目の付け所がイイネ!!USB-CマルチハブにSSDを内蔵してアッと言う間にメモリーのバックアップも取れる「Signature Pro」

今のMacBook ProやMacBook Airには昔とは違いUSB-Cコネクタしか装備されていませんので、デジタル一眼レフや、ビデオカメラで撮影しSDカードに保存したファイルをPC本体へ取り込んだりする様な時には必ずUSB-Cカードリーダーが必要となります。

ただ最近はUSB-Cマルチハブと言って従来のUSB機器を使う為のUSBハブとして使えるだけでなく、SDカードやmicroSDカードリーター、HDMI出力、オーディオ出力、LAN出力まで装備されたものもあり、1台持っていると昔のMacBook ProやMacBook Airの様に何とでも接続できますので便利です。

そんなUSB-CマルチハブにM2 SSDが入っていれば便利だと思いませんか?
今回はM.2 NVMe SSDが内蔵できるUSB-Cマルチハブ「Signature Pro」をご紹介致します。
“目の付け所がイイネ!!USB-CマルチハブにSSDを内蔵してアッと言う間にメモリーのバックアップも取れる「Signature Pro」” の続きを読む

手のひらサイズの超コンパクトな最大45W出力・電源内蔵USB-Cマルチハブ「PowerPort」

現行のMacBookの様にUSB-Cを採用したノートPCにはUSB-C以外の接続コネクタやスロットが殆どありません。
その理由の1つにはUSB-Cと言うインタフェースの規格がマルチにあらゆる事をこなせる様に設計されているからでもあります。

例えばUSB接続のHDDを挙げると、3.5インチの外付けHDD等は必ず電源アダプタが付属しており電源はコンセントから供給する必要がありましたが、USB-CはPCの仕様にもよりますが基本的にはUSB-C PD(Power Deliver)にPCのUSB-Cコネクタが対応していれば、3.5インチの外付けHDDにUSB-Cケーブル1本でデータのやり取りも、PCからの電源供給も行う事ができるのです。

またそれはモニター等も同じで、USB-Cで接続できれば、前述した外付けHDDの様にケーブル1本でPCと繋げて表示される事ができるのです。

ただ古くから使っているUSB機器は変換ケーブルをつかわなければ接続できませんし、MacBook Airの様にUSB-Cのポートが2ポートしかなければ今回紹介する様なUSB-Cマルチハブを使わなければ、たくさんの機器を一度にPCに接続する事はできません。

そんな必要不可欠なUSB-Cマルチハブに電源を内蔵した「PowerPort」を今回はご紹介致します。

“手のひらサイズの超コンパクトな最大45W出力・電源内蔵USB-Cマルチハブ「PowerPort」” の続きを読む

ルーター機能が見逃せない!!出張に持って行くと超便利なUSB-Cマルチハブ「FINALHUB」

USB-Cマルチハブの機能と言えば、USB機器(USBメモリやUSBキーボード、USBマウス等)の接続とカードリーダー、HDMI出力等がついているものが一般的です。
これはUSB-Cインタフェースを採用したパソコンが、薄型化する為にカードリーダーやディスプレイ出力等を省いた事によって生まれたもので、現行のMacBookシリーズはUSB-Cしか外部インタフェースはありませんので、従来使って来た周辺機器を利用するにはこう言った多機能なUSB-Cマルチハブが欠かせません。

一方、USB-Cマルチハブにも差別化を図るためかちょっとずつ他の製品とは違った機能を搭載するものが出て来ており、今回紹介しますUSB-Cマルチハブ「FINALHUB」は、かなり変わってはいるのですが実用性・利便性は非常に高いのでご紹介させて頂きます。
“ルーター機能が見逃せない!!出張に持って行くと超便利なUSB-Cマルチハブ「FINALHUB」” の続きを読む

Qiワイヤレス充電機能にUSB-C電源機能も合わせて持った本当の意味でのUSB-Cマルチハブ「NoirHub」

ノートPCが先行して採用したUSB-Cと言うインタフェース規格は、今ではデスクトップPCにも取り入れられ、スマートフォンやiPadにまで広がっています。
その一番の要因はUSB-Cと言うのは高速でデータを転送できるだけでなく、給電(充電)も同時に行え、映像や音声の出力、有線でのインターネットへの接続インタフェースなどを本体に備えなくても、USB-C接続可能な変換アダプタや今回紹介する様なマルチハブと言うインタフェースを利用する事で何でも接続できる事です。

しかも今まではWindowsやMac、AndroidやiPhoneと言ったそれぞれのデバイスに対応した別々のアダプタを用意しなければならなかったのものが共通して使えるだけでなく、Nintendo Switchの様なゲーム専用機でも使えますので、お財布にも優しいのです。

その便利さを更に進化させたUSB-Cマルチハブ「NoirHub」を今回はご紹介させて頂きます。
“Qiワイヤレス充電機能にUSB-C電源機能も合わせて持った本当の意味でのUSB-Cマルチハブ「NoirHub」” の続きを読む

最新のiPad Proに引っ掛けて使えるので邪魔にならないUSB-Cマルチハブ「BoltHub」

最新のiPad Proは従来ずっと採用され続けて来たLightningコネクタからUSB-Cコネクタへと変更された事で、市販のUSB-Cマルチハブを使えば一度にたくさんのUSB機器を接続できる様になったのは最新のiPad Proユーザーであれば周知の事実です。

今までならHDMI入力のあるディスプレイに接続する、USB接続しか方法がないプリンターで印刷する、USBメモリーにデータを移動させる、デジカメのmicroSDカードからデータをiPadに取り込むと言った作業になるとそれぞれ専用のアダプタが必要で、外出先でそれらアダプタが必要な作業があれば、かなりたくさんの荷物を持ち歩かなくてはいけませんでした。

ですがUSB-CになりUSB-Cマルチハブがあれば、そのUSB-Cマルチハブがあればメモリーからデータを取り込め、USB機器にも接続でき、HDMIでモニターにも接続できたりと非常に使い勝手が良いのですが、唯一の欠点はその構造です。

一般的なUSB-CマルチハブはダイレクトにUSB-Cコネクタに差し込むタイプか、マルチハブに直付けされたUSB-Cケーブルで接続するかのどちらかで、USB-C直差しタイプはHDMIケーブルにUSB-C充電ケーブル、そしてもう1本USBキーボードなどを差し込むみiPad Proをスタンドで立てた状態で使用するとiPad Proに直差ししているUSB-Cコネクタにケーブルの重みによる多大な負荷がかかりUSB-Cコネクタが折れてしまう例も。
またケーブルで接続するタイプもPCで使う事を前提に作られていますので、長くてもケーブルは10cm程度しかなく、そうなると立てたiPad Proにぶら下がり、こちらも同じ様にUSB-Cコネクタに負担がかかり壊れる事も考えられます。

そこで今回はiPad Proの構造を考えて作られたiPad Pro専用のUBS-Cマルチハブ「BoltHub」をご紹介致します。
“最新のiPad Proに引っ掛けて使えるので邪魔にならないUSB-Cマルチハブ「BoltHub」” の続きを読む

デスクトップが狭い場合に有効な、MacBook Pro用カバーとUSBマルチハブとが融合した「Caramel Cover」

2016年末にTouchBarと共に登場したMacBook Proは、インタフェース端子がThunderbolt 3対応のUSB-C端子のみとなり、今まで搭載されていたUSB-AコネクタやSDカードリーダー等も一切なくなりました。
その為にUSB接続のHDDやDVDドライブ、USBメモリ等は変換コネクタやUSBハブを使わなければ接続すらできなくなりましたし、SDカードもカードリーダーをUSBハブ経由で接続するなどしなければならず、MacBookを買い換えた事によりPC本体に加えて周辺機器も揃えなくてはならなくなりました。

ただ、すぐにUSBマルチハブと言ってUSB-A端子の他にSDカードリーダーや、USB-Cの特性を生かしてHDMI端子、Eathernetコネクタ等を備えたものが出て来て、USBマルチハブを買えば、様々な機器を揃えなくて良く、また持ち運ぶ時の荷物もUSBマルチハブだけで済むので嵩張らずに済みます。

そんなUSBマルチハブとPCカバーを一体化させたのが今回紹介する「Caramel Cover」です。
“デスクトップが狭い場合に有効な、MacBook Pro用カバーとUSBマルチハブとが融合した「Caramel Cover」” の続きを読む

これ1つでモニターにも繋がりSDカードから画像も取り込める最新iPad Proユーザー必見のUSB-Cマルチハブ「Miizer」

最新のiPad Proh従来までiPadに使用されていた外部接続のコネクタをLightningと言う規格からUSB-Cと言う規格に変更されました。
これにより古いLightningコネクタを利用した様々な変換ケーブルが一斉に使えなくなったのですが、逆に言うとたくさんの変換ケーブルを持たなくても新しいUSB-Cコネクタを採用したMacBookを利用しUSB-Cマルチハブを持っておられる方なら最新のiPad Proにも流用できますので逆に荷物が減って良くなったのではないでしょうか?

ただMacBookを持っておらずUSB-Cマルチハブを持っておられない方にはたくさんあるUSB-Cハブから何を選べば良いのか悩んでおられるはず。
そこで、iPadの他にiPhoneやAppleWatchをお使いなら是非ともご紹介したいUSB-Cマルチハブ「Miizer」を今回はご紹介致します。
“これ1つでモニターにも繋がりSDカードから画像も取り込める最新iPad Proユーザー必見のUSB-Cマルチハブ「Miizer」” の続きを読む

机の上をスッキリと!!Qiワイヤレス充電台付きUSB-Cハブ・ステーショナリーオーガナイザー「STEALTHO ORGANIZER」

整理整頓されたデスクと言うのはとても気持ちの良いものですが、なかなか仕事で使うデスクをシステマティックに綺麗に整理整頓させる事のできるオーガナイザー(まとめるもの)ってありません。
多少、ディスプレイスタンドにUSBハブが付属した様なものや、ステーショナリーを収納するものはあっても、メインでノートPCを使っている方が使えるオーガーナイザーと言うものはなかなかありません。

特にノートPCは一度にカードリーダーやUSBハブ、電源アダプタ等をデスクの上に乗せるとケーブルや周辺機器で机の上がどうしてもゴチャゴチャとしてしてしまい、マウスが使い辛くなったりします。

そこで今回はノートPCをデスクの上に取り出して仕事を始めても、ノートPC以外は出さなくても良いステーショナリーオーガナイザー「STEALTHO ORGANIZER」をご紹介致します。


“机の上をスッキリと!!Qiワイヤレス充電台付きUSB-Cハブ・ステーショナリーオーガナイザー「STEALTHO ORGANIZER」” の続きを読む

USB-Cマルチハブと合体したAndroidスマートフォン用充電ドッグ「NuDock」

今のスマートフォンは非常に高性能で、その性能は4〜5年前のゲーミングPCと同等かそれ以上です。
それもあってか最近の大学生のパソコンの所有率は非常に低く、理系の学生でも50%は持っていない大学もあります。
それはPCの使い方として情報を検索するか、レポートを書くと言った事しかないからで、それならスマートフォンにWordやExcel、PowerPointをインストールすればPCは不要ですし、Googleドキュメントの様なクラウドサービスを利用すると言った手もあります。

ただスマホの画面の小ささだけは何ともなりませんので、今回はスマホスタンドにもなるUSB-Cマルチハブ「NuDock」をご紹介致します。


“USB-Cマルチハブと合体したAndroidスマートフォン用充電ドッグ「NuDock」” の続きを読む

どうせなら1つにまとめた方が便利でしょ!!USB-Cマルチハブと充電用電源が合体した「Nestling」

2016年末に大幅にリニューアルされたMacBook ProではそれまでMacBookに備わっていたUSB-A端子やカードリーダー、そして電源コネクタのMagSafeのどれもがなくなりUSB-Cと言う新しい規格のコネクタになりました。
その為にずっと使い続けて来たUSB周辺機器を使ったり、デジカメから抜いたSDカードの中のファイルを取り込もうとすると、USB-CとUSB-Aを変換するアダプタや、USB-Cマルチハブをその都度MacBookに接続しなければならず、デジカメのSDカードもカードリーダーを新たに購入したりと非常に不便を強いられ、それが今も続いています。

更に外出時には充電の為の電源アダプタを持たなければならず、USB-Cハブと合わせると以前よりも荷物が増えましたが、LightningコネクタからUSB-Cコネクタへと変更になった新しいiPad Proを一緒に持ち歩く方にとってはiPadで使う様々は変換アダプタを持ち歩く必要がなくなり、総合的に見ると持ち歩く荷物が減りました。

そして今回紹介する「Nestling」は更にその荷物を減らしてしまいます!!


“どうせなら1つにまとめた方が便利でしょ!!USB-Cマルチハブと充電用電源が合体した「Nestling」” の続きを読む