同ジャンル最小最軽量、100W給電&4K@60Hz HDMI & USB3.2Gen2 & UHS-II カードリーダー内蔵「Ultimate_Dock」

USB-Cと言うインタフェースは非常に優秀なインタフェース規格でUSBの様にただUSBコネクタを備えた装置とのデータの転送を行うだけでなく、電力の給電、ディスプレイ出力、有線ネットワーク接続と非常に様々な装置と接続できる機能を持っています。

その為にUSB-Cを備えたPCにはMacBookの様にディスプレイ接続ポートや有線LAN接続ポート、そしてUSBポートまでなくなりUSB-Cポートオンリーになっています。
その為に何か外部機器を接続しようとすれば専用の変換アダプタを使うか、USB-Cマルチハブと呼ばれる多彩な機能を詰め込んだデバイスを使って外部機器を接続する事になります。

そこで今回は、そんな今や珍しくもなくなったUSB-Cマルチハブの中でも超高性能な次世代USB-Cマルチハブ「Ultimate_Dock」をご紹介致します。


HDMI 4K@60Hz出力


まずこの「Ultimate_Dock」の特徴としてHDMI出力が4K@60Hzである事が挙げられます。
通常USB-CマルチハブのHDMI出力は4k@30Hzである事が普通です。
この4Kは4K画質である事を示し、60Hzや30Hzは1秒間に何枚の4K画像を表示するかの違いで、60Hzは1秒間に60枚、30Hzは1秒間に30枚の画像を表示する事を意味します。
そしてその違いは眼ではハッキリと違いを見分ける事はできませんが、動きの早い映像などを見た時に、画面が滑らかに動いている様に見えるかどうかと言う差となって来ますし、FPSの様な敵のちょっとしたかすかな動きを発見して素早く攻撃すると言ったゲームをプレイする際には大きく違いが出て来ますので、60Hz対応と言うのはゲーマーにとっては魅力的なスペックです。


UHS-II対応 SDカードリーダー4.0


そしてこの「Ultimate_Dock」はSDカードリーダー4.0規格に対応し、UHS-II対応のSDカードやmicroSDカードを最大312MB/sで読み書きする事ができます。
USB-CマルチハブにはたいていUSBコネクタの他にカードリーダーが内蔵されている事が多いのですが、UHS-Iにしか対応しておらず、そうするとUHS-IIの1/3の最大104MB/s程度でしか読み書きする事ができず、折角高速で読み書きできるUHS-II対応のSDカードを差し込んでも、イライラするくらいゆっくりとでしかファイルを読み込んでくれませんが、この「Ultimate_Dock」に限ってはそう言うイライラを感じず4K撮影対応のアクションカメラやドローンからファイルの転送作業を行う事ができます。


USB3.2  Gen2×2ポート


そしてまた高速なのはUSBポートも高速です。
多くのUSB-CマルチハブのUSBポートが2ポートあっても片方は最大10GB/s転送可能なUSB3.2 Gen2対応なポートであってももう片方は最大転送スピード5GB/sのUSB3.1にしか対応していないのに対して、この「Ultimate_Dock」では2つのUSBポート両方がUSB3.2 Gen2に対応し、2つの高速転送デバイスを接続して快適に作業を進める事ができます。

またこの他にこの「Ultimate_Dock」にはギガビットのLAN端子、3.5mmイヤホンジャック、100Wパススルー給電可能なUSB-C電源入力ポートも備えていますので、もし興味を持たれた方は詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/charjenpro/ultimatedock

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です