのフレンチプレス、挽いたコーヒー豆の荒さによってはフィルターの穴をすり抜けてカップに注がれる為に、飲んだ時にザラッとして苦いコーヒーの粉が舌の上に残ると言う欠点も持っています。

そんな欠点をクリアし、そしていつでも温かなコーヒーを味わえる様に作られたフレンチプレス・ボトル「ESPRO」を今回はご紹介致します。


“保温ボトルにする事でいつまでも温かなコーヒーを味わう事ができるフレンチプレス・ボトル「ESPRO」” の続きを読む

いかに美味しいコーヒーを淹れるかを”酸化”と言うキーワードを元に追求して作られた電動コーヒーミル「Niche Zero」

 コーヒー好きな方の中には美味しいコーヒーを飲む為には手間暇は惜しまないと言う方が少なからずおられ、自らが本格的に焙煎を行い、そして自家焙煎をしたコーヒー豆を挽いてコーヒーを淹れられたりされますが、確かに美味しいコーヒーを飲む為には焙煎をして挽いてそして淹れると言う作業を連続して行った方がコーヒー豆の酸化を最小限に抑える事ができますので、それだけでも美味しいコーヒーを飲む事ができると言うものです。

 ただコーヒーのローストマシンは高価で場所を取る事から多くの方はコーヒー専門店でロースト仕立てのコーヒー豆を買って来て、飲む前にコーヒーミルで挽いてそして淹れて飲まれていると思います。ただこの場合に問題になるのがコーヒーミルの中に残る挽いた豆の残骸です。
 一旦脱酸素してパッキングされたパッケージからコーヒー豆を取り出すとそこから酸化は始まり、いくら開けた袋を密閉しても本来は翌日には酸化も進んで封を開けた後に最初に淹れたコーヒーの様なフレッシュさは残念ながら薄れてしまっているのですが、それよりも問題なのがコーヒーミルの中に残った挽いた豆なのです。プロペラ式(カッター式)と呼ばれている金属の羽を高速で回してコーヒー豆を砕くタイプのコーヒーミルの場合、容器に挽いて残ったコーヒー豆も羽そのものが見えてる事もあり掃除も楽なのですが、臼式やコニカル刃とも呼ばれるコーヒー豆をすり潰すタイプのコーヒーミルの場合はそのカッターの部分が密閉されていますので分解して清掃する事ができず、その刃の間に残ったコーヒーの粉は数時間で酸化して、次に豆を挽いた時にその残った粉が一緒に排出されて本来そのコーヒー豆が持ってはいない酸味(参加をすると酸味が増します)や雑味が出てしまい、折角の高級な豆の味も台無しにしてしまいます。

 ところがこのコーヒーミル「Niche Zero」は粉の残留がほぼありませんで、次に時間が空いて挽いたとしても残った粉によって味が変質してしまうと言う事がないのです。


“いかに美味しいコーヒーを淹れるかを”酸化”と言うキーワードを元に追求して作られた電動コーヒーミル「Niche Zero」” の続きを読む

今年ブレークの兆しが見えるアイスブリュードコーヒーが自宅で楽しめるサーバー「NITRO KING」

 ”アイスブリュードコーヒー”ってご存知ですか?日本ではいち早くUCCがこの”アイスブリュードコーヒー”の販売を初めてUCCの豆を使用している喫茶店等では飲める所もあるのですが、大手コーヒーチェーン店ではまだ”アイスブリュードコーヒー”を扱っている所はなくまだまだマイナー感の抜けないコーヒーなのですが、このコーヒーが新感覚でまさに病みつきになる喉越しなのです!!

 この”アイスブリュードコーヒー”は簡単に言えばビアサーバーにアイスコーヒーを入れてビールの様にグラスに注ぐコーヒーで、ビールに含まれるガスが二酸化炭素なら、この”アイスブリュードコーヒー”に含まれるガスは窒素です。何故?窒素ガスになったかと言うと二酸化炭素に比べて抽出される泡がきめ細かくクリーミーな為に炭酸が苦手な方でも飲む事ができます。

 そんな”アイスブリュードコーヒー”をいち早く自宅でも楽しめる様にとリリースされたのがこの「NITRO KING」です。


“今年ブレークの兆しが見えるアイスブリュードコーヒーが自宅で楽しめるサーバー「NITRO KING」” の続きを読む

抽出時間を捻るだけで変える事ができるステンレス製コーヒードリッパー「December Dripper」

 コーヒーもそうですが、緑茶でも紅茶でも同じ豆や茶葉を使って淹れてたとしてもお湯の温度であったり抽出時間が違ったりすると全く違った味になります。その良い例が急須で淹れる緑茶や紅茶パックで淹れる紅茶でしょう。緑茶であれば急須に茶葉を入れ、そしてお湯を注いですぐに湯呑みに注ぐと薄すぎて色は出ていてもお茶の味なんてほとんどしませんし、逆にじっくりと時間を置いて急須に注ぐと今度は濃すぎて苦かったりしますし、紅茶でも時間によってやはり同じ事が言えます。
 それと同じでコーヒーもコーヒードリッパーと呼ばれるコーヒーを抽出する為の器具を変えるだけでこうも味や香りに影響するのか?と言うくらい劇的に味や香りが変化をします。ですがそれを楽しむ為に複数のコーヒードリッパーを揃えておくのも収納スペースの問題で現実的ではありません。

 ですがこの「December Dripper」ならこれ1つで無限の淹れ方を試す事ができます。

“抽出時間を捻るだけで変える事ができるステンレス製コーヒードリッパー「December Dripper」” の続きを読む

お湯さえあれば外出先でもフレンチプレスコーヒーが楽しめるコーヒープレスボトル「THE VERSA」

 日本でコーヒーを淹れると言うと圧倒的にフィルターにコーヒー前を入れてお湯を注いで抽出するネルドリップコーヒーのイメージが強いのですが、ヨーロッパでは実は家庭で淹れるコーヒーと言うのはフレンチプレスが多いのですが、フレンチプレスと言われてもメジャーな飲み方ではないのでピンと来ないかもしれませんが、ティーメーカーやティープレスと言う商品名で、茶葉を入れた容器にお湯を注いでから金属製の網を押し沈めて注いだ時にカップに茶葉が入らない急須の様なものと言えば使用している方はわかるかもしれません。
 では慣れ親しんだネルドリップのコーヒーはみなさん普段から飲まれていますからご存じだと思いますが、フレンチプレスはネルドリップとはどう違うのかと言いますとコーヒーを淹れるのに腕は不要だと言う事です。コーヒーメーカーを使わずにフィルターをセットしてお湯を落としてコーヒーを抽出すると同じ豆を使ったとしても蒸らし時間やお湯の温度、お湯を注ぐスピードでコーヒーの味は劇的に変わりますが、フレンチプレスは挽いた豆にお湯を注いでプレスするだけですから手間をかけて味に違いを出すと言う部分がありませんから誰が淹れても味は同じと言う事になります。
 そして一番違うのはネルドリップではコーヒーに油が浮いていると言う事はありませんが、エスプレッソの様なコーヒーだとコーヒーオイルと言う油が浮いているかと思いますが、このコーヒーオイルに実は香りやうま味と言ったものがギュと詰まって(ごま油を想像してみて下さい)おり、逆に言うとネルドリップにはないコーヒーオイルで香り高いコーヒーを楽しむ事ができるのです。そんなフレンチプレスコーヒーをどこででも手軽に楽しむ事ができるボトルがこの「THE VERSA」です。


“お湯さえあれば外出先でもフレンチプレスコーヒーが楽しめるコーヒープレスボトル「THE VERSA」” の続きを読む