この形状はある意味正解かもしれない!!と納得させられたトラベルピロー「NapUp Fly」

移動中の乗り物のシートに座った状態で使う枕、トラベルピローってどう言うものを思い浮かべますか?と聞かれた時に殆どの方は首に巻き付ける、引っ掛けるU字型のクッションの様なものを想像されるでしょう。
まぁそれだけその形のものがトラベルピローとして長年使われて認知されていると言う証でもあるのですが、そのトラベルピローについて使い心地を尋ねると殆どの方からあまり良い返事は返って来ませんし、そう言う答えが返って来ると言う事は熟睡できていない証拠でもあります。

一般的に空気で膨らませる風船の様なトラベルピローは空気を上図に入れる事ができる方はパンパンに膨らませる事ができますが、そうでない人はフニャフニャで、首に当てて頭を傾けると頭の重みでトラベルピローが凹んで更に頭は傾斜し首を過度に曲げられて寝られない上に、寝られたとし寝ている間に萎んで起きた時には首が曲がりすぎて伸ばされすぎて固まって首が回らないと言う状況に陥ります。

またトラベルピローの高さに首の長さが合っている方ならいいのですが、首が長い方は首の傾斜角度が大きくなり寝づらくなりますし、首の短い方は首吊りした様な状態になります。
そして首に密着する事で、首の周りに熱が籠もって熱くて寝られない、汗をかいて寝られないと言う方もおられるでしょう。

そんな首に巻く欠点の多いトラベルピローではなく、全く新しい発想から生まれた、これは見た目にも寝心地がよさそうなトラベルピロー「NapUp Fly」を今回はご紹介致します。


“この形状はある意味正解かもしれない!!と納得させられたトラベルピロー「NapUp Fly」” の続きを読む

自分の寝やすい首の位置をキープできるのでグッスリ安眠できるトラベルピローの決定版!!「Trtl Pillow Plus」

みなさんはトラベルピローと言うと言われるとどの様なモノを想像しますか?
おそらくトラベルピローと言えば長らく使われていた空気で膨らませるとU字型になるビニールのトラベルピローを想像されるかと思います。
ただこのトラベルピロー、おそらく使い易い、寝やすいと感じられた方は何百人に一人、何千人に一人ではないでしょうか?
と言いますのも人間、100人いれば100人、寝姿と言うのは同じではなく寝やすい首の向きや角度と言うものも人それぞれ違いますし、首の長さも背丈は同じでも首の長い方もいれば短い方もおられます。
そこに同一のトラベルピローを使って寝てもらっても、トラベルピローの高さが低ければ首の長い人は首の曲がる角度は大きくなりますし、それがその方にとって寝やすい角度であれば良いのですが、そうでなければ寝られずに辛いだけです。

ですが今回紹介するトラベルピロー「Trtl Pillow Plus」はアジャストできる部分が多いので、どの様な方にでも安眠をもたらしてくれます。


“自分の寝やすい首の位置をキープできるのでグッスリ安眠できるトラベルピローの決定版!!「Trtl Pillow Plus」” の続きを読む

枕の様な快適なクッション性と安定したフォールド性を兼ね備えたトラベルピロー「HeadHugger travel pillow」

よく長距離を乗り物で移動する際に寝るのに利用するトラベルピローと言う携帯式の枕がありますが、みなさんはそのトラベルピローに本当に満足していますか?
ほんの少しの時間だし、滅多に使うものでもないし、とりあえず休む事ができればいいやと妥協してトラベルピローを使っていませんか?

それって数分、数十分置きに目を覚ましたりしていたら結果的には眼をつむっているだけで身体は全く休めていませんし、モノによっては首が変な方向に曲がったまま寝てしまい、”寝違い”にでもなったらすぐには治りませんから最悪です。

そんな最悪の事態に陥らない為に、今回紹介します「HeadHugger travel pillow」なんてどうでしょうか?
きっと快適に睡眠が取れるはずです。


“枕の様な快適なクッション性と安定したフォールド性を兼ね備えたトラベルピロー「HeadHugger travel pillow」” の続きを読む

移動中にいかに快適に寝る事ができるか!!を追求したトラベルジャケット「BAUBAX 2.0」

みなさんは通勤や通学で毎日乗る電車やバスの中で疲れていてついついウトウトと寝てしまう事ってあるかと思います。
そう言う時に列車やバスの揺れに合わせて”頭をカックン”とムチ打ちの時の様に思いっきり揺さぶられて首を痛めたり、つい隣に座っている方の肩に頭をもたげて寝てしまい気まずい思いをしたりされた事って少なからずあると思います。

そう言う移動中にいきなり睡魔に襲われて起きている事が辛い時、快適に寝る事ができるトラベルジャケット「BAUBAX 2.0」を今回はご紹介致します。


“移動中にいかに快適に寝る事ができるか!!を追求したトラベルジャケット「BAUBAX 2.0」” の続きを読む

見れば、これだよこれ!!こう言うのが欲しかったんだよ!!と誰もが思うトラベルピロー「My Lofty Pillow」

座席に座りながら寝る際に使用するトラベルピロー(ネックピロー)の形にはどう言うものがありますか?と聞かれた時、あなたならどう言う形をイメージ・連想して答えますか?

おそらく殆どの方が首の周りマフラーの様に巻きつける、差し込むトラベルピローを想像される事でしょう。

ただ首だけを支えるトラベルピローには欠点がいくつかあります。使った事のある方ならみなさんお気づきだと思いますが、ちゃんと首を支えているのにも関わらず起きた時に首に寝違えた様な妙なつっぱり感を覚えたり痛みを感じたりする事がよくあると言うことです。
これは体重の10%程度の重さを持つ頭がトラベルピローと首の接点を支点として頭が左右に傾斜すればする程、その支点を中心に首の筋肉が伸ばされた状態になり、結果的に寝ている間に血流が悪化して首の筋肉が拘縮して、目覚めた時に硬さや違和感、痛みと言ったものを感じ、酷い方になると本当に寝違えたのと同じ様な状態になり首が全く回らなくなったりする方もおられます。

ですが今回紹介するトラベルピロー「My Lofty Pillow」は頭の傾斜を防ぐ機能を持っている為に、今までの様に首が痛くなる事がないのです。


“見れば、これだよこれ!!こう言うのが欲しかったんだよ!!と誰もが思うトラベルピロー「My Lofty Pillow」” の続きを読む

しっかりと支える事で安心感のある睡眠をもたらしてくれるトラベルピロー「MonPère」

みなさんは長距離バスや新幹線、飛行機や通勤や通学で使う列車の中で寝てしまうと言う事は自然にあるかと思いますが、その時に熟睡ってできていますか?
と言いますのも移動中の乗り物と言うものは加速したり減速したり、そして曲がったりと一定方向に常に同じ速度で走行はしていませんので、走行スピードや車体の角度の変化によって常に身体は揺さぶられ、そして安眠を妨げます。
ですからみんさん、しっかりと寝たいと言う方は首に巻き付けるマフラーの様なネックピローを使っていかに首が加速度で揺さぶられて揺り起こされないように工夫するのですが、どうしても口で空気を入れただけのネックピローであったり、柔らかいクッション性のあるスポンジ等が使われたネックピローの場合は頭が揺さぶられて安眠する事ができません。
そしてそれ以上に無理に揺さぶられると”ムチ打ち”の様な症状さえ出て来ますので、そうなればもう最悪です。

そこで、移動中の睡眠を快適にしたトラベルピロー「MonPère」を今回はご紹介致します。

“しっかりと支える事で安心感のある睡眠をもたらしてくれるトラベルピロー「MonPère」” の続きを読む

形が3つに変化し、オフィスでもコッソリとお昼寝に使えるトラベルピロー「Omni-Pillow」

みなさん、年末年始の長旅はいかがだったでしょうか?
そして移動中の機内や車内では快適に過ごせましたでしょうか?

今回は移動中に寝る際にトラベルピロー(旅行用枕)をよく使われると言う方に、日常生活においても使える全く新しいイタリア製のトラベルピロー「Omni-Pillow」をご紹介致します。


“形が3つに変化し、オフィスでもコッソリとお昼寝に使えるトラベルピロー「Omni-Pillow」” の続きを読む

35%小さく&軽くなってより持ち運び易くなった寝心地を科学して作られたトラベルピロー「FaceCradle Lite」

みなさんの中には移動する飛行機や電車やバスや車の中で予め移動時間が長いので寝る事を決めていてトラベルピローと言う携帯に便利な枕を持って乗り込むと言う方も少なくはないと思いますが、そのトラベルピローを使って起きた時にスッキリと目覚める事ができるでしょうか?
と言いますのも多くのトラベルピローの形状を見ていると寝具としての寝心地を追求していると言うよりは頭が動かない様に固定する為と言った意味合いの物が多いので形状としては首に挟んだり首に巻いたりする様になっているのですが、私たちの首は人それぞれ太さも長さも違いますのである人にはピッタリだとしても、その他の大勢の方にとってはサイズが合わなくて頭が傾きますし、傾いた頭の重さは体重の1/10とも言われていますのでその重みで更にトラベルピローは圧縮されて縮まり更に頭が傾きますので寝ている間に頭があらぬ方向に曲がったり、過度に首の筋肉が伸ばされたりしてしてしまいます。ですからエアーで膨らませたり、スポンジの様な素材を使ったトラベルピローの場合は小さくコンパクトに折りたためますので傾向性能は抜群なのですが、快適性には劣っているものが殆どなのです。

そこで、この「FaceCradle Lite」はあえて携行性は犠牲にして快適性を追求していますので寝心地と言う点においてはダントツです。


“35%小さく&軽くなってより持ち運び易くなった寝心地を科学して作られたトラベルピロー「FaceCradle Lite」” の続きを読む

5kgまでの頭ならしっかりと支える事ができるコンパクトかつ軽量なトラベルピロー「HANDYCOSY」

 皆さんは飛行機や電車、そして長距離バスでの移動時に快適に過ごす為に”トラベルピロー”を使われる方は多いと思いますが、そのトラベルピローは使っていて本当に快適ですか?
と言いますのもトラベルピローと言っても素材や形そして大きさも様々ありますが、どれにも共通して言えるのは為にコンパクトに折り畳める携帯性です。とにかく寝る時以外には必要のないものなので、荷物の多い旅行などはコンパクトさが求められますので、多くの方は空気で膨らませるタイプのトラベルピローを選ばれるでしょう。ですが意外と空気って弾力性がありませんし頭をもたげると凹んで更に首は傾きますから、それが原因で変に首が折れ曲がっていて現地に到着する前に目覚めてみると寝違えていて首が回らないなんて事になった事がある方もおられるでしょう。
 では何故、膨らませた空気枕が凹むのか?それは頭が重いからです。一般的に成人の方の頭の重さは体重の10%前後と言われていますので、体重50kgの方であれば5kg、70kgの方であれば7kgもあるのですから、それがあの細い空気枕の上に乗れば圧力で凹むのは当然で、凹めば更に首は折れ曲がりますし、そして首や肩の筋肉は異常に引っ張られて固くなります。
 だとしたらどう言う”トラベルピロー”を選べば移動中を快適に過ごせなおかつ首も痛めないのか?それを追求したのがこのトラベルピロー「HANDYCOSY」です。


“5kgまでの頭ならしっかりと支える事ができるコンパクトかつ軽量なトラベルピロー「HANDYCOSY」” の続きを読む

バスや電車で居眠りしても首を痛めない人間工学に基づいたネックピロー「OSTRICH PILLOW GO」

 ゲレンデに到着するまでにスキーバスの中で首を寝違えたって経験、あなたにはありませんか?
 これからウインタースポーツの季節に入り、スキーバスで夜間移動して早朝から滑ると言う方も多いかと思いますが、スキーバスって基本的には臨時バスですから路線運行している夜行バスの様にほぼフルフラットになる様なシートや隣との席の間に仕切り壁の様なものがあるバスではなく観光バスが使われる事が多いのはスキーバスを利用された事がある方ならご存じだと思いますが、この観光バスが曲者で若い自分は何にも感じませんでしたが、いざ年を重ねて子どもを連れて行く様な歳になるとほぼリクライニングしないシートで腰は痛くなるわ窓側ならまだ窓に頭をもたげて寝る事ができますが、通路側の席だとそれもできず全く眠れずにゲレンデに到着するか、寝てしまって腰や首が起きたら痛くてマトモに滑る事ができず再び夜にそのままスキーバスに乗って帰って来て暫く腰痛と首の痛みを感じつつ通勤しなければいけないハメになる等最悪な目に遭った事がある方も多いはずです。


“バスや電車で居眠りしても首を痛めない人間工学に基づいたネックピロー「OSTRICH PILLOW GO」” の続きを読む