ホーム > タグ >

車で交差点に停車中にスマホを見ていて後ろからクラクションを鳴らされた事はありません?それを防止する「Redlight Greenlight」

みなさんは次の改正道路交通法案でスマートフォンや携帯電話を運転中に持っていたり使ったりしていた時の刑罰が今よりより厳罰化される事はご存じでしょうか?
今は携帯電話やスマートフォンを使用していると軽微な違反であれば反則金9,000円が課せられ違反点数2点が加算されるのですが、意外と知られていないので通話やメールやLINEをしていなくても手に持っているだけでも反則金6,000円と違反点数1点が加算される様になっており、もし事故を起こした様な場合や悪質な場合で刑事訴追された場合は「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」が課せられる事になっていて有罪になった場合はもちろん前科がつきます。

それが次の改正道路交通法案では、「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」が「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」へと引き上げられると共に、今までなら”交通反則通告制度”で反則金を払い違反点数が加算されていた様なケースも全て刑事訴追される事になります。
つまり、もし次の改正道路交通法で法案が成立すれば電話をしたりLINEでスタンプを送っている時に現行犯逮捕されるだけで刑事訴追されると言う恐ろしい事態になるのです。
また手に持っているだけの状態の場合でも、現行の罰則は「5万円以下の罰金」となっているのですが、「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」へと厳罰化されます。

つまり、運転しながらスマートフォンに目をやっただけで大変な事になると言う事だけはご理解頂けたでしょうか?

つまり停車中に見る以外に(実際は停車中でもグレーゾーンではあるのですが)ない、交差点で赤信号で待っている時に信号が変わっているのに気が付かずにスマートフォンを見ていて後ろからクラクションを鳴らされる機会が増える事があるかもしれません。それを回避するのが今回紹介する「Redlight Greenlight」です。

全文を読む

走行中に気になった風景を写真として保存できる音声コントロール可能なドライブレコーダー「70MAI」

2〜3年前はまだまだマイナーな存在であったドライブレコーダーも、昨年あった”あおり運転”による事故のニュースで一気に認知度が上がり、カー用品では目立つ場所に陳列され、ECショップショップでは検索すると以前とは比べものにならないくらいの種類のドライブレコーダーが扱われる様になりました。

そんなドライブレコーダーには主に2種類あり、強い衝撃を受けた時にだけ映像を記録するタイプのものと、常時録画と言って電源が入っている間は3分や5分と言った単位で映像を区切り、電源を切るまで録画し続け、メモリーがいっぱいになると古い映像から削除して新しい映像を記録して行くタイプがあります。
そして最近は常時録画がタイプのものが多く、後から映像を見直して旅行の思い出を見直すのにも良いカメラなのですが、前述した様にメモリーがいっぱいになると削除されるので、肝心の見たかった映像が削除されてしまいかねません。

そんな映像にリアルタイムにアクセスしてスマートフォンにダウンロードできる便利なドライブレコーダー「70MAI」を今回はご紹介致します。

全文を読む

後続車にキュートなメッセージを送るソーラーパネルで充電フリーなコミュニケーションLEDディスプレイ「CarWink」

友達やご近所さんと一緒に車でドライブや旅行へ行く時に、後ろをついて来る友人やご近所さんに何か手軽に方向が指示できるものがあれば、メッセージを伝える事ができるものがあれば良いなぁ〜と思った事はありませんか?
携帯電話もスマートフォンもない時代はアマチュア無線機を積んでグループトークって言うのが普通でしたが、LINEアプリが出て来てからはLINEのグループトーク等で簡単にメッセージをやりとりできる様になったので、仲間と一緒に出かける時はLINEで連絡し合う事が多いかと思います。
ですが車を運転中にスマートフォンを注視するのは道路交通法違反になりますから、もし同乗者がいないとなると次のサービスエリアで休憩すると言う事も連絡できませんし、お仲間の皆さんが自分の後ろに連なって走行してくれていれば良いのですが、違う車線を走行していたり違う車が割り込んで走行していたりすると、もしかすると後続車の方が気付かずに通り過ぎてしまうかもしれません。

そう言う時に今回紹介する「CarWink」を車のバックガラスに貼り付けておけば様々なメッセージをスマートフォンを通じて送る事ができます。

全文を読む

Home > タグ >

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。