これを考えた方はすごい!!AirPods Maxを置くと同時に充電も行ってくれる充電スタンド「The Max Stand」

Apple初のオーバーヘッド型ヘッドホンAirPods Maxを使っていて不満に思う事は、未だにLightning充電であると言う事です。
AirPodsやAirPods Proがワイヤレス充電に対応しているのに何故AirPods Maxはと言う気持ちはありますが、オーバーヘッド型ヘッドホンの形状を考えると置いて充電と言うのは現実的ではないかもしてませんが、それでもスタンド等をオプションで作って置くだけで充電できる様にしてくれれば便利だったのになと思っているのは小生だけではないはずです。

中にはマグネットコネクタを使い少しでもLightiningコネクタを差し込む手間を省いた方もおられますが、充電コネクタ部分を充電口まで持って行かなければならない手間は変わりません。

そこで今回は、ビビッっと来たAirPods Max用の充電スタンド「The Max Stand」をご紹介致します。


立てて置いて小スペース充電


この「The Max Stand」の1番の魅力的な所はスタンドにAirPods Maxを立てて置いて充電ができると言う事です。
AirPods Proをあのあまり評判の良くないケースに入れずに充電を行おうと思えばAirPods Maxに横にして置いてLightningケーブルを差し込んで充電しなければいけませんので、テーブル上にかなりのスペースを必要とします。
ですが、立てて置く事ができればテーブルの隅にでも充電台を置いておけば邪魔になりませんし、何よりAirPods Maxを片手に持ち、そのままの形のまま「The Max Stand」に置けばスタンドの溝の部分にピッタリとイヤカップの部分が綺麗にはまって純正の充電台の様な統一感があると言うのが魅力的です。


陰の立て役者


では何故この「The Max Stand」ではAirPods Maxを置くだけで充電できるのでしょうか?
それにはマグネットコネクタと言う立役者がいるのです。
ご存じの様にマグネットコネクタはコネクタの先端の部分を分離し、ケーブルとコネクタの先端を磁力によって接続するコネクタの事で、ケーブルとコネクタを近づけるだけで磁力で引き合って結合して通電し充電してくれると言うのが魅力的な上、ケーブルを誤って引っ掛けても簡単にコネクタが外れて充電しているデバイスを傷つけたりケーブルを切断したりする事がないと言うのがマグネットコネクタのメリットです。

そのマグネットコネクタを充電台に仕込み、アダプタをAirPods MaxのLightiningコネクタに差し込んでおく事でこの「The Max Stand」では置くだけで充電と言う究極の簡素な充電方法を実現させています。

またマグネットコネクタ用のUSB-C充電ケーブルも付属していますので、外出先でもケーブルだけ持っていれば紛失しやすいアダプタを外さずとも充電する事ができます。


同色カラー


そしてもう1つ「The Max Stand」の魅力的な点はAirPods Maxのカラーと同色の充電台を全てラインナップしてくれていると言う事です。
やはりAppleユーザーとしてはそう言う所も拘りたい一面ですので、本体と同色カラーの充電台をラインアップしてくれていると言うのはとても魅力点な点ですので、もし気になられた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/maxstand/the-max-stand

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です