汎用性のあるミニD1リフィルインクが使える小さくて携行性に優れたスクリュー式ミニ・ボールペン「Ti Mini Pen」

みなさんはボールペンをバッグの中に入れて持ち歩いている時にインクが出ていてバッグや書類などをインクで汚してしまったなんて経験はありませんか?
ボールペンにはキャップ式とノック式、そしてスクリュー式の3つがあり、キャップ式は文字通りキャップを被せてあるもので、バッグの中で何かにキャップが引っかかり外れると言うのはよくあります。
またノック式もバッグの中で知らない間に不用意に何かモノで押してしまってインクの芯を出してしまうなんて事はよくありますし、ペン先のキャップが回って芯が飛び出してしまっているなんて事もよくあります。

またスクリュー式と言って捻るとインクの芯が出て来るボールペンもありますが、これも何故かバッグの中では回し様がないと思われるのに回ってしまいインクの芯が飛び出てしまっていると言う事もあります。

そこで今回はインクが飛び出ないミニボールペン「Ti Mini Pen」をご紹介致します。


シリコンリングと切り出したボディー


ではまず、この「Ti Mini Pen」が何故インクが勝手に飛び出ないのか、その秘密を探って行きます。
まずこの「Ti Mini Pen」はグレード5のチタン合金で部品の全てが作られているのですが、ボディーの部分はペン先の部分は分離されキャップの様になっているのではなく、ペン先の部分も一体化されて切り出されていますので、ペン先のキャップが回ってインクが落下すると言う事がありません。

そして次にヘッドの方ですが、こちらはシリコン製のリングを2本、キャップにはめ込む事でシリコンが持つ摩擦でヘッドが不用意に回らない様に工夫されています。

つまりこの「Ti Mini Pen」はポケットの中に入れてもバッグの中に入れても不用意に回ってインクが飛び出て汚してしまうと言う様な事がありません。


紐付きビーズが意外と便利


そしてこの「Ti Mini Pen」のヘッドには紐が付けられており、その先にはチタン合金で作られたビーズと呼んでいる部品が取り付けられています。
このビーズは単なる飾りではなく持ち歩く時の固定用です。
紐は輪っか状になっていますので、カラビナ等に引っ掛けられますし、ビーズをキーリングやバッグのベルトに回して引っ掛けて固定すると言う使い方もできます。
またポケットに入れた際も紐をポケットの外に出しておく事で直径9mm、長さ72mmと言うミニサイズのボールペンも手探りで探し出しやすく、そして取り出し易くなっています。


チタンは硬いだけじゃない


そしてこの「Ti Mini Pen」がチタン合金で作られている理由は単にチタン合金が硬くて頑丈だからと言うだけではありません。
チタン合金と言うと最近では人工関節やインプラントの土台としても使われている事からも分かる通り、抗菌性を持ち合わせていると言う側面も持ち合わせているのです。
つまり普通の金属製であれプラスチック製であれ表面に細菌等々は付着しますから、普通のボールペンであれば菌がウジャウジャと付着している事になりますが、この「Ti Mini Pen」はその菌が繁殖しないため常に清潔に保つ事ができるので清潔好きな方にはチタン製のボールペンと言うのは最適なのです。

なお色は無垢のチタン合金色とストーンウォッシュ、そしてDLCブラックの3色が用意されておりますので、もし興味を持たれた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/klinkokids/ti-mini-pen

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です