Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | | 寝具 > 35%小さく&軽くなってより持ち運び易くなった寝心地を科学して作られたトラベルピロー「FaceCradle Lite」

35%小さく&軽くなってより持ち運び易くなった寝心地を科学して作られたトラベルピロー「FaceCradle Lite」

みなさんの中には移動する飛行機や電車やバスや車の中で予め移動時間が長いので寝る事を決めていてトラベルピローと言う携帯に便利な枕を持って乗り込むと言う方も少なくはないと思いますが、そのトラベルピローを使って起きた時にスッキリと目覚める事ができるでしょうか?
と言いますのも多くのトラベルピローの形状を見ていると寝具としての寝心地を追求していると言うよりは頭が動かない様に固定する為と言った意味合いの物が多いので形状としては首に挟んだり首に巻いたりする様になっているのですが、私たちの首は人それぞれ太さも長さも違いますのである人にはピッタリだとしても、その他の大勢の方にとってはサイズが合わなくて頭が傾きますし、傾いた頭の重さは体重の1/10とも言われていますのでその重みで更にトラベルピローは圧縮されて縮まり更に頭が傾きますので寝ている間に頭があらぬ方向に曲がったり、過度に首の筋肉が伸ばされたりしてしてしまいます。ですからエアーで膨らませたり、スポンジの様な素材を使ったトラベルピローの場合は小さくコンパクトに折りたためますので傾向性能は抜群なのですが、快適性には劣っているものが殆どなのです。

そこで、この「FaceCradle Lite」はあえて携行性は犠牲にして快適性を追求していますので寝心地と言う点においてはダントツです。

 まず最初に「FaceCradle Lite」には前バージョンとして”FaceCradle”と言う製品があり、それを寝心地はそのままで前バージョンである”FaceCradle”に対して35%より小さく、そして軽くして携行性を向上させたトラベルピローになっています。

そしてこの「FaceCradle Lite」でも5通りの寝方ができる様になっており、仰向け、横向き、うつぶせと言った寝方の3パターン全ての寝方ができますので、いつも自宅のベッドや布団で寝ている方向と同じ方向で寝る事ができますので、それもこの「FaceCradle Lite」が快眠できる1つの要因です。

ではその寝方を1つ1つ解説していきますと、1つ目の””Dozing Mode”は一般的なトラベルピローと同じ様に首の後ろから挟んで寝るモードなのですが、他のトラベルピローと違うのはこの「FaceCradle Lite」はU型のあまり表現は適切ではないかもしれませんが、U型の便座カバーを2枚重ね合わせた様な構造で、U型枕同士はロックが可能なジョイントで接続されていますので、U型の2枚の枕を2つの枕を合わせた高さがちょうど首の長さと同じになる様にジョイント部分を広げて角度をつけ固定する事で、首が曲がらない様にしっかりと固定する事ができます。
次に”Snoozing Mode”は横向き寝を再現させる寝方です。左右、どちらかに首を傾けて寝るのが寝やすいと言う方はいつも寝ている枕の頭の沈み具合と同じ様に「FaceCradle Lite」に角度をつけ、そして左右どちらか寝やすい方の肩と頭で「FaceCradle Lite」を挟む様な形(電話機の受話器を肩と頭で挟む様なイメージです)で横方向に差し込む事で、横向きの寝方を再現する事ができます。
そして”Table Nap Mode”はうつ伏せで寝るのが寝やすい方が使えるモードで、ちょうど机やテーブルの上に突っ伏して寝る時にこの「FaceCradle Lite」を使う事で角度をつけた「FaceCradle Lite」の間に腕を差し込める為に腕が痺れたり固まったりする事を避ける事ができます。
そして残り2つの”Depp Sleep Mode(Front)”, “Deep Sleep Mode(Side)”は顔を「FaceCradle Lite」に埋めて寝るのか?それとも頬を「FaceCradle Lite」につけて横を向いて寝るかの違いだけで使い方としては付属のロープをヘッドレストに引っかけて、俯せ寝と同じ様な寝方ができます。この時に重要なのが2つのU型の枕を完全に180°開いて平らにするのではなく、少し角度を付けて頭がお辞儀する様な形にする事で「FaceCradle Lite」は胸と顔に当たりちょうど俯せ寝と同じ様な状況を作り出す事ができまので飛行機や列車、そして車の運転席等でテーブルが低くて寝づらいだとかテーブルがないと言った時に俯せ寝をすると言う場合は最高のポジション取りをする事ができます。

と言う様に移動する飛行機や列車や車の中で寝るのにはベストなトラベルピローなのですが、前述した様にコンパクトには折りたためないので携行性には多少難があるのですが、それよりも寝心地優先と言う方にはピッタリですし、既にチャイルシートを卒業した子供さんが車内でシートベルトをしめたまま寝るのは”Depp Sleep Mode”だと自分の体重を「FaceCradle Lite」にかけて寝る事ができますので車の揺れで身体が揺さぶられても倒れる様な事はないので、丁度良いのではないでしょうか?

なお、どの様な寝方が実際にできるのか、どう言うシチュエーションで使えるのか詳しくお知りになりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1879934341/the-facecradle-lite-model-now-35-smaller

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/78933

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://meiya.jp/wp-trackback.php?p=30020
Listed below are links to weblogs that reference
35%小さく&軽くなってより持ち運び易くなった寝心地を科学して作られたトラベルピロー「FaceCradle Lite」 from KURA BASE

Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | | 寝具 > 35%小さく&軽くなってより持ち運び易くなった寝心地を科学して作られたトラベルピロー「FaceCradle Lite」

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。