Newガジェット

1回に45分もダイブできるタンク不要の簡易潜水器具「TRITON」

”エアーフィン”と言う簡易潜水器具はご存じですか?レギュレターに直接2本のボンベが挿さった器具で、ボンベを背負わなくてもこのエアーフィンを口に銜えるだけで手軽に潜る事ができる潜水器具です。
ただこのエアーフィンの最大の難点は潜水時間が短い事。標準について来るボンベだと、頻繁に空気を吸う人だと2~3分もしないウチにアラームが鳴るので長時間潜るなんてとんでもありませんし、アドバンスセットやサポートセットを買えば潜れる時間は長くなりますが、タンクが重くかつ多くなり、銜えておくのも大変です。しかもお買い得な重機材セットほどの価格がするのでそれなら重機材を買った方が安いのが”エアーフィン”です。

しかもタンクにエアーを充填する為にはダイビングショップに行くか空気充填器具と高圧タンクを持っていなくてはならず潜ってはすぐに上がって空気を充填してと、あまり実用的ではありません。

ですがこの「TRITON」ならボンベが不要なので空気の充填作業もいらずしかも45分も連続ダインビングできる優れもの潜水器具なのです。


この「TRITON」の特徴は何と言っても重い重機材を持って行く必要がなくこの「TRITON」だけでダイビングを楽しむ事ができると言う事と、エアータンクが不要な事です。
ですからちょっと気になるポイントを見つければ「TRITON」を口に銜えるだけですぐに潜れますから、クイックかつ手軽に潜る事ができます。
もう重い機材を車から降ろしてセッティングして背負う必要もなく、上がってから何時間もかかっていくつもある機材全てをバラして綺麗に真水で洗ってメンテする必要もありませんし、タンクにエアーを充填する必要もありませんから、ダイビングシップに行ってタンクを充填してもらうだとかと言った事ももう必要ありません。

ではなぜ「TRITON」はエアータンクが不要なのでしょうか?この「TRITON」は化学変化で酸素を発生させるワケでも電気分解して酸素を発生させるワケでもありません。その秘密はMicroporous Hollow Fiber(微多孔質中空糸膜)と言う、人工肺に使われている素材を使い、水中の酸素をエラ呼吸する魚の様に微多孔質中空糸膜を水が通ると水分に含まれている酸素だけを通して酸素を集めるからです。

その補助としてこの「TRITON」にはコンプレッサーが内蔵されており、このコンプレッサーを使って水中の酸素を効率良く取り出して供給する役目を果たしております。

また酸素しか取り出して供給しませんからダイビングをする人にとって頭をよぎるのは酸素中毒の心配です。ただ「TRITON」の最大潜水深度は15フィート(約4.5m)で連続潜水時間は45分ですから酸素中毒になる事はなりませんし、潜水震度が深くなったり潜水時間がもし長くなる様であればバイブレーションで「TRITON」が危険を知らせてくれる様に設計されています。

ダイビングのライセンスは持っているけれど、年間あまり潜らないのに重機材を自前で持つのももったいないし、かと言って毎回レンタルってのも嫌だし。だからと言ってシュノーケリングでは物足りないしと言う人にとってちょっと潜るには最高のアイテムと言えますよね。

ちなみにメンテは水洗いだけですが、真水のプールや川や湖と比べて海水にはたくさんの様々な物質が溶けて混ざっていますから、その物質が微多孔質中空糸膜を詰まらせてしまいますので、海でダイビングした場合は徹底的に洗浄してあげる必要がありますのでご注意ください。

詳細については下記URLをご覧ください

https://igg.me/at/tritongills/x/7929074

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/73906

丸洗いできるLED照明内蔵のぬいぐるみ「LeeLuu」前のページ

光って回ってスマホからもコントロールできるレゴブロック「Brixo」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    濡れない、切れない、見つからない、と対泥棒対策が万全に施されたウエストポーチ「Air Sling」

    みなさんはバッグを切り裂いて中に入っている財布やスマートフォンや貴重品…

  2. Newガジェット

    遂にディスプレイもワイヤレス接続な時代がやって来た!!タッチ操作にも対応した15.6インチモバイルデ…

    何でもそうですが、ワイヤレス接続と言うのはケーブルがない事で配置が自由…

  3. Newガジェット

    プログラミングする事でダンスさせる事も可能なトランスフォーマー的なロボット「Robosen T9」

    トランスフォーマーと言えばアメリカの映画を想像される方も多いでしょうが…

  4. Newガジェット

    ニットキャップやヘアバンドと一体化したヘッドライト「LUMA ACTIVE」

    暗い場所で動く時に必要なものは?と言われて何が思い浮かびますか?やはり…

  5. Newガジェット

    GPS-RTKや3Dカメラの他に刈り取った芝の自動廃棄装置がとても魅力的なまさに全自動のロボット芝刈…

    ロボット掃除機はチリやゴミなどをダストボックスに回収してくれますが、ロ…

コメント

    • 鈴木
    • 2018年 5月 18日 1:47am

    何処で。買えますか?

    • 酒井英幸
    • 2021年 8月 11日 9:20am

    こんにちは。凄く興味が有ります。購入のしかた、お値段詳しく教えて頂けますか。宜しくお願い致します。

      • くらさん
      • 2021年 8月 13日 9:09am

      はじめまして。
      この商品を追跡して調べてみたのですが、どうやらペンディングになっている様です。

    • 鈴木隆司
    • 2021年 9月 30日 8:46pm

    エアフィンのサイト知りたい

      • くらさん
      • 2021年 10月 01日 8:58am

      はじめまして。
      こちらの製品ですが、結果的に製品化できなかった様で、オフシャルサイトも現存しません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP