Home > 生活 > おもちゃ

おもちゃ Archive

外観を損ねないで自由に設計できるレゴ用ワイヤレスLEDブロック「i-Brix」

 レゴブロックで作った造形物をただ飾るだけではなく、LEDで光らせたいと思った事ってありませんか?例えば家であれば街灯や窓の中にLEDを仕込んで光らせるだとか、車ならヘッドライトにLEDを入れるだとか、ちょっと光らせるだけでガラッと雰囲気は変わりますし、また同じ物でも光るだけで良く見える事ってよくあります。

 ただ今までもレゴ純正ではなくサードパーティー製のLEDを内蔵したブロックって結構な種類が発売されているのですが、LEDを光らせる為には電気が必要です。その電気をLEDに送るにはブロックの中に電池を内蔵させるか、そうかケーブルを電池BOXや電源ユニットまで引っ張って来なければならず、このケーブルを隠すのに皆さんレゴに穴を開けて加工したりだとか色々工夫をされて作られているのですが、それでもブロックの組み方によってはどうしてもケーブルをうまく隠せずに露出する事もあり、それが悩ましい所なのです。

 その悩ましいケーブル問題を一気に解消してくれるのがこのワイヤレスLEDブロック「i-Brix」です。

全文を読む

たった4秒で固まる接着剤!!UVレジンなので臭いもせず欠けたものも綺麗に補修できる「BondicEVO™」

 ”レジンジュエリー”と言う言葉は聞かれた事はありますか?大手100円均一ショップが自社ブランドとして”UVレジン(紫外線によって液体から個体い変化する合成樹脂)”とジュエリー製作に使う可愛い材料を売り出した頃から人気が出始め、誰もがネットオークションやフリマアプリ等で簡単に販売できる事から、そう言うのを見た多くの方がレジンジュエリーに興味を持ち、そしてDIYする様になり、参考本のたくさんリリースされて今や密かなブームになっています。
 では昔は”UVレジン”はなかったのかと言いますと歯科では虫歯治療で削った歯の詰め物や欠けた歯の補修材料としてかなり以前から使われていましたし、ホビーではもっぱら昆虫の標本を樹脂で固めると言った様な用途に使われていたのですが、昔のレジンは固まるのに時間がかかった為に複雑な立体的な形状のアクセサリーを作るには固まるまでに樹脂が垂れて流れたりして、造形するには向いていなかったのですが、高出力な紫外線LEDライトが出て来たのと、UVレジンの材料の改良で早く固まる近年なったのでレジンジュエリーと言うものが作れる様になりました。

 そして今回紹介する「BondicEVO™」は”Bondic社”が既に販売している4秒で固まるレジン接着剤が使えるガンタイプのアダプターです。

全文を読む

これ1本で2種類の色のフィラメントが使えるデュアルヘッド3Dペン「Scribbler DUO」

 ”3Dペン”と言うジャンルのホビーアートペンをご存じですか?
 昨年末のクリスマス商戦あたりからネット通販はもとより、大手家電量販店や大手おもちゃショップのチェーン店でも取り合うように様になりましたので、子どもさんにクリスマスプレゼントとして買われたと言う方もおられるのではないでしょうか?
 では”3Dペン”をご存じない方に”3Dペン”とはどう言うものなのかを説明しますと、グルーガン(ホットボンド)と言う、グルースティックと言う棒状の接着剤!?を熱で溶かして色々なものを接着する道具がありますが、そのグルースティックと言う接着剤を3Dプリンターで使われているフィラメント(樹脂で作られたロープ)に置き換え、フィラメントを溶かしてペン先から送り出す事で溶けた樹脂で色々な形や模様を描く事ができるですが、絵の具だと紙の上に2次元でしか描く事しかできませんが、この3Dペンで送り出されたフィラメントと言う樹脂は加熱されてドロドロになった状態で送り出されてもすぐに固まってしまいますので平面的にだけではなく立体的にも描く事ができますので、例えば絵の具で車の絵を画用紙に描いたのではその絵は飾る以外に何もできませんが、3Dペンで立体的に車を作れば、その車を走らせて遊ぶ事も可能ですので、PCにも機械にも詳しくなく苦手で3Dプリンターに興味はあるけどハードルが高すぎて手が出ない&出してもおそらく使いこなせないと言う方でも手動で簡単に頑張れば3Dプリンターと同じ様なものが作れる事から注目されている創造性も豊かに育つ新しいガジェットです。

全文を読む

ホーム > 生活 > おもちゃ

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。