シッポの様に生えているけれど、被視野性は絶対に高い安全重視な自転車用テールライト「L-BOW Rear Bike Light」

車で街灯の少ない夜道を走っていると、いきなりヘッドライトに照らし出された自転車にビックリとさせられる事がありますが、自転車って乗っている方の服装にもよりますが暗がりでは本当に見えない事がしばしばあります。
そう言う事を分かっている車も運転されて同じ様な経験をされている方は、ヘッドライトを明るいものに変えたり、赤く点滅するテールライトを取り付けられたりしていますが、テールライトの明るさそのものが暗かったり、取付位置がバッグやサドルの下等に取り付ける事で自転車に取り付けてあるパーツそのもので隠されていたりすると本当に見えません。

そこで今回は、形状からして被視野性(他人からの認識のし易さ)が高そうな自転車用テールライト「L-BOW Rear Bike Light」をご紹介致します。


L字型ライト


通常、自転車用のヘッドライトもテールライトも固定金具で車体にライト(光源)部分を車体に固定するのが普通です。
そして自動車のドライバーから見えやすい位置に取り付けようと思うと高い位置であればあるほど被視野性は良くなるので結果としてテールライトの多くはサドルの下に取り付ける事になるのですが、この部分って案外落とし穴があり、腰のあたりまで垂れ下がったバックパックやメッセンジャーバッグを背負っている状態になっていると光源を隠す他。LEDの光って直進性が強く、真っ直ぐ前方を向いて車を運転していると歩道際ギリギリを走っている自転車って車間が離れていても案外見え辛かったりするのです。

そこでこのL字型のテールライトなのですが、車道側、つまり日本であれば自転車は自動車と同じ道路の左側車道を走る様に決められていますので、右手側にL字型のライトを出しておくとライトの位置が車に近くなりますので、ドライバーからの認識率も上がります。
更にL字型のライトを上に立てれば光源の位置は背中付近になりワンボックスカーを運転しているドライバー目線にも近くなる事から、これも被視野性が向上します。


乗り降りに邪魔にならないフリー固定


そしてこのとっても出っ張るL字型ライト「L-BOW Rear Bike Light」ですが、足を前から回せるシティーサイクルならまだしも、ロードバイクやマウンテンバイクの様に足を後ろに回して乗り降りしなかればならない自転車の場合、乗り降りの際に必ず下向きにしなければ足が引っ掛かります。
ですが乗り降りする際に下を向けるのは面倒ですし、下に向けずに足を振り上げて「L-BOW Rear Bike Light」に当たるとバランスを崩して転けてしまうと言った危険性もある事から、マグネットとシリコンゴムで固定すると方法がこの「L-BOW Rear Bike Light」では取られており、当たってもゴムが伸びて曲がるので安全です。

また固定も非常に簡単で、まずはマグネットで吸着させておいてからシリコンゴムを2本引っ掛かるだけですでの、そう手間もかかりません。


8パータン点灯45時間連続点灯設計


そして「L-BOW Rear Bike Light」には8つの点灯パターンがあり、連続点灯の他フラッシュ、フラッシュと言っても全てのLEDが点滅する他、流れる様に点滅するパターンなども内蔵されていますので、走行するシチュエーションによって点灯パターンは選ぶ事ができます。

また1回の充電における連続使用時間は最大45時間と長く、これだと週5日の勤務、通学であれば1日あたり9時間は点灯させる事ができる計算になりますから、週に1度週末の充電で十分1週間使える設計となっていますので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/l-bow/l-bow-mk2-give-traffic-the-l-bow

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です