災害時にキャンプに備えておいて欲しい、家電製品も使える100,500mAhモバイルバッテリー「Monster」

今年は日本各地で大規模な災害がいくつも起こり、いつもならすぐ復旧するはずの電気がなかなか復旧せず、とても困ったと言う方も多かったのではないでしょうか?
比較的、非常食や水、懐中電灯を用意されているご家庭は多いかと思いますが、生活の必需品となったスマートフォンを充電する為のモバイルバッテリー等は、出先でバッテリーがすぐに減って困ると言うヘビーユーザーでない限り持っていないでしょうから、普通の方は電気の供給が止まりスマートフォンのバッテリーも切れてしまうとたちまち情報難民となってしまいます。

そこでモバイルバッテリーを1つくらいは常備されておく事をオススメするのですが、今回は停電時に素晴らしく役立つモバイルバッテリー「Monster」をご紹介致します。


“災害時にキャンプに備えておいて欲しい、家電製品も使える100,500mAhモバイルバッテリー「Monster」” の続きを読む

エネルギー変換効率19.2%CIGSソーラーパネルを搭載し、スマホのバッテリー切れを防止するバックパック「Beam Backpack」

みなさんはソーラーパネルの性能評価でよくエネルギー変換効率と言う数値が出て来ますが、これが何を意味するのかご存じですか?
このエネルギー変換効率は最大出力(W)を面積(m²)で割った数値を更に1,000で割った数値をパーセント表示に変換したもので、現在市販されている住宅用のソーラーパネルの変換効率は高いもので20%をちょっと超える程度になります。

ただ従来のCISソーラーパネルはモジュールの一部分に影がかかると極端に出力が低下したり、直射日光が当たりパネルの温度が上がるとエネルギー変換効率が悪くなると言う欠点があります。

ですが今回紹介しますバックパック「Beam Backpack」に使われているCIGSソーラーパネルは、CISソーラーパネルにあった欠点を克服したものであるだけでなく薄型化が可能で、実際にこの「Beam Backpack」で使われているパネルもシート状のパネルで自由に変形できる上にエネルギー変換効率は19.2%とCISパネルの中でも最高クラスの変換効率を誇るパネルに匹敵する変換効率を有するソーラー発電モジュールを採用しています。


“エネルギー変換効率19.2%CIGSソーラーパネルを搭載し、スマホのバッテリー切れを防止するバックパック「Beam Backpack」” の続きを読む

災害対策用としても備えておきたいソーラー充電可能な3 in 1 Bluetoothスピーカー「Lumine」

先月、日本列島を縦断した台風、そして北海道を襲った地震は広範囲で長期間の停電をもたらし、電気のない生活がどれだけ不便なのかと言う事を誰もが痛感させられました。
特にテレビやスマートフォンと言った情報の入手に欠かせないものが使えないと言うのは不安を増長させます。
逆に言えばスマートフォンが使えれば今どの様な状態なのか、どこに言えば援助物資が入手できるのかと言った情報の入手もできる上に、連絡を取り合う事もでき外部と繋がっている事で安心できます。
また夜間や暗い場所ではスマートフォンは照明としても使え、明かりがある事で更にホッとできますが、スマートフォンのバッテリーは有限で充電しなければなりません。

そこで今回するBluetoothスピーカー「Lumine」が役立つと言うわけです。


“災害対策用としても備えておきたいソーラー充電可能な3 in 1 Bluetoothスピーカー「Lumine」” の続きを読む

知っていましたか?巻物の様なシュルシュルと引きしスマホを充電できるソーラーパネルがある事を「SOUL Solar Scroll」

ソーラーパネルを搭載したモバイル充電器やモバイルバッテリーを想像してみて下さい、と言われた時にあなたならどの様な形のソーラーパネルを想像しますか?
おそらく殆どの方が屋根の上に乗っているソーラーパネルを見慣れている為に、硬くしっかりとした枠に収められたソーラーパネルを想像される方が多いと思います。
ただソーラーパネルの基板そのものは薄く軽くなって来ており、屋根の上に設置するソーラーパネルも新製品が出る度に軽量化されています。それに伴いモバイルバッテリーとソーラーパネルが合体したものや、ポータブルなソーラーパネルも薄型化そして軽量化が進んでいるのですが、実は既に紙の様にペラペラのソーラーパネルも実際の所存在しています。

種類はまだまだ少ないのですが、筒の様なケースの中から巻物を広げる時の様にシュルシュルと引き出したもの、それがソーラーパネルで、言うなればフィルム基板に発電用の半導体がプリントされています。

そんなペラペラの、本当に発電できるの?と疑いたくなる様なソーラーパネル搭載のモバイルバッテリー「SOUL Solar Scroll」を今回はご紹介致します。


“知っていましたか?巻物の様なシュルシュルと引きしスマホを充電できるソーラーパネルがある事を「SOUL Solar Scroll」” の続きを読む

折り畳むとクレジットカードと同サイズまでコンパクトに折り畳めるソーラー充電器「Sunslice」

みなさんはソーラー充電器に対してどう言う印象をお持ちでしょうか?
あったら便利なのかもしれないけれど、充電は遅いし値段は高いし嵩張るしと、あまり良くないイメージを持っておられる方のが多いかと思います。
確かにソーラーパネルの変換効率(太陽から降り注ぐ光のエネルグーを、を電気に変える事ができる量)は高くても20%前後とかなり低くしかもパネルそのものも高いので費用対効果を言い出すとあまり優れた製品ではありませんし、iPhoneを1回フル充電する為にかかる電気代を0.2円として1万円もするソーラーパネルを買ったらとしたら単純計算で5万回は充電しなければ元は取れない計算になり一体何年経てば元を取れるのか…..それまで充電性能は維持できているのか?とちょっと不安にもなったりします。
ですがそれは常に電源がある場所で暮らしている人に対しての事であって、よくキャンプやハイキング、トレッキングなどアウトドアへ出かける事が多い方にとってはモバイルバッテリーをそう大量に持ち歩く事もできませんので、電源不要のソーラーパネルがあるとないのとでは安心感が違いますし、もし万が一に遭難した場合にでもスマートフォンを充電でき、そして連絡を取る事もできます。

そして今回は携行するにはこれ以上コンパクトなものはないと言うくらい小さなソーラー充電器「Sunslice」をご紹介致します。


“折り畳むとクレジットカードと同サイズまでコンパクトに折り畳めるソーラー充電器「Sunslice」” の続きを読む

最大1ヶ月も連続点灯が可能なランタンにも懐中電灯にもなるソーラーパネル搭載充電式LEDライト「HELIO」

 みなさんは電池に使用期限って言うものがあるってご存じでしたか?実は電池にも食品の”消費期限”にあたる”使用推奨期限”と言うのが設定されており、この使用期限以内でしたら使用しても問題ありませんが、その期限を過ぎると自然放電してしまっていて全く使えなかったり、液漏れしていて使えなくなっていますと言うものがあるのです。
 それは電池が化学反応によって電気を起こしている為で、常に反応を起こす物質は接していますので電気を流さなくても少しずつその反応は進んで行って最終的には反応しなくなるからなのです。ですからいざ、何か災害が起こった時に懐中電灯!!と思って点灯させても全く点かないと言った事も起こり得るのです。

 ですが災害の時と言うのはインフラも止まっていまいますし、お店だって開いていないかもしれませんし、開いていても商品がないかもしれません。実際に2011年に起こった”東北地方太平洋沖地震”の際には関東から北の地方では乾電池が売り切れて手に入らないと言う事態が起きましたので、いざ大きさ地震が起こると自前で備蓄している事の大切さと言うものを実感するわけなのですが、実際に”非常持ち出し袋”に懐中電灯と予備の電池を入れておいたとしても何か災害が起こらなければ見ませんし、水や食品等はちょっと気になって消費期限を見たりしますが、電池なんて使ってもいないのに勝手に容量が減って行くなんて思っている方は殆どおられません。

 ですが、そう言う時にこそ役立つのが、このLEDライト「HELIO」です。


“最大1ヶ月も連続点灯が可能なランタンにも懐中電灯にもなるソーラーパネル搭載充電式LEDライト「HELIO」” の続きを読む

遂に実現した!!ソーラーパネルで発電し、充電不要なスマートウォッチ「LunaR」

 昔からソーパーパネルを搭載した腕時計がありますが、何故かスマートウォッチやアクティブトラッカー(活動量計)においてはソーラーパネルを搭載したものが、小生の知る限りでは存在しません。それは何故か?充電よりも放電、つまりバッテリーの消費に対して充電が追いつかない為にソーラーパネルを搭載されない(ソーラーパネルの発電量が少ないと言う問題もありますが)のですが、遂に高性能な充電パネルを搭載し充電レスになったスマートウォッチ「LunaR」を今回は紹介します。


“遂に実現した!!ソーラーパネルで発電し、充電不要なスマートウォッチ「LunaR」” の続きを読む

寝苦しい夏キャンプや車中泊に最適な車で充電可能なポータブルエアコン「Coolala」

 この夏にキャンプへ出かけた方で、できるだけ涼しい場所をと思って高地のキャンプ場を選んだのに、いつもならこの時期のこのキャンプ場は夜になって日が暮れると涼しくなってとても過ごしやす苦なるはずなのに…..蒸し暑過ぎて寝られくて、思わず車のエアコンをつけて寝てしまったなんて方はおられませんか?
 とりあえずここ数年、毎年の様に夏場の気温が上昇している様な気がして、高地のキャンプ場に行ったのにも関わらずリフレッシュするどころが暑過ぎてストレスが溜まったって言う事が多く、暑くても快適に過ごせる様にバッテリー内蔵の扇風機を持って行ったりもするのですが、やはり生ぬるい風をかき混ぜているだけなので涼しさを感じる事はなく、そうなると残すはエアコンしかありません。
 ところが、ポータブルで使えるエアコンで手軽に手に入るものって、作業場等で使うスポットクーラーもキャンピングカーに取り付けるエアコンはポータブルと言う割には室外機は家庭用の定格能力2kW程度の室外機と同じくらいの大きさがありますので、他のキャンプ道具と合わせて持って行くには相当大きな車を持っていないと荷物を全て乗せて行く事ができませんし、何と言っても電源が100Vなので電源設備のあるオートキャンプ場でしかキャンプはできません。

 ですが今回紹介するポータブルエアコン「Coolala」はバッテリー駆動なので、電源を気にする事なくどこででも使う事ができるのです。


“寝苦しい夏キャンプや車中泊に最適な車で充電可能なポータブルエアコン「Coolala」” の続きを読む

たった10分太陽に当てるだけで最大30分も鳴らす事が可能なソーラーパネル搭載Bluetoothスピーカー「SolarBox」

 バッテリーで動くBluetoothスピーカーは電源要らずで鳴らす事ができますので、家の中でも例えば防水タイプのものはお風呂に持って入ったり、庭で園芸をする時にちょっと音楽をかけながら楽しく土いじりをしたり、キッチンで音楽を聴きながらお料理をしたり、PCの外部スピーカーにして音楽を聴きながら仕事をしたりと、ちょっと手荒に扱っても濡れても平気な上に様々なシーンで使える使い勝手の良いスピーカーで、屋外に持ち出せばキャンプで焚き火を囲みながらそれぞれが好きなアーティストの楽曲を次々と鳴らしてはワイワイと楽しんだり、プールやビーチサイドで日光浴をしながら音楽を聴いたりと意外と使えるヤツなのです。
 ただBluetoothスピーカーってバッテリー残量インジケータがないばかりか、意外と筐体が大きいので大容量のバッテリーを搭載している事が多く、ついついすぐにバッテリーが切れるスマートフォンと違い充電するのを忘れてしまうのです。そんなついつい充電を忘れてしまったBluetoothスピーカーを太陽の光に当てておくだけで30分間も鳴るまでに復帰させる事ができる強力な発電能力を持ったソーラーパネルを搭載しているのがこの「SolarBox」です。


“たった10分太陽に当てるだけで最大30分も鳴らす事が可能なソーラーパネル搭載Bluetoothスピーカー「SolarBox」” の続きを読む

自動で雑草を探して自動で雑草の草刈をやってくれるホームガーデン用ソーラーパネル搭載草刈ロボット「Tertill」

 ガーデンニングが趣味の方に一番何が辛いのか?何が嫌かと言うアンケートを取ると、一番多いのが”草刈り(草抜き)”で、その次が何故か”水やり”なのだそうです。
 特に草刈りは小さな雑草を花の苗と間違わない様に引き抜いて行かなければならないので神経も使いますし、また中腰で屈んで草を引かないといけない為に腰も肩も痛くなったりもしますので、雑草が生えなければ率先してやりたい仕事ではありませんし、かと言って雑草を放置しておくと雑草の葉が生い茂ってせっかく育てている花に日光が当たらなければ花そのものが育ちませんし、雑草に1回抜けば終わりではなく、全部抜き終わったと思っても暫くするとまたニョキニョキと花の苗の間から雑草が生えていたりしますので、雑草の草抜きも花を植えて楽しんでいる間は半永久的に続く仕事でもあります。

  そんなやりたいないガーデニングの仕事ナンバー1の草抜きを自ら草を探してやってくれるロボットがこの「Tertill」で、「Tertill」が1台でもあればかなり草抜きと言う重労働から解放されるはずです。


“自動で雑草を探して自動で雑草の草刈をやってくれるホームガーデン用ソーラーパネル搭載草刈ロボット「Tertill」” の続きを読む