どうしても眠くなったらフカフカの枕として使えるスリングバッグ「Travist」

夜行バスや、飛行機、列車での長時間移動する時に、睡眠を取ったりする事があると思います。
そう言う時にどこでも寝る事ができる方は別として、たいていの方はエコノミークラスの機内で配られる小さなペッシャンコな枕では寝辛い、列車や夜行バスのシートでは寝られないと言う悩みを抱えておられるものです。

そう言う方の為に、昔はUの字の空気で膨らませるタイプのネック(トラベル)ピローと言う首に巻き付ける枕と言うかクッションしかなかったのが、最近ではフカフカ・フワフワで寝心地がよかったり、頭が斜めに垂れ下がって首を痛めない様にガッチリと頭を固定するタイプのネックピローがあったりと、その種類はここ数年で飛躍的に増えて来ています。

そんなネックピローのジャンルに今回は全く違った視点で作られた寝心地重視のスリングバッグ「Travist」をご紹介致します。


“どうしても眠くなったらフカフカの枕として使えるスリングバッグ「Travist」” の続きを読む

寒い冬の真夜中に布団の取り合いでケンカをしない為のテンセル素材を使った布団セット「ervét」

夏場などは暑くて掛け布団を被らないで寝ると言う方も少なからずおられますが、流石に冬に暖房も入れないで寝ていて布団を被らないと言う方はおられないでしょうし、そうなると夫婦で一緒に寝ている方の中には寒さが原因で布団の取り合いになって夜中にケンカになると言う方も多いのではないでしょうか?

特によくあるパターンが寝返りをうった時にパートナーが寝ている方と反対側に寝返りを打ち、布団を引っ張り、パートナーにかかっていた布団を剥ぎ取ってしまうパターンだ。
そうなると布団を剥ぎ取られた方は、一気に寒さが身体を襲いたまったものではない!!

そこで今回紹介する布団セット「ervét」となるわけである。この「ervét」なら100%布団を取った取られたでケンカになる事はありません。


“寒い冬の真夜中に布団の取り合いでケンカをしない為のテンセル素材を使った布団セット「ervét」” の続きを読む

100人いれば100人に効果のある、眠りの天敵イビキを完璧にストップさせるイビキ・ストッパー「Snore Circle」

いくら好きなパートナーと言えども、イビキだけは我慢ができないと言う方は少なくありません。
そしてイビキの問題は世界共通の様で、日本だけでなくアメリカ、ヨーロッパ、中国と、どの国に行ってもイビキを防止する為のグッズは様々なものが売られていますが、イビキはどの様にして起こるのかみなさんはご存じでしょうか?

イビキは喉の筋肉が弛緩(緩む)したり、喉が喉の奥へ落ち込む事で気道を狭くし、呼吸によって行き来する空気がその狭くなった気道を通る事で空気と喉の筋肉とが摩擦によって振動が起こり、その振動が喉や口の中で共鳴してあのイビキと言う眠りを妨げる音となって放出されます。

ですからその狭くなった気道を行き来する空気の流通を制御するか、狭くなった気道を広げる事でイビキの発生源を除去する事ができるのですが、なかなか持続的にイビキを防止するガジェットはありません。

ですが今回紹介する「Snore Circle」はどの様な方でも100%イビキをストップさせる事ができますので、もうこれでパートナーのイビキに悩まされる事はありません。


“100人いれば100人に効果のある、眠りの天敵イビキを完璧にストップさせるイビキ・ストッパー「Snore Circle」” の続きを読む

以前止まったホテルのベッドでダニに噛まれて大変な目に合ったと言う方の紫外線ベッドクリーナー「CleanseBot」

みなさんは旅行先のホテルのベッドで一夜を過ごした後、翌朝目を覚ましたら身体のあちこちに赤い発疹が出ており、詳しく検査してもらったらダニに噛まれた跡だったなんて経験はありませんか?

確かに自宅の布団やベッドなら、小まめにシーツを替え、そして布団なら天日干ししたり、布団クリーナーで掃除したりしてダニが大量に繁殖しない様に気を付けておられると思いますが、旅館やホテルの布団やベッドとなると干したり布団クリーナーでしっかりと掃除しているかと言うと疑問です。
特にホテル等はベッドのマットレスを干せる様な場所もない事もあり、シーツは交換してもマットレスは開業以来一度も清掃した事がないと言うホテルも少なくありません。
そしてそう言うホテルに宿泊した時に運悪く、マットレスの中で繁殖したダニがシーツをスリ抜けて皮膚を咬むと言うのはよくある事なのですが、一度経験するとこのホテルもそうなのでは?と疑いたくなってしまいますし、超高級ホテルで行われている飛散な清掃風景の動画をワイドショーなどで見てしまうと、高級ホテルでもそうなんだからと全てが疑いたくなり、旅行に行く事すらできなくなってしまいます。

そこで今回は布団、ベッドどちらにでも使える紫外線クリーナー「CleanseBot」をご紹介致します。


“以前止まったホテルのベッドでダニに噛まれて大変な目に合ったと言う方の紫外線ベッドクリーナー「CleanseBot」” の続きを読む

寝心地と清潔感を兼ね備えた横向きでも快適に安眠できるエルゴノミックデザイン・ピロー「Cotton Shower Pillow」

みなさんは枕って定期的に洗っていますか?
枕カバーではなく枕そのものです。

いくら枕カバーを清潔に保っていても、皮脂や頭皮が枕カバーをスリ抜けて枕そのものに付着すると、それをエサとしてダニや雑菌が繁殖し臭いや喘息等の原因ともなりますので、是非とも枕そのものも洗いたいのですが、枕に使われている素材によっても洗える素材と洗えないがあり、プラスチックで作られたビーズやパイプ、硬質発泡スチロールで作られたボール、ポリエステルコットン等は洗え、逆に昔から使われているそば殻や羽毛と言った植物・動物由来の天然素材はNGです。
またウレタンを使った低反発素材なども手洗いで陰干しで数日干さなければならないなど制約があったりします。

そしてこの洗濯と言うキーワードから言えるのは洗える素材はポリエステルコットンを除いて硬くて寝心地が悪く、逆に寝心地の良い素材は洗えないと言う事実が見えて来ます。

そこで今回は洗える素材のポリエステルコットンを使い洗っても型崩れせずしかも寝心地が最高の枕「Cotton Shower Pillow」をご紹介致します。


“寝心地と清潔感を兼ね備えた横向きでも快適に安眠できるエルゴノミックデザイン・ピロー「Cotton Shower Pillow」” の続きを読む

スマホを長時間毎日使う方にオススメ!!海賊が被るトリコーンハットの様なフォルムが特徴の抱き枕「SENTIM」

みなさんがスマートフォンを触っている時に首や肩の筋肉にどれくらいの負担がかかっているのか知っていますか?
成人の方の頭の重さは体重の約10%と言われていますので、体重50kgの方であれば頭の重さは5kg程度となります。

これが15度下に頭を傾けると2倍の重さ10kg程度の負荷が首や肩の筋肉にかかります。更に下を向いて30度になると3倍の15kgの重りが肩や首にズッシリと乗りかかります。
そしてみなさんがテーブルの椅子に座りテーブルの上に置いたスマートフォンを触っている時の首のおよその角度、60度ともなると何と4倍の負荷が首や肩にかかりその重さは何と20kgにも!!そうなると小学校低学年の子どもさんをずっと肩車している様なもので、肩や首が凝って来るのも不思議ではありません。

そこで今回は、座りながらスマートフォンを触る時にでもできるだけ首の角度を浅く保つ事のできるクッションと言うか枕にもなる「SENTIM」をご紹介致します。


“スマホを長時間毎日使う方にオススメ!!海賊が被るトリコーンハットの様なフォルムが特徴の抱き枕「SENTIM」” の続きを読む

この形状はある意味正解かもしれない!!と納得させられたトラベルピロー「NapUp Fly」

移動中の乗り物のシートに座った状態で使う枕、トラベルピローってどう言うものを思い浮かべますか?と聞かれた時に殆どの方は首に巻き付ける、引っ掛けるU字型のクッションの様なものを想像されるでしょう。
まぁそれだけその形のものがトラベルピローとして長年使われて認知されていると言う証でもあるのですが、そのトラベルピローについて使い心地を尋ねると殆どの方からあまり良い返事は返って来ませんし、そう言う答えが返って来ると言う事は熟睡できていない証拠でもあります。

一般的に空気で膨らませる風船の様なトラベルピローは空気を上図に入れる事ができる方はパンパンに膨らませる事ができますが、そうでない人はフニャフニャで、首に当てて頭を傾けると頭の重みでトラベルピローが凹んで更に頭は傾斜し首を過度に曲げられて寝られない上に、寝られたとし寝ている間に萎んで起きた時には首が曲がりすぎて伸ばされすぎて固まって首が回らないと言う状況に陥ります。

またトラベルピローの高さに首の長さが合っている方ならいいのですが、首が長い方は首の傾斜角度が大きくなり寝づらくなりますし、首の短い方は首吊りした様な状態になります。
そして首に密着する事で、首の周りに熱が籠もって熱くて寝られない、汗をかいて寝られないと言う方もおられるでしょう。

そんな首に巻く欠点の多いトラベルピローではなく、全く新しい発想から生まれた、これは見た目にも寝心地がよさそうなトラベルピロー「NapUp Fly」を今回はご紹介致します。


“この形状はある意味正解かもしれない!!と納得させられたトラベルピロー「NapUp Fly」” の続きを読む

薬に頼らなくても横になればスッと眠りにつく事のできる快適・入眠ブレスレット「DreamOn」

夜眠る事ができないと言う方にその時の状態を尋ねると、たいてい悩み事があったり、不安があったり、イライラしていたりと言う事を言われます。
確かに不安や悩みは心的ストレスを誘発しますし、イライラは心を興奮状態に持って行きますので、脳はますます覚醒して眠る所ではありません。
ですから睡眠導入剤や睡眠薬を飲んでもなかなか眠る事ができないのですが、だからと言ってその心的ストレスやイライラと言ったものを自分でコントロールできるかと言いますと外的要因が大きいので、まずはその外的要因を取り除かないと何ともなりませんが、それも自分の意思でできるものはそんなに多くはありません。

そこで今回は脳波をコントロールする事でストレスやイライラがあっても薬に頼る事なくスッと寝落ちする事ができるブレスレット「DreamOn」をご紹介致します。


“薬に頼らなくても横になればスッと眠りにつく事のできる快適・入眠ブレスレット「DreamOn」” の続きを読む

パートナーとの温度差を埋めるホットにもクールにも調整できるベッド用空調機「BedJet 3」

新婚の頃は全く気にならなかったパートナーの癖や行動も年を重ねると我慢できなくなって来ると言うのはよくある話で、食事の仕方から衣類の脱ぎ方、そして寝室での過ごし方と様々な行き違い、食い違いが出て来てそれが元でケンカになる事も…..

特にパートナーと一緒に寝る時、この夏の様に連日30℃超えの日が続き夜になっても気温が下がらずエアコンをつけてないと寝られなかったり、また逆に冬でも寒すぎて暖房器具なしでは寝られないと言う様な時に体感温度の差が寝不足に繋がりストレスへと発展してパートナーとの関係もうまく行かなくなる事もよくあります。

そんな体感温度の差を埋めて一緒のベッドで仲良く快眠できるベッド用空調機「BedJet 3」を今回はご紹介致します。


“パートナーとの温度差を埋めるホットにもクールにも調整できるベッド用空調機「BedJet 3」” の続きを読む

枕の様な快適なクッション性と安定したフォールド性を兼ね備えたトラベルピロー「HeadHugger travel pillow」

よく長距離を乗り物で移動する際に寝るのに利用するトラベルピローと言う携帯式の枕がありますが、みなさんはそのトラベルピローに本当に満足していますか?
ほんの少しの時間だし、滅多に使うものでもないし、とりあえず休む事ができればいいやと妥協してトラベルピローを使っていませんか?

それって数分、数十分置きに目を覚ましたりしていたら結果的には眼をつむっているだけで身体は全く休めていませんし、モノによっては首が変な方向に曲がったまま寝てしまい、”寝違い”にでもなったらすぐには治りませんから最悪です。

そんな最悪の事態に陥らない為に、今回紹介します「HeadHugger travel pillow」なんてどうでしょうか?
きっと快適に睡眠が取れるはずです。


“枕の様な快適なクッション性と安定したフォールド性を兼ね備えたトラベルピロー「HeadHugger travel pillow」” の続きを読む