Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | アウトドア > 折り畳むとICカード2枚を重ねた様な大きさしかない、カードケースに入る使い捨てレインコート「Raincard」

折り畳むとICカード2枚を重ねた様な大きさしかない、カードケースに入る使い捨てレインコート「Raincard」

みなさんは降水確率が何%くらいあると傘やレインコートと言った雨具を持って出ますか?
日本では幸いにも梅雨に見られる様に雨に降られる機会が多いので、傘もそうですがレインコート等も様々なタイプなものがあり、傘には携帯に優れた折りたたみ傘がある様に、レインコートもコンパクトに折り畳んで常に持ち歩けるものが数多くあります。
その中でも小生が子どもに持たせて便利だと思ったのがガチャガチャのカプセルの様なカプセルに入ったレインコートです。
ちょうどカプセルにカラビナ(フック)がついていてランドセルにぶら下げておけるので、邪魔にならず忘れる事もないので、傘を忘れて急な雨に降られた様な時はカプセルからレインコートを取り出して帰って来れば濡れる事がありません。

ところが大人用はと言うと、大人は折り畳み傘を持って出なさいって言う事なのか、それとも既にオシャレなポーチに入ったレインコートが多いからなのか、それともコンビニでワンコインで傘が買える時代だからなのか?なかなかコンパクトで常に持ち歩いていて邪魔にならないと言うレインコートに出会った事がありません。

ですが大人の方の中にはバッグは持たず必要なものはポケットに全て入れて持ち歩くと言う方は意外と多いですし、そう言う方がわざわざ折り畳み傘を持って出るはずもなく、ガチャガチャのカプセルをズボンのベルトループに通してぶら下げておくのもちょっと恥ずかしいものがあります。

そこで今回は大人の人が常に持ち歩けるレインコート「Raincard」をご紹介致します。

この「Raincard」は言うなれば使い捨てのレインコートで、製品としてはちょうどICカード2枚を重ねた様な大きさ、そして厚みのレインコートになるので、カードケースや財布のカードポケットに入れて持ち歩く事ができるのが特徴で、常に財布に入れておく事でもし急に雨い降られてもこの「Raincard」を財布やカードケースに入れておく事で、雨で身体や衣服を濡れるのを防いでくれます。

例えば、通勤や通学もそうですが、フェス等の屋外イベントで急にゲリラ豪雨に降られた時や、USJやディズニーリゾート等にある水に濡れるアトラクションや、夏場に行われる水にズブ濡れになるショーで濡れるのが嫌と言う時にも役立ちます。

ただ財布やカードケースのポケットに入るサイズにする為に「Raincard」の生地を薄くしないと折り畳んだ時に生地の厚みで膨らんでしまいカードポケットに入れる事ができません。
ですからこの「Raincard」の生地はかなり薄く少しテンションをかけて引っ張ると切れて破れてしまいそうなので、日常的に使うものではなくあくまでも非常用とお考え下さい。

また数多く購入すれば1個あたり100円を切る価格で購入する事ができますし、ノベルティーグッズとしてオリジナルロゴを入れると言うサービスも用意されていますので、詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/8274675/raincard-the-first-credit-card-sized-raincoat

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/79755

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://meiya.jp/wp-trackback.php?p=32523
Listed below are links to weblogs that reference
折り畳むとICカード2枚を重ねた様な大きさしかない、カードケースに入る使い捨てレインコート「Raincard」 from KURA BASE

Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | アウトドア > 折り畳むとICカード2枚を重ねた様な大きさしかない、カードケースに入る使い捨てレインコート「Raincard」

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。