難しい設定は不要で、ただケーブルをiPhoneやiPadに接続するだけで使えるポケッタブル・LEDプロジェクター「BIJOU Projector」

最近、小型のプロジェクターがよく売れているってご存じですか?
プロジェクターって映像をスクリーンに映すあれでしょ?何に使うの?と思われるかもしれませんが、例えばスマートフォンで撮影した動画や画像を見せたい、ネットで見つけた情報をシェアしたいと言う時に、小型のプロジェクターがあると部屋の壁に映し出して見る事ができますので、ちょっと大勢の友人が集まった時に小さなスマートフォンの画面を大勢で覗き込まなくて済むと言う事が挙げられます。

また寝ながら動画を見たいと言う時もベッドに入り天井に投影してゆっくりと動画を鑑賞する事ができますし、子どもが動画を見たいと言う時もスマートフォンですとスマートフォンに顔をすごく近づけて見ますので、視力が落ちないか気になりますが、壁や天井に大きく投影してやれば近づいて行く事がないので視力が落ちないか心配せずに済みます。

そんな小型のLEDプロジェクターをケーブルでiPoneやiPadに接続するだけで、難しい設定は不要で使える「BIJOU Projector」をご紹介致します。

“難しい設定は不要で、ただケーブルをiPhoneやiPadに接続するだけで使えるポケッタブル・LEDプロジェクター「BIJOU Projector」” の続きを読む

スマートフォンとの連携が優れた800カラーANSIルーメンの最大120インチLEDプロジェクター「Philips PicoPix Max」

最近、家庭用の小型のLEDプロジェクターが流行りなのはご存じでしょうか?
手のひらサイズのプロジェクターはどこへでも持って行けますので、子どもの友達が来た時に小型プロジェクターがあれば、リビングのテレビを占領されずに子ども部屋で大きなモニターでゲームをプレイする事ができたりするので便利です。

ただ、選ぶ際に機器の大きさや、投影する画面サイズの大きさだけで選ぶと失敗の元で、1番重要なのは画面の明るさです。

一般的な電球(ハロゲンランプ)を光源とするプロジェクターは2000〜3000ルーメンかそれ以上の明るさを持っていますので、4〜50人が集まる様な会場で照明を点灯したままプレゼンテーションを行っても問題ありませんが、小型のLEDプロジェクターとなると最大でも40〜50インチサイズ大にしか拡大できなかったり、明るさも3ケタなので遮光カーテンをしっかりと閉めて照明を消さなければ、投影されている映像をしっかりと認識できなかったりもします。

そこで今回は800カラールーメンのLEDプロジェクター「Philips PicoPix Max」をご紹介致します。

“スマートフォンとの連携が優れた800カラーANSIルーメンの最大120インチLEDプロジェクター「Philips PicoPix Max」” の続きを読む

ハーマン・カードン製スピーカーに自動画像調整機能のついたポータブルLEDプロジェクター「MoGo Pro」

最近のプロジェクターは光源にLEDを利用する事で非常にコンパクトになり、モノによっては手のひらサイズのLEDプロジェクターもあり非常に使い易くなった事で今密かなブームにもなっています。

ただコンパクトなものになると今度は設置作業がほぼマニュアルとなる為、画面の画角の調整からピントの調整まで全てマニュアルでやらなければならず、電源ONですぐに見る事ができると言う訳ではありません。

更に小さな筐体ではスピーカーが入ってなかったり、入っていても小さな1Wやそこらのスピーカーしか入っておらず映画等の迫力あるサウンドを再生するには不十分過ぎます。

そこで今回はハーマン・カードン製スピーカーを内蔵し音質にも拘った最大輝度250ANSIルーメン、3D映像の再生も可能なLEDプロジェクター「MoGo Pro」をご紹介致します。
“ハーマン・カードン製スピーカーに自動画像調整機能のついたポータブルLEDプロジェクター「MoGo Pro」” の続きを読む

カリメロの様な可愛いフォルムの卵型プロジェクター「Egger」

子どもにスマートフォンやタブレットを使わせていると言う親御さんもいらっしゃいますが、ブルーライトによる健康被害はご存じでしょうか?ブルーライトはそのエネルギー量が他の赤や緑のLEDと比べると高いので青LEDの光りをダイレクトに長時間眼に入れていると網膜や黄斑部が損傷して加齢黄斑変性(視点の中心部分ではピントが合わなくてモノが歪んで見えたりする一方、周辺は正常に見えるという特徴があります)を引き起こしたりします。眼の疾患なのでお年寄りの病気と思われがちですが、歳を重ねた方はブルーライトではなく紫外線の影響で加齢黄斑変性を引き起こしており、逆にスマートフォンやタブレットを若い時分から使っている方が加齢黄斑変性になればそれは間違いなくブルーライトの影響です。
そしてスマートフォンやタブレットのモニター画面のフィルムやガラスフィルムの中には”ブルーライト・カット”を謳う製品がたくさんある事からもわかる通り、スマートフォンやタブレットのモニターが出すブルーライトはできればカットした方が眼に良いわけで、特に子どもさんの場合、小さければ小さいほどモニターから眼までの距離が近くなり、より離れて見ている大人よりも眼に入るブルーライトのエネルギーは大きくなり今は大丈夫だとしても将来はどうなるかはわかりません。

ですがいきなり眼に悪いから止めなさいと言っても今までずっと使い続けていたものをすぐに使用を止められるワケではありませんし、ちゃんと理由を話しても小さい子どもが納得できるかどうかはわかりません。それなら別な方法でブルーライトを直接浴びない様にする様にしたのがこの「Egger」です。


“カリメロの様な可愛いフォルムの卵型プロジェクター「Egger」” の続きを読む