ANT+に準拠したセンサーと繋がり、走行記録を最大25時間残こせるGPS搭載サイクルコンピュータ「XOSS G+」

サイクルコンピュータとは自転車の走行状態の表示や走行記録を保存する為の表示・記録装置の様なもので、ライダーにとっては不可欠なものです。
一部にはスマートフォンでも変わらないと言う方もおられますが、スマートフォンは常時点灯させているとアッと言う間にバッテリーを消耗してしまいますのでモバイルバッテリーが欠かせなくなりますので、そのモバイルバッテリーの分の重さが加わり総重量が増す事で走行に影響を与えます。

ですからサイクルコンピュータの方が圧倒的にバッテリーの持ちは良くなる様に作ってありますので、移動中のデータを表示したり計測して記録したりするのであればサイクルコンピュータの方がオススメです。

そしてそのサイクルコンピュータは3つのカテゴリーに分けられます。1つ目はエントリークラスで、走行スピード、距離、時間、消費カロリーなどを表示するタイプのもので、価格的には2000円〜1万円程度の幅で売られています。
次にミドルレンジクラスが2番目としてあり、このクラスになるとエントリークラスで表示できる項目にプラスして心拍センサーやケイデンスセンサーのデータを取得して心拍数、回転数(ケイデンス)の表示、またGPSの電波を受信して高度や9軸センサーからのデータを元に斜度などを表示したりする事ができ、価格的には1〜3万円代です。
そして3つ目のハイエンドクラスになるとパワー計やナビゲーション機能が追加されてスマートフォンと同じ様に単独でナビが行える等しますのすので価格はグッと上がり3〜6万程度とかなり高くなります。

そして今回紹介する「XOSS G+」はミドルクラスのサイクルコンピュータなのですが、何と価格は本体だけなあら驚きのエントリークラスの$60と破格なのです。
“ANT+に準拠したセンサーと繋がり、走行記録を最大25時間残こせるGPS搭載サイクルコンピュータ「XOSS G+」” の続きを読む

96時間GPSトラッキングが可能なオールインワン・サイクルコンピュータ「Di-Pro」

サイクルコンピュータと言って自転車にも自動車のメーターの様な表示装置があり、自転車を本格的に始めると欲しいガジェットの1つです。

そのサイクルコンピュータの中でもベーシック的なものは、走行速度や走行距離を表示するだけですが、ちょっと高価なものは気温や湿度、勾配(何度、道路が傾斜しているのか?上りなのか、下りなのか?)なども表示でき、Bluetooth通信モジュールやANT+と言う通信モジュールを搭載する事でケイデンス(ペダルを漕ぐスピード)や、パワーの他、心拍センサーを自分に取り付ける事で心拍と言ったものも表示可能です。

更に高級機種はGPS受信機を内蔵し、どこを走ったかと言うトラッキングデータを記録して、後からパソコン等でその走行データを地図上にプロットする事で走った場所を振り返ったりする事も可能です。

と言う様にサイクルコンピュータにも様々なものがあるのですが、今回紹介する「Di-Pro」はほぼ考えられるデータ全てを表示できるサイクルコンピュータです。


“96時間GPSトラッキングが可能なオールインワン・サイクルコンピュータ「Di-Pro」” の続きを読む

体温で発電し充電不要なスマートウォッチが待望のバージョンアップしてより使い易くなった「MATRIX PowerWatch 2」

スマートウォッチと言えばAppleWatchを連想される方も多いかもしれませんが、世の中にはAppleWatch以外にもたくさんのスマートウォッチがあり、E-Inkディスプレイをいち早く使用しバッテリーの持ちを飛躍的に良くしたFitbitを始め、日本でもSONYやオムロンとメーカーがリリースしており、中国のメーカーと合わせると、かなりの数になります。

そんな中で2年前に注目を集めたのが今回紹介する「MATRIX PowerWatch 2」の前バージョンである”MATRIX PowerWatch”で、この”MATRIX PowerWatch”が注目を集めたのが体温で発電する事でスマートウォッチで一番ネックとなっているバッテリーの持ちの問題を無くしたのです。

ただその”MATRIX PowerWatch”にも問題があり、外気温が34°を超えると発電量が少なくなると言う問題を抱えており、昨年の夏の様に40°を超えるとペルチェ素子と言って温度差で発電する半導体を使っているこの”MATRIX PowerWatch”では発電量が下がりしばしばバッテリー切れを起こすと言う事もありました。

そう言う充電問題を始めとして他の問題を含めてバージョンアップされた「MATRIX PowerWatch 2」を今回はご紹介致します。


“体温で発電し充電不要なスマートウォッチが待望のバージョンアップしてより使い易くなった「MATRIX PowerWatch 2」” の続きを読む

すぐに何処に置いたのか忘れる方必見です!!AR技術を使い置き忘れた場所をアイコンで示してくれる財布「WALLOR」

みなさんはついついどこに置いたのか思い出せなくて困った経験ってありませんでしょうか?
常に置く場所が決まっている方にとって無くすと大変な財布や鍵の様なモノの置いた場所を忘れるなんて信じられない事かもしれませんが、現実的にはよくある話です。
ただ無くしても探す時間があれば良いのですが、時間がなくて出かけなくてはいけないと言う時に鍵や財布がないと言うのは致命的です。

そこで今回は、よく置いた場所を忘れる方にスマートフォンを持って部屋の中を歩き回るだけでスマートフォンで捉えた部屋の様子に置き忘れたモノの場所をAR技術を使いアイコンで指し示してくれる「WALLOR」をご紹介致します。


“すぐに何処に置いたのか忘れる方必見です!!AR技術を使い置き忘れた場所をアイコンで示してくれる財布「WALLOR」” の続きを読む

スマートフォン不要で位置確認だけでなく通話も可能なエマージェンシー・タグ「GoHeart」

これからの季節、冬が来るまでは山へトレッキングやハイキングに出かけるのには絶好の季節ですが、よく言われる様に山の天気は変わりやすく、いくら晴れていても気を付けて気を付けすぎる事はありません。
ですが気を付けていてもアクシデントはつきもので、自分はアクシデントに合わなくても、同行者が行方不明になったり怪我をしたりすると言う可能性は多いにあり、そう言う時に便利な通信デバイス「GoHeart」を今回はご紹介致します。


“スマートフォン不要で位置確認だけでなく通話も可能なエマージェンシー・タグ「GoHeart」” の続きを読む

天体観測を始めるのなら、ワンタップで星の居場所を見つけ映し出してくれる全自動天体望遠鏡「Hiuni」

プラネタリウムやたまたま行った田舎で眺めた夜空に魅了されて天体観測を始める方は多いのですが、天体観測を始めるにあたりどのタイプの天体望遠鏡を買えば良いのでしょうか?

一般的に天体望遠鏡は屈折式と反射式と言う2つの方式に分ける事ができます。屈折式望遠鏡は1本の筒の先に対物レンズ、そしてその反対側に接眼レンズが入っており、望遠鏡の向いている方向と肉眼で見ている方向が同じになりますので初心者でも比較的目的の星を探しやすく追跡し易いと言う特徴を持っています。
一方反射式望遠鏡は接眼レンズが横についており、視線の方向と望遠鏡の対物レンズが向いている方向が90度ズレますので向いている方向の違いで星を探す際に望遠鏡を動かすのに慣れが必要ですが、同じスペックですと屈折式に比べてコンパクトな構造になりますので、車に積んで移動して観察したり、収納場所が狭いと言う様な場合に有利です。

ただ天体観測をするにあたり1つ覚えておかなければならないのは空気が澄んで星が綺麗に見えるのは夏よりも冬の方で、屋外での観測は非常に過酷だと言う事を覚悟しなければなりません。

ですが今回紹介する「Hiuni」であればポカポカの室内や車内から外に設置した「Hiuni」が捉えた夜空の映像を見る事ができるのです。


“天体観測を始めるのなら、ワンタップで星の居場所を見つけ映し出してくれる全自動天体望遠鏡「Hiuni」” の続きを読む

フロント4K、リア1080Pのダブルレンズで駐車中の異常も検出して映像を記録するドライブレコーダー「Letown LT9」

昨年末、”あおり運転”による痛ましい事件を受け、ドライブレコーダーに記録された数々の危険走行の映像が繰り返しテレビでも放映された為か、カー用品ショップをはじめとしてホームセンターや家電量販店でもドライブレコーダーを扱う様になった事で扱っているドライブレコーダーの数も半端ない数があり、買うつもりで行ったのにあまりに数が多すぎて選び切れずに迷って帰って来たと言う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「Letown LT9」と言う、今現在最高画質のドライブレコーダーと共にドライブレコーダーを選ぶ際のポイントを抑えておきたいと思います。


“フロント4K、リア1080Pのダブルレンズで駐車中の異常も検出して映像を記録するドライブレコーダー「Letown LT9」” の続きを読む

お子さんの登下校が心配な親御さんにピッタリな居場所をリアルタイムで追跡する月額料金不要のLoRaWANタグ「Tabs」

年も明けてもうすぐすると進学の季節となり、新たに小学校1年生になる親御さんは子どもさんがちゃんと登下校できるのか?また登下校中に危ない目に合わないか今から心配されている事と思います。
ただそんな登下校も集団登校、集団下校のある学校であったり、携帯電話の所持を認めてくれている学校であれば不安の半分は解消してくれるでしょうが、そうではな自由に登下校する学校だと、その心配は高学年あたりになるまでは尽きませんし、通学路に暗い場所や人気のない場所があるのであれば高学年になっても心配です。

そう言う不安を解消してくれる総合ホームセキュリティーシステム「Tabs」を今回はご紹介致します。


“お子さんの登下校が心配な親御さんにピッタリな居場所をリアルタイムで追跡する月額料金不要のLoRaWANタグ「Tabs」” の続きを読む

見えない身の回りの空気が気になるのなら手軽に大気観測を行う事が可能なワイヤレス観測装置「PocketLab Air」

みなさんは大気汚染について考えた事や家族で話し合った事はありますか?
何年か前には中国から偏西風に乗ってやって来るPM2.5の事がメディア等でも取り上げられ、みなさんも気になってPM2.5の観測状況などを毎日チェックされたかと思いますが、実際の所は大陸からのPM2.5の飛来分もありますが、日本で観測されるPM2.5の殆どは日本国内で発生したもので、自動車の排気ガスや工場や発電所やゴミ焼却場から排出される排煙等にも含まれており、本当に気にするのであれば日々毎日気にする必要がありますし、特に喘息を持っていたりアレルギーを持っているのであれば一番大切なのは自分の周りの環境です。

そこで今回はPM2.5よりも小さい1μmの粒子までも観測できる大気観測装置「PocketLab Air」を今回はご紹介致します。


“見えない身の回りの空気が気になるのなら手軽に大気観測を行う事が可能なワイヤレス観測装置「PocketLab Air」” の続きを読む

世界中どこにいても愛犬の安全と健康を見守ってくれるセルラー通信モジュール搭載のGPSトラッカー「Waggit」

みなさんのご家庭では愛犬が突然どこかに行って帰って来なくてヒヤヒヤしたと言う経験はありませんか?
これがよくある事で2,3日経ったら必ず帰って来る様な愛犬であればそう心配もしなくても良いのかもしれませんが、初めて!!帰らなかったとなるともう心配で心配でたまりません。
だからと言って犬の場合は警察に連絡をしても探してくれるわけでもありませんし、自分達で探すと言ってもこれもまたいつも連れて行っている場所を探すのがせいぜいで、その場所や道中で発見できなければほぼお手上げで、何もかも手つかずになってしまいます。

そう言う万が一に備えてようやく登場したのが今回紹介する愛犬用のGPSトラッカー「Waggit」です。


“世界中どこにいても愛犬の安全と健康を見守ってくれるセルラー通信モジュール搭載のGPSトラッカー「Waggit」” の続きを読む