このドライブレコーダーには死角は一切ない!!4K画質で360°パノラマ映像を撮影できる「VEZO 360」

12,3年前までは知っている方の方が少なかったドライブレコーダーも今では自動車用品店はもちろんのこと、家電量販店やホームセンターでも手軽に買える様になった上に、車両の購入時にオプションとして標準装備品としても取り付けられますし、最近では自動車保険のオプションとしても用意されるなど、ドライブレコーダーの必要性が上がって来ています。

と言いますのも、あおり運転の様な物的証拠のない様な案件は映像が証拠となりますし、もちろん事故にあった時もそのドライブレコーダーの映像が状況証拠として残り、今までえん罪になる様な事案(例えば、飛び出て来た自転車に対してクラクションを鳴らしたら自転車に乗っている運転手が驚いて転んだ)でも、今までなら当人同士の証言しか証拠がなく、ドライバーの過失が問われていた様な場合でも決定的な映像証拠が残る事で過失を問われないと言う事案もあります。

ただ今のドライブレコーダーはフロントガラスに貼り付けますので、前方の映像は残せてもカメラから後ろの映像は残せませんし、前後にレンズを備えたドライブレコーダーも画角と言ってレンズが捉えられる角度が限られておりカメラの真横部分に死角が生まれます。

ですが今回紹介するドライブレコーダー「VEZO 360」は360°死角なく映像を残せ死角は一切ないのです。
“このドライブレコーダーには死角は一切ない!!4K画質で360°パノラマ映像を撮影できる「VEZO 360」” の続きを読む

ライダーの方必見!!走行中の安全性を飛躍的に向上させてくれるヘルメット「JARVISH」

バイクは車と違い身体を保護するものはありませんので、一瞬の判断ミスが命取りになりますし、最近社会問題になったあおり運転でも、車とは比べものにならないくらいの恐怖感を味わいます。

特にあおり運転ではバイクも例外ではありませんので、バイク用のドライブレコーダーが売られていますが、バイクは車と違い設置スペースが狭くバイクの種類によっては取付けられなかったりする上に、バイクの車体に設置するとなるとどうしてもカメラの位置が低くなり、煽られても相手の車両の高さによっては相手も顔さえ撮影できないと言う事も有り得ます。

そこで今回は360°の視野角を持ち、周囲の状況を2K画質で撮影できるヘルメット「JARVISH」をご紹介致します。


“ライダーの方必見!!走行中の安全性を飛躍的に向上させてくれるヘルメット「JARVISH」” の続きを読む

スマートフォンで画像を確認でき、SNSにもすぐに投稿する事ができるドライブレコーダー「Dride Zero」

あおり運転が社会問題化してからドライブレコーダーを取り付ける方が増えていますが、ドライブレコーダーって取り付ける場所が決まっているってみなさんご存じですか?
フロントガラス何か貼り付ける場合は、フロントガラスの上部から20%以内の範囲内の場所か運転席から見てルームミラーで隠される範囲内と決まっており、簡単に言うと視界を遮らない場所に取り付けなければ”車検”に通りません。

ただ最近の衝突防止機能等がついた車両ですと、その見えない位置にカメラやレーザーセンサー、ワイパーを制御するレインセンサー等が設置されており、設置スペースがほぼないのが現状ですので、フロントガラスの上部20%(ダッシュボードから天井までの高さが80cmとすると、天井から高さ16cmの範囲内)に取付なければならず、バンタイプの車両であれば少々サイズが大きくても問題ないのですが、セダンタイプの車となると、ちょっとサイズを気にしなければ車検に通りませんし、何と言っても大きいと視界を遮り危険です。

そこで今回紹介するドライブレコーダー「Dride Zero」ならほぼ世界最小とも言えるサイズのドライブレコーダーなので視界を遮らないだけでなく、録画した動画の確認も非常に簡単です。


“スマートフォンで画像を確認でき、SNSにもすぐに投稿する事ができるドライブレコーダー「Dride Zero」” の続きを読む

フロント4K、リア1080Pのダブルレンズで駐車中の異常も検出して映像を記録するドライブレコーダー「Letown LT9」

昨年末、”あおり運転”による痛ましい事件を受け、ドライブレコーダーに記録された数々の危険走行の映像が繰り返しテレビでも放映された為か、カー用品ショップをはじめとしてホームセンターや家電量販店でもドライブレコーダーを扱う様になった事で扱っているドライブレコーダーの数も半端ない数があり、買うつもりで行ったのにあまりに数が多すぎて選び切れずに迷って帰って来たと言う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「Letown LT9」と言う、今現在最高画質のドライブレコーダーと共にドライブレコーダーを選ぶ際のポイントを抑えておきたいと思います。


“フロント4K、リア1080Pのダブルレンズで駐車中の異常も検出して映像を記録するドライブレコーダー「Letown LT9」” の続きを読む

走行中に気になった風景を写真として保存できる音声コントロール可能なドライブレコーダー「70MAI」

2〜3年前はまだまだマイナーな存在であったドライブレコーダーも、昨年あった”あおり運転”による事故のニュースで一気に認知度が上がり、カー用品では目立つ場所に陳列され、ECショップショップでは検索すると以前とは比べものにならないくらいの種類のドライブレコーダーが扱われる様になりました。

そんなドライブレコーダーには主に2種類あり、強い衝撃を受けた時にだけ映像を記録するタイプのものと、常時録画と言って電源が入っている間は3分や5分と言った単位で映像を区切り、電源を切るまで録画し続け、メモリーがいっぱいになると古い映像から削除して新しい映像を記録して行くタイプがあります。
そして最近は常時録画がタイプのものが多く、後から映像を見直して旅行の思い出を見直すのにも良いカメラなのですが、前述した様にメモリーがいっぱいになると削除されるので、肝心の見たかった映像が削除されてしまいかねません。

そんな映像にリアルタイムにアクセスしてスマートフォンにダウンロードできる便利なドライブレコーダー「70MAI」を今回はご紹介致します。


“走行中に気になった風景を写真として保存できる音声コントロール可能なドライブレコーダー「70MAI」” の続きを読む

24時間365日ずっと愛車を見守りそして異常があればすぐに知らせてくれるアラウンドレコーディング・カメラ「Secure360」

 みなさんは愛車にカー・セキュリティーシステムは搭載していますか?この夏休みの時期は皆さんが長期旅行に出かけられたりしますので、いつも以上に車乗荒らしが多発したりするのですが、いくら高価なセキュリティーシステムを搭載していても、その電波が届く範囲にいなければセキュリティーが作動してサイレンが鳴っていても気づく事がありませんので、車上荒らしも取り放題ですし、最近のキーレス車の場合ですと下手をするとイモビカッターでイモビライザーに登録されたキー情報を書き換えられて簡単に持って行かれたりしてしまいます。
 ただ一部にはLTEや4G通信ユニットを搭載していたりして携帯電話の通信網を利用してスマートフォンに車両の異常を知らせてくれるカーセキュリティーも存在しますが、それでも車両の近くにいなければ何も手出しできませんし、送られてくる信号だけではどのセンサーが検知したのかと言う情報しか知り得ませんので一体今、車がどう言う状態になっているのかが全く分かりません。

 そう言う今のカー・セキュリティーの欠点を補い、手に取る様に車両の状態を知る事ができるのがこの「Secure360」です。


“24時間365日ずっと愛車を見守りそして異常があればすぐに知らせてくれるアラウンドレコーディング・カメラ「Secure360」” の続きを読む

160°広角と500mm望遠のデュアルレンズで前後をフルカバーするドライブレコーダー「UltraDuo Z2」

 ”ドライブレコーダー”、通称”ドラレコ”を取り付けていて助かったと言う方は多いのではないでしょうか?これまで交通事故と言うと、その事故そのものを記録した映像等がなかったので証言や車に残された物証だけが頼りで、過失割合の算定でとても悔しい思いをして来たと言う方は少なくありません。相手が100%悪いのに確たる証拠がなかったり第三者の証言がなかったりするとなかなか双方の証言だけでは相手が過失を100%認めない限りなかなか100:0とはなりません。ですが”ドライブレコーダー”が出て来たおかげで映像を証拠として残せる様になりましたので、それを証拠に今までよりは有利に話を進める事ができる様になりましたが、それでもドライブレコーダーの死角(後方)から当てられれば、ドライブレコーダーでは記録する事ができませんからせっかくの映像証拠も効力を発揮できません。

 ですがこの「UltraDuo Z2」はデュアルレンズを採用する事でその死角を最小限にしたドライバーにとってはとても心強いドライブレコーダーです。


“160°広角と500mm望遠のデュアルレンズで前後をフルカバーするドライブレコーダー「UltraDuo Z2」” の続きを読む

走行中の決定的瞬間をパシャリと記録するスマートフォン連動ドライブレコーダー「VAVA Dash Cam」

 ドライブレコーダーと言えば車に取り付けて事故時の映像を記録する為のカメラですが、もう1つの使い方があるってご存知ですか?
 と言いますので今販売されているドライブレコーダーは概ね2種類の記録方式があり、加速度センサーを内蔵して車両に衝撃が加わった(つまり事故に巻き込まれた時)時の前後何秒間かの映像を記録するものと、常時録画と言って電源がONになっている間は常時録画しており、もしメモリーがなくなった場合は古い映像ファイルを消しつつ最新の映像を録画するタイプと、両方の機能を兼ね備えたタイプのものがあるのですが、後者の常時録画タイプは車を走行させている間の映像をずっと記録していますから、旅行の移動中の様子を残すレコーダーとしても使用できます。
 ただここで1つ欠点があり常時録画のドライブレコーダーは挿入しているmicroSDカード等のメモリーカードの残量がなくなると前述した様に古い映像を消して上書きして行きますので、旅行から帰って来て映像を見ようと思った時には見たい場面の映像が既に消去されていると言う可能性もありますし、高級なドライブレコーダーはWiFiを搭載していてスマートフォンをWiFiでドライブレコーダーで接続してドライブレコーダーに記録された映像を見ると言った事も可能ですが、ほとんどのドライブレコーダーがメモリーカードを抜いてPCに差し込んで見なければならず、手軽に映像を確認したり、その映像をYoutubeに投稿したりと言った事が難しいのが現状です。

 ですからこのドライブレコーダー「VAVA Dash Cam」は、そう言う”やりたいけどやるのが難しい(映像を簡単に確認したり、SNSへ簡単にアップロードしたり)”事を簡単にできる様にしました。

事故の発生には数秒しかかからず、しばしば事故が起きることはないでしょう。 しかしVAVA Dashは、あなたの車両の動きを測定するスマートな3軸Gセンサーのおかげで可能になります。 予期せぬブレーキや衝撃が検出されると、Dashは事件が発生する前の5秒から自動的にビデオ録画を作成します。


“走行中の決定的瞬間をパシャリと記録するスマートフォン連動ドライブレコーダー「VAVA Dash Cam」” の続きを読む

決定的瞬間を激写するウェアラブル・スマートカメラ「Perfect Memory」

よくYouTubeを見ていると、こんな映像どうやって撮影したのだろうって映像ってありませんか?特にやらせではない決定的瞬間を撮影した映像等です。
ドライブレコーダーの様なものであれば常時録画しているタイプのものもありますからそう言うものから拾った映像ならわかるのですが、普通にスマートフォンやカメラを使って撮影された様な動画だと不思議に思いますし、一度は撮影してみたと思いませんか?

ですが昔のデジタルカメラやビデオカメラと比べて今のカメラは起動も早く撮影までのタイムラグが非常に少なくはなって来ていますし、スマートフォンもカメラアプリを起動しようと思えば慣れてしまえば2~3秒もあれば起動できると言う人もいるでしょう。ですがその2~3秒が既に決定的瞬間を逃す要因になっているのですよね。何故なら撮影しようと思った瞬間に既にその撮影シーンは始まっているワケで撮影準備ができた頃には終わっている事だって有り得ますから、そのシーンが始まる前からスタンバイしておかないと撮影は無理です。
でも、いつ起こるかわからないシーンに備えてずっとカメラやスマートフォンを構えているのってすごく変な人に見られますよね。かと言ってGoProを構えていてもいくら小さいからと言ってもGoProもそこそこの大きさがありますから目立ちますし盗撮しているのかと勘違いされるかもしれません。そんな時にこの「Perfect Memory」があれば、その様な疑いをかけられる事もなく決定的瞬間も逃しませんよ。


“決定的瞬間を激写するウェアラブル・スマートカメラ「Perfect Memory」” の続きを読む

360度撮影可能なドライブレコーダー兼セキュリティーシステム「Auto i」

車用のセキュリティーシステムってご存知ですか?家のセキュリティーシステムと同じで、例えば車体に当たられたり近づいたり、ガラスを割られて侵入されたりと言った時に警報を発し、リモコンが電波到達距離内にあればリモコンに通知してオーナーに注意喚起を促すシステムです。
ただセキュリティーシステムをつけていても、電波到達距離にいなければ通知は来ませんし、映像等を記録として残す機能は大手のセキュリティーシステムメーカーの製品で持っているものは皆無です。
元々車両向けのセキュリティーシステムは車両に置いておいた貴金属品や金品を盗難から防止すると言うよりも、車両そのものを盗難から守ると言う観点から設計されていますから、エンジンさせかからなければ盗まれる事はありませんからそこに主眼を置いて設計されています。
ですが犯人が逮捕されれなければ何度も狙われると言う危険が付きまとうのも事実です。ですからこの「Auto i」では映像として犯人の映像を残せるハードに仕上げました。



“360度撮影可能なドライブレコーダー兼セキュリティーシステム「Auto i」” の続きを読む