イヤホン史上最大!?直径9.6mmのドライバーを内蔵したBluetoothワイヤレスイヤホン「Mugo Pro&Mugo Touch」

イヤホンと言うとワイヤレスイヤホンでも、ワイヤーのついたイヤホンでもシャカシャカと言う音漏れがよく問題になりますが、これはある意味仕方がないと言えます。
小さなイヤホンのドライバー(スピーカー)が出せる音と言うのは周波数の低い音(ドラムやベースetc….)の様な音よりも高い音の方が得意なので、どうしてもリズムを刻む低い音のボリュームは低くなりがちで、それにプラスしてバスや電車と言った乗り物の中や、街中の雑踏の中ではそれら周波数の低いノイズがスピーカーから出力される低い周波数の音をかき消してしまい聞こえなくなるからです。
ですから静かな自宅では小さなボリュームでも聞こえているのに街中に出ると同じボリュームでは聞こえず、仕方なくボリュームを上げると音漏れを起こして周囲の方に音漏れで注意される事になるのです。

ではどうしたらシャカシャカと音漏れのしないイヤホンができるのか?その答えが今回紹介しますBluetoothワイヤレスイヤホン「Mugo Pro&Mugo Touch」にあります。
“イヤホン史上最大!?直径9.6mmのドライバーを内蔵したBluetoothワイヤレスイヤホン「Mugo Pro&Mugo Touch」” の続きを読む

連続再生時間10時間+更に12時間増やせてノンストップ再生が可能なBluetoothイヤホン「AirLoop」

AirPodsを始めとするイヤホンケースが充電器を兼用しているタイプのBluetoothワイヤレスイヤホンはケースに戻せば充電されますので、耳から外したら紛失防止の為にケースに戻していれば、ケースのバッテリー切れがない限りイヤホンもバッテリー切れになる事はまずありません。
ただそれが自宅となるとよくあるのが、イヤホンをケースに戻さずにそのままテーブルの上に置き、翌日さぁ音楽を再生しようとしたらイヤホンからサウンドが聞こえないと言った事です。
これはイヤホンケースに出し入れする事がスイッチとなっているからで、ケースから外に出しているとずっと電源は入りっぱしになるからです。

となるとイヤホンが充電されるまで、イヤホンは残念ながら使えますと言う事になります。
ですが今回紹介する「AirLoop」と言うBluetoothイヤホンは連続再生時間が10時間もあると言うだけでも驚きなのですが、更に12時間プラスして連続使用できるのです!!
“連続再生時間10時間+更に12時間増やせてノンストップ再生が可能なBluetoothイヤホン「AirLoop」” の続きを読む

バッテリー切れで悩まされる事はない!!連続再生時間8時間のTWS Bluetoothイヤホン「MEZONE」

充電ケースから取り出すと自動的に電源がONとなりスマートフォンやオーディオプレイヤーとペアリングされるイヤホンはとても便利なのですが、ウッカリとと出かける際に先にイヤホンを耳の装着した状態でケースを忘れると大変です。
それは自動で電源がON/OFFされるタイプのワイヤレスイヤホンの殆どがケースに収納する事で電源がOFFになる様に設計されていますので、ケースを忘れると帰宅する頃にはスッカリとバッテリーが無くなっていると言う様な事が有り得るからです。

ですが、今回紹介するBluetoothイヤホン「MEZONE」は何と連続再生時間8時間と言う超ロングライフ設計になっていますので、充電ケースを忘れても全くバッテリー切れを心配せずとも良いのです。


“バッテリー切れで悩まされる事はない!!連続再生時間8時間のTWS Bluetoothイヤホン「MEZONE」” の続きを読む

ワイヤレスイヤホンを初めて購入する方に是非とも試してみて欲しいコスパ重視$30以下で買える「Nano Pods」

今、昨秋リリースされたiPhone XS/XS MAX/XRを購入すると、昔ついていたワイヤードのイヤホンはもれなく付属されてはいません。
そこでどうせならワイヤレスイヤホンを買ってみようと思われている方は多いかと思いますが、何せワイヤレスイヤホンは、イヤホン専門ショップでさえなかなか試聴できる種類が少ない上に、みなさんの地域の家電量販店となると、ほぼ試聴できる様なワイヤレスイヤホンは置いていません。
となるとネット通販等の口コミを頼りにする事になるのですが、これもグルメサイトの口コミと同じで、味の感じ方も十人十色なら、音の感じ方もまた人それぞれ違いますので、一概に全ての口コミ投稿者が良いと評価していても果たして自分に合うのだろうか?

そこで今回は、デファクトスタンダートとも呼べそうなワイヤレスイヤホン「Nano Pods」をご紹介致します。

“ワイヤレスイヤホンを初めて購入する方に是非とも試してみて欲しいコスパ重視$30以下で買える「Nano Pods」” の続きを読む

-30dBと言う静かな環境を作り出す、ワイヤレスイヤホンとしても使えるデジタル耳栓「VA Noise Cancelling Earbuds」

よく集中する為に耳栓を使う方がおられますが、耳栓をした事でかえって集中できない事も多々あるって事をご存じですか?
耳栓の素材にもよるのですが、基本的には耳を塞ぐ耳栓は人の声や高い音はカットする事ができるのですが、電車や自動車の走行音、工事現場の騒音と言った様な身体に響く低い周波数の音は骨を媒介として直接耳へと伝達され、あまり効果がありません。

そして耳を塞いだ事で骨を伝わった音の振動が耳の中で反響して増幅しボリュームアップされ、かえってそれがうるさくて集中できなくなるからです。

では一体どう言うタイプの耳栓が、一番集中する事ができるのでしょうか?

その答えが今回紹介しますノイズキャンセリング・イヤホン「VA Noise Cancelling Earbuds」にあります。


“-30dBと言う静かな環境を作り出す、ワイヤレスイヤホンとしても使えるデジタル耳栓「VA Noise Cancelling Earbuds」” の続きを読む

落とし辛さを研究し尽くしたエルゴノミックデザインBluetooth5イヤホン「HYPHEN」

AirPodsが登場するまでのワイヤレスイヤホンと言うと技術の進歩と言う面もあるのですが、カナル型と言って耳の穴に差し込み、イヤーパットが耳の穴の中で広がり耳の中の壁を押しつける圧力で抜け落ちない様にしたり、メガネのツバの様に耳に引っ掛けるフックで引っ掛けたりする必要があったりと、長時間装着していると耳に不快感を覚えるものが大多数を占めていました。
ところがAirPodsの登場によりAirPodsの様に軽ければ(AirPodsは片耳4g)耳たぶの所の”対珠(たいじゅ)”と呼ばれる部分に引っ掛ければ激しく動いても落ちないと言う事が分かり、AirPods似のワイヤレスイヤホンが本当に数多く売られています。

ただそんなAirPodsも万能ではなくマレに”対珠”がない方や、袋と言うか窪みが浅い方もおられ、そう言う方は電車やバスに乗り遅れるとちょっと駆け足しただけでポロッと落としてしまいます。

そこで、あらゆるパターンの耳の構造を分析し、落ちない構造を見つけそして形にしたエルゴノミックデザインBluetooth5イヤホン「HYPHEN」を今回はご紹介致します。


“落とし辛さを研究し尽くしたエルゴノミックデザインBluetooth5イヤホン「HYPHEN」” の続きを読む

驚異の連続再生時間8時間、IPX7防水、Bluetooth5対応ワイヤレスイヤホン「LYRA」

先月行われた”Apple Special Event”ではiPhoneとAppleWatchのみが発表されただけで、多くの方が待ち望んでいたAirPodsのNewバージョンや、ワイヤレス充電器のAirPowerの発表が行われないばかりか、その製品にすら触れられずに終わってしまいきっと落胆された方も多いと思います。
AirPodsはご存じの様に15分の充電で3時間の連続再生が可能で、通勤や通学の時に使うと言う方には良いのですが、スポーツをやっていてトレーニング中ずっと音楽を聴いている方や音楽を聴いて仕事をしている様な方にとっては3時間は物足りませんし、ご存じの様にAirPodsは防水ではないので汗等で濡れても水で丸洗いできず拭くだけなので、どうしても汚れが気になって石鹸を使って水で洗いたいと思っておられる方は多いと思います。

そこで今回はIPX7防水に対応し丸洗いはもちろんの事、泳いでも大丈夫!!、そして連続再生時間は何と驚異の8時間と言うBluetoothワイヤレスイヤホン「LYRA」をご紹介致します。


“驚異の連続再生時間8時間、IPX7防水、Bluetooth5対応ワイヤレスイヤホン「LYRA」” の続きを読む

Bluetooth5に対応し環境が整って来たからこそ、今買うべき防水ワイヤレスBluetoothイヤホン「Dolphin」

スポーツクラブで泳ぐ時に、音楽を聴きながら泳ごうとせっかく買った防水型のワイヤレスイヤホンが泳いでいる時に全く聞こえず、ジャグジーに入ってくつろいでいる時やシャワーをしている時しか使えなくてガッカリしたと言う様な経験はありませんか?

これには2つの問題があります。1つはワイヤレスつまり無線で音楽データを送る際にBluetoothと言う通信規格を使うのですが、このBluetoothの規格が古い4.2以前の規格なのか新しいBluetooth5なのかと言う事です。
前者のBluetooth4.2は送受信機の間に何も障害物がない状態でクリアなノイズの入らないサウンドをワイヤレス・イヤホンに届けようとすると2〜3mが限界距離です。一方、Bluetooth5になると製品にもよりますが20〜30mでもクリアに聴く事ができるものもあり、Bluetooth5規格を採用したワイヤレス・イヤホンの方が泳ぎながら聴くと言うのにはベストマッチっしています。
一方音楽を流す側のオーディオプレイヤーやスマートフォンももちろんBluetooth5に対応している必要があり、もし対応していなければBluetooth5を採用したイヤホンと繋がらないかBluetooth4.2と言う古い規格で接続されますので通信距離は短くなります。

ですが昨年リリースされたiPhone 8/ 8 Plus/ XからiPhoneのBluetooth規格は5になり、iPhone Xs/ Xs MAX/ XRももちろんBluetooth5を採用しており、これらiPhoneを持っておられるのなら今回紹介しますBluetoothイヤホン「Dolphin」であれば両方がBluetooth5に対応していますので、遊泳中でも音が切れる事なく聞き続ける事ができます。


“Bluetooth5に対応し環境が整って来たからこそ、今買うべき防水ワイヤレスBluetoothイヤホン「Dolphin」” の続きを読む

iPhoneユーザーにオススメ!!BT5.0+グラフェン+AAC codec+UV監視機能までついたワイヤレスイヤホン「ONEvido」

有線のイヤホンは今でも家電量販店の店頭に行けば結構な種類のイヤホンを実際に耳に装着して聞き比べをする事ができますが、試聴用のワイヤレスイヤホンを置いているショップは本当にごくごく僅かでなかなか聞き比べをして購入すると言う事ができません。
ですからiPhoneユーザーは無難にAirPodsを選ぶ傾向にあったりするのですが、AirPods以上に音質の良いイヤホンはいくらでもあり、それを見分ける1つの基準がスペック(仕様)です。
さすがに周波数特性のグラフまで掲載しているイヤホンは少ないので、音質を想像するには再生周波数や使われているドライバー(スピーカー)から想像するしかありませんが、オーディオ技術に詳しくない方にとっては想像できるものでもありません。

そこで今回は「ONEvido」と言うiPhoneユーザーにオススメのBluetoothイヤホンを例にワイヤレスイヤホンの選び方を解説致します。


“iPhoneユーザーにオススメ!!BT5.0+グラフェン+AAC codec+UV監視機能までついたワイヤレスイヤホン「ONEvido」” の続きを読む

トレーニング中に音楽を楽しみながら練習に励む事ができる様に考えられたBluetoothステレオ・イヤホン「Venom」

よく耳にイヤホンをはめてランイングされている方を見かけると、音楽を聴きながら走るのって車や自転車が後ろから近づいていても気が付かないから危ないのになぁ~と思うのですが、この音楽を聴きながら走る事って同じテンポで身体を動かすスポーツにおいては実はかなり有効的だと言うしっかりとしたエビデンスがある事はご存じでしょうか?

例えば音楽を聴いている時のそのビートに合わせて身体を動かす事ってあると思いますが、これは人間が持っている性質の1つで協調性なんて言われ方もしますが、例えば16ビートの音楽が鳴っている状況下で8ビートのリズムを頭の中で刻んでいても次第にそのリズムは早くなり最終的には16ビートのリズムを刻んでいたりします。

つまりランイングや長距離走、その他一定のリズムで身体を動かす様な競技の場合、ペースメーカーとなる音楽があった方が音楽でリズムを一定に保つ事ができる上にイヤホンなら周囲の騒音をシャットアウトする事ができますのでよりそのサウンドに同調する事ができます。

またその聴いている曲が好きなアーティストの曲だと脳内報酬系のドーパミンが大量に分泌されますので、嬉しいワクワクとした感情で脳の中は満たされますので辛い練習にも耐える事ができるのです。

と言う様にスポーツをする際に音楽を聴きながら行うのは上達する上でも重要なファクターであり、今回はそんなスポーツをする際に最適なワイヤレスイヤホン「Venom」をご紹介致します。

“トレーニング中に音楽を楽しみながら練習に励む事ができる様に考えられたBluetoothステレオ・イヤホン「Venom」” の続きを読む