イヤホン史上最大!?直径9.6mmのドライバーを内蔵したBluetoothワイヤレスイヤホン「Mugo Pro&Mugo Touch」

イヤホンと言うとワイヤレスイヤホンでも、ワイヤーのついたイヤホンでもシャカシャカと言う音漏れがよく問題になりますが、これはある意味仕方がないと言えます。
小さなイヤホンのドライバー(スピーカー)が出せる音と言うのは周波数の低い音(ドラムやベースetc….)の様な音よりも高い音の方が得意なので、どうしてもリズムを刻む低い音のボリュームは低くなりがちで、それにプラスしてバスや電車と言った乗り物の中や、街中の雑踏の中ではそれら周波数の低いノイズがスピーカーから出力される低い周波数の音をかき消してしまい聞こえなくなるからです。
ですから静かな自宅では小さなボリュームでも聞こえているのに街中に出ると同じボリュームでは聞こえず、仕方なくボリュームを上げると音漏れを起こして周囲の方に音漏れで注意される事になるのです。

ではどうしたらシャカシャカと音漏れのしないイヤホンができるのか?その答えが今回紹介しますBluetoothワイヤレスイヤホン「Mugo Pro&Mugo Touch」にあります。
“イヤホン史上最大!?直径9.6mmのドライバーを内蔵したBluetoothワイヤレスイヤホン「Mugo Pro&Mugo Touch」” の続きを読む

カシャカシャ音が懐かしいUSB-C、Bluetooth、Win&Mac両方で使える84キーフルサイズキーボード「Keychron K2」

今のノートPCにしろデスクトップPCにしろキーボードは薄く軽いと言うのが主流で、キーボードの打撃音(押した時の音)もゲーミング・キーボードは別として、パタパタやペタペタと言った何とも頼りない音しか出なくなっています。
確かにキーボードが静かだと自宅で誰かが側で寝ていても気を付けてそぉ〜とキーを押さなくても済みますし、オフィスでも隣で電話している同僚からキーボードの音がうるさいと注意される事もありません。
ただ20〜30年前からキーボードを使っている方々にとっては昔のガシャンガシャンやカシャカシャと鳴るキーボードは懐かしくまた、指でキーを押し込まないと入力できませんでしたので打っていると言う感覚が非常に良く得られ、それはそれで仕事をしているなぁ〜と言う気にさせてくれるキーボードでした。

そこで今回は、ガシャンガシャンとまでは行かないにしても、カシャカシャと鳴り、キーストロークも深くて押している感覚も存分に得られるWn&Mac両対応のUSB-C接続、Bluetooth接続どちらででも使用可能な84キーフルサイズキーボード「Keychron K2」をご紹介致します。
“カシャカシャ音が懐かしいUSB-C、Bluetooth、Win&Mac両方で使える84キーフルサイズキーボード「Keychron K2」” の続きを読む

熱中症にならない為にリアルに飲んだ分だけを正確にカウントする、ウォーターボトル「Hydrade」

最近は夏が近づくと熱中症を防止する為に盛んにメディアでも水分を小まめに摂取する様に呼びかけたりしますが、1日に一体どれくらいの水分摂取が必要なのかみなさんはご存じでしょうか?
よく1日に2L程度の水分補給は必要と言う事をよく見聞きされるかと思いますが、実際には体重kgに43.6と言う数字をかけた量が1日に最低でも摂取する水分量となります。
例えば体重が50kgの方ですと50×43.6=2,180mLとなり、約2.2Lの水分摂取が必要で、体重65kgになると65×43.6=2,834mLとなり約2.9L、つまり3L程度の水分摂取が必要となり、体重が増えれば増えるほど摂取が必要な水分量は増えて行きます。

そしてその水分摂取を管理するウォーターボトルがいくつも市販さてれいるのですが、一番問題なのが実際に飲んだのか、それとも飲まずに違う用途に使ったのか、流したのかの判別がつかない事です。
一般的なこう言う摂取量を管理するウォーターボトルでは、パイプ(ストロー)内を流れた液体の量を流量計で計測するか、重量を計測する事で減った分の重量を摂取した水分量として積算するか、ボトル内の水面の高さをレーザーセンサーや水位センサーなどで計測して減った分の水分量を積算するのが従来の方式で、これだと実際に口に含んで飲んだのか、それともドリンクを入れ替える為に捨てたのかと言う区別をつける事ができず、リアルな摂取量と言うのは計測できていませんでした。

そこで今回紹介する「Hydrade」は複数のセンサーを組み合わせる事でリアルに摂取した水分だけをカウントする様にした世界初の水分摂取管理ウォーターボトルです。
“熱中症にならない為にリアルに飲んだ分だけを正確にカウントする、ウォーターボトル「Hydrade」” の続きを読む

ドライバー1本で簡単取付!!スマホがなくても解錠できるIoTスマート玄関錠「U-Bolt Pro」

最近はホームセンターや家電量販店でもスマートフォンで操作できる事を売りにしているスマート玄関錠をよく見かけます。
この中でも一番取付が簡単なのがサムターンと言って、ドアの内側についていて鍵を回すハンドルに被せるタイプのスマート玄関錠です。
このタイプのものは被せて両面テープ等で固定するだけなので取付も非常に簡単でドライバーを使った事がないと言う方でも簡単に取り付けられる上に、サムターンの回りがフラット(彫刻が施されてサムターンの回りがデコボコしている様な場合はちょっと厳しいものがありますが)であればメーカー関係なく取付られる事です。

ただ問題はこれら簡単なスマート玄関錠はBluetoothやWi-Fiと言った電波を利用してスマートフォンと通信し合い鍵のロックアンロックを行っていますので、スマートフォンを忘れたり、スマートフォンのバッテリーが切れてしまった時にアンロックできませんし、スマートフォンを持っていない小さな子ども達も当然のことながらアンロックできないと言う事になります。

そこで今回は小さなお子さんがいても安心して使ってもらえ、なおかつ取付が簡単なスマート玄関錠「U-Bolt Pro」をご紹介致します。
“ドライバー1本で簡単取付!!スマホがなくても解錠できるIoTスマート玄関錠「U-Bolt Pro」” の続きを読む

歯の磨き残しが気になる方へ!!今使っている歯ブラシをスマート化する歯ブラシアダプタ「Smartbrush」

堀ちえみさんが舌がんに罹患された事は記憶に新しい所ですが、口の中って鏡を使わないと見えない事もあり、痛み等の症状が出て来た時にはかなり進行しています。
それは虫歯もそうですが、歯周病も同じで、一度悪くなるとなかなか元に戻りませんし、虫歯も1ヶ所で表面を少しだけ削ってレジンで修正して終われば良いのですが、2ヶ所も3ヶ所も虫歯になっていたらそれこれかなりの期間、定期的に歯医者に通わなければなりませんし、費用も長引けば長引くほどかかります。

そこで今回は、今お使いのお気に入りの歯ブラシをスマート化できる歯ブラシアダプタ「Smartbrush」をご紹介致します。
“歯の磨き残しが気になる方へ!!今使っている歯ブラシをスマート化する歯ブラシアダプタ「Smartbrush」” の続きを読む

なかなか寝付けない、そんな夜にそっと枕の下に入れる安眠スピーカー「Dreampad 2.0」

夜なかなか寝付けないと言う事がみなさんにもあるかと思いますが、そう言う時って何か不安な事があったり、イライラとしていたりする事が大半で、中には楽しい事がありワクワクして興奮して眠る事ができないと言う方もおられるでしょう。
そう言う時、心を落ち着ける為に音楽を聴いたりしますが、今回はそう言う夜寝付けない時に心安らかにしてくれるスピーカー「Dreampad 2.0」をご紹介致します。


“なかなか寝付けない、そんな夜にそっと枕の下に入れる安眠スピーカー「Dreampad 2.0」” の続きを読む

物忘れが心配な方へ!!IDやパスワード、そしてクレカの番号を自動入力するセキュア・キー「Hio key」

サイトのIDやパスワード、クレジットカードの番号などをブラウザ(Chrome,Safari,Firefox,Edge)等に記録させておくと、ログインしたり、クレカでショッピングサイトの支払いを行ったりする際にその都度入力しなくても良いのでとても楽ですし、ちょっと長いパスワードを設定してもブラウザが覚えておいてくれますので忘れても安心です。

ただその記憶させたパスワードやクレジットカードはスマートフォンやタブレット、PC内部に記録するタイプのものであれば、自分の持っているそれらデバイスがウィルス等に感染するともれなく流出して大変な目に合うだけでなく、ChromeはGoogleでログインすればもれなくクラウドサーバーでもIDEAやパスワード、そしてクレジットカードの番号を保存していますし、iPhoneやMacで使うSafariもiCloud上に保存しており、万が一これからクラウド上の情報が漏れたりしても大変な事です。

更にたくさんのサイトに登録していると、ついつい覚えるのが大変だとメールアドレスやパスワードを共通にしてしまうと、1つどこかのサイトから漏れるとそれはすぐにブラックサイトに登録され、あなたの登録しているサイトに次々と侵入されて大変な目に合ってしまいます。

そこで今回はそう言う目に合わない様に、全ての秘密情報を1つのタグに記録してしまうセキュア・キー「Hio key」をご紹介致します。


“物忘れが心配な方へ!!IDやパスワード、そしてクレカの番号を自動入力するセキュア・キー「Hio key」” の続きを読む

スマートフォンを使い心音を聞くだけでなく記録する事も可能なBluetoothデジタル聴診器「Stemoscope」

その昔、今の様に検査機器が発達していない頃は医者は聴診器を使い何十分と身体から発せられる音を聞いて病気を見つけました。
それを逆に取れば病気はある程度、体内の音を聞く事で分かると言えますし、私達も日頃から心音を聞いておく事で家族やペットの異常にいち早く気付いてあげる事ができると言えます。

そこで今回は誰もが簡単に使えるデジタル聴診器「Stemoscope」をご紹介致します。


“スマートフォンを使い心音を聞くだけでなく記録する事も可能なBluetoothデジタル聴診器「Stemoscope」” の続きを読む

電卓としてだけでなく、Bluetoothテンキーボードとしても使える「Digit Number Pad」

最近のPCのキーボードと言うとノートPCはもちろんの事、デスクトップPC用のキーボードでもテンキーと言って数字を入力する為のキーがキーボードの右端にないものが殆どで、大量に数字を入力する様な会計処理や統計データの入力作業と行うと言った場合、キーボードの上に1列に並んだ数字キーでは非常に時間がかかりますし、算術記号もシフトキーを押しながらでなければ入力できない等、非常に面倒です。
一方テンキーがあれば、先日終わった確定申告で、山の様な領収書の合計金額を計算する様な時には、テンキーに数字と算術キーが全て集まっており、キーの位置させ覚えれば全くキーを見ずに高速入力が可能だったりと、やはりあった方が便利です。

そこで今回は単独で電卓としても使えるBluetoothテンキーボード「Digit Number Pad」をご紹介致します。


“電卓としてだけでなく、Bluetoothテンキーボードとしても使える「Digit Number Pad」” の続きを読む

精鋭選手のトレーニングにも最適な水中でもクリアなサウンドを楽しむ事ができるワイヤレス骨伝導イヤホン「Zygo」

ジムでトレーニングマシンを使っている時と同じ様に、泳いでいる間も音楽を聴いていたいからと防水タイプのBluetoothイヤホンを買ったのに、いざプールの中に入って泳いでいると音が途切れたり、全く聞こえななかったりと言う事がよく起こります。
これはBluetoothイヤホンの故障や、イヤホンが悪いと言う訳ではなく、元々Bluetooth4.2以前の規格を採用したBluetoothイヤホンは10m程度しか電波は届きませんし、更に水は電波を吸収してしまうからで、耳にはめたBluetoothイヤホンが水に浸かっただけでも電波は途切れます。

ですから潜水艦は無線で通信する時は海面に浮上しますし、敵を探知したり周囲の状況を知る為に空なら電波を使ったレーダーを使いますが、水中では音波を使ったソナーを使うと言う様に、実は泳ぐ時にイヤホンをして楽曲を聴くと言うのは、そう簡単にできる事ではないのです。

更にイヤホンを身に着けた耳の中に水が入ると、これまた水が音を吸収してしまいますので、元の楽曲のサウンドとはかけ離れてしまいます。

そこで水中と言う悪条件でもクリアなサウンドを再生できる骨伝導イヤホン「Zygo」を今回はご紹介致します。


“精鋭選手のトレーニングにも最適な水中でもクリアなサウンドを楽しむ事ができるワイヤレス骨伝導イヤホン「Zygo」” の続きを読む