スピードで明るさが変化する自転車用LEDヘッドライト&テールライト「BEAM & ICON2」

LEDライトは電球を使った昔のライトと比べてバッテリーの減りに合わせて暗くなったりはせず突然消えますので、自らそろそろかなと思って電池を交換したりバッテリーを充電しなければいけません。
そしてもしバッテリーが切れて無灯火で走ると、街灯の明るい道路であればまだ車に乗っている方にも気付いてもらえますが、街灯の殆どない農道や住宅街の中の道路等ですと非常に危険です。
と言いますのも日本では何故かハイビームではなくロービームを点灯して車を走らせる方の方が圧倒的に多く、その照射距離はたった40mと非常に短くロービームに照らし出されて気付いた頃には手遅れです。
ただ最近の新しくリリースされた車は自動的に対向車が来るとハイビームをロービームに配光を切り替えたり、レーダーやカメラで歩行者や自転車をセンサーで検出して表示してくれる装置を装備した車が出て来るなどしていますが、普及はまだまだです。

そこで今回はバッテリーの延命機能と、そして自分の身体を保護する機能を持った自転車用LEDライト「BEAM & ICON2」をご紹介致します。


“スピードで明るさが変化する自転車用LEDヘッドライト&テールライト「BEAM & ICON2」” の続きを読む

毎日の通勤や通学が楽しくなるだけでなく、安全性も格段にアップする自転車用ヘルメット「OMNI」

自転車で通勤や通学をしていて、ヒヤッとする瞬間って結構ありませんか?
自分では十分安全に気をつかって走ってはいるものの、自転車の場合はバックミラーやサイドミラーもありませんから、後方から接近して来る車両には気づき辛く、なおかつ最近のEVやハイブリット車の様に音もせずに近づく自転車ですと後ろにピタッとくっつかれていても気づかない事だってよくあります。
更に道路交通法に違反しているとわかりつつイヤホンをして音楽を聴きながら自転車を走らせていれば、エンジンが回っている自動車ですら気づかない場合も多々あります。

そう言う時に今回紹介する「OMNI」を使っていれば、楽しめるばかりか被視野性も上がって安全性も向上します。


“毎日の通勤や通学が楽しくなるだけでなく、安全性も格段にアップする自転車用ヘルメット「OMNI」” の続きを読む

AIを使って乗り方を学習し、自動で点灯する自転車用LEDフロント&テールライト「See Sense ACE」

あなたは日が暮れた後に自転車で道路を走っていてヒヤッっとした事ってありませんか?特に最近は夏に比べると日が落ちるのもとても早くなってしまい、学校や仕事場から帰る時にはスッカリと真っ暗になっていますから、夏であればまだ明るくて見通しの良い道路でも、日が落ちて街頭もなければそれこそ真っ暗で何も見えませんし、特に車道と歩道と自転車道の区別がない様な道路では相手の車が自転車を認識できていない事も多々あるので本当に危険です。

そんな時にこのLEDフロント&テールライト「See Sense ACE」を自転車に装備しておけば、どの方向からでも右左折時でも「See Sense ACE」の光を見る事ができ、そして自動的に合図をしてくれますのでとても安全です。


“AIを使って乗り方を学習し、自動で点灯する自転車用LEDフロント&テールライト「See Sense ACE」” の続きを読む

やっぱりこの位置がベストかもしれないベルト型自転車用LEDテールライト「BlinkLight」

 自動車を運転していて自転車に乗っている人は自動車を運転しているドライバーの心理がわかるので、自動車のドライバーに分かりやすい様に明るいLEDテールライトを自転車に取り付けたり、服にも反射テープを貼ったりして見え辛い、認識し辛い暗い夜道の走行時には何かにつけ自分の存在をアピールするアイテムを身につける事を心がけるのですが、どうしても意思表示出来なのが右左折です。まだ左折は左側車線を走行しているのなら道なりに曲がりますので殆ど危険性はないのですが、右折する際は対向車線の車や後方から迫ってくる車両に気をつけないと事故に合ってしまいます。
 ですから自転車に点滅する赤色のLEDテールライトを取り付けている人は多いのですが、実際問題として車両の高さや角度によっては全く見えない車両もありますので効果があるのかと言いますと、実際のところあまり効果があると言えません。
 ですがこの「BlinkLight」であればであれば非視野性はバツグンですので車高の低いスポーツカーに乗っている方からトラックに乗っている方までありとあらゆる方に自分の存在をアピールする事ができます。


“やっぱりこの位置がベストかもしれないベルト型自転車用LEDテールライト「BlinkLight」” の続きを読む

どの様な形状のヘルメットにでも取り付け可能なバイク用脱着式ワイヤレス・テールライト「BrakeFree」

 バイクに乗っている人は、トラックやミニバンの様な背の高い車に乗っている人にとってバイクのテールライトってとっても見辛いって事はご存じでしょうか?
 特に車間が詰まっていると小さなバイクのテールライトと言うのは見辛く、元々はバルブ(電球)だったのにLED化されている様なテールライトは光量も落ちる事が多く更に見辛くなり、特に昼間は夜に比べて更に見辛くなります。ですからバイクにも大きな見易いテールライトを取り付けた方がいいのですが、どうしてもバイクの構造等の関係で取付られない車種も多々ありますので、それならいっそうの事ヘルメットにテールライトを取り付けてしまえ!!と言う事で作られたのがこの「BrakeFree」です。


“どの様な形状のヘルメットにでも取り付け可能なバイク用脱着式ワイヤレス・テールライト「BrakeFree」” の続きを読む

スマートフォンで死角となる真後ろの確認ができるバックカメラを搭載した自転車用テールライト「HEXAGON」

 最近自転車に安全性の意識の向上もあってか赤色やその他の色で点滅するLEDテールライトを装着している人が増えて来ており、自動車を運転している者にとっても少しでも自転車の存在を早期発見できると言う意味においては大変有り難い事なのですが、中には非常に横着な運転をする人がいて、後ろが見えているのか?見ているのか?と疑う様な運転をする人も世の中にたくさんおられます。

 確かにバイクもそうなのですが、自転車よりも圧倒的にバイクや自動車の方が走るスピードが早いと言うのは当然の事で、例えば右折しようと後ろを確認した時は、たまたま後方からやって来る自動車に気付かずに右折しようとスピードを落としてハンドルを倒したらいきなり後方で急ブレーキの音が聞こえて、見て見るとそこには急ブレーキを踏んで停車している自動車がいた、なんて事は長年自転車に乗っていると誰しもが経験する事です。

 そう言う時の為に自転車にもサイドミラーを取り付けておき、曲がる時は必ず後方から車両が来るかどうか確認する習慣をつけておけば取り付けておかないよりはマシですが、ちょっとサイドミラーは抵抗があると言う方にオススメなのがこのバックカメラ搭載のLEDテールライト「HEXAGON」です。


“スマートフォンで死角となる真後ろの確認ができるバックカメラを搭載した自転車用テールライト「HEXAGON」” の続きを読む

180度の被視野性がある自転車用LEDヘッドライト&バックライト「Blaze Burner」

だんだんと日が落ちる時間が早まって来ていますが、暗くなってからヒヤッとした経験はありませんか?それは歩いていたり自転車に乗っていたり、自動車やバイクに乗っていたりする時です。自動車やバイクだけではなく暗い夜道を自転車で走行していていきなり無灯火で飛び出して来た自転車にビクッっとする事もありますよね。何故無灯火で走行するのか理解ができませんが、この暗いのに部活帰りに無灯火で集団走行している高校生や中学生の車列に驚かされることは多々あります。

ですが無灯火で走行すると言うのはハイリスクです。相手に自分の存在を認識してもらえないワケですから、自分に降り注ぐ災難を未然に防ぐと言う意味も込めてちゃんと灯火類は点灯して走行したほうがいいのには決まっています。

その様な夜間走行時に「Blaze Burner」は自己アピールするには十分なスペックを備えたLEDライトなのです。

“180度の被視野性がある自転車用LEDヘッドライト&バックライト「Blaze Burner」” の続きを読む

光り方をカスタマイズできるフルカラー自転車用LEDテールライト「FAST」

自転車には普通、リフレクターと言って光が当たると反射するものがついています。ただリフレクターは光が当たらないと光りません。ですので街灯のない道路を走っていると、後ろから来るバイクや車がかなり近づかないと自分の存在を知らせる事ができません。それに日本では対向車がいないも関わらずハイビームで走行する人は希ですので、ロービームで走行していると40m先くらいまでしか照らす事ができず、車のスピードが出ているとあっという間に近づいてしまいますので、事故にならないとも限りません。
ですから自分の身は自分で守る必要がありますので、人によってはフラッシュしたり点灯したりするLEDテールライトを取り付けている人もおられます。ただそのテールライトって赤しかないのですが(赤が一番被視野性が良いので)、オシャレな人はちょっと人とは差別化したいですよね。そんな差別化をしてアピールできるのがフルカラーLEDを内蔵した自転車用テールライトの「FAST」です。


“光り方をカスタマイズできるフルカラー自転車用LEDテールライト「FAST」” の続きを読む