指の押込み方で3つの違った操作が可能な左右のボタンが特徴的なゲーミングマウス「TRACER」

ゲーミングマウスと言うのは文字通り、ゲームを快適にそしてより相手よりも俊敏にプレイする為に開発されたマウスの事を差すのですが、一般的にはマウスの動きを検出する為の分解能が高いマウスをゲーミングマウスと呼んでいます。

例えば普通のマウスが800dpi前後なのが一般的なのに対してゲーミングマウスは12,000dpiと非常に分解能が高く、一般的なマウスが極端は話、1mm移動させないとマウスが動かされたと検出しないのに対してゲーミングマウスは0.1mm以下でも反応し、小さな動きを大きな変化として伝える事ができます。

またこの他にもゲーミングマウスは基本的には無線ではなく有線で、ケーブルでPCに接続します。これは無線ではどうしても遅延が発生するからで、そのコンマ何秒の遅延が勝負の世界では命取りになります。

またゲーミングマウスにはキーボードレスでマウスだけで様々な操作を行える様にボタンをたくさん装備したものもあり、今回紹介するゲーミングマウス「TRACER」はぼ13のボタンを備えるだけでなく、プラスαの機能を備え、その機能がとても操作しやすそうなのです。


圧力センサーを内蔵した左クリックボタン


 

では13個のボタン+αの機能は何かと言いますと、普通マウスの左クリックと右クリックボタンの間にスクロールホイールがあり、親指側にサイドボタンを配置しているのが普通ですが、この「TRACER」では何と左クリックボタンと右クリックボタンの位置に追加で2つのボタン、合計すると3つのボタンが直線的に配置されているのです。

このうちFingertripボタンはちょうど指の第2関節が当たる位置に配置されており、Triggerボタンは第3関節下で最初は慣れるまでが大変かもしれませんが、ほぼ指の移動なく3つのボタンを押し分ける事で3つの操作ができるのです。

またFingeetripとTriggerボタンは高さの違うキーキャップが2つ付属しており、どちらか押しやすい方を選ぶ事ができる様になっています。

更に左ボタンに至っては左ボタンとTriggerボタンには圧力センサーが内蔵されており、チョンと押すのとギューと強く押すのとで別な操作が可能なのです。

更にこれにプラスして左ボタンはマウスの方で単押しと長押しを分けて認識して、これまた別々な操作を割り当てられますので、人差し指の動きだけで6つもの操作ができてしまうのです。


起動ゲームを認識して自動でプロファイル適用


そしてこの「TRACER」ではキーの割り当てをゲーム毎にカスタマイズする事ができるのですが、よくやってしまうのが違うゲームのキー割り当てでそのままプレイし始めて、暫くして設定プロファイルを変えるのを忘れていたと気付く事です。
ですがこの「TRACER」は起動ゲームを自動的に認識して割り当てプロファイルを変更してくれます。

また初心者だとどのボタンにどの操作を割り当てれば操作がし易いのか分かりませんが、この「TRACER」では予めメジャーなゲームのプロファイルは予め用意されていますので、プレイした事がないゲームもすぐに何年もやっていたかの様にスムーズにプレイする事ができるのです。


サポートゲーム


またサポートしているゲームは、Apex Legends、Borderlands 3、Call of Duty:Modern Warfare、PlayerUnknownのBattleGrounds、Counter-Strike:Global Offensive、Dota 2、Final Fantasy XIV Online、トムクランシーのレインボーシックス、フォートナイト、オーバーウォッチ、リーグオブレジェンド、ワールドオブウォークラフト等となります。

なお詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://igg.me/at/tracer-mouse/x/7929074#/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です