巻き取り式電源コードで持ち運びも使い勝手も満点な、USB-C PD対応電源の決定版「MARU & MASA」

パソコンを日常的に仕事や勉強と言った事に使う者にとってバッテリー切れは言わば死活問題です。
今では十数時間もの長い時間、バッテリーだけで使えるノートパソコンも出て来ていますが、それは実際の使い方とは乖離しており、エディタで文章を書いたりエクセルに数値を入力するだけならまだしも、CADソフトや映像処理や画像処理ソフトを使った作業をしているとアッと言う間にバッテリーは目に見えて減って行きます。
ですからPCを持ち歩いて仕事をする者にとって電源は言わば生命線とも言えるものだったのですが、これも各メーカーでコネクタの形状や電圧等の違いで借りると言う事が難しいので毎日、重く嵩張る電源アダプタを持ち歩かなければなりませんでした。

ところが各メーカーがUSB-Cと言う規格を採用した事で一気に電源回りの環境が変わりつつあります。まずUSB-Cに対応していれば、最近ではUSB-Cで充電&給電するPCを使っている人も多く、そしてモバイルバッテリーもスマートフォンでUSB-Cを接続コネクタとして採用するものが増えて来てその種類も増えて来ていますので、こちらもちょっと回りを探せば持っている人を見つけるのはたやすくなっています。

ただそうは言っても、1人で街中に出かけた時に確保できるのはコンセントか、昔ながらのUSB電源しか今の所ありません。

そこで今回はスペックを見れば誰もが欲しいと思えるUSB-C PD対応電源とモバイルバッテリー「MARU & MASA」をご紹介致します。


“巻き取り式電源コードで持ち運びも使い勝手も満点な、USB-C PD対応電源の決定版「MARU & MASA」” の続きを読む

車での移動中もケンカする事なく全員のスマートフォンやSwitchが充電可能なUSBシガーソケット電源「X5-Plus」

車で移動する時にスマートフォンを充電すると言うのはごく当たり前になっています。
ですから車にUSBの充電端子が必須となっており、シーガーソケットの代わりにUSBコネクタを備えた車両も増えて来ているのですが、決まってUSB電源のコネクタがあるのは運転席回りで後部座席にはありません。
一方シガーソケットも、昔はタバゴを吸う方が多かったので、セダンタイプの車であれば後部座席用にドアや運転席や助手席の座席の裏、センターコンソールと言った場所に灰皿が必ずあり、タバコに火をつけるためのシガーライター(タバコから煙りが登っているアイコンがプリントされた電熱コイルが内蔵されたものです)が後部座席用にも備えられていたのですが、現在は車の中でタバコを吸う方の人口が年々減っている為にシガープラグも運転席回りにあるかないかです。

となるとシガープラグに差し込むタイプのUSB電源はたいていUSB端子を2個程度しか搭載していませんので、運転席と助手席の人がスマートフォンの充電に使ってしまうと後部座席に座った人は電源を取る場所がなくて充電できないと言う事になります。

そこで今回はUSB電源端子が5個も付属し、後部座席でも電源を取りやすくした車載用USB電源アダプタ「X5-Plus」をご紹介致します。


“車での移動中もケンカする事なく全員のスマートフォンやSwitchが充電可能なUSBシガーソケット電源「X5-Plus」” の続きを読む

PCにも流用できる上に将来のSwitchのバージョンアップに合わせて成長するNintendo Switch用ドッグ「Jumpgate」

2017年3月に発売になったNintendo Switchですが、このNintendo Switchは謎な所が多すぎます。
例えばUSB-C出力です。Switchでは映像出力しか今のところサポートしていませんが、原理的にはUSB-CでSSDやHDDに接続できたりUSB-Cでダイレクトにモニターに接続できたりしますし、USB-Cを従来からあるUSB-Aに変換すればキーボードからマウス、ペンタブレットにプリンターと非常に多くのUSB機器に接続する事ができますが、現状としてはSwitchがどこまでできるのかは不明で、実際はできるのだけれど実装されていない機能や解放されていない機能は山ほどあります。

ですから逆に言えばそれら今はまだ隠されている機能が実装された時にどれだけ便利になるか?が楽しみな所なのですが、そんな将来の拡張に合わせて自らもバージョンアップさせて進化し続ける事のできるNintendo Switch用ドッグ「Jumpgate」を今回はご紹介致します。


“PCにも流用できる上に将来のSwitchのバージョンアップに合わせて成長するNintendo Switch用ドッグ「Jumpgate」” の続きを読む

Nintendo Switchドックまで入れて持ち運べる多機能・大容量キャリングケース「Switch Bag」

Nintendo Switchのキャリングケースと言えばその多くはSwitch本体にコントローラーを取り付けた状態のものと、ゲームソフトのメモリーがいくつか入るソフトケースが大半です。
普通に携帯モードゲームをプレイするのであればSwitch本体だけで良いのですが、集まった仲間で大きなモニターやテレビで”TVモード”でプレイをする場合、Switchを直接テレビに繋げるにはUSB-CからHDMI出力に変換するアダプタが必要となり、それを使うとモノによってはSwitch本体を充電しながらゲームをプレイしたりできず長時間プレイには向いていません。
できればSwitchに付属のドッグを持って行く事ができれば追加の投資も必要なく一番安心して、長時間プレイを行う事ができます。

そこで今回は、Switchを持っていない友人の家等に行き、テレビを借りて”TVモード”でみんなでプレイする事のできるキャリングケース「Switch Bag」をご紹介致します。


“Nintendo Switchドックまで入れて持ち運べる多機能・大容量キャリングケース「Switch Bag」” の続きを読む

SwitchやPCにUSB-Cケーブル1本で接続できる15.6インチ・ポータブルモニター「C-Force」

Switchをテーブルモードでプレイする時、二人なら何とか隣合って画面を覗く事はできても、4人プレイとなるとさすがにきつく、マリオカートなんて画面を4分割されてしまったら、少し離れるとキャラクターが本当に見辛くて細かいキャラクターの操作ができません。
ですから友達の家や屋外、車の中と言った大きなテレビやモニターのない環境でプレイする事が多い方はきっと大きくて、簡単な設定や操作で使え、荷物もそんなに増えないモニターが欲しいときっと思っているはずです!!

そんなみなさんに15インチノートPC同等クラスの15.6インチサイズのポータブルモニター「C-Force」をご紹介致します。


“SwitchやPCにUSB-Cケーブル1本で接続できる15.6インチ・ポータブルモニター「C-Force」” の続きを読む

快適に長時間プレイをする為にバッテリーを内蔵したNintendo Switch用グリップ「Power Case」

”Nintendo Switch”を携帯モード(本体にコントローラーを取り付けて携帯ゲーム機の様にして遊ぶモードです)で遊ぶ時、手の大きな方が長時間、プレイし続けると親指の付け根がだる痛くなって来ると言う事を周囲でよく聞きます。
おそらく携帯ゲームを両手に持ってプレイする時は小指や薬指と親指の付け根(母指球)で挟むスタイルが普通なので、今までの家庭用ゲーム機のコントーラーからすると二回りくらい小さい大きさと、携帯ゲーム機と比較するとダントツの重量が重なり母指球部分に負荷が過大にかかり過ぎる事が原因です。

では手が疲れない様にするにはどの様に工夫すれば良いのか?その答えを実際に形にしたのが今回紹介します「Power Case」です。


“快適に長時間プレイをする為にバッテリーを内蔵したNintendo Switch用グリップ「Power Case」” の続きを読む

ドッグがなくてもTVに繋げて大画面でプレイできる”Nintendo Switch”でも使える多機能USB-Cハブ「Switch-Con」

 まだまだ品薄状態で何時になれば普通の価格で買える様になるのかわからない大人気の”Nintendo Switch”ですが、”Nintendo Switch”の魅力としてWiiやWiiUとは家で自宅のテレビに繋いで大画面でプレイする事もできますし、3DSやPS Vitaの様な携帯ゲーム機の様に外に持って出てプレイする事ができるのが”Nintendo Switch”の魅力の1つでもあります。
 ですが外に持って出るとどうしてもあの小さな6.2インチの液晶画面でしかプレイできず、”マリオカート8″を4人であの小さな4分割された液晶画面でプレイするのってちょっときつくありませんか?そんな時にこの「Switch-Con」があれば、”Nintendo Switchドック”を持って行かなくても”Nintendo Switch”と”Joy-Con”とこの「Switch-Con」さえ持って行けば、友人宅のテレビを借りてみんなでゲームをする事ができるのです!!


“ドッグがなくてもTVに繋げて大画面でプレイできる”Nintendo Switch”でも使える多機能USB-Cハブ「Switch-Con」” の続きを読む