Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | 寝具 > 寝返りをうっても安心な、顎関節を引き上げると言う方法でイビキを防止するテープ「Snorelax」

寝返りをうっても安心な、顎関節を引き上げると言う方法でイビキを防止するテープ「Snorelax」

イビキって別に太っている方だけがかくものだと思っていませんか?実は痩せている方でもイビキはかくんですよ。

と言いますのもイビキは基本的には空気の通り道である”上気道”が何らかの要因で狭くなる事で起こります。
つまり、狭くなった上気道を空気が抜けようとすると狭くなった気道周辺の粘膜が振動して音を生じるのですが、この時に出る振動音が”イビキ”なのです。

つまりイビキを防止しようとするにはこの上気道が狭くなると言う原因を取り除けば”イビキ”は出なり、今回紹介しますイビキ防止テープ「Snorelax」はその上気道の狭くなる要因を除去する事でイビキを防止しています。

ではこの「Snorelax」が一番注目したのは何かと言いますと、上気道が狭くなる原因として一番大きな要因となっている軟口蓋や舌の付根等が喉の奥への落ち込みについて着目しました。この軟口蓋や舌の付根等が重力に引っ張られて喉の奥の方へ落ちて上気道を狭めるのなら、この軟口蓋や舌の付根等が喉の奥の方へ落ち込まない様にすれば良いと言うのがこの「Snorelax」の着眼点です。

そこでそれを防止する為にこの「Snorelax」は顎関節、つまり顎を引き上げる事によってその落ち込みを防止したのです。

つまり舌の付け根や軟口蓋が喉の奥へ落ち込み原因として顎関節が下がって口が開いた状態にあると言う事が挙げられます。つまり口が広がると喉の奥の空間も広くなる為にどうしても舌の付け根や軟口蓋が落ち込みやすくなるのですが、顎関節を上げる事で喉の奥が狭くなり落ち込み辛くなりますので、結果的に上気道を狭くする為の原因となっているものがなくなり”イビキ”を防止する効果があります。

そして使い方、装着の仕方はとても簡単です。「Snorelax」は両方の頬に貼り付けるのですが、シートの保護シートを剥がして片方を目の下あたりに貼り付け、シートを伸ばしつつ顎の下にピッタリと貼りつけ顎関節をリフトアップするだけです。

また、この「Snorelax」の良い所は身体への束縛や行動の制限がない事です。よくある鼻の穴や口に装着するイビキ防止ガジェット達はどうしても呼吸を阻害して呼吸を浅くする可能性がありますし、なおかつ異物を装着する事で寝付きが非常に悪くなりますので睡眠の質が低下してしまいますのであまり身体にとっては良いとは言えません。
ですがこの「Snorelax」は伸縮するただのテープですので顎を開けようと思えば広げる事が出来ますので可動の制限がありませんし、また装着した感覚もマスクをして寝たのとほぼ変わりませんので違和感なく寝る事ができます。

それにこの「Snorelax」は1回使い切りのテープなので衛生面においても衛生的なのですが、継続して使用する場合は1パック30日分入りのパッケージを購入しなければなりませんので、最初に何パックかセットになったものを購入した方がお得になっていますので詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1517927004/the-ultimate-snoring-solution-comfortable-and-affo

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/79583

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://meiya.jp/wp-trackback.php?p=32451
Listed below are links to weblogs that reference
寝返りをうっても安心な、顎関節を引き上げると言う方法でイビキを防止するテープ「Snorelax」 from KURA BASE

Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | 寝具 > 寝返りをうっても安心な、顎関節を引き上げると言う方法でイビキを防止するテープ「Snorelax」

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。