Newガジェット

急いでいる朝、バッテリー残量ゼロでも全然オッケー!!わずか12分で100%充電出来るモバイルバッテリー「Ceba RAPI」

みなさんは充電を忘れて困ったって言う経験はありませんか?
朝起きた時にスマホの充電を忘れてしまっていてバッテリー残量が20%もない上に、頼みの綱のモバイルバッテリーも充電に使ってバッテリー残量がゼロになっている上にすぐに出かけなきゃいけないと言った様な経験です。

しかもそう言う時に決まって時間がなかったりしますので、その状況ではスマホを充電したとしても数%しか回復させる事は出来ません。
ですがこのモバイルバッテリー「Ceba RAPI」があればそう言った切羽詰まった状況であっても余裕です。


わずか12分でフル充電


今回紹介するモバイルバッテリー「Ceba RAPI」は、バッテリー容量4,000mAhのモバイルバッテリーなのですが、何とUSB-C PD(Power Deliver)で何と100Wで充電できる充電性能を持っており、バッテリー残量がゼロであっても80%までバッテリー残量を回復させるのに必要な時間はたったの8分、100%充電するのに必要な時間も12分と朝身支度している間に十分にフル充電する事ができる短さがとっても魅力的なモバイルバッテリーなのです。

これが一般的なモバイルバッテリーだとしたら出力は30Wあったとしても充電は15Wとか、合計出力が60Wあったとしても充電電力は20Wとか、基本的には出力性能は高いものの、充電性能は低いと言ったものが殆どなのですが、この「Ceba RAPI」は逆に充電性能が高いモバイルバッテリーとなっており、バッテリー残量を表すデジタルディスプレイが内蔵されており正確にバッテリー残量が何%残っているのか分かると言うのも分かる様になっています。


侮れない出力性能


次にこのモバイルバッテリー「Ceba RAPI」には、USB-AとUSB-Cの2種類の出力ポートを備えており、USB−CはUSB-C PDやQuickChargeと言った急速充電規格に対応しており最大で30Wの出力性能を持っています。
その一方でUSB-Aはと言えばこちらも最大で22.5Wの出力性能を持っており、2つのポートを同時に使ったとしても充電電力が落ちると言う事なく2台のデバイスを同時に充電する性能を持っています。


バリエーション


そしてこの「Ceba RAPI」にはカラーバリエーションとしてブルー、レッド、シルバーの3色がラインナップされているのですが、それとは別にオレンジボディーの充放電性能は同等でバッテリー容量だけが1,000mAhアップの5,000mAhになった”Ceba RAPI+”がラインナップされていますので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/ennoprogroup/ceba-rapi-worlds-fastest-charging-power-bank

5インチのモニターを搭載し、スマホレスでプリント編集も可能なハンディープリンター「Printisian」前のページ

バッテリーを搭載し24時間連続使用する事ができるスポット空気清浄機「Hale」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    古いピアノをアップグレードして最新のガイド機能を持ったピアノに変身させる「Piano Hi-Lite…

     みなさんは小さい頃に楽器を習っておけばよかったと思った事はありません…

  2. Newガジェット

    お年玉で買えるデルタ型3Dプリンター「101Hero」

    3Dプリンターも随分と手頃な価格にまで下がって来てお小遣いの少ないサラ…

  3. Newガジェット

    自宅内で振り回しても怒られず、8つの有名コースを回る事もできるバーチャル・ゴルフトレーナー「SiTa…

    ゴルフコースに行くのも、打ちっぱなしに行くのも億劫になる寒さですが、み…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP