ボイスチェンジャー機能で声色を変えて通話も可能な多機能ペン「Zanco S-Pen」

AppleWatchはSeries3からセルラー回線でも通信できる様になり、iPhoneをもし忘れてもAppleWatchを腕にはめていればどこででも通話できたり、簡単なメッセージのやり取りができる様になったりと、あまり荷物を持ちたくないランニングの様なトレーニングに出かける時には非常に便利になりました。

ただiPhoneナシで通話できる様になったとは言っても人混みの中では相手の声を聞き取るのも一苦労で、静かな室内ならまだしも屋外の雑踏の中だと通話には向いていません。

そこで今回は通話機能を備えた多機能ペン「Zanco S-Pen」をご紹介致します。


“ボイスチェンジャー機能で声色を変えて通話も可能な多機能ペン「Zanco S-Pen」” の続きを読む

スマホやプレイヤーがなくても音楽を楽しむ事ができる4GLTE通信・ハイレゾ音源対応ワイヤレスヘッドホン「Debussy」

ちょうど昨年の9月に発売されましたAppleWatch Series3よりAppleWatch単体でLTE通信する事ができ、iPhoneがなくてもランニング中に音楽を聴く事ができたり、通話したりと言った事ができる様になりました。
これはAppleWatchが発売された頃からAppleWatchユーザーが夢見ていた機能で、重いiPhoneを持たずにランニングに出かけ、AppleWatchとAirPodsでAppleMusicを楽しみながらランニングできるのは非常に快適です。

ただAppleWatchで聞く事のできるミュージック配信サービスは今のところAppleMusicとSpotifyだけで、中にはAmazon Musicや最近サービスが開始されて3ヶ月は無料でお試し可能なYouTube Musicの方が良いと言う方もおられるでしょう。

そう言う方に今回はヘッドホン単体で音楽のストリーミング配信を楽しむ事のできるオーバーヘッド型のヘッドホン「Debussy」をご紹介致します。


“スマホやプレイヤーがなくても音楽を楽しむ事ができる4GLTE通信・ハイレゾ音源対応ワイヤレスヘッドホン「Debussy」” の続きを読む

時計機能重視ならやっぱり常時見えるアナログ時計がいいよね、と言う方のためのスマートウォッチ「Timepiece」

スマートウォッチを持って分かる事は、時刻が非常に確認し辛い事です。
スマートウォッチはE-Inkディスプレイ(電子ペーパー)を搭載されたもの以外はディスプレイを点灯させておくだけでバッテリーを消費し続けてアッと言う間にバッテリー切れを起こして使えなくなってしまう為に時計の盤面を見ると言うアクションを起こした時にだけ点灯する様になっています。

その為に中途半端な位置、例えばポケットに入れた手を少しだけ回してチラッとスマートウォッチの盤面を見るだとか、車のハンドルに置いた手にはめたスマートウォッチを覗き込んで時刻を確認すると言った様な、昔の腕時計では当たり前の様にできていたチラ見が今のスマートウォッチではできません。

ですのでスマートウォッチの使い方としては、時刻の確認、スマートフォンへの着信やメッセージの通知、フィットネストラッカーと言う機能を中心に使っておられる方が大半です。

そこで、一番よく使う機能に絞って作られたスマートウォッチ「Timepiece」をご紹介致します。


“時計機能重視ならやっぱり常時見えるアナログ時計がいいよね、と言う方のためのスマートウォッチ「Timepiece」” の続きを読む

今使っているヘッドホンやイヤホンの音質を飛躍的に上昇させるハイレゾ対応Bluetoothレシーバ「WHOOSHI」

みなさんは、今使っているヘッドホンやイヤホンの音質が更に良くなるってご存じでしたか?
ヘッドホンやイヤホンにも周波数特性と言って、中高音域を再生するのが得意なイヤホンがあれば、中低音域の再生が得意なイヤホンもありますが、それを再生するプレイヤーやDAC(デジタル・アナログ・コンバータ)によっては再生されるサウンドは変わって来ますし、更に言えば貴方自身の耳の能力によっても大きく左右されます。

そこで今回は、今みなさんが使っておられるヘッドホンやイヤホンの性能を大幅に向上させるBluetoothレシーバ「WHOOSHI」をご紹介致します。


“今使っているヘッドホンやイヤホンの音質を飛躍的に上昇させるハイレゾ対応Bluetoothレシーバ「WHOOSHI」” の続きを読む

睡眠のコントールからサウンドコントロールまでトータルにコーディネイトする「Auri」

快眠・快床は健康のバロメータですが、みなさんは布団やベッドに入った時にすぐに眠りに落ち、そして翌朝スッキリと起きる事ができていますか?
よくスマートフォンを寝る前に操作していると眼が冴えて眠る事ができないと言われますが、これは正解です。
人間はブルーライトの成分を含む朝日を浴びるとメラトニンと言う睡眠誘導物質の分泌が抑制されて目覚め、夕日に含まれる赤い光を浴びるとメラトニンの分泌が促進され、より快適に眠りに着く事ができます。

そこで今回は照明の光をコントロールする事で日常スッキリとした気分で過ごす事のできる「Auri」をご紹介致します。

“睡眠のコントールからサウンドコントロールまでトータルにコーディネイトする「Auri」” の続きを読む

WiFi,Bluetooth,LoRa、セルラー通信とあらゆる方法を使い居場所を追跡するGPSトラッキングタグ「Pylife」

みなさんは小さいお子さんや、娘さんを昼間でも一人で歩かせるには物騒な世の中になりましたが、もしかして事件に巻き込まれた時に、子どもさんの何か居場所を瞬時に調べるトラッキングタグやスマートフォン、携帯電話等を持たせていますか?

特に公立の小学校の場合、地域によってはスマートフォンはもちろんの事、キッズ携帯の様なGPSで居場所を追跡できるものもダメと言う地域もあり、選択肢としては警備会社等がサービスを行っているGPSトラッカーの様なものしかなく、これも検索する度に費用が発生したりしてその費用もバカになりません。

そこで今回はラニングコストが一切不要のGPSトラッキングタグ「Pylife」をご紹介致します。


“WiFi,Bluetooth,LoRa、セルラー通信とあらゆる方法を使い居場所を追跡するGPSトラッキングタグ「Pylife」” の続きを読む

狭いワンルームマンションでも設置場所を取らないので気軽に買えるレコードプレイヤー「DUO」

みなさんはレコードって知っていますか?見た事がありますか?聴いた事がありますか?
SONYが今年に入ってレコードのプレスを再開したのは、レコードの復活を如実に示しているものかもしれません。
ですがそのレコードプレイヤー、LPレコードのサイズは直径30cm、そのレコードを載せるターンテーブルはそれ以上の大きさがあり、そして回転するターンテーブルを乗せる台はそれ以上の大きさになりますから、その大きさは15インチのノートPCよりも大きくレコードプレイヤーを置くと6畳程度の部屋ではかなりのスペースを占める事となり、レコードに興味はあっても手を出せないでおられる方は多いのではいでしょうか?

ただレコードプレイヤーの中には縦型のプレイヤーも数は少ないのですがありますし、縦型なら接地面積も取りませんが、今回紹介しますレコードプレイヤー「DUO」ならデスクの引き出しに入れて収納する事もでき、聴きたい時にだけ取り出して演奏する事ができますので更に便利です。


“狭いワンルームマンションでも設置場所を取らないので気軽に買えるレコードプレイヤー「DUO」” の続きを読む

レバーを押すとシュッとカードが飛び出てくるカードケース達が機能アップしてカムバック!!「Ekster® 3.0」

みなさんは財布やバックをなくした経験ってありますか?
昔なら警察に届けて戻って来るのを祈るのみでしたが、今ではデバイスの進化でBluetoothを使った忘れ物防止タグはたくさんの種類が市販化されて一般的になっている他、Bluetoothはほぼ見える範囲内でしか通信できませんので、一度手元から遠く離れてしまった後は無くした場所まで戻り、タグからのBluetoothの電波を受信できるまでウロウロとスマートフォン手に持ち歩き回り、運良くBluetoothの電波を捉える事が出来れば紛失したモノと再会する事ができますし、そうでなければ永遠のお別れに……
そうならない為に同じ製品を愛用している方が運良く自分のBluetoothタグの電波を拾ってくれれば、その場所を自動的に通知してくれる機能を持つちょっと進化したBluetoothタグも市販されています。

ですがこれも同じ製品を使っている方が自分のBluetoothタグを見つけてくれればと言う前提条件があり、運悪く誰も電波を拾ってくれなければ、永遠に見つかる事はありませんし、バッテリーが切れてしまったら何にもなりません。

ですが今回紹介する「Ekster® 3.0」は必ず帰って来る仕掛が更にバージョンアップしています。


“レバーを押すとシュッとカードが飛び出てくるカードケース達が機能アップしてカムバック!!「Ekster® 3.0」” の続きを読む

すぐに何処に置いたのか忘れる方必見です!!AR技術を使い置き忘れた場所をアイコンで示してくれる財布「WALLOR」

みなさんはついついどこに置いたのか思い出せなくて困った経験ってありませんでしょうか?
常に置く場所が決まっている方にとって無くすと大変な財布や鍵の様なモノの置いた場所を忘れるなんて信じられない事かもしれませんが、現実的にはよくある話です。
ただ無くしても探す時間があれば良いのですが、時間がなくて出かけなくてはいけないと言う時に鍵や財布がないと言うのは致命的です。

そこで今回は、よく置いた場所を忘れる方にスマートフォンを持って部屋の中を歩き回るだけでスマートフォンで捉えた部屋の様子に置き忘れたモノの場所をAR技術を使いアイコンで指し示してくれる「WALLOR」をご紹介致します。


“すぐに何処に置いたのか忘れる方必見です!!AR技術を使い置き忘れた場所をアイコンで示してくれる財布「WALLOR」” の続きを読む

Macユーザー必見!!青軸低背キーを使ったMacレイアウトのNキーロールオーバー・キーボード「Taptek」

日本ではスマートフォンを使っている方の半分以上がiPhoneで、PCにおいても大きな家電量販店や大学生協でMacを扱っているせいかユーザーは割と多くいるのですが、世界的に見るとAppleユーザーと言うのはごく少数で、ことPCに関して言えば1割弱しかいません。
ですから自ずとMac用の周辺機器は限られ、ことキーボード等はMac専用と謳っているものは極々少数でWindowsレイアウトのキーボードでMacにも対応していますよ的なキーボードが殆どなのですが、今回紹介する「Taptek」と言うキーボードはMacレイアウトの貴重なキーボードで、アプリ等をつ買ってキーレイアウトを変更しなくても使える貴重なキーボードになります。


“Macユーザー必見!!青軸低背キーを使ったMacレイアウトのNキーロールオーバー・キーボード「Taptek」” の続きを読む