お待たせしました!!長財布じゃなきゃダメと言う方に超オススメな薄くて大容量な長財布「Noty5.0 travel wallet」

キャッシュレス化の拡大とミニマリストの流行によって、財布の必要性は非常に薄れており、スマートフォン1台あれば、モノは買え、乗り物には乗れありとあらゆるサービスは受けられる様になっています。

そのあおりを受け、財布を新調しようと見に行っても、小さくてコンパクトな財布は山ほどあるのにも変わらず、お札を折らずに入れる事の出来るいわゆる長財布と呼ばれるジャンルの財布は本当に見かけなくなっています。

とは言っても年の為にお札と硬貨は必ず財布に入れて持ち歩くし、お札は折らずに真っ直ぐな状態で持ち歩くべきだと考えておられる方はまだまだおられます。

そこで今回はそう言った長財布派の方に薄くて大容量な長財布「Noty5.0 travel wallet」をご紹介致します。


取り出し易い立つカード


今回紹介する長財布「Noty5.0 travel wallet」の収納性として最も革新的なのはカードポケットが、ポケットではなくスロットと言うか、カードの形状に合わせてカットされた細長い穴に差し込む様になっている事です。
そしてこの穴は等間隔で間を開けてカットされており、財布を大きく開くとスロット1つ1つに差し込まれたカードが離れた状態で現れるので、1枚1枚のカードのデザインをしっかりと確認する事ができますので、目的のカードを迷わずにたどり着く事ができ、支払もスムーズに行えます。

更にカードは最大12枚も収納でき、これを従来の長財布で考えると2枚ずつ重ねてカードポケットに入れても合計6つのポケットが必要ですし、重ねる事でカードは見つけ辛く、また抜き辛くなるので、カード中心の支払をされている方は明らかにこの「Noty5.0 travel wallet」の方が使い易いのは言うまでもありません。

またカードの幅に合わせてカットされたスリットは革と言う事もあり、摩擦抵抗も高いので誤って財布を逆さまにしたとしてもカードが抜け落ちて行くと言う事がないので落とすと言う心配もありません。


パスポート用ポケットも装備


またこの長財布、もちろんお札は折らずに収納する事ができる他、お札用ポケットの横には商品名にトラベル・ウォレットと入っている通りパスポートを収納する為のポケットも設けてありますので、旅行の際にパスポートを入れ落とさずに常に肌身離さず持ち歩く事ができます。
これが普通の長財布だとパスポートを入れると蓋が閉まらないので、別途パスポートケース等に入れて持ち歩く事になるのですが、そうすると常に持ち歩いていないパスポートですから落としてしまうと言った確率も増えますが、いつも肌身離さず持ち歩いている財布ならまず財布ごと落とせば気付くので、より安心・安全です。


外側に設けられたジッパー付きコインポケット


また小銭、コイン用のポケットは財布を開けずに硬貨が取り出せる様にジッパー付きのポケットが財布の外側に設けてあるのも便利な点です。
長財布は必ずコインポケットも財布の内側にあるので財布をパカッと開けないと硬貨を取り出す事ができませんので、自販機でドリンクを買うのに屋外で財布を大ピラに広げるのは日本ならまだしらず海外ではかなり危険ですし、たくさんのお金が入っているのを見られる事も危険です。

そう言う意味で硬貨用ポケットが外側にある事で財布の中まで見られる事はありませんし、ジッパー付きなので財布を傾けても硬貨を落としたりと言う事もないので安心ですので、詳しいスタイルやカラーラインナップは下記URLでご確認ください。

https://www.kickstarter.com/projects/613638493/noty50-vegan-leather-minimalist-passport-travel-slim-wallet

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。