壁からたった18cm離すだけで100インチの画面を投影可能なレーザー4Kプロジェクター「VAVA 4K Short-Throw Laser Projector」

レーザープロジェクターってみなさんはご存じですか?
その昔映像をスクリーンに投影するプロジェクターの光源は電球で、その後LEDへと変わり、今ではLEDプロジェクターが主流ですが、時代はレーザーを光源としたレーザープロジェクターへと移行して行くのは確実です。

ではレーザーとLEDでは何が違うのか?と言いますと、簡単に言えば解像度です。例えば同じ懐中電灯に光源として電球、LED、レーザーと入れ替えてみましょう。電球の光はぼんやりと壁を照らすだけですが、LEDになるとLEDの光は直進性があるので電球よりはスポットを当てた様に、当てた光の中心部がより明るく光って見えます。
そしてレーザーはと言うと、レーザーはLEDよりも直進性が高いので壁には点しか映りません。つまりレーザーを使う事でより鮮明に細かな映像をスクリーンや壁に投影する事ができますので、これから4Kや8Kへと時代が移って行く中で、光源がLEDからレーザーへと変わるのも自然な流れと言えます。

そんなレーザーを光源とした4K解像度のプロジェクター「VAVA 4K Short-Throw Laser Projector」を今回は紹介致します。
“壁からたった18cm離すだけで100インチの画面を投影可能なレーザー4Kプロジェクター「VAVA 4K Short-Throw Laser Projector」” の続きを読む

3Wステレオスピーカーで迫力あるサウンドも楽しむ事ができるLEDプロジェクター「Docoy」

プロジェクターを比較する際に一番比較されるのは輝度(明るさ)と解像度です。
この輝度(明るさ)の表記はメーカーでまちまちで、レンズによって大きく拡大して投影するプロジェクターでは”ルーメン”と言う単位で現している場合、中央の一番明るい部分で現しているメーカーや、端の一番くらい部分で明るさを現しているメーカーもあり、前者よりも後者の方が親切ではあるのもも比較する際にどちらかなんて事はカタログには書いていませんので、平均した明るさの単位として用いられている”ANSIルーメン”を明記しているプロジェクターの方が親切です。

そして次に比較するとなるとビジネス用途では重さやバッテリーの持続時間あたりですが、ホビーユースとなると自宅で使う事が多いのでバッテリーの持ちや重さよりも音質ではないでしょうか?
ホビーユースとなると映画やアニメと言った映像を楽しんだり、ゲームを楽しんだりする事に使うのが多くなりますが、なかなか音質重視と言うプロジェクターに出会う事は少なく、別途Bluetoothスピーカーや有線のスピーカーを設置するよりはプロジェクターに高音質のスピーカーが内蔵されていた方が便利なのは言うまでもありません。

そこで今回は、長時間再生、高音質と家庭で映画等を鑑賞するのにピッタリなプロジェクター「Docoy」をご紹介致します。


“3Wステレオスピーカーで迫力あるサウンドも楽しむ事ができるLEDプロジェクター「Docoy」” の続きを読む

手のひらサイズだからと言って侮ってはいけない!!200ANSIルーメンモバイルLEDプロジェクター「PIQO」

壁やスクリーンに映像を投影できるプロジェクターは、白い壁があればどこででも映像を投影できる素晴らしい映像装置です。
例えば白いシーツでもスクリーンとして使え、キャンプ場でみんなで映画を鑑賞する様な時でも、白いシーツを木々に張り渡したロープに引っ掛ければ屋外映画館に早変わり。

またビジネスでもクライアントの会社へプロジェクターを持って行けば、小さなノートPCの画面を複数人で覗き込まなくても良く、大きなスクリーンで説明できるなど非常に様々な用途に使えたくさんのメリットがあります。

そこで今回は掌の上にチョコンと乗る縦横高さ5.7cmで重さ210gと言うとてもコンパクトなLEDプロジェクター「PIQO」をご紹介致します。


“手のひらサイズだからと言って侮ってはいけない!!200ANSIルーメンモバイルLEDプロジェクター「PIQO」” の続きを読む

Scan-Speak社のドライバーを内蔵し音質にも拘ったAndroidTVプロジェクター「Nebula Capsule II Projector」

狭いワンルームマンションに住んでいると、大きな液晶テレビは場所を取って邪魔になる上にテレビ番組は見ないからと、テレビを持たない方が最近は増えており、何か興味のあるコンテンツを見たい時はスマートフォンでNetflixやFulu、AmazonプライムビデオやYoutubeと言ったメディア配信サービスを使ってスマートフォンで楽しむと言う方が増えています。
ただ、スマートフォンの場合は画面サイズが小さく映画などを楽しむ場合でも臨場感は殆どなく、タブレットでも大きくて12インチサイズ程度ですから少し視線をズラすと部屋の様子が目に飛び込んで来て現実に戻されて一気に興ざめします。

そこで今回は狭い部屋でも大画面で迫力のある映像を楽しむことができるAndroidTVを搭載したモバイルプロジェクター「Nebula Capsule II Projector」をご紹介致します。


“Scan-Speak社のドライバーを内蔵し音質にも拘ったAndroidTVプロジェクター「Nebula Capsule II Projector」” の続きを読む

スマホのモニターとしても使え、単体でYouTubeも見る事ができるモバイル・プロジェクター「GoSho」

よく昔は”テレビをそんな近くで見ていたら眼が悪くなるよ”なんて事を言われましたが、今では”スマホをし過ぎたら眼が悪くなるよ”、”YouTubeばかり見ていたら眼が悪くなるよ”に変化して来ていますが、実際にスマホやタブレット等を見すぎていると眼が悪くなるのでしょうか?
昔は近距離で見る事で視力が低下すると思われていましたが、実際にスマホを結構やっているなと言う方でも視力は全く落ちている気配がないと言う方が周りにも少なからずおられるはずで、そう言う方と視力が落ちない方との違いは一体何なのでしょうか?

それはどれだけの時間、一定距離で見続けているのか?と言う事がキーとなります。例えば片足でずっと立ってみよう!!と言われた時に、次第に足が疲れて来て身体がグラグラと揺れたり、足がプルプルと震えて来たりするはず…..
それは同じ姿勢を維持する事で同じ場所の筋肉を連続して使い続ける事で筋肉疲労が蓄積して筋肉が硬くなりうまくコントロールできなくなるからで、それは水晶体と言って目の玉を支えている毛様体筋と言うピントを合わせる機能を持っている筋肉も同じです。
つまりずっと一定距離を見続ける事で毛様体筋が筋肉疲労を起こして動きが悪くなり、水晶体を引っ張って薄くして遠くのモノに対してピントを合わせ辛くなる事で近視になって行くのです。

また目の前にスマートフォンやタブレットがあると視線を移動してもスマートフォンやタブレットから視線が外れないのも原因で、今回はそう言う近視を防いでくれる効果もあるモバイルプロジェクター「GoSho」をご紹介致します。


“スマホのモニターとしても使え、単体でYouTubeも見る事ができるモバイル・プロジェクター「GoSho」” の続きを読む

プロジェクションマッピングにも使える!?1500ANSIルーメン 4K投影可能なDLPプロジェクター「N-Tech」

最近は様々な場所で1年中、プロジェクションマッピングで華やかに演出された建造物や自然を見る事ができます、そのプロジェクションマッピングって素人でも簡単に使えるってご存じでしたか?
そもそもプロジェクションマッピングは建物等に投影した時に写された映像が歪んだりしない様に予め加工された映像が投影されている為、本来なら建物の柱の角に投影した映像はその角の部分で折り曲げられて表示されるのですが、それを計算に入れて予め映像を作っているので建物の角であっても平面のスクリーンに投影されている様に見えるのです。
そしてそのプロジェクションマッピング用の映像を作るソフト(アプリケーション)はフリーで配布されているものもたくさんあり、その映像を投影するのもプロジェクターで可能なので、もしプロジェクターを1台持っているなら貴方でも簡単にプロジェクションマップングを行う事ができるのです。

しかもプロジェクションマッピング用の映像を作成するソフトもそんなに難しい操作は必要なく、投影する建物の3Dモデルを作り上げさえすれば、後は投影したい映像を3Dモデルに重ねるだけで自動的に映像を作ってくれますので、3Dプリンターを持っていて3D-CADを使った事がある方ならものの数十分で投影する映像を作り上げる事ができます。

そしてその映像を投影するのに最適なプロジェクターが今回紹介する「N-Tech」です。


“プロジェクションマッピングにも使える!?1500ANSIルーメン 4K投影可能なDLPプロジェクター「N-Tech」” の続きを読む

家族や友人とスマートフォンの画面をシェアするのに最適なスマートAndroidモバイルプロジェクター「Sweam」

みなさんにもスマートフォンやタブレットを使っている時に、その見ている画面を家族や友人とシェアすると言う事ってよくあるかと思います。
そう言う時に2人,3人であれば小さなスマートフォンの画面でもちょっと離れたり、ちょっと頭の位置をズラせば見る事ができますが、それ以上の人数になるとちょっと辛いものがありますし、これがYouTubeを見たりAmazonのプライムビデオ等で映画やTV番組を視聴している様な時であればずっとその後、変な体勢を維持して見続ける事も大変ですし、それがタブレットともなるとタブレットを持っている手も辛くなって来てプルプル震えたりと…..

そう言う、スマートフォンやタブレットの画面をシェアする時に便利なAndroidタブレット「Sweam」を今回はご紹介致します。


“家族や友人とスマートフォンの画面をシェアするのに最適なスマートAndroidモバイルプロジェクター「Sweam」” の続きを読む

バッテリー内蔵で屋外でも遊べるプロジェクターと一体化した任天堂スイッチ用ドッグ「OJO Projector」

任天堂のSwitchは、新たな使い方として”テーブルモード”と言うものがあります。このモードは任天堂Switchの6.2インチの液晶画面を友達と一緒に見ながら複数のプレイヤーで遊ぶモードで、言うなればWiiを外に持ち出してポータブル液晶TVでゲームをプレイしている様な感じで遊ぶ事ができます。
ですからSwitchではわざわざSwitchを持っている友達の家にお邪魔をしてゲームをさせてもらうと言う事をしなくても、公園であったり自宅に招いたりして友達と一緒にワイワイとゲームをプレイする事ができるのですが、やはり6.2インチと言う画面の大きさは”iPhone X”の5.8インチよりも0.4インチ大きいだけなので2人ならまだしも4人で同時に覗き込むのはちょっと無理があります。

そこで今回紹介する「OJO Projector」があれば自宅にいるのと同じ様に大画面でプレイする事ができますので、外で大人数でプレイしても平気です!!


“バッテリー内蔵で屋外でも遊べるプロジェクターと一体化した任天堂スイッチ用ドッグ「OJO Projector」” の続きを読む

ビデオ、ゲーム機、PC、そしてスマホと何でも繋げて大画面で楽しめる350ml缶サイズの100インチプロジェクター「Capsule」

 みなさんのご家庭では兄弟同士、そして親と子どもでテレビを取り合うと言った事はありませんか?
 と言いますのも最近はテレビが大型化しているせいなのか?それとも家族全員でリビングで過ごすと言う家庭が多いのか?教育上子ども部屋にテレビを置くのは良くないと言う指導なのか?それともテレビを全く見ないからなのか?リビングに1台と言うご家庭が増えて来ています。
 となると困るのが、ニュースを見たいのに子どもがゲームをしていて見る事ができない……と言った状況です。相手が子どもなので、無理にニュースが見たいから変わりなさいとも言えず、外に遊びに行ったら?とそれとなく言っても、”ゲームやっている方がいい”と言われたら後はもう何も言えません。

 そう言う時にこの「Capsule」があればどこででもゲームをプレイする事ができるので、親子でもめると言う事もなくなります。


“ビデオ、ゲーム機、PC、そしてスマホと何でも繋げて大画面で楽しめる350ml缶サイズの100インチプロジェクター「Capsule」” の続きを読む

オシッコの横飛びを防止する剥がれないトイレターゲット「Illumibowl Toilet Projector」

 最近は男性でも洋式便器に座ってオシッコをすると言う方も増えて来ていますが、世の中にはまだまだ男は立ってするものだ!!と言う主張をする方も少なくなく、なおかつ子どもは幼稚園や保育園で男児の場合は立って小便器でオシッコはする様にと教えられるので子供は特に立ってする傾向が強いのですが、それが一番のお母さんの悩みのタネです。
 立ってオシッコをすると子供でもおよそ15cm四方には飛散すると言う実験結果もあり、本当に便鉢の真ん中に向けてオシッコをしなければ飛び散った尿が便座もそうですが、便座の外にも飛び出して床を濡らしてそれが臭いの元となったりなかなか取れない汚れとなったりもします。
 ですから最近では家庭では座ってする様にと指導する家庭も多いのですが、実は男性は立ってオシッコをしないとそれが原因でかかる病気があるのです。男性は尿道が長いので腹筋に力を入れて膀胱に溜まった尿を排出しないと尿道に尿が残ってしまいそれが原因で排尿障害や前立腺肥大を起こすと言う事が言われているのですが、これが座ってしまうと腹筋に力を入れて排尿すると言う動作が人間の構造上できないのです。ですからそう言った座って排尿する事による病気を防止する為にも立ってした方がいいのですが、お母さんとしたら掃除が辛いって事になります。

 そこでオススメなのがオシッコがあちこち飛び散らない様にトイレにオシッコを飛ばすターゲットを投影するこの「Illumibowl Toilet Projector」です。


“オシッコの横飛びを防止する剥がれないトイレターゲット「Illumibowl Toilet Projector」” の続きを読む