圧縮袋も楽々圧縮できる強力バッテリー内蔵エアーポンプ「MAX PUMP」

夏になれば海やプールへ行く機会も増えますが、その海やプールで一番大変な作業と言えば、浮き輪やボートを膨らませる事ですよね。最近では施設の整ったビーチやプールではエアーコンプレッサーが用意されていて空気入れはそう苦にはならなくなって来たのですが、空気を抜く作業は残念ながら人力で行わなければ行けません。

これが浮き輪やビーチボールなら空気を完全に抜いて元の大きさにまで圧縮するのはそう大変な事ではないのですが、大きなゴムボートや形の複雑なフロートって言うのはどうしても空気が残ってしまい追い出しても追い出しても元の大きさに戻すと言うのは困難ですよね。となると体積が増えていますから嵩張ってしまい持ち帰るのも大変です。ですからできるだけ空気は抜きたいのですが、口で空気を吸ってもそうたいした効果はありません。

そこで便利なのが電気の力で空気を吸い出してくれるバキュームです。バキュームがあれば空気はモーターで吸い出してくれますから元の大きさに戻す事ができますから持ち帰るのも楽になります。そんな空気を吸い出す、空気を入れる両方の事ができる電動ポンプがこの「MAX PUMP」です。

「MAX PUMP」の特徴はその持ち運びし易いサイズとパワーです。通常よくショップで見かける電池式のエアーポンプの場合、負荷がかかったモーターを回す為に一度に大きな電流を流さないといけませんから普通は単1電池が入っているのですが、単1電池を4本も入れると電池だけでそれなりの大きさになってしまいますから持ち運びには不便です。ですからこの「MAX PUMP」はその小さなボディーで大電流を出す為に独自のパワーモジュールを内蔵しています。
それにより掌サイズながらも様々なモノに空気を入れたり、空気を抜いたりする事ができるです。しかも重さはたった149gと大きさも重さも全く気になりません。

また「MAX PUMP」は2時間のフル充電で90分も連続使用する事ができますから、ちょっと大きなゴムボートだってへっちゃらです。

そして「MAX PUMP」にはアタッチメントが4種類付属しており、ボールやタイヤ用のアタッチメントは付属していませんからサッカーボールやバレーボールの様なもの、自転車のタイヤと言ったものに空気を入れる事はできませんが、浮き輪はゴムボード、ビニールプール、エアマットと言ったものまで何でも膨らませる事ができます。

そして「MAX PUMP」は空気を入れるだけではありません。空気取り入れ口の方にアタッチメントを付け替えれば空気を抜く事ができますから、ゴムボードの様な大きなものでもペシャンコにしてしまえます。またモーターの出力がハンパないので圧縮袋用のアタッチメントを使えば掃除機で袋の中の空気を吸い出すタイプの圧縮袋であれば「MAX PUMP」で空気を吸い出して体積を圧縮する事ができますから旅のお供としても小型なので重宝しますし、衣類を半分に圧縮する事ができますから、いつもはパンパンなトラベルバックにも余裕ができていつもより日数多く、そしていつもは諦めていた衣類も一緒に持って行く事ができますよ。

そして「MAX PUMP」にはクルクルと巻き取ればコンパクトに収納できるエアマットも用意されいますから、下記URLでチェックしてみて下さい

https://igg.me/at/MAXPUMP/x/7929074

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/75108

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です