夏の車中泊の寝苦しさを解消し、夏の炎天下での駐車時の車内の温度上昇を極力抑えるウインドファン「ACOOL」

昨年の夏の様に40°を超す気温が続くと、屋外の駐車場に停めた車の車内温度は、エアコンでガンガンに冷やした状態の後とは言っても、わずか十数分でサウナ状態にまで上昇し、排気量の小さい軽自動車や乗用車は乗って快適に走り出す事ができる様になるまでかなりの時間を必要とします。
更に最近の車はエコな機能が満載で、アイドリングストップ機能などを常時ONにしておくとエンジンを始動してもエンジンが回っていなければエアコンのコンプレッサーは回りませんので冷風は出ませんし、中にはアイドリングストップ機能を無効にできる事も知らずに乗っていると言う方もおられるのではないでしょうか?

そう言う時に停車時に少し間を開けて空気が車内に籠もらない様にしておけば、車内の温度上昇を幾分か抑えら、それを補助する同ジャンルの他製品とは全く性能の違うウィンドファン「ACOOL」を今回はご紹介致します。


“夏の車中泊の寝苦しさを解消し、夏の炎天下での駐車時の車内の温度上昇を極力抑えるウインドファン「ACOOL」” の続きを読む

この形状はある意味正解かもしれない!!と納得させられたトラベルピロー「NapUp Fly」

移動中の乗り物のシートに座った状態で使う枕、トラベルピローってどう言うものを思い浮かべますか?と聞かれた時に殆どの方は首に巻き付ける、引っ掛けるU字型のクッションの様なものを想像されるでしょう。
まぁそれだけその形のものがトラベルピローとして長年使われて認知されていると言う証でもあるのですが、そのトラベルピローについて使い心地を尋ねると殆どの方からあまり良い返事は返って来ませんし、そう言う答えが返って来ると言う事は熟睡できていない証拠でもあります。

一般的に空気で膨らませる風船の様なトラベルピローは空気を上図に入れる事ができる方はパンパンに膨らませる事ができますが、そうでない人はフニャフニャで、首に当てて頭を傾けると頭の重みでトラベルピローが凹んで更に頭は傾斜し首を過度に曲げられて寝られない上に、寝られたとし寝ている間に萎んで起きた時には首が曲がりすぎて伸ばされすぎて固まって首が回らないと言う状況に陥ります。

またトラベルピローの高さに首の長さが合っている方ならいいのですが、首が長い方は首の傾斜角度が大きくなり寝づらくなりますし、首の短い方は首吊りした様な状態になります。
そして首に密着する事で、首の周りに熱が籠もって熱くて寝られない、汗をかいて寝られないと言う方もおられるでしょう。

そんな首に巻く欠点の多いトラベルピローではなく、全く新しい発想から生まれた、これは見た目にも寝心地がよさそうなトラベルピロー「NapUp Fly」を今回はご紹介致します。


“この形状はある意味正解かもしれない!!と納得させられたトラベルピロー「NapUp Fly」” の続きを読む

航空機グレードのアルミ合金を使用した事で最強の強度と軽さを実現したポータブル・ジュニアシート「Pico」

子どもを車に乗せる時には6歳になるまではジュニアシートに座らせる事が法律で義務づけられています。
これは車両のシートベルトが大人を基準にして設置されている為に小さな子どもが使うと事故に遭遇した時にシートベルトから身体が飛び出てしまったりする事があるからです。
ですから、レンタカーはもちろんの事、友人の車であっても子どもを乗せる時はジュニアシートが取り付けてなければ、ジュニアシートを持参してジュニアシートを車両に固定してから乗せなければいけません。

そこで今回はそう言う時に持ち運びがとってもし易い軽量でかつ折り畳んでコンパクトにできるジュニアシート「Pico」をご紹介致します。


“航空機グレードのアルミ合金を使用した事で最強の強度と軽さを実現したポータブル・ジュニアシート「Pico」” の続きを読む

たった1個のLEDで広角から遠方まで幅広く照らし出す事ができるLED懐中電灯「NiteGear Luma」

最近はホームセンター等に懐中電灯を買いに行くとLEDを使ったものばかりで、昔の様な電球を使った懐中電灯はほぼ見なくなりましたが、懐中電灯が電球からLEDに変わった事で見づらくなったなと感じる事ってみなさんにはありませんか?

LEDには電球にはない指向性があります。電球は周囲360度に光を放ちますのでどこも均一に明るく照らし出す事ができますが、LEDには照射角度があり予め20度なり60度なり120度と決められた照射角度の範囲内は明るく照らし出す事ができますが、そこから外れると極端に暗くなります。

ですから昔の電球の懐中電灯は手元もそれなりにホンノリと明るく照らし出してくれたのですが、今のLED懐中電灯は遠くの光が当たっている部分は明るく照らし出しているのに手元は暗いと言う現象が起こり、暗い中で何か捜し物を探そうと言う場合に遠くを照らす懐中電灯と近くを広範囲に照らし出す懐中電灯2つを持たなくてはなりません。

そこで今回はLEDが1個しか入っていないのにも関わらず遠くも照らせて近くも照らせる、車に乗せておくと車内でのモノ探しや、周囲が暗い中や車の下に潜って車両の整備をする際にとっても便利なLED懐中電灯「NiteGear Luma」をご紹介致します。


“たった1個のLEDで広角から遠方まで幅広く照らし出す事ができるLED懐中電灯「NiteGear Luma」” の続きを読む

iPhone XのFaceIDと同じ機能で顔の表情を監視して居眠りやよそ見運転を防止する「Ridy」

みなさんはこのポカポカ陽気の中を運転していてついつい居眠りとはいかないまでも、眠気に襲われてしまい眠りそうになった事ってありませんか?
特に道路が渋滞していて進まない様な時や、交通量の少ない単調な延々と続く直線道路を走る様な時、長い信号待ちをしている様な時についつい欠伸をしたり、一瞬意識を失う様な時って誰にでもあると思います。

そんな時に役立つのが居眠り防止グッズで、よくあるのが耳に引っ掛けるタイプのイヤホンの様な形状をしたものです。ですがこのタイプのものは加速度センサー等を使ったものが殆どで、完全に睡魔に負けてしまい頭がカクンと落ちてからでないとブザーを鳴らしたりバイブレーションモーターを震動させたりして起こしませんので、眠りの浅い人には有効でも寝付きの良い方ですぐに熟睡できてしまう様な方には有効かと言いますと疑問点が残ります。

ですが今回紹介します「Ridy」はiPhone Xにも搭載されているFaceID(顔認証技術)を使い、眠くなる前に注意喚起してくれます。


“iPhone XのFaceIDと同じ機能で顔の表情を監視して居眠りやよそ見運転を防止する「Ridy」” の続きを読む

車で交差点に停車中にスマホを見ていて後ろからクラクションを鳴らされた事はありません?それを防止する「Redlight Greenlight」

みなさんは次の改正道路交通法案でスマートフォンや携帯電話を運転中に持っていたり使ったりしていた時の刑罰が今よりより厳罰化される事はご存じでしょうか?
今は携帯電話やスマートフォンを使用していると軽微な違反であれば反則金9,000円が課せられ違反点数2点が加算されるのですが、意外と知られていないので通話やメールやLINEをしていなくても手に持っているだけでも反則金6,000円と違反点数1点が加算される様になっており、もし事故を起こした様な場合や悪質な場合で刑事訴追された場合は「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」が課せられる事になっていて有罪になった場合はもちろん前科がつきます。

それが次の改正道路交通法案では、「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」が「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」へと引き上げられると共に、今までなら”交通反則通告制度”で反則金を払い違反点数が加算されていた様なケースも全て刑事訴追される事になります。
つまり、もし次の改正道路交通法で法案が成立すれば電話をしたりLINEでスタンプを送っている時に現行犯逮捕されるだけで刑事訴追されると言う恐ろしい事態になるのです。
また手に持っているだけの状態の場合でも、現行の罰則は「5万円以下の罰金」となっているのですが、「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」へと厳罰化されます。

つまり、運転しながらスマートフォンに目をやっただけで大変な事になると言う事だけはご理解頂けたでしょうか?

つまり停車中に見る以外に(実際は停車中でもグレーゾーンではあるのですが)ない、交差点で赤信号で待っている時に信号が変わっているのに気が付かずにスマートフォンを見ていて後ろからクラクションを鳴らされる機会が増える事があるかもしれません。それを回避するのが今回紹介する「Redlight Greenlight」です。


“車で交差点に停車中にスマホを見ていて後ろからクラクションを鳴らされた事はありません?それを防止する「Redlight Greenlight」” の続きを読む

走行中に気になった風景を写真として保存できる音声コントロール可能なドライブレコーダー「70MAI」

2〜3年前はまだまだマイナーな存在であったドライブレコーダーも、昨年あった”あおり運転”による事故のニュースで一気に認知度が上がり、カー用品では目立つ場所に陳列され、ECショップショップでは検索すると以前とは比べものにならないくらいの種類のドライブレコーダーが扱われる様になりました。

そんなドライブレコーダーには主に2種類あり、強い衝撃を受けた時にだけ映像を記録するタイプのものと、常時録画と言って電源が入っている間は3分や5分と言った単位で映像を区切り、電源を切るまで録画し続け、メモリーがいっぱいになると古い映像から削除して新しい映像を記録して行くタイプがあります。
そして最近は常時録画がタイプのものが多く、後から映像を見直して旅行の思い出を見直すのにも良いカメラなのですが、前述した様にメモリーがいっぱいになると削除されるので、肝心の見たかった映像が削除されてしまいかねません。

そんな映像にリアルタイムにアクセスしてスマートフォンにダウンロードできる便利なドライブレコーダー「70MAI」を今回はご紹介致します。


“走行中に気になった風景を写真として保存できる音声コントロール可能なドライブレコーダー「70MAI」” の続きを読む

後続車にキュートなメッセージを送るソーラーパネルで充電フリーなコミュニケーションLEDディスプレイ「CarWink」

友達やご近所さんと一緒に車でドライブや旅行へ行く時に、後ろをついて来る友人やご近所さんに何か手軽に方向が指示できるものがあれば、メッセージを伝える事ができるものがあれば良いなぁ〜と思った事はありませんか?
携帯電話もスマートフォンもない時代はアマチュア無線機を積んでグループトークって言うのが普通でしたが、LINEアプリが出て来てからはLINEのグループトーク等で簡単にメッセージをやりとりできる様になったので、仲間と一緒に出かける時はLINEで連絡し合う事が多いかと思います。
ですが車を運転中にスマートフォンを注視するのは道路交通法違反になりますから、もし同乗者がいないとなると次のサービスエリアで休憩すると言う事も連絡できませんし、お仲間の皆さんが自分の後ろに連なって走行してくれていれば良いのですが、違う車線を走行していたり違う車が割り込んで走行していたりすると、もしかすると後続車の方が気付かずに通り過ぎてしまうかもしれません。

そう言う時に今回紹介する「CarWink」を車のバックガラスに貼り付けておけば様々なメッセージをスマートフォンを通じて送る事ができます。


“後続車にキュートなメッセージを送るソーラーパネルで充電フリーなコミュニケーションLEDディスプレイ「CarWink」” の続きを読む

カーナビだけでなくスマートフォンへの通知もリアルタイムに映し出す車載用HUDディスプレイ「Hudly Wireless」

最近はスマートフォンのカーナビアプリも高性能化しておりGPSだけでの案内とは思えないくらい車載のカーナビと変わらない精度で案内をしてくれるカーナビアプリも増えて来て、スマートフォンが1台あれば本当にカーナビって必要かな?とも思える様になって来たのですが、夜間にダッシュボード上に置いたスマートフォンの画面が明るすぎて眼が疲れるとか言う事はありませんか?
スマートフォンも”画面の明るさ”を自動にしておけば周囲の明るさに合わせて画面の明るさを自動的に暗くしていたりしてくれているのですが、田舎道や高速道路の様に周囲が真っ暗な道路を走行するとどうしても眼はその周囲の明るさに比例して瞳孔の大きさを変えますので、暗いとどうしても瞳孔が開いてしまってその分だけ光を通す量が多くなり、スマートフォンの画面がより明るく感じられそして眼が疲れるのです。

そこでスマートフォンでナビゲーションをさえている方にオススメしたいのが今回紹介する「Hudly Wireless」です。


“カーナビだけでなくスマートフォンへの通知もリアルタイムに映し出す車載用HUDディスプレイ「Hudly Wireless」” の続きを読む

最大5台の自転車を積んだままで荷物の積み卸しが可能なリア・サイクルキャリア「The Glide」

 もうすぐすると木々が色づいて、バイクを車に積んで紅葉狩りに出かける方も多いかと思いますが、そう言う時に自転車の積み卸しだけでなく、荷物の積み卸しが自転車を積んだまま可能なリアサイクリキャリア「The Glide」を今回は紹介致します。

 まずサイクリキャリアとは何かご存じない方に説明しますと、サイクリキャリアは自動車に自転車を積む際に利用する固定金具で、車内に設置するタイプのものと、車外に設置するタイプのものがあるのですが、車外に設置するタイプには更に屋根の上に積むタイプのルーフキャリアと車の後部に取り付けるリアキャリアの2種類があります。
 そして更にリアキャリアを分類分けするとバックドアに引っかけたりして取り付けるタイプのキャリアと、ヒッチメンバーと言ってジェットスキーを搭載したキャリアー等を牽引する際に利用する装置にタイプのものとに別れ、更にヒッチキャリアは自転車を積む方式としてプラットホームタイプとハンガータイプに分かれ、プラットホームタイプは台の上に載せて固定するタイプのもので、ハンガータイプは衣服をかけるハンガーと同じでぶら下げ、この「The Glide」は細分するとハンガータイプのヒッチキャリアと言う事になります。


“最大5台の自転車を積んだままで荷物の積み卸しが可能なリア・サイクルキャリア「The Glide」” の続きを読む