Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | クッキング > お尻についた親指キャップが意外なほど便利なペティナイフ「SafeCut Knife」

お尻についた親指キャップが意外なほど便利なペティナイフ「SafeCut Knife」

リンゴやナシと言った果物の皮をナイフを使って剥く際に、先に皮を剥いてしまってからフルーツをカットする剥き方がありますが、フルーツを手に持ちナイフをフルーツの皮に当てつつフルーツを回しながらカットしている際に、人差し指にちょっと力が入り過ぎた時にナイフの刃がフルーツに当てている親指に当たり親指から出血したなんて経験はありませんか?

でもそう言う出血を防止する様なナイフって、ないんですよね…….

それでも無性にリンゴを丸かぶりしたい時、まな板の上に置いても手で持って剥く程は綺麗に薄く皮を剥けませんので、やはり手で持って剥くのが一番綺麗にカットする事ができるのですが、気になるのは親指に刃が当たらないかです…….

そこで、不意に刃の当たり具合を調整している人差し指に力が入っても絶対に100%親指を切らないペティナイフ「SafeCut Knife」を今回はご紹介致します。


では何故、この「SafeCut Knife」は親指を100%切らないと言い切れるのか?
それはこの「SafeCut Knife」には親指を保護する為のプラスチックキャップ、つまり指サックがついているからなのです!!
ですからプラスチックキャップをナイフから外して親指にはめる事で、刃が親指に当たっても親指はプラスチックキャップで保護されていますので、切れる事がないのです!!

しかもそのキャップ、ただ単にナイフのお尻に差し込んであるだけではなく、紛失しない様に磁石でしっかりと固定される様になっていますので、キャップを無くす心配がありません。

またこの「SafeCut Knife」はフルーツを丸ごと剥く際に親指を怪我しない様に保護するだけでなく、この親指キャップをうまく使えば、親指キャップがまな板代わりにもなります。

つまり、この親指キャップをまな板として使う事でまな板を洗う手間が1つ減るだけでなく、様々な食材を1枚のまな板で切る様な場合、カットする食材によってはカットした後に汚れたまな板を洗わなければならなかったりする場合があります(先にお肉をカットしてから野菜をカットすると言う様な場合や、臭いが他の食材に移ると困る様な場合)。
そう言う時にもこの親指キャップをさっと流水で濯ぐだけで、また違った食材をカットする事ができますし、煮込み料理の様な鍋に直接カットしながら食材を入れて行く事ができる様な料理の場合、切った食材を一時的に置いておくお皿や容器も省く事ができますので、更に洗い物が減り、それを洗うのに必要な洗剤や水も減ってエコに繋がります。

そしてまたキャップは4サイズ用意されており、自分の指にジャストフィットするキャップを選べる様になっています。
そしてどのサイズのキャップが合うかは、下記URLサイトページで上記画像をプリントして頂ければ実物大の親指キャップを印刷する事ができ、親指をプリントした親指キャップの断面図に合わせて頂く事で、どのサイズのキャップが合うか確認できる様になっていますので、詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/366621744/safecut-knife-peel-and-cut-the-way-you-like

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://meiya.jp/wp-trackback.php?p=35182
Listed below are links to weblogs that reference
お尻についた親指キャップが意外なほど便利なペティナイフ「SafeCut Knife」 from KURA BASE

Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | クッキング > お尻についた親指キャップが意外なほど便利なペティナイフ「SafeCut Knife」

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。