温冷自在だから、夏は冷たく冬はホカホカに保つ事ができるランチボックス「Numee Pack」

お弁当を職場や学校に毎日持って行っている方にとって、この暑さは天敵です。
何故ならお弁当箱の中の温度が上がるとそれに伴い雑菌も増殖する様になり、最悪は朝作ったばかりのお弁当で食中毒を起こすと言う事も有り得ます。

ですから夏はしっかりと保冷剤で冷やしておかなければいけないのですが、弁当箱の上に乗せた保冷剤って以外と早く溶けてしまうんですよね。
そして会社の様な空調の良く効いている場所であれば良いのですが、学校となると効いていたり効いていなかったりと微妙で、ちょっと心配にもなります。

そこで今回は専用の保冷剤がついたランチボックス「Numee Pack」をご紹介致します。
“温冷自在だから、夏は冷たく冬はホカホカに保つ事ができるランチボックス「Numee Pack」” の続きを読む

ちょっと肌寒い時に気軽の羽織る事ができる350mL缶サイズのポータブル・ブランケット「4-Rest Travel Blanket」

携帯性に優れた毛布と言うと非常持ち出し袋にも入れているアルミ毛布です。
これは元々アメリカのNASAで開発されたもので、人工衛星を過酷な環境から守る為の保温材を人体にも応用したものです。
アルミ毛布が何故、瞬時に暖まり保温効果が高いのかと言いますと、アルミ毛布そのものは発熱する作用はなく、人体から放出される熱を反射して、人体を温めると共にアルミ毛布と身体との空間にたまっている空気を閉じ込める、そしてアルミ毛布の外側の外気や熱を反射する事でアルミ毛布内の温度を奪われない様にする事で保温効果を高めているので、素早く暖まり、そしてその暖かさは持続するのです。

ただアルミ蒸着シートは常時使用すると言った用途には向いてはおらず、あくまでも非常用です。
それを日常でもちょっと肌寒い時に羽織える様にしたポータブル・ブランケット「4-Rest Travel Blanket」をご紹介致します。


“ちょっと肌寒い時に気軽の羽織る事ができる350mL缶サイズのポータブル・ブランケット「4-Rest Travel Blanket」” の続きを読む

ちょっと一息つきたい、そんな時の為の全自動コーヒー&ティーサーバー「SmartCup」

オフィスや自宅でちょっと一息つきたいと言った時に喫茶店の様に座ればパッとカップの注がれたコーヒーや紅茶、緑茶と言った好きなドリンクが出て来たらどれだけ幸せな事でしょう。
でも実際は本格的なものを楽しもうとするとコーヒーは全自動のコーヒーメーカーがあるとしても、紅茶や緑茶はお湯から沸かして淹れなければいけませんし、淹れ終わった後のポットや急須の後片付け、そして1杯だけで良いのに勿体ないと2杯3杯と飲んだ後の幸福感と言うよりは喪失感が何ともしがたいものがあり、結局飲まずに終わる事も出て来ます。

そう言う時にたった1杯だけコーヒーでも紅茶でも緑茶でも全自動で淹れるサーバーがあれば、使ってみたいと思いませんか?
今日はそんなちょっと使ってみたい感じにさせてくれるコーヒー&ティーサーバー「SmartCup」をご紹介致します。


“ちょっと一息つきたい、そんな時の為の全自動コーヒー&ティーサーバー「SmartCup」” の続きを読む

100%防水なのに靴の中の湿気を外部に放出できるから、素足で履いても臭わないスニーカー「Vessi」

みなさんは靴が臭くなる原因ってご存じですか?
カビや細菌が繁殖する条件を思い出してもらえば大方予想はつくかと思いますが、温暖多湿である事が絶対条件です。
つまり汗をかいて湿度が上がり、体温で一定温度に保たれている靴の中と言うのはカビや細菌が繁殖するにはパーフェクトに条件が整っており、汗をかいて多湿状態が続けば繁殖するカビや細菌は空気中を常に漂っていますので、新品の靴でも、洗って綺麗に乾かした靴でも同じ様に臭います。
ましてやこれからみなさんがよく履かれるロングブーツなどは通気性が悪く汗が外部へ発散されない上に、冬の冷たい空気をシャットアウトしてブーツの中を温かく保つ為に外気が入らない様に密閉していますので、、ブーツはとても臭いがきついのです。

しかも消臭スプレーを振ったとしてもそれは一時的で、カビや細菌は空気中を漂っていますから、それらが再び靴の中に入ればたちまちカビや細菌は繁殖してまた元の様に臭います。

そこで今回は消臭せずとも臭わないスニーカー「Vessi」をご紹介致します。


“100%防水なのに靴の中の湿気を外部に放出できるから、素足で履いても臭わないスニーカー「Vessi」” の続きを読む

忘れ物の多い方必見!!小物類が収納できるジムドリンクボトル「Morph Bottle」

トレーニングジムへ行き、ロッカースペースからジムスペースに移動する際には最低でもタオル、ドリンクボトル、ロッカーキーの3つは持ち歩く事になりますが、それにプラスしてスマートフォンを持ち歩く方もおられれば、トレーニング中の疲労回復の為にと糖質を含んだ栄養補給食品等も一緒に持ち歩くと言う方も多いのではないでしょうか?

そしてこれは別にジムだけの話ではなく、アスリートの方であればコートやグラウンドに移動する際にバッグはロッカーに置いて、必要最低限度のモノだけを持ってコートやグラウンドへ移動されると思いますが、たまにと言うか、決まってロッカールームに戻る時に、あっ!!忘れたと言って、ジムスペースや、プール、コードやグラウンドに戻る方がおられます。

そこで、今回はそう言う方の為に小物類を収納できるドリンクボトル「Morph Bottle」をご紹介致します。


“忘れ物の多い方必見!!小物類が収納できるジムドリンクボトル「Morph Bottle」” の続きを読む

メリノウールを使った事で夏でも冬でも快適に走る事ができる様になったラニングシューズ「WOOL CROSS X」

夏にランニングシューズを履いて走っていて嫌な事って何?冬に走っていて嫌な事って何?と聞かれた時に、あなたは何を真っ先に想像しますか?
おそらく夏に一番困るのは汗でしょう。汗をかくと皮膚がふやけて靴との摩擦で水ぶくれができたり、汗で靴がグッショリと濡れるので、毎日洗って乾かさなければならなかったり、後は臭いの問題もありますよね。
一方冬はと言うと、やはり走っていると汗はかきますがグッショリと濡れると言う所までは行きませんが、それでも汗をかいているので外気で足が冷えて感覚がなくなって来たりすると怪我もし易くなります。

ところが走る事を追求したランニングシューズはたくさんあっても、そう言う周囲の環境の影響を考えて、快適に走る事ができるランニングシューズは驚く程少ないのです。

そこで今回はメリノウールを使う事で、夏でも冬でも雨降りでも快適に走る事ができる様にしたランニングシューズ「WOOL CROSS X」をご紹介致します。


“メリノウールを使った事で夏でも冬でも快適に走る事ができる様になったラニングシューズ「WOOL CROSS X」” の続きを読む

もうこれは住めるレベルでしょ!!と言う所まで進化したハンモック「Crua Koala」

みなさんは”ハンモック”と言わたらどう言ったものを想像されますか?
殆どの方は2本の木の間に渡した布切れの上に横になって休憩するもの、を想像されるかと思います。そして登ったり降りたりする時にバランスを踏み外すと地面に落ちて大恥をかいた上に痛い思いをすると言う……

ですがそんなハンモックはもう一昔前のハンモックのイメージで、今では屋根がついて雨風を凌げる様になっていたり、更には冬場でも暖かく過ごせる様に断熱性の保温性の高いマットで作られたものや、後からハンモック全体を寝袋の様なもので覆って冬でも快適に寝る事ができる様になったものや、夏のムシ暑い時に虫除け対策として細かな目の網でハンモックを覆える様になっているものなど、本当にテントの代わりとして使える様なものが増えて来ています。

そして今回紹介しますハンモック「Crua Koala」もそんなハンモックの1つなのですが、これ以上進化しようがないと思っていたハンモックを、このハンモックがあるなら家がなくてもずっとこの「Crua Koala」の上で過ごせるよね、と言うレベルにまで何倍にも進化させた究極のハンモックとも呼べるハンモックなのです。


“もうこれは住めるレベルでしょ!!と言う所まで進化したハンモック「Crua Koala」” の続きを読む

温かいものは温かくして、そして冷たいものは冷たいまま頂く事のできるランチボックス「Silbo」

これから寒くなるとお弁当って嫌になりませんか?
と言いますのも夏場は気温も高いのであまり気にもならなかったと思いますが、段々寒くなるとお弁当の中の食材が冷めて固まってしまって食べ辛いって事ってよくあります。特にご飯はお箸で差すとそのままお弁当箱に詰めてある状態で持ち上がって来たり、ハンバーグやトンカツや唐揚げ等の肉類は、水分が抜け柄いる上に冷めると更にお肉が固くなって食べ辛くなったりと言う事って往々にしてあります。
ですがそう言う時にランチジャーを使えば温かいものは温かいまま持って行く事ができ、冷たく固くなった様なものは食べなくて良いのでこれはこれで有り難いのですが難点としては2点。1点は内容量に比べて保温容器が大きいので嵩張ると言う事と、女子が持つにはデザインがあまりにもダサ過ぎると言う事です。
やはり保温機能があってもスリムじゃないと、女子のバッグには入りません!!そんな女子でも違和感なく使えるランチボックス「Silbo」を今回はご紹介致します。


“温かいものは温かくして、そして冷たいものは冷たいまま頂く事のできるランチボックス「Silbo」” の続きを読む

ホットドリンクを熱い間に飲んでしまって口の中をいつも火傷してしまう方にオススメな自動保温マグ「S2 Mug」

 つい少し前までは暑い暑いと言って冷たいものがとにかく欲しかったものですが、こう朝晩涼しく(地域によっては既に寒くて上着を羽織らないとちょっと我慢できないと言う所もありますが)なると、今度はコールドドリンクよりもホットドリンクの方が良くなりますが、ただホットドリンクの場合はコールドドリンクと比べて温度の持続性と言いますか、自分にとって美味しいと感じるちょうど良い温度で飲める時間ってとっても少ないですよね。おそらくこれはドリンクの温度の差で飲むスピードが違うのも1つの要因だと思われます。コールドドリンクは暑くて喉が乾いた時に飲みますので比較的短時間で飲み干す事が多いのですが、ホットドリンクの場合、熱いのも相まってあまりガブガブと飲むと言う事はなくチビチビと冷ましながら飲みますのでコールドドリンクと比べて飲み干すまでの時間が長くなるのは当然です。
 ですからそれもあってホットドリンクの場合はすぐに冷めてしまうと言う印象があるのではないでしょうか?ですが実際の所、温かいドリンクが飲みたいのに冷えてしまったドリンクなんて飲みたくありませんよね。そんな保温機能、加熱機能のついたマグ「S2 Mug」を今回は紹介します。


“ホットドリンクを熱い間に飲んでしまって口の中をいつも火傷してしまう方にオススメな自動保温マグ「S2 Mug」” の続きを読む

雨にもマケズ、風にもマケズ、寒さにもマケナイ、オールシーズン使えるハンモック用カバー「SHEL」

 ハンモックと言うと皆さんは1枚の布を2本の木にくくりつけた寝具を想像されると思いますが、元々は南米の先住民が使っていた寝具で、その後にベットだと天候の悪い状況下で激しく揺れる船の中ではすぐに投げ出されておちおち眠っていられないので、ハンモックなら船体が揺れてもロープで吊るしている為に船体と一緒に揺れずに水平を保つ事から、船員用の寝具として広く普及して現在に至ります。
 そしてそんなハンモックも本来は1枚の布や編み込んだロープで作られていたものが、今ではポリエステルやナイロンと言った素材が使われ軽くなって携行性能が上がったり、木がなくてもハンモックを吊るす事ができる様に組み立て式の土台があったりと、アウトドアショップに行くと様々などれを選べば正解なのかわからないくらいの種類のハンモックが展示されており迷うのですが、これからハンモックを持ってキャンプやトレッキングやハイキングへ出かけようと言う方に一押しなハンモック「SHEL」を今回は紹介させてもらいます。


“雨にもマケズ、風にもマケズ、寒さにもマケナイ、オールシーズン使えるハンモック用カバー「SHEL」” の続きを読む