ジップロックを使って冷蔵庫の中を綺麗に整理整頓するストックアダプター「Zip n Store」

冷蔵庫の中を見渡した時に隠れているものってありませんか?そう言う隠れた死角があると決まってその場所にある食材と言うのは賞味期限切れを起こしてしまっています。
そしてそれは時には液状化していたり、ミイラの様になっていたり、発酵し過ぎていたりと目にするのが恐くなる時ってありませんか?そしてそう言うのを目撃した時はキチンと整理をして収納しようと思い100円均一ショップで色々なアイテムを購入して来て、収納術の本やサイトを参考に整理したとしても長続きせず冷蔵庫や冷凍庫の中で積み上がっているって事ってよくありますよね。

その原因と言うのはパッケージの形状が1つ1つ違う事であったり売られている冷凍食品や加工食品の品のほとんどがビニールパック詰めである事が要因として挙げられます。ビニールパックって自立する事はできませんから、基本は寝かせて積み上げるしかありませんし、引き出し式の冷凍庫も立てて入れたら良いと言いますが袋の大きさが均一でなければ立てていれても高さが違いますから不揃いになってしまいますし、更にそれに加えて作って余った料理や作り置きの料理を冷凍するとなるとどうしてもタッパーの様なものを使う事になりますからどうしても立てて入れる事は無理で積み上がってしまって結局底に眠ってしまっている食材に気付かずに霜だらになって味も変わってしまって結局捨てるハメになってしまいます。

そう言う使い掛けの食材や余った料理を綺麗にシステマティックにジップロックを使って収納できるシステムがこの「Zip n Store」です。この「Zip n Store」があればもう使わないタッパーの山で悩まされる事もなくなりますよ。


さて「Zip n Store」には大きく分けて2つのアイテムがあります。1つはジップロックを吊り下げる為の”Frig Shelf Cold n Store slide out unit”と”Frig Door Cold n Store”、そして”Cabinet Shelf Dry n Store Slide out”です。 

ではどうやってジップロックを吊り下げるのかと言うと、吊り下げユニットにはスリットが入っておりそこにジップロックのチャックの出っ張り部分を引っ掛ける事で吊り下げる事ができます。ですからジップロックでなくてもチャック付きのビニールパックであればジップロックに中身を移す事なくそのままつり上げる事ができるので便利ですよ。

では吊り下げ式のものにはどう言うものがあるのかと言うと、まずは冷蔵庫の中に取り付ける引き出し式の収納アダプター”Frig Shelf Cold n Store slide out unit”です。これは冷蔵庫の棚の裏に貼り付けるタイプで、引き出しの様なレールがついていて手前に引き出せる様になっており、棚の奥行き42.7cmがあれば設置する事が可能です。また横幅は17.39cmになります。

高さは収納するジップロックの大きさによって決まりますがコストコやイケアに売っているガロンサイズ(サイズ26.8cm×27.3cmでiPadがスッポリと入ってまだ少し余るくらいの大きさのジップロック)であればそれなりの高さが必要になります。

次は冷蔵庫の扉のポケットに取り付ける事ができる”Frig Door Cold n Store”です。こちらも大きさは”Frig Shelf Cold n Store slide out unit”と同じです。

そして次は収納棚に取り付けて使う”Cabinet Shelf Dry n Store Slide out”で、こちらは奥行きが28.1cmと、カラーボックス以上(内寸の奥行き約27.5cm)奥行きがある棚であれば設置する事ができ、こちらもレールがついていて引き出す事が可能です。

そしてもう1つが冷凍を効率よく行う為のアイテムの数々です。

1つめは”Chop n Fill Stand”と”Chop n Fill quart size””Chop n Fill Gallon size”です。これは何かと言うとジップロックに食材を入れる為のサポーターです。例えば一人でジップロックの口を広げて鍋の中の食材をジップロックに入れようと思って鍋を傾けたとたん、ジップロックの口が鍋からズレてしまって食材が溢れてしまったって事ありますよね。そう言う時にこのアダプターがあれば口をしっかり開いて固定する事ができる上に付属のシリコン製の板を使う事で楽に溢す事なくジップロックに食材を入れる事ができる為のアダプターです。アダプターは2種類、クオーターサイズとガロンサイズがありますので、例えばコストコで売っているクオーターサイズやガロンサイズのジップロックを使っている方にはこのアダプターがピッタリと合いますよ。

次に2つめが”Freeze n Store tray”でこれは1つのジップロックに詰めた食材を小分けする時に使える仕切りのついたトレーです。例えばスープものだったりする場合、凍らせておいて後から1食分だけ取りだして電子レンジで温めて使いたいって時に便利です。
これを使えば1つのジップロックで凍らせる事ができますし同時の小分けする事もできます。そしてトレーのサイズはガロンサイズのジップロックをセットすれば綺麗に6等分できる様になっています。

次に3つめが”Freeze n Stack, with 8 Freeze n Stack inserts”です。これはジップロックを凍らせる時に均一の大きさにして凍らせる事ができるアダプターです。クオーターサイズのジップロックに食材を詰めてプラスティックの板のインサートと言う部品で挟み込んでFreeze n Stackに入れて冷凍する事で同じ大きさ、同じ厚さで冷凍する事ができますから、これなら引き出し式の冷凍庫に立てて収納しても高さが揃って見易く気持ちよいですよね。

以上、たくさんのアイテムが「Zip n Store」にはあり、目的に応じてたくさんの種類のセットが用意されていますので詳細は下記URLをご覧ください

https://www.kickstarter.com/projects/27099069/zip-n-store-food-storage-simple-and-easy

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です