視界が遮られていても思いっきり動き回る事ができる世界初のパーソナルVR全方向性トレッドミル「KAT Walk C」

VRゲームの世界も当初は頭の動きに合わせて視点しか動かせなかったものがVRゲームコントローラーの進化によって最近では身体にセンサーを取り付ける事でゲームプレイヤーの姿勢の動機だけでなく、歩く走ると言った動作に加えどの方向(後ろに移動するのか、横に移動するのか)に移動するのかと言ったものまでゲームプレイヤーと同期できる様になっており、まさにゲームフィールドの中に降り立った感じでゲームをプレイできる様になっています。

ただそこまで発達したVRゲームコントローラーですが、1つ問題があり視界がVRヘッドマウントディスプレイで遮られてしまっており、リアルな今自分がいる部屋の様子を見る事ができない為に、どうしても思いっきり動く事ができない事です。
そこで今回は、視界が遮られていても思いっきり動き回る事ができるパーソナルVR全方向性トレッドミル「KAT Walk C」をご紹介致します。


トレッドミルで動きを全解放


従来のVRゲームコントローラーの中には身体のポジション、ポーズで歩く、走る等のコマンドを実行できる程度だったのが、膝や腰の部分にモーションセンサーを取り付ける事で実際の足の動きから歩く、走る、そしてその歩いたり走ったりするスピードを実際の動きとシンクロさせる事ができるVRコントローラーやそれに対応したゲーム等が増えて来ています。
ですが完全に視界を遮られた状態で足を実際に動かして移動するとなると、その場に留まってただ足を動かしている真似をしていると思っていても多少は場所を移動していますし、その移動している事を感じ取ってしまうとどうしても何かにぶつかってしまうのではないかと動きを抑え気味にしてしまいプレイにもかなり支障が出て来ます。

ですが今回紹介する「KAT Walk C」は足下がトレッドミル(ルームランナー)の様に動く様になっており、場所を移動する事なく自由に歩いたり走ったりする事が出来るほか、それにプラスして身体を固定する為のホルダーも装備していますので思いっきり走ったとしてもトレッドミルの様に蹴躓いて転けたりと言う事もありませんでも本当に自然に自由に動く事ができるのです。

また、動く方向は前後であれば身体を少し斜め前に傾斜する事で身体を固定する為の腰ベルトが前方傾斜を検出する事で前へ進みますし、後ずさりは片方の足を後ろに出した状態にする事で後ずさりする等、少しこの「KAT Walk C」のコントロールのクセを掴まなければなりませんが、慣れれば自然と動く事ができる様になるはずです。


しゃがみ込むと言った動作も検出


そしてこの「KAT Walk C」では走ったり方向転換したりと言った事に加え、何としゃがみ込んで身を潜める、何かモノを拾うと言った様な動作も検出し、ゲームプレイヤーに反映させる事ができるのです。
こう言った動作を検出する場合、足や腕やボディーにたくさんのトラッキングセンサーやモーションセンサーを取り付けなければ本来なら検出できないのですが、この「KAT Walk C」ではある一定の動きをした時の腰ベルトの反応によってどう言った動作を行っているのかを判断していますので、この「KAT Walk C」では靴を履いて「KAT Walk C」に乗り、腰ベルトを固定したらVRヘッドマウントディスプレイを被り手にコントローラーを持てばゲームを始める事ができますので、準備にあまり時間を必要としないと言うメリットも持っています。


全て自ら動かなくて良いコマンド的なポーズ


さてこの「KAT Walk C」のトラッキング機能が素晴らしいと言う事は理解してもらえたかと思いますが、ただずっと自ら足を動かして移動していたのでは疲れますし、その疲れが俊敏性を奪ってしまいます。
そこでこの「KAT Walk C」ではコマンド的なポーズも備えています。
例えば後ろに下がるのであれば片方の足を後ろに出せば、出している間はずっと後ずさりしますし、片方の足を前に出した状態を保っていればずっと前進で進んでくれ疲れない様にもなっています。

またこの他にもポーズ的なコマンドはたくさん設定されており、VRゲームをよりリアルに楽しめる様になっていますので、もし興味を持たれて詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/katvr/kat-walk-c-ready-player-one-vr-treadmill-at-your-home

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です