Home > 生活 > おもちゃ

おもちゃ Archive

狭いお部屋でもコンパクトに折り畳んで収納可能な壊れないキッズハウス「Accordion Play House」

 小さい子ってどうしてあんなにダンボールが好きなの?って思う事ってありませんか?
 荷物が届いてそれが自分が入れるサイズのダンボールであれば(入れないサイズでも)、とりあえず入ってみたくなるのが小さい子供たちです。それ以外にも洗濯物かごであるとか、おもちゃ箱や押入れ,クローゼットと言った狭く閉鎖された空間が事の他好きですが、これは胎内回帰感と言ってお母さんのお腹の中にいた状況と似た場所、ふる里へ帰る様な感覚があるからだとも言われていますし、子供のインフォメーションシーカーとしての探究心から来るものだとも言われています。

 ただどちらにしても子供と言うのはダンボール好きで、そのダンボールで家を作ってあげれば子供はもう大喜びです。ですがここで1つ問題があります。一般的な日本の狭い住宅事情において使っていない部屋があればいいのですが、なかなかそんな使っていない部屋など田舎の実家へ行かないとありませんし、都会のマンションではダンボールハウスを作った後はどうやって収納しておこうかと悩みの種が1つ増えますし、なおかつ使っていれば徐々にダンボールは裂けて行きゴミとなるのが最終的な運命です。それがタダの梱包用のダンボールであれば何とも思いませんがお金を出して買ったダンボールハウスなら勿体無いですよね。

 そんな日本の住宅事情と壊れやすいと言うダンボールハウスの欠点をある構造と材料を採用する事で全てを解決したのがこのキッズハウス「Accordion Play House」です。

全文を読む

4歳から99歳までエイジレスなプログラミング学習ロボット「Root」

 今までは一部の私立小学校等では行われていたスクラッチ等を使ったプログラミングが2020年から必修化されるからと巷ではプログラミング教室の開講ラッシュが相次いでいますが、高校も理系の学科を選択するか大学も理系を選ばない限りプログラミングなんて普通の方には全く縁のないものですからどう言うものかも分かりませんし将来役に立つのかと言うと理科や社会と同じで実社会で役に立つかどうかはどう言う仕事に就くかで変わってきますが、どちらにしても高校までプログラミングは必須化ですから理解できないまま放置していくわけにも行きませんから、将来の為に今から家庭で準備していきましょう‼︎と言うのにピッタリな親子で遊びの中から自然とプログラミングを見につけて行くことができる教材がこの「Root」です。

全文を読む

ゲームを楽しみながら29もの骨格筋が鍛えられる筋力トレーニングマシン「STEALTH」

 何をやっても長続きしない原因は何か?と言われたらあなたならどう答えますか?何かをやろうとした時にその行動に対して目標設定ができ、その目標が自分にとってメリットがあるのかないのかで達成できるか否かが決定されると言っても過言ではありません。人間はよほどできた人でない限り、損得勘定で動きますから、それが自分にとって損か得かで大人も子どもも動きます。例えば子どもに”勉強をしなさい”と言っても勉強をする事が嫌いな子どもにとって”勉強する事=損する事”と言う方程式が出来上がってしまっていますからなかなか勉強したがりませんが、勉強ができたらお小遣いをあげる、とか何か買ってあげると言えば”勉強する事=得する事”に方程式が変わり、頑張って勉強をやります。
 それはダイエットも同じで順調に体重が減って行けばダイエットは体重を減らす事が目的・目標ですから順調に目的を達成できているウチは体重を減らす行為が楽しくて仕方ありませんが、勉強と同じで停滞期を迎えた時に一向に減らない体重を見てモチベーションを維持できるかがダイエットが成功するかの鍵を握りるのですが、誰かに監視されないで一人で行っている場合、モチベーションを維持するだけでも大変なものです。そこでこのトレーニングマシン「STEALTH」は”誤魔化す”と言う手法であっという間に1日のトレーニングを終える事ができますから、トレーニングをしていると言う意識をしないままダイエットや筋力トレーニングを行う事ができます。

全文を読む

ホーム > 生活 > おもちゃ

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。