Newガジェット

タイヤまで外せてコンパクトになる超軽量16インチ変速付き折りたたみ自転車「pakiT」

自転車を買う時に折り畳み自転車とジャンルの自転車を選択肢に入れた事ってありますか?

折り畳み自転車を持っていればよかったな?と思った事ってありませんか?例えば旅行先でレンタサイクルもなく延々徒歩で移動しなければならない様な時、自転車があればと思った事はあるでしょうし、広い公園でも自転車走行可能な公園であれば自転車があれば移動がとても楽になります。ですが、いくら折り畳んでコンパクトになると言っても自動車があれば持ち運びもトランクスペースに載せておくだけで良いのですから持ち運びが大変と言う事はありませんが、これが公共交通機関である電車やバスと言ったものを使うとなると話は別です。
走り易い折り畳み自転車はタイヤも大きく更に変速ギアもついていますから優に10kgは超えます。これを持って旅行へ行ったり公園へ行こうって思う方って希ですし、普通は重いからそうは思ったけれど置いて行こうって事になるのですが、この「pakiT」はオプションの専用のバックパックを一緒に購入すれば小学校高学年の子どもさんでも楽々背負って持ち運べる折り畳み自転車なのです。

この「pakiT」の特徴は折り畳んだ時のコンパクトさと軽さです。「pakiT」にはギアの種類で3種類の車体が用意されているのですが、変速ギアがついていない最もベーシックなバージョンで重さは何と約6.8kgと、女性でも小学生でも軽々と持ち運べる程の軽さです。そして3段ギアタイプで約8.2kg、そして一番重い11段ギアタイプで約8.8kgと何と10kgを切っているのです。
それは16インチと言う従来折りたたみ自転車のカテゴリーでは最も売れている20インチと言うタイヤよりも小さいサイズのタイヤを採用している事にもよるのですが、タイヤが小さくなると同じだけの距離を走るとなると漕ぐ回数が増えて疲れますし、更にスピードも落ちると言うデメリットがあるのですが、それをこの「pakiT」は変速ギアを採用する事でタイヤが小さくなった事へのデメリットをカバーしています。

そしてもう1つ「pakiT」の重量に寄与しているのがペダルとタイヤを繋ぐチェーンで、チェーンは普通金属なのですが、この「pakiT」はチェーンをより軽いゴム製のタイミングベルトにする事で更なる軽量化を行っています。そしてタイミングベルトを採用する事は軽量化だけではなく、もう1つのメリットがあり油で汚れないと言う事です。通常チェーンと言うのは油を差していますからチェーンを手で触ると油で手は汚れますし、自転車を折り畳んで例えば持ち運び用のバッグに入れたり車に積み込んだりしても、どこかしたチェーンが当たってそこが油で汚れてしまいますが、タイミングベルトにすると油を差すと言う事はしませんから非常に綺麗です。

またタイヤを外した状態での分解・組立にかかる時間は始めてやる時でも約3分もあればタイヤまで脱着できると言う分解・組立のし易さを持っていますし、タイヤまで外せばオプションで用意されている71cm x 43cm x 20cmの専用のバックパックにスッポリ入るコンパクトさなのです。

更に「pakiT」の耐荷重は最大100kgで身長137cm~193cmまでですから身体の大きい小学生なら大人になっても余裕で乗り続ける事ができます。

https://www.kickstarter.com/projects/greengear/pakit-city-bike-lightest-folding-bike-ever-fits-in

バッテリーが切れても安心スマートドアロック「AMADAS Smart Lock」前のページ

伸び縮みするバッテリー搭載ポータブルMIDIキーボード「KOMBOS」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    決定的瞬間を激写するウェアラブル・スマートカメラ「Perfect Memory」

    よくYouTubeを見ていると、こんな映像どうやって撮影したのだろうっ…

  2. Newガジェット

    磁気接続4K HDMIコネクタが付属した60W急速充電も可能なUSB-C磁気接続ケーブル「Simpl…

    磁力で脱着できるケーブルの1番の魅力はコネクタに差し込む必要がないのと…

  3. Newガジェット

    ワンアクションで解けて結べる靴紐「Xpand Quick Release System」

    紐靴の紐ってついつい解いたり結んだりするのが面倒で、ついつい紐を解くの…

  4. Newガジェット

    パケット代を気にせず圏外でも同時通話が可能なトランシーバ機能を搭載したBluetooth骨伝導ヘッド…

    骨伝導イヤホンは音を振動に変え、そしてその音の振動が骨を経由して蝸牛と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP