瞬時に動作モードを切り替えられるモード変更ダイヤルが便利な、スマホ&デジタル一眼レフ用ジンバル「Swift M1 and P1」

昔のスマートフォンには手振れ補正などと言う機能がなかったのでジンバルorスタビライザーがとても重宝しましたが、今のカメラ重視の高性能なスマートフォンには殆ど手振れ補正機能が内蔵されていますので、手持ちでスマートフォンを使って動画を撮影しても画面のブレが気になると言う事は殆どありません。

ですが長時間スマートフォンを両手でホールドして持っていると流石に腕が疲れて来て画面が上下したり、ズームする時も片手で持ち、もう片方の手の指でピンチアウトしますので画面がブレたりスムーズに一定スピードでズームできなかったりと操作上で不便な点はいくつもあります。

ですがそう言う点、ジンバルならジョイスティックを倒すだけで一定スピードでカメラの方向を変える事ができますし、ズームイン・ズームアウトもレバーを倒すだけでできたりとスムーズに撮影し続けると言う点においてはジンバルは本当に便利です。

ただ、そのジンバルの動作を決めているのはスマートフォンであり、デジタル一眼レフ用のジンバルではその動作モードの変換すらワンタッチでは出来ない所があってとても大変ですし、スマートフォンで動作モードを変更するにしても、撮影中にメニューを出して変更するも、変更する事に意識を持って行かれ、被写体を追いかけるのが疎かになったりして失敗する事もよくあります、

そこで今回は、そう言う撮影モードの変更がスムーズにできるジンバル「Swift M1 とSwift  P1」をご紹介致します。

“瞬時に動作モードを切り替えられるモード変更ダイヤルが便利な、スマホ&デジタル一眼レフ用ジンバル「Swift M1 and P1」” の続きを読む

360°ターン、クイックリリース、そしてポケットサイズが特徴的なスマートフォン用ジンバル「SMOOTH-Q2」

最近の高級なスマートフォンには光学手振れ補正やデジタル手振れ補正機能がついていたりしますので、昔の様にスマートフォンで動画を撮影した時に画面がブレて見辛いと言う事は少なくなって来ましたが、それでも移動しながの撮影時には画面は上下しますし、身体の向きに合わせて画面も左右に揺れますので、完璧に静止した映像を撮影すると言うのは無理です。

そこで便利なのがジンバルと言うガジェットです。

ジンバルと言うのは正確には回転台の事で、カメラを上下左右に動かす装置の事なのですが、ジンバルと言えばスタビライザー(手振れ補正)機能を持ったモノを総称として今はジンバルと呼んでいます。

そしてスマートフォンをジンバルにセットする事で手振れはもちろん、身体の揺れに合わせて動いていた画面の方向をピッタリと一点を静止して向く様に固定する事もできますし、ボタン操作で一定速度でカメラの向きを変える事もできますので、よりプロっぽい映像を撮影するには不可欠なガジェットになっています。

そんなジンバルは既に数多くのメーカーがたくさんのジンバルをリリースしていますが、今回紹介する「SMOOTH-Q2」はユーザーの立場に立ち設計されたと言っても言い過ぎではないジンバルです・

“360°ターン、クイックリリース、そしてポケットサイズが特徴的なスマートフォン用ジンバル「SMOOTH-Q2」” の続きを読む

どれだけ人混みの中でクイックに動いても、被写体をフレームアウトさせない自動追尾4Kカメラ「OBSBOT Tail」

みなさんは運動会や試合、そして学校の劇に出たりしている我が子をカメラで追っている途中で我が子を見失ってしまい決定的瞬間を撮影し損ねたなんて事はありませんか?
確かに日頃からそう言う雑踏の中で被写体をずっと追いつつ撮影すると言う練習をしていなければ、運動会なんて生徒全員が同じ体操服を着用していますし見分けがつかなくなり、見失なってしまうなんて当たり前ですし、常にフレームの中心に被写体を捉えたままカメラを動かすなんてプロのカメラマンでもなければ到底無理です。

ですが今回紹介する「OBSBOT Tail」はプロカメラマン並の追尾能力を持っていますので、もう被写体を見逃して悔しい思いをする事はありません。


“どれだけ人混みの中でクイックに動いても、被写体をフレームアウトさせない自動追尾4Kカメラ「OBSBOT Tail」” の続きを読む

ジンバルまで搭載して中級機!?と思える程の機能を持つホビー用撮影ドローン「Micro Drone 4.0」

今やドローンと言えばホビーショップでも購入でき、画質は悪いものの数千円のドローンでも空撮映像が撮影できる時代です。
ですが本格的にドローンに搭載したカメラが捉えた映像をライブで確認しながらドローンを飛ばし、空撮しようと思うと2万円程度は出費しなければなりませんし、4K画質でブレのない映像を撮影できる上にカメラのアングルも変えられるジンバルまで搭載したドローンとなると十万円を超えますので、ちょっと素人が空撮映像を撮影してみたいと気軽に手を出せるものではありません。

ですが今回紹介するドローン「Micro Drone 4.0」はジンバル搭載な上に1080Pのハイビジョンクラスの映像が撮影できる上に本体だけならたった$125で購入できるなどとてもリーズナブルな上に本格的な映像撮影が可能なドローンです。


“ジンバルまで搭載して中級機!?と思える程の機能を持つホビー用撮影ドローン「Micro Drone 4.0」” の続きを読む

機能だけでなく携帯性にも注目したい、もはやマスト・アイテムとなったスマートフォン用ジンバル「ATOM」

みなさんは”ジンバル”と言う装置はご存じでしょうか?”ジンバル”とは元々、1つの軸を中心として物体を縦横そして回転方向に自由に回転させる事のできる回転台の事で、最近では”ジンバル”に”スタビライザー”の機能(物体を一定の位置に留めておく装置で、カメラで言うと手振れ補正の機械がこれに当たります)が合わさったものを総じて”ジンバル”と呼んでいます。
この”ジンバル”がスマートフォンを使った撮影でマスト・アイテムな訳は、まずスマートフォンには手振れ補正機能を持ったものが少し前までは殆どありませんでした。ですから画質が良くなった分、手持ちで撮影して揺れる画面を見て酔ったりする様な方も多かったのですが、ジンバルのおかげでそれがほぼ解消されれます。
またカメラを動かして違う方向を撮影する場合、手持ちの場合だとどうしても向きを変える際に画面が上下したり移動するスピードにムラが出たりして、動く物体を常に画面の中心に捉えて撮影すると言った様な場合、かなりテクニックを必要とする上に手振れも発生するのでかなり見辛い映像となるのですが、ジンバルで一定速度でスマートフォンを動かす事で、まるで撮影専用の機材を使って撮影したかの様な映像を撮影する事ができます。

と言った様に”ジンバル”がある事で非常に綺麗な絵が撮影できるのですが、今回は携帯性についてもよく考えられた「ATOM」と言うジンバルをご紹介致します。


“機能だけでなく携帯性にも注目したい、もはやマスト・アイテムとなったスマートフォン用ジンバル「ATOM」” の続きを読む

ローアングル撮影が得意なスマホ&一眼レフ&アクションカムと幅広いデバイスに対応するスタビライザー「Kylin M」

みなさんは手振れ補正機能がついていないスマートフォンや一眼レフ、GoProを始めとするアクションカメラに手振れ補正機能を付加するスタビライザーと言う装置はご存じでしょうか?
このスタビライザーには加速度センサーやジャイロセンサーと共に3軸(X,Y,Z方向)に動くモーターを組み合わせる事で、手持ちで長時間撮影していると手が疲れてプルプルと震える震動を吸収して業務用のカメラ並の安定した映像を撮影する補助装置で、特にカメラを持って移動しながら撮影したりすると、歩く震動にシンクロして上下移動する画面移動を吸収して、実際なら上下震動する画面を揺れない様にするのがジンバルで、ビデオカメラやデジカメに”手振れ補正機能”が搭載されていないカメラに手振れ補正機能を追加するのがスタビライザーの役目です。

一方ジンバルは自由雲台とも言われおりモーターを使いボタン1つでカメラの方向を自由自在に変える事が出来る装置で、最近は手振れ補正を行う為にモーターを使いカメラの方向を変える事で手振れ補正を行う様になっており(昔は天秤の原理で、オモリを使って手振れを抑えていました)、能的には両方ともモーターを使い制御するのでジンバルとスタビライザーの機能が合体され、カメラの向く方向もボタン1つで変える事ができつつカメラの手振れも吸収すると言うのが最近の両方の性能を持った製品のトレンドです。

そして今回はスタビライザーとしてもジンバルとしても一際際立った性能を有する「Kylin M」をご紹介致します。


“ローアングル撮影が得意なスマホ&一眼レフ&アクションカムと幅広いデバイスに対応するスタビライザー「Kylin M」” の続きを読む

オプションを装着する事で空も飛べるGoPro専用ジンバル兼スタビラザー「ProView G3」

製品化にこぎつける為にクラウドファウンディングから始まったGoProも最新のGoPro6では電子手振れ補正が機能として加わるなど、4K撮影可能なアクションカメラとしては不動の地位を築いておりますが、GoPro6の新しい電子手振れ補正もユーザーが十二分に満足できるかと言いますと、そうとは言えません。
と言いますのも、電子手振れ補正と言うのは実際にレンズを動かして映像の揺れを吸収する光学手振れ補正とは違い、1枚の絵から映像を抜き出している範囲をブレの方向に合わせて移動させる事でブレのない映像を作り出しているだけで、撮影スピードを上回るスピードで激しく動かれると電子手振れ補正では追いつかず、結果的にブレた映像になってしまいます。
だからと言って撮影スピードを上げると今度はCPUの処理スピードが追いつかなくなるので(30fpsなら1秒に30枚の絵を処理するだけで良いのが、60fpsになると倍になりCPUの負荷が上がります)、撮影スピードを上げれば解決できる問題でもないのです。

ですから物理的にブレに合わせてレンズを動かす光学手振れ補正の方が結果的にCPUに負荷をかけずに綺麗な映像を撮影する事ができ、それを実現してくれるガジェットがスタビライザーで、今回紹介します「ProView G3」はジンバルとしても使えます。


“オプションを装着する事で空も飛べるGoPro専用ジンバル兼スタビラザー「ProView G3」” の続きを読む

狙った被写体は決して見逃さないスマートフォン&カメラ用ジンバル「TARO」

みなさんは”スタビライザー”や”ジンバル”と言った言葉を聞かれた事はありますか?
簡単に言えばどちらも”手振れ補正”を行う様な機械の事を指し、外部から受ける力によって機械が動かない様に制止させる為の装置の事で、”ジンバル”は主にカメラ向けの機器に対する呼び方で、その他車のサスペンション等の機械に対しては”スタビライザー”が使われています。
そしてそんなカメラやスマートフォンで使う”ジンバル”もただ単に手振れを補正してくれるだけではなく、画面のブレを抑える為にカメラを動かす為のモーターが中には入っていますので、そのモーターを利用して上下左右、回転方向とジンバルについているジョイスティック等を操作してカメラやスマートフォンを電動で動かす事ができますので、最近では画面の中に写っている被写体をタップしてマーキングするだけでそのマーキングした被写体を自動追尾する様な機能までついています。
ただこの機能はタップした場所にいる人や物モノの特徴を画像処理で抽出し、その人やモノがフレーム内で動くのに合わせてジンバルを自動的に動かしているだけなので非常に早く動かれたり、スマートフォンの画像処理スピードが遅いとそのスピードについて行けなくなりすぐに見失ってしまうと言う欠点があります。
そこで今回紹介するジンバル「TARO」はその欠点を克服する為にある装置を加える事で、確実に高速で動く被写体を追いかけそして撮影する事ができます。


“狙った被写体は決して見逃さないスマートフォン&カメラ用ジンバル「TARO」” の続きを読む

1.5″LCDを搭載し映像を確認しながら撮影できるブレないジンバル搭載4Kアクションカメラ「REMOVU K1」

 手ぶれ補正機能がないスマートフォンやアクションカメラで撮影を行う際に一番気になるのは映像の微妙なブレです。そのブレを無くして見やすい映像を撮影できる様にするのが”スタイビライザー”と言う装置なのですが、この他に”ジンバル”と言う装置もあり、最近の”ジンバル”は”スタビライザー”の機能も包括していたりするのですが、この”スタビライザー”と”ジンバル”の違いはご存知でしょうか?
 実は”スタビライザー”も”ジンバル”も似た様なものでカメラ用のスタビライザーやジンバルではどちらも映像を安定化する装置なのですが、スタビライザーは画像のブレを抑えるだけで構造も”重り”等を使用してバッテリーレスでカメラと重りのバランスを取って映像のブレを抑える装置なのに対して、ジンバルの基本構造はジャイロスコープの様なもので、モーターを使って映像のブレを抑えるだけでなくモーターでカメラの向きも変える事ができますので、自らカメラを動かなくても、ボタン1つで監視カメラの様にカメラの向いている向きを変える事ができると言うのが特徴です。

 そんな”ジンバル”にアクションカメラを合体させた画期的な製品が今では何種類か発売されているのですが、アクションカメラの先駆者であるGoProが代々液晶モニターレスで来たからなのか?(最近は液晶搭載のGoProもありますが)、撮影中の映像を確認する為には別途スマートフォンなり専用モニターを用意する必要があったのですが、この「REMOVU K1」は1.5インチと小さいながらも液晶モニターを搭載する事で、その別途モニターを用意すると言う不便さを解消しました。


“1.5″LCDを搭載し映像を確認しながら撮影できるブレないジンバル搭載4Kアクションカメラ「REMOVU K1」” の続きを読む

3K映像でのライブ配信機能だけでなくARエフェクト編集機能が面白い3Dカメラ「SID」

 最近のカメラアプリってリアルタイムで様々なエフェクト効果が施せるものが人気で、例えば何かの動物と自分の顔を合成したり、背景に雪を降らせたり、星を瞬かせたり、眼を昔の少女漫画の主人公の様にキラキラ処理したりと、実に様々な事ができる様になっていますが、立体映像が撮影できる3Dカメラはと見てみると、3Dカメラがまだまだメジャーではないのか?それともエフェクトをかけたりするのが難しいのか?そう言う機能を持ったカメラアプリって小生は見た事がありません。
 ですが2Dよりも3Dでジョーズが飛び出して来る様なエフェクトをかけてやった方が実際のところたた単純に撮影した3D動画よりも余程面白いに違いなく、そんな面白い映像編集が後からできる3Dカメラがこの「SID」です。


“3K映像でのライブ配信機能だけでなくARエフェクト編集機能が面白い3Dカメラ「SID」” の続きを読む