4色のリバーシブルベルトと、4色のバックルでフォーマルにもカジュアルにも対応できる「NEW MIN BELT」

昔からある穴の空いたベルトにバックルの金具を通して止めるタイプのベルトは決まってバックルの金具を通す穴が同じ穴ばかり使用するので大きく広がり過ぎてダメになるか、ベルトの材質にもよりますが、ベルトが本革やフェイクレザーで作られている様な場合、ベルト表面の皮がヒビ割れて使えなくなるかと言ったパターンが多く特に本革は使っていなくても定期的に手入れをしませんとヒビ割れて来たり、シミがついたりと何かと手入れが大変です。

しかもフォーマル、カジュアルと服装や場所に合わせて何本もベルトを持っていたら収納場所も取りますし、何よりも手入れの必要なベルトは見える場所に置いておかなければ、一度しまい込んでしまうとなかなか手入れをする機会もなくなってしまいます。

そこで今回はカジュアルにもフォーマルにも使え、破損したり壊れたり、切れたりと言う心配もないベルト「NEW MIN BELT」をご紹介致します。


クリップの様なバックル


この「NEW MIN BELT」の特徴としてまずバックルがクリップの様な構造になっている点です。
ベルトのバックルと言うとウエストの大きさに合わせてベルトの長さを調整し、そして固定する役目を持っている為にガッチリとベルトをホールドしなくてはいけません。
ですがそれは逆にベルトそのものが伸縮しない為に、食事の際にあまりに美味しすぎて食べ過ぎ、お腹がパンパンに張ってしまった様な時にベルトが食い込んで痛い思いをします。
ですがこの「NEW MIN BELT」はベルトの両端をバックルで挟み込む様な構造になっていますので、食べ過ぎた時にお腹に力を入れたらベルトが移動し伸びて緩める事ができますので、ある意味ベルトに手を持って行って緩めてと言う事をしなくても良いので、食事の席で食べすぎたが為に恥ずかしい行為をしなくても住みます。
また運動をした際にもベルトを緩めたい様な時は自然と緩んでお腹に負担をかけないと言うメリットがこのクリップ式のバックルにはあります。

またベルトを緩める、締めると言った動作も緩める場合はバックルの左右のベルト部分を持って引っ張れれば緩みますし、締める際も逆に左右から押し込む様に力を加えれば締める事ができますので、使い勝手も良いのです。


丸洗いできるベルト


そしてこの「NEW MIN BELT」の特徴として挙げられるのは、見た目は本革っぽく見える質感に仕上げられているのですが、汚れたら何と洗剤をつけてスポンジでゴシゴシと洗う事ができるのです。
これはなかなか画期的で、例えば運動をして汗がベルトに付着すると布製のベルトでもフェイクレザー製のベルトでもシミがついて残ったりするのですが、この「NEW MIN BELT」の様に洗えると常に新品の綺麗な状態が保て、汗で汚れたベルトでもフォーマルな席に身に着けて行っても恥ずかしくありません。

また防臭加工も施されていますが洗える事で体臭がベルトに付着して残ると言う事も防げます。


リバーシブルベルト4色と4色バックル


またこの「NEW MIN BELT」はカジュアル、フォーマルにと様々なシーンで使える様にリバーシブルベルトになっています。
ベルトがリバーシブルになっているのはそう珍しくないのですが、この「NEW MIN BELT」はカジュアル色でグレイとブルー、フォーマル色でブラウンとブラックの4色が用意されており、カジュアル色が1色、そしてフォーマル色から1色選んでオリジナルな組み合わせのベルトをチョイスできる様になっています。

更にバックルはブラック、ブルー、シルバー、ピンクゴールドの4色が用意されており、ベルト2本とバックル2色くらいを組み合わせて持っていると、結構幅広いシーンで使い分けられますので、もし興味を持たれて詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/minbelt/new-min-belt-more-comfortable-more-stylish-still-simple

https://igg.me/at/new-min-belt/x/7929074#/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です