ウェアラブル環境センサー「Scarab」

あなたはPM2.5をはじめとして、自分をとりまく環境にとても敏感ですか?そのデータはどうやって入手していますか?そして対策はとっていますか?目に見えないものだけに、観測機器で得たデータだけが頼りです。そして、そのデータはどうやって取得していますか?webからと言うのが多いと思いますが、それは今、いる地点のデータではないかもしれません。
そんなとき、簡単に簡単に計測するセンサーがあれば便利ですよね。そのセンサーがこの「Scarab」なのです。

この「Scarab」は、16種類のデータが取れるユニットなのです!!主な所では、NOx(窒素酸化物)、一酸化炭素、温度、湿度、オゾン濃度、UV(紫外線)、照度、騒音、放射線。気になる環境指標はほぼ網羅されています。

“ウェアラブル環境センサー「Scarab」” の続きを読む

バッテリー搭載のUSBメモリーでしかもBluetooth搭載の「KiiTAG 2」

あれと、これと、それと。アーミーナイフの様に色々なものが1つのガジェットに詰まったものって便利ですよね。それに1つになっていると、忘れたときは大変ですが、ちゃんと持っていればそれで全ての事ができるので便利ですよね。

この「KiiTAG 2」は450mAのバッテリーと8Gないし16Gのメモリーを積んでいます。このレベルのガジェットなら今までにもありました。更に「KiiTAG 2」にはBluetoothユニットが搭載されており、スマホとリンクする事により、専用アプリと連携して様々な操作ができるのです。
そして、懐中電灯までついており、筐体はアルミ製なので、キーチェーンに一緒につけておいてもカギで傷つくこともありません。

“バッテリー搭載のUSBメモリーでしかもBluetooth搭載の「KiiTAG 2」” の続きを読む

ストローを使ってロボットを作っちゃう「Quirkbot」

昨年、KickstarterでSTRAWBEESと言う、ストローを使って色々なオブジェクトが作れるという、キットの募集をしており、見事に目標達成しましたが(何故かPledgedしていなかった(^_^;))、STRAWBEESはある場所の取り付けたストローを引っ張ったり押したりすれば形が変形するオブジェクトを作ることができます。この「Quirkbot」はその手動を電動で動くオブジェクトを作ろうと言うキットです。

メインボードはATmegas32U4を使ったArduinoコンパチボードになっており、プログラミングはブラウザを使ってスクラッチの様に、コマンドをD&Dして各コマンドをフローに合わせてリンクさせる事により書くので、C#やC++と言った言語を知らなくてもプログラムできるので、子供でも楽しくプログラムの学習できる仕様になっております。

メインボードは動かすギミックはなく、Arduinoの様にI/Oボードで、各種センサーをつけて色々な制御が可能です。CDSやピエゾンセンサー、IRセンサー等々、色々なセンサーを使って動かすこともでき、実際に動かすにはサーボを使っています。実際にはサーボをメインボードでコントロールして動かす事により、実際に動くロボット!?みたいなものを作ることができるのです。

“ストローを使ってロボットを作っちゃう「Quirkbot」” の続きを読む

妖怪メダル「レジェンドメダル うんちく魔」当選だぁ~~~!!

今大流行りの妖怪ウオッチ。妖怪メダルを購入し、裏側のQRコードを撮影して妖怪メダランドに登録すると、ポイントが貯まってゲームができるのだが、そのゲームで大吉が出ると、その時々によりもらえる商品が違うらしい(書いている親の私は全く興味がないのでわかりません)。

そして息子が何か当てたらしく、送付先の住所登録だけ年末にしたものがようやく到着。(クロネコメール便にて到着)

さっそく開封の儀。

出てくる、ご当選おめでとう!!のお手紙

 
これがうんちく魔のメダルです。うんちくをたれる妖怪らしいです…….

そして、零式の妖怪ウオッチにさっそく装填してみました

子供は大喜び。大人は ふぅ~ん って反応………

ボール!?じゃないよ充電器だよ「ORA pod」

スマホを持ってますか?あなたなら、機能的な充電器とスタイリッシュな充電器、どちらが好みですか?このちょっと卓球のボールよりもちょっと大き目のボールの様な「ORA pod」は充電器なのです!!

通常、端子は外に出ていなくて、ボールをクルッと回す事により変形させる事により、端子が飛び出してきて、コンセントに直挿しできる充電器に大変身!!なのでポケットの中に入れていても、カバンの中に入れていても引っかかる事はありません。何故なら通常はコネクタ部分は格納されているからなのです。

“ボール!?じゃないよ充電器だよ「ORA pod」” の続きを読む

ワイヤレスでもUSB端子からでも同時充電できるモバイルバッテリー「Ampere」

あなたはQi充電器は使っていますか?Qiとはワイヤレス充電(ケーブルを挿さななくても充電できます)の規格の1つですが、ケーブルの抜き差しがなく、Qiの送電機にくっつけるだけで充電が始まるので、とっても便利です。
ですので、モバイルバッテリーにQiの送電コイルを内蔵したバッテリーが既にいくつも売られていますが、この「Ampere」はQiでワイヤレス充電もできますが、USB端子から2.1A出力で、QiとUSB、同時に充電が可能なのです!!

しかもスマホに入れたアプリで充電コントロールできるのが、この「Ampere」の特徴の1つです。Bluetoothでバッテリーとリンクしており、常にバッテリーの残容量をチェックすることができ、バッテリーが指定された容量以下になれば充電を開始すると言った指定ができるので、無駄な充電を防げます。
更にBluetoothで接続されるので、バッテリーの場所を探す機能もついているスグレモノです。これでバッテリーがカバンの中に入っていても、書類に埋もれていても発見することが容易です

“ワイヤレスでもUSB端子からでも同時充電できるモバイルバッテリー「Ampere」” の続きを読む

スマホからArduinoやRaspberry Piを操作するアプリが作れるライブラリ「blynk」

iPhoneやAndroid端末からArduinoやRaspberry Piを操作するアプリを作ってみたいと思った事はありませんか?
スマホをArduinoやRaspberry PiのディスプレイやI/Oデバイスとして使えれば、物理スイッチをつけたり、TFT液晶をつけたりと言った手間が省けますし、リモートで操作できるのってとっても魅力ですよね。

ただ自前でコードを書くとなると、Arduinoは特にTCP/IPの実装からコードの実装と、LANやWiFiのシールドと共にライブラリが公開されていますが、TCP/IPの手順そのまま書かないといけないので、初心者にとってはかなり大変です。どこかの公開されているソースを拝借して実装すると言う手もありますが。

方やスマホ側。こちらもアプリを書くのはいくらGUIでD&Dで大雑把にコードを書けると言っても、画面設計はしなければいけませんし、細かい所は自分でコードを書かないといけないのと、iPhoneはMacがいるので、Windowsマシンしか持ってない人は、Macを買うか、エミュレーター上でiOSを動かすかしなければいけません。

“スマホからArduinoやRaspberry Piを操作するアプリが作れるライブラリ「blynk」” の続きを読む

机に座った時に足がリラックスできる「The Foot Hammock」

机に座った時、あなたは足をどうしていますか?床に両足ペッタリと行儀良く、くっつけていますか?それとも足を組んでいますか?
膝をおって椅子の下に入れていますか?投げ出していますか?

椅子に座った時って結構、足の行き場に困りませんか?同じところにずっと置いておけないと言うか。そんな行き場の困った足の救世主、それがこの「The Foot Hammock」です。

そうハンモック。されどハンモック。目の付け所がなかなか鋭いです。足の位置を変える時、足の動きからすると前後方向に動かします。ハンモックを吊って前後方向に動くようにしてておけば、足を床につけたような状態で足の位置を自由に動かすことができるので、貧乏揺すりもできませんし、足を踏ん張ることもできるので、姿勢を正す手助けもしてくれます(足をブランブランとしていて背筋を伸ばすのは結構大変ですからね)。

“机に座った時に足がリラックスできる「The Foot Hammock」” の続きを読む

ワイヤレスシールドとペアで使うArduino互換機「AirBoard」

ArduinoにWiFiシールドやBluetoothシールドを載せてOTAPを使ってプログラミングってしてますか?あまりUSBケーブルを接続してのプログラミングもそう面倒ではないのですが、Arduinoボードを何かに組み込んだりしてUSBケーブルが挿せないとき、OTAPでプログラムの転送ができたら便利だなぁ~と思うこともしばしばありますが、組み込みにする場合、既存のArduinoボードを使う場合は、できるだけ必要なI/Oピンの数を満たす小型の基板面積の少ない互換ボードを使うため、BluetoothやWiFiシールドを使うとなると、接続する為のインタフェースボードを自作したりしなければならないのでかえって面倒だったり、基板の占有容積が増えたりするので、シールド使わずに小型の通信ボードをダイレクトに接続したり。

この「AirBoard」なら、市販のBlueoothやXBee、WiFiシールドに合わせて基板設計されているので、そのままコネクタを挿すだけでOTAPでプログラミング可能ですし、BluetoothやWiFi経由でスマホから「AirBoard」を制御することも可能です

“ワイヤレスシールドとペアで使うArduino互換機「AirBoard」” の続きを読む

Bluetooth温湿度計「Tempi」

あなたは温度計を毎日チェックしますか?温湿度を毎日チェックしていますか?
これだけ乾燥してインフルエンザが大流行していると、湿度が低いとウィルスが飛びやすくなりますから、湿度が気になりますよね。

ただ昔ながらの温湿度計ってかさ張りますよね。この「Tempi」ならバッジサイズなので、置く場所を選びませんし、身に着けられるようにクリップまでついています。

バッテリーも約9か月持つので頻繁に交換する必要はありませんし、アプリでバッテリーの残量は確認できますので、バッテリー切れで計測できなくなったってこともありません。
更にデバイスは9個まで登録することができますので、外気、キッチン、ダイニング、子供部屋、寝室と、各部屋に置いておけばそれぞれの部屋の温湿度を常に監視する事ができますし、温度アラートを設定しておけば、もし設定温度以上になったり以下になるとスマホで知らせてくれますので、子供部屋で空調が壊れて知らずに寝ている子供が脱水を起こして大変!!ってな不測の事態も防げます

“Bluetooth温湿度計「Tempi」” の続きを読む