バイオグラフェン素材によって消臭・除菌・防ダニに加え快適な眠りを提供する寝具3点セット「EDASI」

みなさんは枕カバーやシーツ、布団カバーと言った寝具の臭いが気になる様な事はありませんか?
いくらお風呂上がりで身体は綺麗だとしてもフケや皮膚はシーツの上や枕カバーの上に落ちますし、寝ている間に夏でも冬でも関係なく発汗して体温調整をしていますので、汗を吸い込んだシーツや枕カバーの中では雑菌が繁殖して臭いの元となる他、天気が悪かったりして暫く洗えなかったりすると結構染みついた臭いってカビと一緒でなかなか取れてくれません。

そこで今回は洗う頻度が少なくても臭わないだけでなく、ダニを寄せ付けない上に調湿・保温効果を持つ理想的な寝具3点セット「EDASI」をご紹介致します。


バイオグラフェン


今回紹介する「EDASI」には枕カバー、ベットシーツ、布団カバーの3つをバイオグラフェンと言う素材を使って作られています。
このバイオグラフェンはグラフェンと言うカーボン(炭素)から作られた素材で、その分子間結合はダイヤモンドよりも強く、熱や電気を通しやすい上に炭の様に消臭と調湿、そして抗菌と言った性能を全て兼ね備えています。

つまりこのバイオグラフェンを使って作られた「EDASI」シリーズに含まれる枕カバー、ベットシーツ、布団カバーを使う事でバクテリア等がまず繁殖しませんので、バクテリアが繁殖する事で発生する嫌な臭い、汗染みの臭いや男性の体臭、おじさん臭の様なものの発生を防ぐ事ができます。

そして抗菌と言う分野では元々マットや布団の中に住んでいたダニをこのバイオグラフェンは通しませんのでダニ退治をしなくてもダニに噛まれると言う事はなくなりますし、逆にフケやホコリ、剥がれ落ちた皮膚と言ったダニのエサとなる様なものもバイオグラフェンは通しませんので、結果的にダニの繁殖を抑制しダニを撲滅する効果を持っています。


夏涼しく、冬暖か


そしてグラフェンと言う素材は非常に熱を通しやすいと言う性質を持っている事から、夏はシーツや布団カバーで体温を奪い空気中に放熱する事で快適に涼しく環境を整えてくれる他、冬はその熱を布団やマットの中に貯め込んで逃がしませんので、冬は暖かですし、何より熱伝導が良いので即効性があると言うのが特徴です。
ですから冬、布団から冷えているからと言って暖房を予めつけて部屋を暖かくしておいたり、コタツや湯たんぽと言った暖房器具を使って布団の中を暖めておかなくても、体温を布団が吸収してすぐに布団を暖かくしてくれますので、暖房器具で予め暖めておかなくても寒くて寝られないと言う事はもうありません。


洗えなくても臭いが気にならない


そしてこの「EDASI」を使う1番のメリットは洗濯の回数が少なくなったとしても臭わない事です。
これから寒くなってきますと大きなシーツは乾き辛くなって行きますので、ついつい休みの日と天気の悪い日が重なってしまうと次回にと言う事になってしまい気が付いたら1ヶ月とか経過していると、従来のシーツだとゾッっとする様な事が起こっていますが、この「EDASI」ですとその様な状態であったとしても臭いもせずクリーンな状態が想像できます。
また素材そのものにこう言った一連の作用があり洗濯する事で能力が落ちたりする事がないのもバイオグラフェンの良い所ですので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/omar832/all-season-biographene-bedding-sheets

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です