身体が固まらない様に寝返りを打つ事ができる、床がフルフラットになったハンモックテント「Haven Tent」

みなさんはハンモックテントと言う、あの木に吊して寝転んで休む時に使う布と、テントの機能が合わさったものがあるのはご存じでしょうか?
ハンモックテントの利点は3つあります。
1つは地面の上に敷かないので地面が熱かったり冷えていたりしてもその影響を受けないと言う事と、大雨が降っても浸水の心配がない事です。
そして2つ目としては最近多い、イノシシやクマと言った害獣対策で、近くでイノシシやクマが出たなんて情報があると夜中にテントの中に忍び込んで来やしないかとなかなか眠れませんが、少なくともかなり高い位置にハンモックテントを張ればイノシシが突っ込んで来る事はありませんしクマにしてもちょっと離れた場所にBBQの残りでも置いてやればそちらに気が向いて襲って来る心配も減るでしょう。

そして3つ目が片付けが簡単な事です。雨が降ればテントもハンモックテントもあまり変わりはしませんが、地面にテントを張ると晴れていても地面の湿気でテントの底が濡れてしまいますので、それを乾かしてからでないと畳めません(畳んでも良いのですが、結果として後からまた干し直す事になりますので)が、ハンモックテントは空中ですからそう言う濡れると言う事がないので片付けがとても楽な事が挙げられます。

そこで今回はそんなハンモックテント「Haven Tent」をご紹介致します。
“身体が固まらない様に寝返りを打つ事ができる、床がフルフラットになったハンモックテント「Haven Tent」” の続きを読む

毎日たった15分横になるだけで、身体がスゥ〜っと軽くなる、マッサージマットレス「GoRelax」

腰や肩や首が痛い時に叩いたり揉んだり摩ったりするとスゥ〜っと傷みが消えて行きますが、これって全て血液循環が関係しているってご存じでしたか?
いわゆる筋肉のコリは筋肉の収縮(拘縮)によって出て来る症状なのですが、筋肉が疲労すると硬くなり、筋肉の中を通っている血管や筋肉を取り巻く様に流れている血管が硬くなった筋肉によって圧迫を受けます。
そうすると血液循環が悪くなり、筋肉へ酸素や糖と言った筋肉が活動する為に必要なものが十分に供給されなくなる事から、血液循環の悪くなった血管が発痛物質と言って痛みを感じさせる物質を分泌させて脳へと警告するのです。
それにより私達は血液循環を促進させる為に叩いたり揉んだり摩ったり、運動をして血液循環を元に戻そうとするのです。

それを今回は、ただ寝そべるだけで血液循環を改善して身体を軽くリラックスさせてくれるマッサージマットレス「GoRelax」をご紹介いたします。
“毎日たった15分横になるだけで、身体がスゥ〜っと軽くなる、マッサージマットレス「GoRelax」” の続きを読む

是非ともこの暑い時期に使って欲しい、涼しくて清潔な抗菌・消臭・低反発枕「Alpha™ Pillow」

みなさんは枕の洗濯ってどれくらいの頻度でしていますか?
もしかして枕カバーだけ洗って枕本体は洗っていないなんて事はありませんよね。もしそうだとすると、めっちゃ汚いかもしれませんよ。

と言うのも頭皮から分泌された皮脂や汗はまずは枕カバーに吸収されますが、枕カバーを外して洗わないでいるとそれら汗や皮脂は枕カバーを通り抜けて枕本体に染み込んで行きます。

そしてその皮脂や汗が染み込んだ枕本体を洗わないでいるとどうなるのかと言いますと、その皮脂や汗を餌として人体に影響を及ぼしたり、異臭を放つバクテリア等の雑菌の増殖を手助けする事になります。

ですが今夏の様に35°や40°と言った晴天で気温が高い天気でなければ、なかなか乾きませんのでなかなか枕って洗えませんよね。

そこで今回は、雑菌が繁殖しない3つの工夫が施された低反発枕「Alpha™ Pillow」をご紹介いたします。
“是非ともこの暑い時期に使って欲しい、涼しくて清潔な抗菌・消臭・低反発枕「Alpha™ Pillow」” の続きを読む

愛猫が気に入ること間違いなし!!ゴロゴロすると背中もかけちゃう、爪とぎベッド「KATRIS Nest」

ネコは定期的に爪を切っていても本能的に爪を研ぐ習慣があるのか、爪とぎをちゃんと用意しておいてやらないと部屋中の壁や床を爪で引っ掻いて大変な事になります。
そこでみなさんがよく爪とぎに使われるのがダンボールです。ダンボールを5cm幅くらいで細長く切り、バームクーヘンの様に丸めたら1円もかからずに爪とぎを作る事ができるのですが、ダンボールもペラペラのダンボールだとすぐにボロボロになり、その飛び散ったダンボールの破片が部屋に散らかるのが難点です。

そしてもう1つみなさんがよくされるのが100均で販売されているジョイントマットです。100円(+税)なので、0円ではないですが、市販の強化ダンボールで作られた高価な爪とぎマットと比べたらとても安上がりです。

そんな爪とぎマットを拡張して丸まって寝る事もできるベッドにしただけでなく、ゴロゴロして背中もかける様にした「KATRIS Nest」を今回はご紹介致します。
“愛猫が気に入ること間違いなし!!ゴロゴロすると背中もかけちゃう、爪とぎベッド「KATRIS Nest」” の続きを読む

手足を入れる事ができるポケットが特に超魅力的な、超軽量トラベルブランケット「The Layover」

冷房が苦手な方にとって直接空調機の冷たい風が当たるのって耐えられませんが、移動中の乗り物って飛行機でも夜行バスでも電車でも、自分に当たっている風は吹き出し口を絞ったり吹き出しの方向を変える事で何とかなりますが、どこかに当たって跳ね返った風まではどうしようもないですよね。

そこでブランケットが欠かせない訳ですが、最近のブランケットはユニクロのダウンジャケットの様に薄くても超暖かいものがたくさんあり、コンパクトに折り畳んで持ち運べるのでとても便利です。

ただ残念ながら座った状態でブランケットをかけても風を遮る事ができるのは前だけで、足下の後ろから吹き込む風だけは何ともなりませんし、足にブランケット巻き付けて足で挟んだとしても力を入れ続けていなければ開けますし、ジッパーやホックで留められるタイプのものでも足下の隙間から入り込んで吹き上げて来る風はどうしようもできません。

そこで今回はそう言う隙間から吹き込む風も完全にシャットアウトできるトラベルブランケット「The Layover」をご紹介致します。
“手足を入れる事ができるポケットが特に超魅力的な、超軽量トラベルブランケット「The Layover」” の続きを読む

寝やすさ、そして寝心地、寝た時の身体への負担をトータルに考えたエルゴノミックデザイン枕「Comfy Night」

枕なんかなくても寝られる、どの様な枕でも寝られると言う方もおられれば、枕の高さがちょっとでも変わると寝られないと言う方もおられます。
ただ街中でオーダーメイド枕のショップをよく見かけると言う事はおそらく枕で悩まされておられる方の方が多いのに違いありません。

そこで今回は最近少しずつ増えて来たスロープタイプの横向き寝にも最適なエルゴノミックデザイン枕「Comfy Night」をご紹介致します。
“寝やすさ、そして寝心地、寝た時の身体への負担をトータルに考えたエルゴノミックデザイン枕「Comfy Night」” の続きを読む

非対称構造といつまでも縮まないマイクロファイバーで快適な眠りをずっとサポートする健康枕「Dullo」

”眠ること”は健康な身体を維持する事にとって必要不可欠な事です。
人は眠る事で成長ホルモンの分泌が活性化され、そしてマクロファージを始めとしたいわゆる免疫細胞が身体の中の悪い部分を修復して行きますので、眠らない事には身体の疲れは取れませんし、身体の悪い部分・壊れた部分の修復も行いません。

ですから寝る事は人間にとって生きて行く上でとても重要な事なのですが、中には寝具でずっと悩まされていると言う方も少なくありません。

ただ寝具も使用し続けていると固くなったり凹んだりと言った劣化もさる事ながら、体調によっても柔らかいフワフワの布団がよかったに、硬めの布団が良くなったり、低くて硬い枕がよかったのに、高くてフカフカの枕が良くなったりと、日々の体調によって求めるものは誰もが違って行くものなのです。
そこで今回は寝具の1つである枕を日々の体調に合わせて変える事のできる「Dullo」をご紹介致します。
“非対称構造といつまでも縮まないマイクロファイバーで快適な眠りをずっとサポートする健康枕「Dullo」” の続きを読む

鼻腔を拡張する事で空気の吸入パフォーマンスを向上させるだけでなく様々なリスクを回避する「Intake Breathing」

みなさんは口呼吸が様々なリスクの原因となっている事はご存じでしたか?

人間は基本的には鼻で呼吸するのが生理学的には正解です。それは口で呼吸する事でダイレクトに肺に空気が入り様々なリスクを背負うからです。
つまり鼻で呼吸する事で空気中に含まれているホコリや有害物質、そしてウィルスや細菌と言ったものを鼻で除去し、そしてそれら人間にとっては有害な物質は鼻水などと一緒に体外へと排泄されます。
ですが口で呼吸を行うと、前述した有害物質やウィルスと言ったものをダイレクトに肺に入れてしまう為に免疫力が下がっていたりすると最悪は何かしらの病気を発症してしまいます。

一方鼻呼吸をしている方でも鼻が詰まっていたり、空気の通り道である鼻腔が狭いと一度に大量の空気を吸い込む事ができませんので、スポーツをされて方にとっては酸素の吸入率が低下し身体のパフォーマンスを低下させる事に繋がります。

そこで鼻腔を広げて空気の吸入率を向上させる「Intake Breathing」を今回はご紹介致します。
“鼻腔を拡張する事で空気の吸入パフォーマンスを向上させるだけでなく様々なリスクを回避する「Intake Breathing」” の続きを読む

ロッククライマーじゃないけど、崖の途中にぶら下がって一度寝てみたいと言う夢を叶えるマット「G7 POD」

皆さんには人には言えないけど、こう言う事をやってみたいと言う事はありませんか?
例えばテレビや映画を観ていて、深海に沈没した潜水艦の中から脱出してみたいだとか、映画のゼロ・グラビティの様に宇宙空間に掘り出されながらも諦めずに地球に帰還する様な体験をしてみたと言った様な変わった体験です。

そこで今回はロッククライマーの方が絶壁を登頂中に登頂が困難な状況になり動けなくなった時に岩場にぶら下がったままではなく、しっかりと横になり休息を取る事ができる緊急避難用マット「G7 POD」をご紹介致します。
“ロッククライマーじゃないけど、崖の途中にぶら下がって一度寝てみたいと言う夢を叶えるマット「G7 POD」” の続きを読む

そんなに頻繁には洗えない!!と言う方にオススメな、ひんやりカバー3点セット「Cooling Bed Technology」

今年も昨年の様な40℃超えの酷暑がもうすぐやって来るのかと思うとゾッとしますが、そう言う暑くて寝苦しい夜にこそ重宝するのが冷たく感じるシーツです。

何故冷たく感じるのかと言うと、通常のシーツと比べて風通しが良く体温で温められた空気がシーツからすぐに逃げて行くと言うのもありますし、シーツに伝わった熱は生地を通じて身体が接触していない部分から熱が大気中へと積極的に逃げる様に作られており、効率良く熱交換を行ったりしているからなのです。

ただ冷たく感じるとは言ってもそれは感覚の問題だけで、寝ている間に普通に汗もかきますので、特に夏場の様によく汗をかく季節は頻繁にシーツは洗った方がベターです。

と言いますのは汗やフケ(剥がれ落ちた皮膚)はダニの格好の餌となる上に夏は高温多湿とダニにとっては絶好の繁殖条件が整い非常にたくさんのダニが繁殖しますし、ダニだけではなくバクテリアやカビなども繁殖します。
そうすると寝ている間似ダニの死骸やバクテリアやカビと言ったものを吸い込む事となり、人によっては様々なアレルギー症状として表れますので、夏は最低でも週に1回、冬場なら月に2回はシーツは洗った方が良いのですが、働いているとそんなに頻繁にシーツも洗えませんよね。

そこで今回はダニやバクテリアやウィルス等々が繁殖せず、暑い夏を快適に過ごせるひんやりカバー3点セット「Cooling Bed Technology」をご紹介致します。
“そんなに頻繁には洗えない!!と言う方にオススメな、ひんやりカバー3点セット「Cooling Bed Technology」” の続きを読む