Newガジェット

機材重量はたったの4.5kg、世界中の綺麗な海で最大1時間の海底散歩を楽しめるダイビングセット「NEMO」

グアムやサイパンと言った非常に綺麗な海へ出かけた時、この海に潜ってみたいなぁ〜と思う様な事はよくあります。
ただ潜ると言う事はダイビング器材が必要で、機材をレンタルするには結構な費用がかかり、持って行くとなると更に大変な上に海外ではダイビングライセンスを持っていなければ(ライセンスは世界共通で使えます)潜れない様な国も多く、海に潜ると言う事そのものがハードルの高いものとなっています。

たと言ってシュノーケリングでは海上から覗き込んでいるだけですし、潜っても肺活量の少ない人はすぐに浮上して来なければならず、海の中の生き物と触れ合うと言うのはかなり大変な事です。

そこで今回は世界最軽量のライセンス不要のダイビングセット「NEMO」をご紹介致します。


では何故、この「NEMO」はライセンスが不要なのか?それは潜水できる深度が最大3mと浅く潜水病を心配する必要のない深度までしか潜る事ができない事と、空気の入った高圧タンクを背負って潜るのではなく、海上に浮いたエアコンプレッサーで常にフレッシュな空気をダイバーに送り込むシステムだからです。

ですからこの「NEMO」に含まれているのはエアコンプレッサーとバッッテリー、そしてこの2つを乗せて海面に浮かぶフロート、ダイバーが口に加え呼吸する為に必要なレギュレーターです。

ですからこの「NEMO」は機材全てを合わせてもたった4.5kgしかなく、また専用のキャリングバックパックが付属しており、旅行等に簡単に持って行く事ができ、ビーチでも潜ってみたいと思える場所まで安全にそして楽に移動して潜る事ができます。

しかもダイバーとフロートは3mのエアホースで繋がっており、エアホースで繋がったエアコンプレッサーが乗ったフロートはダイバーの動きに合わせてエアホースで引っ張られて移動しますので、移動の制約を受けず、ダイバーは自由に行きたい場所、行きたい方向へ移動しながら海底散歩を楽しむ事ができます。

しかもバッテリーは普通の人で60分、呼吸回数の少ない人ならもっと長時間持つ様に、呼吸に合わせてエアコンプレッサーが動いて必要な量の空気だけを送る様にしあります。

しかもバッテリーは脱着式で予備バッテリーも用意されていますので、もしロングダイビングを楽しみたい方はフロートに予備バッテリーを乗せて沖に出る事でバッテリーが持つ限り、思う存分に海底散歩を楽しめると言うわけなのです。

また、バッテリー残量が少なくなった時は、事前に海上に浮いているフロートから、水中でもよく聞こえるアラーム音で知らせる様になっていますので、いきなりコンプレッサーが止まって空気が送られないと言う様な事がない様に安全面にも配慮されています。

以前からダイビングに興味がありライセンスと取って潜ってみたいとは思っていても、費用面で躊躇されている方、この「NEMO」なら簡単に手軽に潜る事ができますので、詳細は下記URLにてご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/diveblu3/nemo-by-blu3-the-worlds-smallest-dive-system

メモやスケジュールの管理はやっぱり手帳よね!!と言う方に知って欲しいA5リフィル・システム手帳「Tesmo」前のページ

座りたいと思った時に座れる、脊柱管狭窄症で長く歩く事ができない方にもオススメのウェアラブル・チェアー「LEX」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    蚊に刺されたら、刺された部分にすぐに当てる事で、痒みや腫れを抑える「heat it™ …

    みなさんは、蚊に刺された時に刺された部分を温めると痒みや腫れを抑える事…

  2. Newガジェット

    サングラスでは見辛い、でも日差しが眩しい、と言う時に便利なサンバイザーグラス「The Brow®」

    日差しがきつくて見辛いと言うのであればサングラスをかければいいんじゃな…

  3. Newガジェット

    米軍規格のタフネス カー用USB急速充電器「ZUS」

    車によく乗られる方なら車に車載用のUSB充電器の1つや2つ搭載されてい…

  4. Newガジェット

    1080p画質のお手軽ウェアラブルカメラ「Foxshot」ファーストインプレッション

    今年の4月にKickstarterにて募集をかけていたウェアラブルカメ…

  5. Newガジェット

    AirPodsワイヤレス充電ケースに差し込むだけの超シンプルなキーチェーン「AirPods Anch…

    ワイヤレスヘッドホンのAirPodsをはじめ、最近のワイヤレスヘッドホ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP