Newガジェット

総重量はたった5.5kgと携帯性に優れているだけでなく、使いやすさ、快適性も追求された自立型ハンモック「The Vista」

みなさんはハンモックで寝た事はありますか?
ハンモックって西部劇や古い時代のアメリカ映画によく出て来ますが、ハンモックに一度寝てみると、布団とは全く違った寝心地の虜になります。

では寝心地はと言えば、これが表現し辛いのですが、1枚の布に包み込まれるので布団の様にフワフワとした感触はないのですが、包み込まれる様な感覚は幼少期の頃を思い起こさせる様な感覚で、布の隙間から吹き込む風は蒸れる事がなく心地よく、自然と睡魔を誘いくらでも寝る事が出来ます。

そこで今回は、どこへでも持ち運んでハンモックを堪能する事ができる自立式ハンモック「The Vista」をご紹介致します。


乗り降りのし易いハンモック


ハンモックの使い始めは、誰もがよく落ちる、落ちかけます。
それはハンモックが1枚の布を2点で支えている事で、布の中心に荷重をかけているのであれば問題ないのですが、ハンモックによじ登ったり、降りたり体勢を変えたりする際に重心を少し端に移動させると、アッと言う間にクルッっと回って自分の身体は地面に落ちているか、ハンモックに絡まっているかのどちらかになってしまいます。
特に降りる際にクルッっと回る事が多く、ハンモックを避けたり嫌がる方はこのハンモックの昇降のし辛さが原因である事が大半です。

一方でこの「The Vista」では完全に寝そべる事は出来ず、身体全てをハンモック上に乗せたとしてもシッティングスタイルにしかならないのですが、この姿勢と言うのは身体全体に均一に圧力を感じる、いわゆる重力を感じないゼロジースタイルと言われる姿勢になりますので、見た目とは違い寝ている本人は非常にリラックスした状態で休憩、眠る事ができます。

更に昇降する際も、ハンモック上にお尻を乗せたあと背中をハンモックに押しつけ、足を上げてハンモックの生地の端をかかとに引っかけて伸ばす事で乗る事ができ、降りる際にはその逆で足を使ってハンモックの生地を寄せ集め足を出し、足を地面につけてから立ち上がって降りる事ができますので、ハンモックがクルっと回って落ちると言う事はまずありません。


慣れれば30秒で組立


次にこの「The Vista」はどこででも使えると言う事をコンセプトに設計されていますのでその重量は約5.5kgと自立式ハンモックの中でも群を抜いて軽量です。
しかも説明書を見ずに組み立てられる設計は、組立時間も30秒と非常に短く簡単で、専用のキャリーバッグにパーツを全て詰めて出かければ、お気に入りの場所でいつでもくつろぐ事ができます。

更に土台の中央部分にはセキュリティーボックス的なジッパー付きなポケットがあり、貴重品はここに入れておけば、周囲に知らない方がたくさんいる場所でついつい寝入ってしまったとしても多少は安心ですので、もし詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/yellowleafhammocks/the-vista-portable-hammock-and-stand

温度制御を取り入れた設計やワイヤレス充電コイル剥き出しな所に質の高さが感じられるUSB-Cマルチハブ「Acuce A10 Pro」前のページ

ポケットサイズなのに爆光2500ルーメン、充電ケーブルストラップまで付属したLED懐中電灯「Wuben X2」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    レトロボディーの銀塩カメラとインスタントカメラが織りなす新しい映像表現が存分に楽しめる「Jollyl…

    一時期は完全に売り場から姿を消していたチェキ等のインスタントカメラです…

  2. Newガジェット

    歩いて充電できる振動発電バッテリー「AMPY」

    何も電源がない時!!何とか充電したい!!と思った事はないだろうか?ソー…

  3. Newガジェット

    リクライニングしない、快適な座り心地を実現したアウトドア用折り畳み椅子「True Places Fo…

    少し朝晩と寒さを肌には感じる様にはなっていますが、まだまだキャンプやB…

  4. Newガジェット

    スマートフォンでコントロール!!狙った場所へショットする卓球マシン「Trainerbot」

    卓球と言うとあなたは何をイメージしますか?やはり福原愛や石川佳純や水谷…

  5. Newガジェット

    市販の缶や瓶だけでなく、淹れ立てのコーヒーも数分で冷却してアイスコーヒーにできるボトルクーラー「Ju…

    みなさんのご家庭では朝、子どもさんが学校へ水筒を持って行くのに冷蔵に冷…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP