Home > 生活 > おもちゃ

おもちゃ Archive

リアルに戦いながらポイントを貯めてバージョンアップできるスマホ向け格闘ゲーム「Jabii」

 小学生がお友達の家に集まって何も喋らないまま黙々と携帯ゲーム機やスマートフォンを持ってゲームをしている姿を見ると”ちょっとは外で体でも動かして遊んで来てはどう?”と言いたくなりますが、最近では昔の様に自由に遊べる空き地もなく、公園にしても子供たちだけで安心して遊ばせる事ができる公園が地域には全くないと言う地域もありますから家の中でゲームをするのも仕方ないと言えば仕方ない事なのですが、できる事ならば外で伸び伸びと体を動かして遊んでもらえた方が親として安心する事ができます。

 ですが体を使って遊ぶと言っても、ボールを使った球技は周りに迷惑をかけますし、”鬼ごっこ”や”だるまさんがころんだ”なんて遊びを高学年がやってくれるとは思えませんし、かと言って子供たちが熱中して時間を忘れて遊ぶ遊びなんてなかなか思いつきもしませんが、この格闘技ゲーム「Jabii」なら継続して熱中して体を動かして遊んでくれるのではないでしょうか?

全文を読む

最高スピード時速40kmで疾走するホバークラフトラジコン•キット「Strawbees Hovercraft」

 ラジコンを初めて買ってもらって嬉しくて嬉しくてすぐに外に出て飛ばしたり走らせたりしたはいいものの、墜落させたりコンクリートブロック塀にぶつけたりするなんて事はよくある事ですし、操縦に慣れないウチはよくクラッシュさせてしまうものです。
 そこで何度クラッシュさせても壊れなければいいのですが、市販の完成されたラジコンのボディーの多くはABS樹脂等で作られていますのでカーボンや金属で作られたラジコンと比べてれば強度もそれなりですし、壊れたからと言って補修部品が売られているわけでもなく、接着剤やホットボンドやレジンで補修したとしても強度はあまりないので、クラッシュさせるとすぐに破損してしまって遊べなくなってしまいます。

 だからと言って当てるなだとかクラッシュさせるななんて事を子供に言っても慣れるまでは当てたり落としたりするものですし、逆にそれを喜んで楽しむ子供もいます。そう言う、クラッシュ大好きな子どもたちが壊れる事を気にせずに遊ぶ事ができるラジコンがこのホバークラフトラジコン「Strawbees Hovercraft」です。

全文を読む

最大深度約40mまで潜行可能な推力8.83lbfの電動水中スクーター「WhiteShark MIX」

 水中スクーターってご存知でしょうか?原付バイクの様に人が乗れる様な形状をした乗り物ではなく、手に持てるサイズのスクリューの回転によって推力を得て自ら泳がなくても自由に水中の中を移動できる移動手段の事です。これを使用するとフィンをつけて泳ぐよりも早く移動できるばかりか、水中スクーターが水中の中で引っ張って行ってくれますので、水中の移動が非常に楽ですし、潜水する際も水中モーターを海底に向けておけば海中へ引っ張り込んでくれますので、腰にウエイトを巻かなくてもグイグイと水中へと連れて行ってくれますので、浮上する時も水中スクーターを海面い向けるかスイッチを切れば浮力で素早く上がって来れますので、素潜りの苦手な人やなかなか息が続かなくて海底まではたどり着けないと言う様な方でも簡単に潜る事ができますので、特にマリンレジャーに持って行けば行動範囲が広がって今まで経験した事のない世界を体験する事ができます。

 ですが1つ問題があって、子供にはなかなか使い辛いガジェットでもあるのです。と言いますのもモノには浮力があります。比重が海水や真水よりも重ければそのガジェットは水の中に沈み込みますし逆に軽ければ浮き上がるのですが、これが水中スクーターを操作し辛いものにしているのです。と言いますので比重が海水や真水よりも重いと言う事は何もしなければ沈みますのでモーターを動かしていない時は水中モーターと自らの体の浮力が海水の比重よりも重ければ自然と沈んで行きますから、何もしなければ沈んで行きますので、常にモーターを回して海面へ向かい様に操縦していなくてはいけませんし、水中スクーターのバッテリーが切れたらそれこそ水中スクーターを持って一生懸命泳いで浮かび上がらないと沈んでしまいますから大変です。
 逆に比重よりも軽い水中スクーターは何も動かさなければ海面へと浮かび上がって行きますので海底に沈めて紛失してしまう事はありませんが、モーターを回さない状態ですと浮かび上がってしまいますので、海底に止まってその場所の様子をじっくり観察したいと言う時は浮かび上がる水中スクーターを引き戻してその場にいなければなりませんので、ゆっくりと水中観察している所ではありません。

 と言う様に大人でも扱いに苦労する水中スクーターが水中スクーターの必要性の高い子供では更に扱い辛いものに今のホビー用の水中スクーターはなっているのですが、この「WhiteShark MIX」は”ゼロ浮力設計”していますので子供にも簡単に扱えう事ができる水中スクーターなのです。

全文を読む

ホーム > 生活 > おもちゃ

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。