薄さと収納力と言う相反する課題を視点を変える事でクリアした超薄型な長財布「Noty3.0」

昔から財布を持つのが嫌いと言う方は多く、そう言う方はマネークリップを使ったりしてお金をまとめて持ち歩いていたのですが、今は現金ではなくクレジットカードや電子マネーの時代。
公共交通期間に乗るのもICカードでキャッスレスで乗る事ができ、現金ではなく各種カードを複数枚持ち歩くと言う風に変わって来ています。

そこでICカードが普及した辺りからカードだけを収納する小型のカードケースを財布売り場でもよく見かける様になっているのですが、メインはカードでもしもの時の為に現金を入れておきたくてもほんの数枚のお札か硬化入れる事ができず、現金はほんのオマケ程度にしか持ち歩けず本当に必要な数の現金を持てているかと言うとそうではない方の方が多いのではないでしょうか?

ただクレジットカードサイズ大のカードケースにたくさんの現金を入れようとすると普通の財布程度の厚みになり、せっかく薄型のカードケースを買ったのに厚みのある財布と同じじゃんと言う事になり、薄くて軽くて小さい財布を望んでいる方の要望に応える事はできません。

ですが今回紹介します「Noty3.0」はある工夫で薄さを維持し、現金の収納力をアップする事に成功した長財布です。


この「Noty3.0」は縦16.8cm×横10cmで、ちょうどクレジットカードを横に3枚縦に積み上げた様なサイズの財布で、カード用ポケット3つにSDカードやSIMカード、切符等を入れておく事のできる透明なポケットを1つ備えています。

そして透明なカード用ポケットには免許証や会社のIDカードを入れておけばその都度抜いて見せる必要はあありませんし、他のカード用ポケット2つにはそれぞれ2~3枚のカードを入れる事ができますので最低でも6枚種類のカードを入れて持ち歩く事ができますし、押し込めば最大9枚のカードを入れる事ができます。

そしてこの「Noty3.0」にはお札を入れておく為のポケットが2枚のカードポケットの裏側に設けてあり、1万円札でも折らずに入れておく事ができるのがこの財布のメリットです。
と言いますのもお札を折るとその分、厚みが増して収容量が減り、必要な分のお札を入れようとすると財布がパンパンに膨れあがります。
ところがこの「Noty3.0」では折らずに入れる事ができますので、厚みを増さずに収納量を上げる事ができると言うわけです。

また裏側にはジッパーのついたポケットがついており、ここには小銭や鍵を入れておく事ができますのでクレジットカードや電子マネーが使えない自動販売機やショップでの支払いでも困る事がない様になっていますので、まさに現金とカードを一緒に持ち歩きたいと言う方にはオススメな財布と言えますので詳細につきましては下記URLにてご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1938324059/noty30-best-rfid-canvas-minimal-slim-travel-wallet

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です